1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. 大人女性は「バストのタイプ」を知って適切なバストケアを

大人女性は「バストのタイプ」を知って適切なバストケアを

Share

タイトなドレスを格好よく着こなせたり、ノーブラでもキマったり……欧米女性のハリのあるバストに憧れる方もいるのでは。でもバストには「タイプ」があります。一般的な欧米女性と日本女性のバストのタイプはまったく異なるもの。バストのタイプを見極めて、正しいケアや習慣を意識したいものです。

大人女性は「バストのタイプ」を知って適切なバストケアを

■欧米女性と日本女性では、バストのタイプが違う

バストは大まかにいうと「乳腺」と「脂肪」で成り立っています。具体的には、乳腺が放射線状に張り巡らされ、乳腺を守るように脂肪が周りを覆っています。

成長期に女性ホルモンの影響で乳腺が膨らみ始め、乳腺の発育と共に脂肪も蓄積され、バストが成長していきます。

成長期に乳首が痛かったり、チクチク痒かったと感じた経験はありませんか? それがバストの発育の始まりです。妊娠、授乳期も乳腺が発達するため、同じ症状を感じる方も多いです。

このバスト、日本人と欧米人では、タイプが異なっているのをご存知でしょうか。

平均的な日本人女性のバストは乳腺1割、脂肪9割といわれ、脂肪質の多いバスト。反対に欧米女性のバストは乳腺質の割合が多く、乳腺が発達するほどバストは豊かになります。

つまり、欧米女性と日本人女性は「乳腺質」か「脂肪質」で、バストのタイプがまったく異なるということ。

■欧米人に多いタイプは「乳腺質バスト」

特徴

乳腺質タイプのバストはハリと弾力があり、形も崩れにくく、将来的にも下垂しにくいと考えられます。また、乳腺の発達に伴い脂肪が増えるため、乳腺質タイプのバストは比較的バストが豊かな方に多いです。

ロケットのように円錐型のバストが多く、触ると硬いのも特徴のひとつ。

■日本人に多いタイプは「脂肪質バスト」

特徴

脂肪質タイプのバストは乳腺よりも皮下脂肪が発達しています。柔らかくて流れやすく、きちんと対策をしなければ、下垂しやすいタイプのバストです。

脂肪質タイプのバストはお椀型の形が多く、仰向けになると横に流れてしまいます。しかし、脂肪が多く柔らかいふわふわバストは「マシュマロバスト」と呼ばれ、日本人女性ならではの魅力でもあります。

■バストのタイプを見極めて

食事や環境、生活習慣で異なるバストのタイプ。

海外セレブが着こなすノーブラドレス姿や、海外のビーチで目にするノーブラTシャツの女性に憧れるますが、下垂しやすい脂肪質タイプのバストにとって、ノーブラはヘルシー(健康的!)ではありません。

日本女性が美しいバストをキープするには脂肪はもちろん、それを支える靭帯や筋肉など、いろいろな組織をケアすることが大切です。ノーブラやバストを支える機能のないブラトップ、乳腺の発達を妨げる盛り盛りのパッド入りブラはおすすめしません。

大切なバストを健やかに美しく保つためにも、ご自身のバストのタイプを見極めることが重要です。

2017年5月8日公開
2019年7月28日更新

Share

中野 ゆうこ

大阪・心斎橋の小顔と美ボディを叶える美容矯正サロン「petit」オーナー。【いくつになってもオンナを楽しむ】をテーマに、オリジナルメソッド「極乳♡リアルマーメイドトリートメント」を考案。乳を極め美を導く「オッパニスト」として...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article