「おばさんくさい」と思わせない人になる

「おばさんくさい」と思わせない人になる

できることなら「おばさんくさい」と思われたくないですよね。若作りをしたいわけではないけれど、若々しくきれいな自分でありたいもの。「おばさんくさい」とは無縁になるための心がけを5つご紹介します。


■「おばさんくさい」と無縁の自分になるには?

同窓会に行くとびっくりするのが、同級生のはずなのに、見た目年齢に残酷なくらいの「差」が出てしまうこと。

いったい何が違うんだろう……そう考えたことはありませんか? 実は5つのことを意識するだけで、ずいぶんと見た目が変わるのです。

今回は「おばさんくさい」とは無縁になる5つの方法をご紹介します。

■今の自分に合う髪型にする

年齢を重ねるにつれて、こまめに見直しが必要なのが、実は「髪型」。年をとるとフェイスラインが少しづつ変わってきます。

また髪のボリュームがダウンしてしまったり、今まできれいなストレートヘアだった人もうねりが出てしまったり、「髪」は加齢のダメージがとても出やすい部分です。

髪のケアを意識することも重要ですが、何よりも今の自分にあった「髪型」を見つけることが「おばさんくさい」とは無縁になるポイント。

とくに今の自分の髪型がちょっとしっくりきていない場合、「いつもの美容師さんにいつもの感じでお任せする」ではなく、ときには違うサロンで相談にのってもらうのが良いでしょう。

■最先端のメイクを取り入れ、顔をアップデートする

続いて見直しが必要なのが「化粧」。20代の頃はいろいろな化粧品を試したものの、30代以降、惰性で同じメーカーの同じものを使い続けてはいないでしょうか。

年齢を重ねるにつれ、女性の肌は、微妙にトーンが変わっていきます。また、各化粧品メーカーは最新技術を取り入れた新製品を次々と発売しています。

そのためドラッグストアでいつもの化粧品を「安いから」という理由で選ぶのではなく、たまには化粧品のカウンターでアドバイスを受けながら、最先端のメイクアップを施してもらいましょう。

とくに顔の印象を大きく左右する「口紅」は、そのときどきの自分に合った旬な色を、シーズンごとに取り入れたいものですね。

■正しい姿勢をクセづける

髪型、化粧が整ったら次に見直したいのは「姿勢」。一般的に猫背であるだけで、見た目年齢で約7歳老けてみえるといわれています。

また、猫背でいることでリンパの流れが悪くなり、肩こりの原因にもなります。肩こりが慢性化すると、血流の悪さからくるフェイスラインの崩れ、肌のくすみも加速……良いことなしです。

姿勢を良くするためには、正しい姿勢を知ることが欠かせません。整体院やスポーツジムなどでプロに見てもらい、正しい姿勢を理解して、保つように心がけていきましょう。

■運動で締まった体型を保つ

「おばさん体型」とは一般的に、下半身にくびれや締りがなくなった状態を指します。年を重ねると共に新陳代謝が悪くなるため、若い頃と同じ量を食べていると、少しづつ体重が増えていき、気がつくとすっかりおばさん体型に……なんてことも。

食事の内容に気をつけるのも重要ですが、しまりのなさを解消するには「運動」するしかありません。おすすめなのはスクワット。

スクワットをすることで、ヒップアップだけではなく、太もものセルライトを除去する効果も期待できます。腹筋を日常習慣に取り入れると、ウエストの引き締めにも効果的ですよ。

■自分のことをおばさん呼ばわりしない

「おばさんくさい」と無縁になるために一番大事なのが「マインド」。おばさんくさくならない! と自分に言い聞かせることです。

絶対に避けたいのが「私、もうおばさんだから……」と自分のことを「おばさん」と呼んでしまうこと。「言霊」という言葉があるように、ネガティブなことを口にしてしまうと、それがあたりまえだと思い込んでしまい、「おばさんくさい」の最大の原因になります。

年を重ね、加齢現象が出るのはしょうがないですが、そんなハンデを乗り越えて、いかに自分をもっと魅力的にするか、に時間をかけるようにしましょう。

■「おばさんくさい」とは無縁の年の重ね方を目指そう

年齢を重ねると共に老化現象が起きるのは仕方がないことです。ただ、ちょっとした工夫をするかしないかで、「おばさん」になるかならないかが決まります。

できることなら美しく年を重ねたいもの。ぜひこの5つのことを意識して、「おばさんくさい」とは無縁の人生を送りましょう。

この記事のライター

1977年生まれ、宮城県仙台市出身、早稲田大学卒。大学在学中から大手女性誌やムック本などで占い、美容、投資、セックスなど多岐にわたるジャンルの記事を執筆。 結婚、離婚を経て、現在は外資系企業でのマネージャー業務のかたわら、...

関連するキーワード


習慣

関連する投稿


女の人生が潤う「笑い上手」に! 沈む心は”芸”で明るく

女の人生が潤う「笑い上手」に! 沈む心は”芸”で明るく

最近、笑ってる? 退屈な毎日が続いている女性こそ、笑いが大切だと常々思う。あたりまえだが、笑うだけで楽しい気分になってくるし、生活に充実感さえ感じることができる。


マジシャンが教える「好意を持たれる魔法の口ぐせ」- まわりを笑顔にしてますか?

マジシャンが教える「好意を持たれる魔法の口ぐせ」- まわりを笑顔にしてますか?

どうすれば、相手に好意を持たれるんだろう? みんなに嫌われずに済むんだろう? ビジネスでも、プライベートでも、人間関係の悩みは尽きませんよね。まず、コミュニケーションの基本は会話にあります。そこで今回は、人前で演じるマジシャンに「好意を持たれる魔法の口ぐせ」を伝授していただきました。


ラジオ体操は運動不足な大人にぴったりの美容体操

ラジオ体操は運動不足な大人にぴったりの美容体操

大人になった今「ラジオ体操」を朝の習慣にしています。子供の頃はその効果に疑問を感じていたラジオ体操ですが、運動不足の大人に成り下がった今、これが案外すごい体操だったということを身をもって知りました。あえてラジオ体操をチョイスするメリット、それには3つの理由があるんです。


「幸せになりたい」って言いながら、他人に自分を預けてない?

「幸せになりたい」って言いながら、他人に自分を預けてない?

「幸せになりたい」――誰もが一度は声に出したり、胸の中で思ったりしたことがあるかもしれない。でもこの”幸せ”、どうすれば手に入るのでしょう。美味しいものを食べたとき? 好きな人と一緒にいるとき? そのときあなたは「幸せです!」と胸を張って言い切れますか? 今回のコラムでは、そんな幸せの見つけ方をお届けします。


木村瞳さんがきれいのために夜していること

木村瞳さんがきれいのために夜していること

美容鍼灸サロンコスメティックミューズ代表/美容鍼灸師の木村瞳さん。きれいのために夜していることは何ですか?


最新の投稿


自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載がスタートします。第1回目は自己紹介とあわせて、ご自身が考えるパラレルライフワークについてお伝えします。


不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫関係であっても男女の仲。もう終わりにしたいと思っても、相手が引き留めたり逆上したり、なかなか綺麗に終わらせることはできないものです。上手な別れ方は、ズバリ「あえて別れ話はしないこと」。けじめをつけない終わりに見えますが、その後の気まずさを少なくするにも有効な別れ方、終わらせ方なのです。


夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

お盆は過ぎましたが、まだ8月。涼しく過ごせる日を心待ちにしながら、ムシムシと蒸し暑い日本の夏を恨めしく感じている方も多いことでしょう。今回は、室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズをご紹介します。


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。