育児に及び腰だった夫。息子と2人きりで過ごした日から、彼は父親になった

育児に及び腰だった夫。息子と2人きりで過ごした日から、彼は父親になった

夫が育児に非協力的でイライラする? そんな人は思いきって夫に育児を任せてみよう。「彼は育児なんてできない」「やり方が下手」などと思わずに。任せることで父親として、子供を育てる自覚が芽生え、結果としてできるようになるのだ。


■夫だけじゃない。わたしも育児は初めてなのに

産前不安だったことの1つに、病院から自宅に戻った後、どうやって生活をまわしていくかがあった。里帰りはしないと決めていたし、実家の母に来てもらうのもいまいち気が乗らなかった。

夫と家事と育児とを分担すれば、なんとかなると踏んではいたが、はたして夫は頼りになるのか。これは新しい生活が始まる、新人母の誰もが持つ不安ではないだろうか。

もともと我が家は、ふたりとも食も住も大雑把だった。食事の支度はわたしの担当だがご飯のメインは盛り付けなど気にせずに大皿にどかんで、副菜は納豆。

食器は棚にしまうことなく、いつも水切りラックから使う。掃除は互いに気が向いたときしかしない(なので、家が汚なすぎて出産前に引っ越した)、洗濯はどちらか気づいたほうがするという分担で生活をまわしていた。

食事の支度は毎日否応なしな分だけ、わたしの負担が大きい気もするが、メニューを好きに決められる、自分の食べたい味付けにできる、といった理由から、むしろ「やりたいこと」でもあり、車の運転だとか重いものを運ぶといった「したくないこと」は夫が担当してくれていたので、なんとなくバランスが取れてはいたと思う。

けれども、そこに育児が加わるとなると、ちょっとこなせる自信がなかった。授乳や世話に手や時間を取られるのは当然のこと、その他の家事だって、以前と同じように適当に済ますわけにはいかないだろう。

産前、育児についての話題に出る度、夫は「いやー、俺は無理だと思う。君に大丈夫でしょ。お母さんになればできるもんじゃないの?」と、わたしに任せる気満々の態度だった。

わたしだって育児は初めてで、手探りでやるしかないのに、なぜ「お母さん」だから自然とできるに違いないと思っているのか。そういうことを言ったけれど「いやいやいや……」とあくまでも及び腰。

育児雑誌で、産後の父親はどう行動するといいかを特集してあるページに付箋を貼って渡しておいたのだか、いつまで経っても読んだ形跡もない。

「自分の子供が生まれるっていうのに、他人事すぎない?」とやきもきしたけれど、生まれたらまた変わることもあるだろうと考えて、この問題は産後に先送りにすることにした。

そして子が生まれた。想像していたよりもずっとかわいくて愛しくて、ずっと腕の中に抱いていたい気持ちだった。一方で夫は嬉しそうではあるけれど、抱っこするのもおそるおそるで、機嫌のいいときは抱いていてくれるものの、泣き始めると「はい」とわたしにパスしてくる。

「渡されても、わたしだって困るよ」と言っても「だって、わかんないし」とあくまでも人任せだ。わからないのは、わたしだって一緒のことなのに。沐浴やおむつ替え、ミルクの作り方は一通り教えたものの、頼めばやってくれるけど、進んではやろうとはしないことも不満だった。

ただし、幸いなこともあった。恐れていたほどには家事が負担にならなかったことだ。今まで仕事をしていた分の時間を割り当てて、手抜き進行でいけば十分にこなせた。

おまけによく寝てくれる子で、夜はしっかり睡眠がとれたし、昼間もたっぷり寝てくれるので、退院後、1週間ほどでゆるやかに仕事も始められた。そこそこには順調なスタートに思えた。ただ、夫の息子に対する不甲斐なさだけが気がかりだった。

■産後1ヶ月前後に起きたちょっとした出来事で

息子が生まれてひと月経つか経たないかの頃だった。外での取材の仕事が入った。1ヶ月検診までは母子ともに外出はしないのが慣例らしいけれども、体力は十分に回復していて、いい加減に家の中にこもっているのにも飽き飽きしていた頃だったから、ありがたく受けた。

取材に出ている間は、夫に見ていてもらう算段をつけたが、運の悪いことに夫のほうも15時から仕事の打ち合わせの予定が入ってしまっているという。それまでには、なんとかして帰ってくると告げ、ひさしぶりの単身で家を出た。

本当は、ついでにどこかでランチでもしようと目論んでいたけれど、授乳して寝かしつけている間に、時間がギリギリになってしまった。残念だったけれど、久しぶりに電車に乗っただけで、ずいぶんリフレッシュした気分だった。

ところが、困ったことに取材がやたらと長引いてしまった。こちらの都合で切り上げるわけにもいかず、14時を回ったところで、「ごめん、帰るの遅れる」と夫に連絡を入れた。「困る」とか「早く帰ってきて」と次々にLINEが届いたけれど、どうしようもできない。

結局家に戻れたのは17時を回った後だった。遅れたことを詫びながら夫から子を受け取ると、打ち合せはどうしたのか尋ねた。すると、怒りながら「連れていった」という。

「えっ、どうやって?」

家には抱っこ紐もベビーカーもあるし子の外出用の洋服も揃えてあるが、まだどれも使ったことはなかった。そもそも、それらのある場所を夫は知らないはずだ。

「いや、仕方なくそのまんま……」

■夫に育児を任せてみるすすめ。「任せられる」ことで変わる

そのときの息子といえば、いかにも新生児らしい純白タオル地のドレス。しかも、よりによって退院時に記念品としていただいたもので、胸に産院のエンブレム入り。

その上から、いつも室内で毛布替わりに体にかけている淡いブルーのおくるみで巻いて、打ち合せのある喫茶店まで連れていったという。喫茶店の人たちも打ち合わせ相手も驚いていたそうだ。

季節は極寒の2月、産院から連れ去ってきたような様相の新生児を連れて現れたんだから、当然のことだろう。夫と息子に申し訳ないことをしたと思いながらも、自分がいない間に困ったことが起きても、対処してくれたことにほっとした。

しかも、そのことがあった日から、夫の息子に対する態度が変わった。前のようにわたしに遠慮していたような態度がなくなり、自発的に面倒を見てくれるようになったのだ。

「ふたりで留守番した日からちょっと変わったよね」と言ったところ、それまでは何かしようとしても、わたしに「そのやり方は違う」と叱られそうでできなかったのが、2人で困難を乗り切ったことで、ぐっと親密な存在として思えるようになったという。

「あの日、家を出る瞬間は子連れ狼の『地獄へ行くぞ! 大五郎』の気分だったよな」と息子に向かって同意を求める夫はすっかり父親の顔をしていた。

産後うつになったという女友達の話を聞くと、配偶者が育児に参加してくれないワンオペ育児だという女性が本当に多い。一方では、たとえ夫が育児に参加できる状況にいたとしても「心配で任せられない」という人もいる。

当の父親本人が「自分には、到底できっこない」と思い込んでいることもある。けれど任せてみると、案外できてしまうものだし、任せられたことでようやくのこと、育てる自覚が芽生えることもあるようだ。

夫と息子が2人で「地獄」に行ったその日以来、夫は前よりもずっと積極的に息子に関わってくれるようになってくれた。こうやって少しずつ、わたしたち新米父母は、子育てに慣れていくのだろう。息子の初めての外出を、夫に奪われてしまったことは少し悔しくもあるけれど、それは仕方ない。

この記事のライター

ライトノベルや官能を執筆するほか、セックスと女の生き方や、男性向けの「モテ」をレクチャーするコラムを多く手掛ける。新刊は『女子会で教わる人生を変える恋愛講座』(大和書房)。著書多数。趣味は映画、アルコール、海外旅行。愛犬と暮...

関連するキーワード


結婚 育児

関連する投稿


「それでも相手を愛せますか?」結婚で試されること【いい女.bot】

「それでも相手を愛せますか?」結婚で試されること【いい女.bot】

国籍が違う。それでも愛せますか? 宗教が違う。それでも愛せますか? 子供が産めないかもしれない、体が不自由である、何か障害を持っている、家族に問題がある……それでも愛せますか? 結婚って、それらを試すものなのかもしれません。誰にでもある“結婚の試練”について、いい女.botさんが綴ります。


やっぱりこの世は愛よりお金? 収入だけじゃない結婚後のお金事情

やっぱりこの世は愛よりお金? 収入だけじゃない結婚後のお金事情

婚活中の女性と話していると話題になるテーマは相手の条件。「お金? 愛?」または「お金? 性格?」。結婚相手に求める条件は人それぞれで、どんな条件の人と結婚すれば幸せになれるかはわかりません。それでも結婚の条件の中で「お金」は優先順位が高い。そこで、お金の専門家視点から年収以外にも知っておきたいお金の話をお伝えします。


子どもの夏休みの宿題、手伝う? 手伝わない?

子どもの夏休みの宿題、手伝う? 手伝わない?

楽しいことばかりじゃないのが夏休み……。例えば、「夏休みの宿題」は子ども本人だけでなく、親にとってもネックなのではないでしょうか。特に自由研究の課題に悩まされている親は多いと思います。子どもの夏休みの宿題と親との関わり方をデータでお伝えするとともに、自由研究に役立つアイデアをご紹介します。


子供を考えるとき、大切なのはパートナーと過ごす人生【成功する結婚#5】

子供を考えるとき、大切なのはパートナーと過ごす人生【成功する結婚#5】

結婚=「家族になること」。ふたりだけの家族になるのか、それとも子供を授かろうとするのかは、結婚生活を大きく変える重要な決断です。「実際には授かるかどうかはわからない」という不確定要素もあるテーマを、どのように考え、話し合えばいいのでしょうか。


子どもの夏休みにおすすめ。100均のプチプラアイテム

子どもの夏休みにおすすめ。100均のプチプラアイテム

100均には子どもの遊びにもってこいのプチプラアイテムが揃っています。インスタ映えするアイテムを選べば、子どもだけではなく、大人も楽しめること間違いなし。セリア、ダイソー、フライングタイガーなどをはじめとする100均で、夏休みにおすすめのアイテムを探してみました。


最新の投稿


秋ネイルに使える100均ネイルカラー5色とデザイン【マニキュアでセルフネイル】

秋ネイルに使える100均ネイルカラー5色とデザイン【マニキュアでセルフネイル】

秋ネイルの準備、そろそろ始めませんか。秋ネイルに使えるマニキュアをセリアで発見しました。なかでも買っておくと何かと使える秋カラー5色を紹介します。また、その5色を使った簡単なワンカラーネイルもご提案。どれも簡単にできるものばかりなのでお試しください。


ありのままの胸を好きになるために――大きなバストを美しく見せるランジェリーブランド「ivyy」原田奈津美さん

ありのままの胸を好きになるために――大きなバストを美しく見せるランジェリーブランド「ivyy」原田奈津美さん

小さくても、大きくても、女性にとっては悩みの種になりやすい“バスト”。生まれ持った自分の体をそのまま愛せればいいのだけど、なかなか難しいことも。今回は、胸の大きな人に寄り添うブランド「ivyy」を立ち上げた、原田奈津美さんにインタビュー。自身のバストに悩んだ経験や商品開発の経緯、ブランドが掲げるメッセージを伺いました。


自分が変わると、世界が変わる - 旅が与えてくれるプレゼント

自分が変わると、世界が変わる - 旅が与えてくれるプレゼント

旅に出て、本当に人生は変わる? 変わらない? ベストセラー作家、山崎拓巳さんが初めて書いた旅の本『大切なことに気づく 引き寄せの旅』から特別に、「引き寄せの法則を起こす旅のレシピ」を数回の連載として公開します。


『ベイビー・ドライバー』であなたもベイビーにメロメロに!- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#19

『ベイビー・ドライバー』であなたもベイビーにメロメロに!- 古川ケイの「映画は、微笑む。」#19

全米映画批評No.1サイト「ロッテントマト」でフレッシュ(満足)度100%を記録した話題のカーアクション『ベイビー・ドライバー』。超キュートな主演のアンセル・エルゴートは必見! きっとあなたもメロメロになってしまうはず。カーチェイス版『ラ・ラ・ランド』とも言われる本作は、アクションと音楽が見事に融合した必見の1本です。


「紅葉ふたり占め滞在プラン」他、秋の特別プランが新登場【星野リゾート 界 鬼怒川】

「紅葉ふたり占め滞在プラン」他、秋の特別プランが新登場【星野リゾート 界 鬼怒川】

栃木県日光市に位置する「星野リゾート 界 鬼怒川」に、施設内で景色が最も美しく見える特別室のテラスでもみじ狩りを楽しむ「紅葉ふたり占めプラン」と、人力車で鬼怒川の紅葉スポットを巡る「紅葉人力車プラン」が登場。


DRESS部活