デキる女の決断クローゼット #4 トレンドは下半身から取り入れる。ZARAで冒険できる3つの理由

デキる女の決断クローゼット #4 トレンドは下半身から取り入れる。ZARAで冒険できる3つの理由

自分に似合うかどうかわからない流行色は、トップスではなくボトムスに取り入れる。輪湖もなみさんがそう考える理由は?


■流行の色/形は、ボトムスで挑戦する

ピンクベージュ、テラコッタ、カーキ……今年の流行色は少々手強いです。
微妙な中間色は、着る人を選びます。特に私のように肌色の劣化が進んだアラフィフは、顔映りが悪い色を選んでしまうと、
「なんか、疲れてない?」
と、体調を心配されます。
ですから似合うかどうかわからない流行の色や形は、まず下半身から取り入れてみる! というのが、今日のご提案です。
顔から遠いスカートやパンツなら、顔映りが良いか悪いかを、さほど考えなくてすむからです。

ブルーのガウチョパンツ/白のチャンキーヒール/グレーの巾着型バッグ(すべてZARA)


写真のベージュシャツは、私にとっては顔映りのいい、「心配されない」定番色なので、出番が多く今年で3年目。
黒、白、グレー、ベージュ。どなたでもたいてい「これなら安心」という色があるのではないでしょうか。そうした似合う色はブラウス、ストールなどで顔まわりの上半身へ。そうして守りを固めておいて、下半身は攻めていきましょう。

このシャツにボトムまで茶系を合わせると無難すぎてつまらないので、今年はベージュが新鮮に見えるよう、「ベージュ×ブルー」にチャレンジしてみました。グレーがかったブルーは今まで何度かトライしたことがあるのですが、私がこの色を着ると、なんだか車掌さんの夏制服のように見えてしまう苦手色。

ところが先日、ZARAで写真のガウチョパンツを発見! サイドにスリットが入っているデザインも新鮮で、苦手な色もボトムなら顔映りの心配なしです。白の「チャンキーヒール」の靴はクセのある形ですが、プチプラでなら遊べるかも……と思い、ついでに購入してみたら大当たり。意外にも服を選ばず、靴を足すだけでちょっとモード系になれるので、秋物を着るのが楽しくなってきました。

■ZARAで冒険できる3つの理由

ZARAは、その年のトレンドがギュッと詰まった服がプチプラで手に入るので、
「似合わなかったらどうしよう」
「長く着られないと、もったいないかしら」
と、ためらう気持ちを、チャレンジへと後押ししてくれます。
また商品も、一定の量を売り切りながら、次々と新しい商品を出していくタイプのブランドなので、人とかぶることが少ない。
サイズも、服ならXXS(5号)からXL(13〜15号)まで、靴は35(23cm)から42(27.5cm)までと、幅広い点も魅力です。

大人の女性にとって、いつも安心な「定番」はとても大切です。でも、いつものカフェ、いつもの人間関係のように、慣れ親しんだものばかりに囲まれていると、緊張感がなくなり、成長が止まってしまうこともあるかもしれません。
使い慣れた基礎化粧品をたまに変えてみると、それがドラッグストアのコスメでも効果があるように、服にも新鮮な風を入れる。
それが「取り残されたおばさん」にならずに、「時代の空気感をまとった女性」でいるための、ひとつの方法かもしれません。

●まとめ
定番を押さえつつ、プチプラで少しのチャレンジを。そうすれば時代の空気感をまとう女性になれる。

この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連する投稿


バルーンスリーブブラウスを上品カジュアルに見せる優秀ボトムスはデニム!?

バルーンスリーブブラウスを上品カジュアルに見せる優秀ボトムスはデニム!?

バルーンスリーブブラウスやティアードブラウスなど、ポイントスリーブブラウスが今春、大ブレイク中。甘めテイストなトップスとぴったりなボトムスをご提案し、品良くカジュアルな大人コーデを作るコツをご紹介します。


ネイビーのワントーンコーデには「直感的に好きな色」を取り入れて遊ぶ

ネイビーのワントーンコーデには「直感的に好きな色」を取り入れて遊ぶ

ネイビーのワントーンコーデは知的で上品に見えるコーデの1つ。普段はネイビーのワントーンコーデでも十分素敵ですが、休日はもう少し遊びを取り入れてみては? おすすめは「直感的に好きな色」をワンポイントで足してみること。オフの日も違うネイビーを堪能できます。


GUのスリッパシューズ投入で、足元に春の抜け感を【デキる女の決断クローゼット#17】

GUのスリッパシューズ投入で、足元に春の抜け感を【デキる女の決断クローゼット#17】

スリッパシューズといえばGUCCIが販売したものを思い浮かべる方は多いのでは。でも、今春、GUからスリッパシューズが大量に登場。ベーシックなものから柄物まで、1990円で幅広いラインナップが揃っています。


黒のワントーンコーデ、軽やかに見せたいならレース素材を指名して

黒のワントーンコーデ、軽やかに見せたいならレース素材を指名して

黒のワントーンコーデ、あえて春に楽しんでみませんか。暖かくなるにつれ、明るい色を身に着けたくなりますが、レースでできた軽やかなトップスやベルトを投入すれば、春らしい黒のワントーンコーデが完成。黒アイテムが好きな大人女性に向けた、黒のワントーンコーデのアイデアをご紹介します。


おばあちゃんとマダム、ファッションはどう違うのか巣鴨で検証【デキる女の決断クローゼット #16】

おばあちゃんとマダム、ファッションはどう違うのか巣鴨で検証【デキる女の決断クローゼット #16】

海外のおばあちゃん、いやマダムのファッションスナップや、それを集めた写真集が人気を集めています。彼女たちはおばあちゃん、ではない。では、おばあちゃんとマダム、それぞれのファッションの違いは何なのか。おばあちゃんの原宿、といわれる巣鴨とげぬき地蔵商店街へ足を運んで考えてみました。


最新の投稿


女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

チェコのイースターは日本から見ると独特かもしれません。男性が鞭で女性のお尻を叩く風習があります。1年の健康や美を願い、また子宝に恵まれる、との言い伝えもありますが、正直痛い(笑)。そんなチェコのイースターの過ごし方と独特の風習を詳しくご紹介します。


「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」はケイトのアイブロウパレット。眉ってなかなか思い通りに描けず、苦手意識がある人も多いと思いますが、デザイニングアイブロウNのような3色のパウダータイプなら色を調整でき、仕上がりもふんわりソフトなので失敗が少なくおすすめです。眉メイクのコツやノーズシャドウとして使う方法をご紹介します。


鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島県は未だに「男尊女卑がある」と言われる地域。そこで生活する女性たちは「被害者」扱いされることもあるが、鹿児島出身の私に言わせると、まったく逆だ。実は日本で一番、男社会での処世術を知っている女性は、鹿児島女性なんじゃないかと思うこともある。


海外から見た「日本人」の長所と短所

海外から見た「日本人」の長所と短所

「約束を守る」「長期的なビジョンや関係を重視する性格」などは、海外から見て日本人が評価されているポイント。一方で「英語が話せない」など、ちょっと残念と思われている要素も……。外国人が見る、リアルな日本人のイメージを知っておきませんか。


最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

思い切って結婚式プロデュース会社に相談したのは、ウエディングプランナーに相談しても、なかなか「これだ!」と思えなかったから。夢のような結婚式を実現するため、複数のウエディングプランナーに面会したものの、ピンとこなかったから。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#6をお届けします。