森林 原人さん×はあちゅうさん対談・後編「セックスとお笑いは似ている。受け手がのめり込んで、反応すればいいセックスになる」

森林 原人さん×はあちゅうさん対談・後編「セックスとお笑いは似ている。受け手がのめり込んで、反応すればいいセックスになる」

森林 原人(もりばやし げんじん)さんとはあちゅうさん対談の後編。男女にとって普遍的なお悩みのテーマともいえるセックス。今回も、8000人の女性とセックスをしてきた人気AV男優・森林 原人さんをゲストに迎え、セックスで幸福になるためのヒントについて哲学的観点で語っていただきました。


■レス解消のカギは、セックスしたら「都度忘れる」こと

はあちゅう(以下、は):前回は、セックスを家庭に持ち込むことの難しさについて森林さんの見解を伺いました。

森:あれは僕の真面目な意見ですけど、僕たち男優が「じゃあ外にセフレをつくればいいじゃん」って気軽に言っても、それは現実的ではないとも思うんですけどね。

は:一般的な感情としては、パートナーに裏切られたってことになりますしね。他の相手とセックスをする以外に、セックスレスの解消には何が必要だと思いますか?

森:前提として、双方にセックスレスを解消したいという気持ちがなければ難しい。まずは少しでもいいから、残り火みたいなものに訴えかけていくしかないですね。それを踏まえて1つ目は、セックスをしたら、その都度忘れること。

は:忘れてしまっていいんですか?

森:前向きな意味でね。良かったセックスも悪かったセックスも忘れる。良かったセックスを思い出すと、ちょっと前と違ったとき「あれ?」と思ってしまうし、悪かったセックスを覚えていると「もうしたくない」ってなるでしょ。だから、この瞬間のセックスにのめり込むことだけに集中する。そして終わったら、またスッと日常に戻っていく。そうすると翌朝には、なんとなくお互い機嫌よく過ごすことができたりするんです。

は:なるほど。ほかには何がありますか?

森:ストライクゾーンを増やすこと。加点方式で考えて、どんどん年をとっていく相手を年々良くなっていってる、というように捉えていかないと、若い人のほうがいいってなっちゃうから。長く一緒にいると精神的には愛着が増えて愛しさが増していくと思うんですけど、肉体面でも相手に興奮できる点を増やしていくこと。出産してしぼんだおっぱいもまたいいね、とか。あとは、できるだけ習慣づけをして、毎週日曜日の午前中にセックスをする、と決めるとか。間が開いてしまうと面倒になるし、どんどんきっかけがつかめなくなってしまうんですよ。

■愛は瞬間的な状態の積み重ね

は:週に1回はしたほうがいいっていうのは、セックスという行為が愛の誓いを意味する、ということになりますよね?

森:うーん……。矛盾するようだけど、セックスを愛の誓いと考えること自体が、前編で言った「思考優位」になっちゃっていますけどね。僕は愛っていうのは、結婚届けにサインをするみたいな約束ごとじゃなくて、瞬間的な状態の積み重ねだと思っているんですよ。

は:愛は瞬間的な状態の積み重ね……! メモしますね!

ペンとノートを取り出して書き出すはあちゅうさん


森:セックスによって、瞬間的に「愛」という状態になれると僕は考えていて。でもそこで未来が保証されたと考えちゃうと、依存になってくる。セックスに意味づけをすることで、純粋な行為ではなくなってしまうんです。愛っていう状態を目指してセックスしようとすると愛にはなれないけど、セックスがしたくてセックスをすると愛になれる。

は:なんだか哲学的ですね……。

森:たとえば、そこまで好みのタイプじゃないのに、言葉には言い表せないけどなぜかこの人に惹かれちゃうみたいな人がいるとして。その人とセックスをして心地良ければ「あれ、この人好きかも?」みたいな感じで高まっていけるんです。さっき話したセックスレス解消のための習慣づけも、きっかけは義務っぽくて面倒でもいざ始めてみたら雪崩式に「嫌じゃないかも、気持ちいいかも、愛しいかも」みたいに高まっていける。

は:確かに、そうかもしれません。

森:映画やドラマの中で描かれる、優しさに溢れた愛の証っぽいセックスがみんなのイメージとしてあると思うんですけど、それは絶対じゃなくて。セックスそのものに2人でのめり込めれば、どんなかたちでも最終的に一体感や全肯定感を得られると思うんです。

■セックスの盛り上がりを決めるのは受け手側

は:その瞬間にのめり込むことが大事なんですね。ちなみに森林さんは、いいセックスってどんなものだと思いますか?


森:これは男女関係なく、「反応すること」ですよね。セックスの盛り上がりを決めるのは受け手側なんです。芸人さんに聞くと、同じ話をしてもお客さんのノリによって盛り上がり方がガラッと変わるそうですよ。同様に、セックスでも受け手側の反応次第で、攻め手側も盛り上がれたり萎えたりする。そのために必要なのが共感力です。セックスにおける共感力とは、自分の快感を素直に表現したうえで、相手を思いやる想像力のことです。サービスをしているだけじゃなく、自分もその行為にのめり込めるかどうかで、セックスの盛り上がり方は何倍にも変わってきます。

は:一方だけがんばっても、盛り上がらないということですね。

森:もちろん。僕は女性からセックスの相談を受けるコラムを連載しているんですけど、本当は片方だけじゃなく、カップルで同じ話を聞いてほしいんですよ。セックスの価値観は人それぞれ違うから、ある程度一致させておかないとどんどんズレていっちゃうんです。相手の提案も受け入れつつ、自分の話もしつつ……ってなれたら、初めてお互いが楽しめるセックスができる。ただし、共感したからといって相手のすべてをわかったつもりにならないこと。セックスは孤独の克服につながるけど、孤独を完全に克服することはできないと知っておくことが大切です。

は:よくわかりました。森林さんはいま37歳ですよね。今後の目標としては、どんなことを考えていらっしゃいますか?

森:男優としての寿命って、最近の傾向では50歳くらいまで延びているんです。だからその後、残りの人生をどう過ごすか、っていうことなんですけど。この仕事に就いたことで、社会的信用とか仕事の選択肢は狭まったけど、代わりに得られたものは大きいなと思っていて。

は:他の仕事では絶対に得られない、特殊な経験ですものね。

森:だから、プレーヤーとしてパンツを脱ぐことがなくなっても、性との向き合い方、セックスと人間の関わり方について、人生を通して追求していきたいですね。AVを制作する側にまわるのか、資格を取ってカウンセラーになるのか、まだ具体的には決まっていないんですけど。世の中にはセックスをこじらせて悩んでいる人が本当にたくさんいる。そこに、ニーズはあると思っています。セックスってどんなに賢いヤツにも難解だし、弱っているときには優しいから、みんな他人事じゃいられないはずなんで。家庭のなかで、カップルの間で、もっとちゃんと向き合ってセックスについて話せるような環境をつくるべきだと思っていますし、そのための手助けができるなら本望ですね。


(完)

構成=波多野友子

■森林 原人(もりばやし げんじん)さんのプロフィール

1979年5月26日生まれ。37歳。AV男優歴17年。
モテない鬱屈した人生に嫌気がさしAV男優に応募。20歳から37歳に至る現在までAV男優一筋。出演本数1万本。経験人数8千人。巨根で、セックスするとすぐに好きになっちゃう性分から“純情バズーカー”と言われる。趣味は読書、好きな作家は池田晶子。初の著書『偏差値78のAV男優が考える セックス幸福論』を6月15日に発売。

Twitter:https://twitter.com/avmoribayashi

■はあちゅうさんのプロフィール


ブロガー・作家。慶應義塾大学法学部政治学科卒。在学中にブログを使って、「クリスマスまでに彼氏をつくる」「世界一周をタダでする」などのプロジェクトを行い、女子大生カリスマブロガーと呼ばれる傍ら、レストラン、手帳、イベントをプロデュースするなど、幅広く活動。2009年電通入社後、中部支社勤務を経て、クリエーティブ局コピーライターに。2011年12月に転職し、トレンダーズで美容サービス、動画サービスに関わる。2014年9月からフリーで活動中。
月額課金制個人マガジン「月刊はあちゅう」、オンラインサロン「ちゅうもえサロン」「ちゅうつねサロン」などを運営。著者に『疲れた日は頑張って生きた日 うつ姫のつぶやき日記』(マガジンハウス)、『とにかくウツなOLの、人生を変える1か月』(KADOKAWA/角川書店)、『自分の強みをつくる』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)『恋愛炎上主義。』(ポプラ社)『半径5メートルの野望』(講談社)など。雑誌、オンラインメディアなどでの連載多数。催眠術師資格を保有する。

ブログ:http://lineblog.me/ha_chu/
Twitter:https://twitter.com/ha_chu

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連する投稿


セックスレスの相談を受けるたびに思うこと【カツセマサヒコ 連載 #5】

セックスレスの相談を受けるたびに思うこと【カツセマサヒコ 連載 #5】

セックスレスに関する相談を男女双方から受ける。その度に「まずは相手を休ませてあげて」と思うのには理由がある。セックスレスに到る根本の原因は「疲れ」ではないか。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第5回。


交際前にセックスの相性を確かめるほうがいい

交際前にセックスの相性を確かめるほうがいい

最高のパートナーと出会う「オトナの恋愛」をしたいなら、頭・心・体という3つのチャンネルをフル活用することが大事です。一つひとつの活用法を詳しくご紹介し、最高のパートナーと出会う方法をご紹介します。


セックスレスを乗り越えて妊活を成功させた夫婦の体験談

セックスレスを乗り越えて妊活を成功させた夫婦の体験談

セックスレスに悩んでいた状態から妊活を成功させ、子供を授かった夫婦がいます。結婚して数年、夫婦仲は良い方だけど、寝室を別にしてからセックスレスに……だけど愛する夫の子供がほしい。そんな夫婦にセックスレスから妊活へ到ったエピソードを伺いました。


その一言が引き金に!?夫婦がセックスレスになる原因

その一言が引き金に!?夫婦がセックスレスになる原因

「実はセックスレスで」という夫婦やカップルは多い。原因や時期、タイミングは人それぞれ。今回はセックスレスに悩んでいた夫婦が、セックスレスになった原因や解消に到ったきっかけなどをご紹介する。


元彼とセフレ状態。復縁を狙うなら「おあずけ」で関係に変化を起こす

元彼とセフレ状態。復縁を狙うなら「おあずけ」で関係に変化を起こす

元彼とよりを戻したいのに、気がつけばいつも体の関係を持ってしまう。断るともう会ってもらえなくなりそうで怖い。なんて不安を抱えていませんか? セフレなら関係が続くと思うなら大間違い! 逆に新しい彼女を作るチャンスを与えてしまいます。そうならないために、まずはセックスを「おあずけ」にしてセフレから脱却しましょう!


最新の投稿


『はらぺこあおむし』に会いに行こう! -「エリック・カール展 The Art of Eric Carle」

『はらぺこあおむし』に会いに行こう! -「エリック・カール展 The Art of Eric Carle」

『はらぺこあおむし』や『パパ、お月さまとって!』でおなじみの絵本作家、エリック・カールさんの世界を堪能できる「エリック・カール展」の情報をお届けします。


バストの下垂、原因は加齢だけじゃなかった!

バストの下垂、原因は加齢だけじゃなかった!

バストの下垂は歳を重ねると自然と起きてしまうこと、避けられないこと、と諦めないで。バストの下垂は日々の細かい努力で防ぐことができます。バストの下垂を予防し、何歳になっても美しいバストを保つ習慣をご紹介します。


5月発売のコスメをチェック!【今月の「推しコス暦」】

5月発売のコスメをチェック!【今月の「推しコス暦」】

パンピューリからは天然素材のフットマスクが登場。サンセット クルーズ アイ パレットはメイクをランクアップさせてくれそう。紫外線ケアはヘアもお忘れなく! アヴェダのスカルプラインをチェックして。ジュリークのローズミストが数量限定で発売。エスティ ローダーのリップスティックの刻印サービスは使ってみたい!


不倫は「一番大切なもの」を奪っていく【いい女.bot 連載】

不倫は「一番大切なもの」を奪っていく【いい女.bot 連載】

不倫をすると私たちにとって「一番大切なもの」がなくなってしまいます。それはなぜなのか、なくすとどうなるのか。いい女.botさんが寄稿します。


ADAM ET ROPE × Chacoの復刻 別注サンダル

ADAM ET ROPE × Chacoの復刻 別注サンダル

ADAM ET ROPE × Chacoの復刻 別注サンダルを4月28日に発売。インパクトのあるパイソン柄を施した新色グレーが登場。