1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. はあちゅうさん×一徹さん対談・後編 「AVとして見せるセックスと現実のセックスは全然違うもの」

はあちゅうさん×一徹さん対談・後編 「AVとして見せるセックスと現実のセックスは全然違うもの」

Share

セックスレスやマンネリを中心に浮上する性・セックスの悩みは尽きないもの。著書に『半径5メートルの野望』などがある作家・ブロガーのはあちゅうさんと、女性向けAVメーカーSILK LABOに出演しているイケメン男優・一徹さんの対談後編をお届けします。

はあちゅうさん×一徹さん対談・後編 「AVとして見せるセックスと現実のセックスは全然違うもの」

セックスレスやマンネリが代表例ですが、年齢を重ねたり一緒に過ごす期間が長くなったりするにつれて生じる大人の性やセックスの悩みはさまざま。男女の性やセックスに関する誤解について対談していただいた前編に続き、著書に『半径5メートルの野望』などがある作家・ブロガーのはあちゅうさんと、女性向けAVメーカーSILK LABOに出演しているイケメン男優、通称エロメンの一徹さんによる、性の悩みに関する対談、後編をお届けします。

「セックスレス=愛されていない」は間違い

はあちゅうさん(以下、は):一徹さんはファンの方から性の相談を受けることもあるそうですが、どんな悩みが多く寄せられますか?

一徹さん(以下、い):セックスレスやマンネリ、セカンドバージンなどが多いですね。以前、はあちゅうさんのツイートで読んで印象的だったのが、セックスをした際に気持ちいい順番が、1番目が人妻、2番目が下女などの使用人、3番目がお妾さん、4番目が遊女、最後が自分の妻という言葉。確か中国の言葉で……。

:一盗二卑三妾四妓五妻ですね。最後が自分の奥さんということは、男性は非日常的なセックスに快感をおぼえている、ということなんでしょうか?

:うーん。その善悪は置いておいて、女性には、旦那さんが自分のことを愛してくれないからセックスをしてくれないんだと思わないでほしいです。もちろん、旦那さんが愛情を表現してあげるのが理想ですが、それに期待すると旦那さんが負担に感じて逃げるかもしれないので。

:マンネリって男性と女性、どちらが先にやってくると思います?

:僕の感覚だと男性の方が多いと思います。男優もその問題に答え切れていない気がするんですよね。だから、女性には男性に対するハードルを下げてもらいたいです。まず、セックスレスになった場合、自分はセックスに何を求めているのか、紙に書き出したり、ネットで調べてみたりしてほしい。そうすると、スキンシップが足りないことに気づくかもしれません。だから、「おはよう」や「いってらっしゃい」のチューやハグをしてみるとか。

:マンネリってスキンシップで解決するものなんでしょうか?

:二人で話し合うしかないと思います。

:長く付き合っていると、まぁしなくてもいいかなと思うこともありますよね。私の場合はそこで格差が生じたことがあまりなく、お互い「いっか」って。

:そうですよね。問題はないですよね。

:でも、周りにも「旦那が抱いてくれなくて、私はもう女じゃないのかな」と悩んでいる人も多くて、いつか自分にもその状況がやってきたらどうしようかな……とは思います。

い:シルクラボも主婦の方のファンが多いのですが、シルクのイベントに行くために、オシャレをしたり、女子会で性について赤裸々に話したり、男性の悪口を言ったりするうちに、だんだん浄化されてきれいになっていって、旦那さんから「俺に隠れて何かやってるんじゃないか?」とヤキモチを焼かれ、その晩は盛り上がった、といういい話(?)も聞きましたね。

:男性側としては、奥さんがどこかに行ってしまいそうな危機感が出てくるのかも。それはマンネリ解消のためのヒントですよね。

:でも、それを目的にしちゃうとケンカになっちゃって、本当に別れちゃうんと思うんですよ。

:そこは駆け引きですよね。

セックス観が違う相手には早めに意思表示を

:一徹さんはマンネリになったことはありますか?

:あります。昔はパートナーと別々に住んでいたので、何月何日にここで待ち合わせをして美味しいレストランでゆっくり食事をして、軽くお酒を飲んでホテルで何時間もエッチして……ってやってましたけど、結婚したらそんな時間はなくなりました。だから、本当に隙を見てササッとするようになりましたね。時間があればもっとしたいですけど。

:したくないときってありませんか?

:あります。

:そうなったとき、女性は女としての自信を失って傷つきますが、女性から「今日はしたくない」と拒否されたら、男性は傷つきませんか?

:傷つきますよ。

:そのときはどうします?

:オナニーすると思います(笑)。

:そこは浮気に走るわけではなく、自己解決なんですね(笑)。でも、セックスレスが原因で浮気に走る瞬間って、どんな感じなのかなと興味があります。単純に性欲が先走っちゃうのか、心が先に離れて女性に心理的な癒しを求めちゃうのか。女性は大概、心→身体の順番だと思うんです。男性はどっちが先ですか?

:性欲が先に走っていっちゃう人もいます。先日『VERY』で話題になった、妻にだけ勃たない「妻だけED」の男性は、奥さんは生活を共にしていく相手だけど、恋愛対象は別にいるんだろうなと思います。それに、今40代の方だと、セックスを楽しめるのなんて残り10年くらいじゃないですか。そう思うと気の毒ですよ。

:カップル間でセックス観が違う場合、話し合いしかないですよね。ただ、私自身のことを言うと、性欲格差を感じたときは、どうしたらいいんだろうとは思います。男性って付き合い始めはすごくしたがる。だから、自分があまり気分の乗らないときに断ると、傷つけちゃうんじゃないかなと。

:そういうとき、どうしてます?

:ケースバイケースですね…。たまには自分も気持ちを奮い立たせて応じるし、たまには向こうにも我慢してもらう。

:そこはお互いの主導権争いなんで、付き合い始めの頃に頑張って意思表示した方がいいですよ。今まで早く終わってほしくて「イク〜!」と言っていたのを、10年後になって「実はずっと演技をしていたのよ」とカミングアウトされると、男は騙された気分になりますから(笑)。相手と添い遂げるとして、今後20〜30年その行為が続くと考えたら、勇気を出して正直に伝えた方がいいです。ただ、言い方には気を遣って「私、ホルモンバランスが変わったみたいで、こうされた方が気持ちいいんだよね」とか言うと、「あ〜、そうか〜」と素直に従うと思います。男はバカだから(笑)。

不倫に走るのではなく妄想彼氏で楽しんで

:そういえば私、行為中に顔を舐めまくる人に出会ったことがあります。本当にやめてほしくて……。

:「嫌だ」と伝えました?

:はい。「本当に嫌なんだけど」って。そしたら「ごめん」と謝るものの、その次のときも懲りずにベロベロと舐めてくる……。学習しないんですよね。

:やり返さなかったんですか?

:そんなベロベロ犬みたいに舐めたくないですよ(笑)!

:相手も舐められると「ネチョッとして不快感があるなぁ。彼女、嫌がってたからやめようかな」と理解してくれるかも。それか、苦いモノを顔に塗っておくか(笑)。あまり深刻に悩まず、そうやって工夫していくの、楽しくないですか?

:男優のしみけんさんも、女優さんの脇の下を舐めるので、女優さんが嫌がって、苦い制汗剤を脇の下に塗って撃退したって話、Twitterに書いてました(笑)。

:性に関する話題って、だいぶオープンにはなりましたが、まだ格差があるんですよね。エッチなことを悪いことだと思う人は、情報にアクセスしようとしなくなって知らないままでいる。だから、男性から「生理のときは中に出しても大丈夫なんだよ」と言われたら信じてしまう。女性も、エッチなことは悪いことだとは思わず、知った方がいいですよね。

:あまりファンタジーに踊らされないようにしたいですよね。AVが18歳以上しか見ちゃいけないとなっているのは、性的な描写だからという理由もあるけど、大人にならないとAVで描かれている世界がファンタジーだとわからないからだと聞いたことがあります。見せるためのセックスと実際に自分がやるセックスは違うと。そういう考えはまだまだ浸透していないように感じます。

:セックスレスやマンネリに悩んでいて、セックスで精神的な充足を求めている女性は、僕たちのイベントや、ジャニーズでも韓流アイドルのようなコミュニティでもいいので、経済的に許す範囲で「妄想彼氏」をつくってみるといいと思います。不倫はリスクが高いので、そうやって自分なりに昇華されている方はいますよ。そして実際、旦那さんと上手くいくようになって、「子どもが生まれてしばらくイベントに行けないんですけど、落ち着いたらまた行きます」という声も多くいただいています。いい抜け道はたくさんありますから、自分に合うものを見つけてほしいなと思います。

構成=姫野ケイ

>>前編はこちら

はあちゅうさん
ブロガー・作家。慶應義塾大学法学部政治学科卒。在学中にブログを使って、「クリスマスまでに彼氏をつくる」「世界一周をタダでする」などのプロジェクトを行い、女子大生カリスマブロガーと呼ばれる傍ら、レストラン、手帳、イベントをプロデュースするなど、幅広く活動。2009年電通入社後、中部支社勤務を経て、クリエーティブ局コピーライターに。2011年12月に転職し、トレンダーズで美容サービス、動画サービスに関わる。2014年9月からフリーで活動中。2015年4月から日テレ「スッキリ!!」火曜レギュラーコメンテーターに。
月額課金制個人マガジン「月刊はあちゅう」、オンラインサロン「ちゅうもえサロン」「ちゅうつねサロン」などを運営。著者に『自分の強みをつくる』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)『恋愛炎上主義。』(ポプラ社)『半径5メートルの野望』(講談社)など。雑誌、オンラインメディアなどでの連載多数。催眠術師資格を保有する。

ブログ:http://lineblog.me/ha_chu/
Twitter:@ha_chu

一徹さん
業界初のメーカー専属AV男優として、女性向けAVメーカー「SILKLABO」で活動中。人気エロメンとして、TV・ラジオ・雑誌・イベント等出演中。

ブログ:http://blog.livedoor.jp/silk_ittetsu/
Twitter:@ittetsu_silk

Share

DRESS編集部

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連記事

Latest Article