1. DRESS [ドレス]トップ
  2. セックス
  3. はあちゅうさん×一徹さん対談・後編 「AVとして見せるセックスと現実のセックスは全然違うもの」

はあちゅうさん×一徹さん対談・後編 「AVとして見せるセックスと現実のセックスは全然違うもの」

Share

セックスレスやマンネリを中心に浮上する性・セックスの悩みは尽きないもの。著書に『半径5メートルの野望』などがある作家・ブロガーのはあちゅうさんと、女性向けAVメーカーSILK LABOに出演しているイケメン男優・一徹さんの対談後編をお届けします。

はあちゅうさん×一徹さん対談・後編 「AVとして見せるセックスと現実のセックスは全然違うもの」

セックスレスやマンネリが代表例ですが、年齢を重ねたり一緒に過ごす期間が長くなったりするにつれて生じる大人の性やセックスの悩みはさまざま。男女の性やセックスに関する誤解について対談していただいた前編に続き、著書に『半径5メートルの野望』などがある作家・ブロガーのはあちゅうさんと、女性向けAVメーカーSILK LABOに出演しているイケメン男優、通称エロメンの一徹さんによる、性の悩みに関する対談、後編をお届けします。

「セックスレス=愛されていない」は間違い

はあちゅうさん(以下、は):一徹さんはファンの方から性の相談を受けることもあるそうですが、どんな悩みが多く寄せられますか?

一徹さん(以下、い):セックスレスやマンネリ、セカンドバージンなどが多いですね。以前、はあちゅうさんのツイートで読んで印象的だったのが、セックスをした際に気持ちいい順番が、1番目が人妻、2番目が下女などの使用人、3番目がお妾さん、4番目が遊女、最後が自分の妻という言葉。確か中国の言葉で……。

:一盗二卑三妾四妓五妻ですね。最後が自分の奥さんということは、男性は非日常的なセックスに快感をおぼえている、ということなんでしょうか?

:うーん。その善悪は置いておいて、女性には、旦那さんが自分のことを愛してくれないからセックスをしてくれないんだと思わないでほしいです。もちろん、旦那さんが愛情を表現してあげるのが理想ですが、それに期待すると旦那さんが負担に感じて逃げるかもしれないので。

:マンネリって男性と女性、どちらが先にやってくると思います?

:僕の感覚だと男性の方が多いと思います。男優もその問題に答え切れていない気がするんですよね。だから、女性には男性に対するハードルを下げてもらいたいです。まず、セックスレスになった場合、自分はセックスに何を求めているのか、紙に書き出したり、ネットで調べてみたりしてほしい。そうすると、スキンシップが足りないことに気づくかもしれません。だから、「おはよう」や「いってらっしゃい」のチューやハグをしてみるとか。

:マンネリってスキンシップで解決するものなんでしょうか?

:二人で話し合うしかないと思います。

:長く付き合っていると、まぁしなくてもいいかなと思うこともありますよね。私の場合はそこで格差が生じたことがあまりなく、お互い「いっか」って。

:そうですよね。問題はないですよね。

:でも、周りにも「旦那が抱いてくれなくて、私はもう女じゃないのかな」と悩んでいる人も多くて、いつか自分にもその状況がやってきたらどうしようかな……とは思います。

い:シルクラボも主婦の方のファンが多いのですが、シルクのイベントに行くために、オシャレをしたり、女子会で性について赤裸々に話したり、男性の悪口を言ったりするうちに、だんだん浄化されてきれいになっていって、旦那さんから「俺に隠れて何かやってるんじゃないか?」とヤキモチを焼かれ、その晩は盛り上がった、といういい話(?)も聞きましたね。

:男性側としては、奥さんがどこかに行ってしまいそうな危機感が出てくるのかも。それはマンネリ解消のためのヒントですよね。

:でも、それを目的にしちゃうとケンカになっちゃって、本当に別れちゃうんと思うんですよ。

:そこは駆け引きですよね。

セックス観が違う相手には早めに意思表示を

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連記事

Latest Article