カツセマサヒコさん プレスラボ ライター/編集者【さわりたくなるおとこ #1】

カツセマサヒコさん プレスラボ ライター/編集者【さわりたくなるおとこ #1】

プレスラボに入社して間もない頃、クライアントに企画を持って行ったんです。そのとき「おもしろい企画ですね。でもそれって何人くらいフォロワーのいる方が書くんですか」と言われて。


【さわりたくなるおとこ#1】 プレスラボ ライター/編集者 カツセマサヒコさん

プレスラボに入社して間もない頃、クライアントに企画を持って行ったんです。そのとき「おもしろい企画ですね。でもそれって何人くらいフォロワーのいる方が書くんですか」と言われて。企画のおもしろさよりも影響力・拡散力を期待されるケースがあるんだと知りました。じゃあ僕自身が影響力を持てば、僕からお願いする人はフォロワーが何人でも関係なくなる。そう思ってTwitterに力を入れ始めたんです。その頃フォロワーは800人くらいでしたが、今は2万人以上になって、拡散力のハードルはある程度クリアできるようになりました。

最近はWebのKPI(重要業績評価指標)も揺らいできていますし、「今の時代、PV(ページビュー)じゃない」という記事もよく見ます。でもライターや編集者をやるからには、お客さんのニーズには全部対応できたほうがいい。PVを求める文化がまだ生きている以上、Webライターにとって影響力・拡散力はある程度必要なのかなと感じているんです。

とはいえ、フォロワーを増やすためにやったことは、ツイート内容を絞ることくらいで。僕の場合は、恋愛絡みの妄想ツイートや家族との日常ツイート、あとは拡散されやすいネタ系ツイートの反応がよくて、それらをつぶやくことで、周りには引かれながらも(笑)、徐々にフォロワー数は増えていきました。フォロワー数が増えることへの満足感もある一方で、ある日、長く入院されているフォロワーさんから「手術室から戻ってきたら、相変わらずしょうもないことをつぶやいていて、安心しました」というメッセージをもらったこともあって。こんなツイートでも救われてる人がいるなら、Twitter上の僕も価値があるんだなと思えました。

仕事面では、年々ライターが増えていく中、どうやって差別化すればいいか考えていて。先ほどは影響力の話をしましたが、Webライターは文章力、取材力、調整力、予算交渉力、企画力、影響力といった総合的な能力が求められる。影響力だけでは飽きられたり、ソーシャル時代が終われば用ナシになったりしてしまうので、地に足の着いた文章力やほかの能力が必要だなって痛感しているんです。今いただいている仕事は、若年層向けの読みやすいものが多め。でも今後はターゲットが広い文章も書けるようにしたいし、勉強の意味でもインプット(読むこと)を増やしながら、いろんな仕事を通して、書く幅を広げていきたいと思っています。

企画も好きで、前職のときからイベントもやってたんですよ。何かを企んで、それが反響して広がっていく。そんなことを今後もやっていきたいと思っています。自分が発信したことで人が動くってネットの魅力だと思うし、記事が100万人に読まれるような経験も、心を震わせて誰かひとりの人生を変えてしまうような経験も、もっとしていきたいです。

Text/Photo=ミノシマタカコ

「別れた人への半端な優しさは捨てなさい」と母は言った【カツセマサヒコ 連載 #1】

https://p-dress.jp/articles/2536

素敵な異性と出会うこともあれば、長く付き合っていた人と別れることもある。仕事で大きなプロジェクトが成功することもあれば、入社以来一番大きなミスをしてしまうこともある。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイをお届けします。

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


仕事 SNS

関連する投稿


SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSに「若い女の子と間違えられて怒っている」風の投稿をする女性がいる。その心理について考えてみたい。SNSを通じた自己表現は今やあたりまえの時代。どう見られたいか、見せたいか、は戦略的に考える必要がある。でもその見え方によっては、残念な自分を作ってしまうことになりかねない。


下谷神社(上野) - 仕事運・家庭運にご利益があるパワースポット

下谷神社(上野) - 仕事運・家庭運にご利益があるパワースポット

仕事運・家庭運向上のご利益がある上野のパワースポットとして知られる、下谷神社(したやじんじゃ)。 今回はご利益を得るためのポイントを、陰陽コンサルタントの高澄さんに尋ねてみました。


コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションにおける距離感について考えることがある。LINEが世の中に浸透し、友人とコミュニケーションを取るのが随分と楽になった現代。しかし、便利になったぶん、窮屈さを感じてはいないだろうか。便利なコミュニケーションツールを使うからこそ、距離感を大切にしたいと思うのだ。


過去を振り返って自信に変えることは、疲れたときの対処法になる

過去を振り返って自信に変えることは、疲れたときの対処法になる

疲れたときの対処法を知りたい人へ――。前を向いて一歩ずつ進みながらがんばっている。そうして未来に向かう途中で「過去」を振り返ってみるのはどうだろう。今の自分がいるのも、明日の自分をつくるのも、これまでの積み重ねだから。がんばるあなたに自信を贈るショートストーリーです。


烏森神社(新橋) - 社交運・美容にご利益があるパワースポット

烏森神社(新橋) - 社交運・美容にご利益があるパワースポット

新橋にある烏森神社は「社交性」「美容」のご利益があるパワースポットです。今回はそんなサラリーマンの街「新橋」にある烏森神社をご紹介します。


最新の投稿


「NISA」と「個人型確定拠出年金」どちらがあなたに合っているか比較します

「NISA」と「個人型確定拠出年金」どちらがあなたに合っているか比較します

投資を始めようと思ったら、NISA(ニーサ/少額投資非課税制度)と個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を活用すれば税制面で有利です。ただ、投資初心者にとって、両方スタートするのは難しい……。どちらを最初に選ぶべきか、比較してみましょう。


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!