カツセマサヒコさん プレスラボ ライター/編集者【さわりたくなるおとこ #1】

カツセマサヒコさん プレスラボ ライター/編集者【さわりたくなるおとこ #1】

プレスラボに入社して間もない頃、クライアントに企画を持って行ったんです。そのとき「おもしろい企画ですね。でもそれって何人くらいフォロワーのいる方が書くんですか」と言われて。


【さわりたくなるおとこ#1】 プレスラボ ライター/編集者 カツセマサヒコさん

プレスラボに入社して間もない頃、クライアントに企画を持って行ったんです。そのとき「おもしろい企画ですね。でもそれって何人くらいフォロワーのいる方が書くんですか」と言われて。企画のおもしろさよりも影響力・拡散力を期待されるケースがあるんだと知りました。じゃあ僕自身が影響力を持てば、僕からお願いする人はフォロワーが何人でも関係なくなる。そう思ってTwitterに力を入れ始めたんです。その頃フォロワーは800人くらいでしたが、今は2万人以上になって、拡散力のハードルはある程度クリアできるようになりました。

最近はWebのKPI(重要業績評価指標)も揺らいできていますし、「今の時代、PV(ページビュー)じゃない」という記事もよく見ます。でもライターや編集者をやるからには、お客さんのニーズには全部対応できたほうがいい。PVを求める文化がまだ生きている以上、Webライターにとって影響力・拡散力はある程度必要なのかなと感じているんです。

とはいえ、フォロワーを増やすためにやったことは、ツイート内容を絞ることくらいで。僕の場合は、恋愛絡みの妄想ツイートや家族との日常ツイート、あとは拡散されやすいネタ系ツイートの反応がよくて、それらをつぶやくことで、周りには引かれながらも(笑)、徐々にフォロワー数は増えていきました。フォロワー数が増えることへの満足感もある一方で、ある日、長く入院されているフォロワーさんから「手術室から戻ってきたら、相変わらずしょうもないことをつぶやいていて、安心しました」というメッセージをもらったこともあって。こんなツイートでも救われてる人がいるなら、Twitter上の僕も価値があるんだなと思えました。

仕事面では、年々ライターが増えていく中、どうやって差別化すればいいか考えていて。先ほどは影響力の話をしましたが、Webライターは文章力、取材力、調整力、予算交渉力、企画力、影響力といった総合的な能力が求められる。影響力だけでは飽きられたり、ソーシャル時代が終われば用ナシになったりしてしまうので、地に足の着いた文章力やほかの能力が必要だなって痛感しているんです。今いただいている仕事は、若年層向けの読みやすいものが多め。でも今後はターゲットが広い文章も書けるようにしたいし、勉強の意味でもインプット(読むこと)を増やしながら、いろんな仕事を通して、書く幅を広げていきたいと思っています。

企画も好きで、前職のときからイベントもやってたんですよ。何かを企んで、それが反響して広がっていく。そんなことを今後もやっていきたいと思っています。自分が発信したことで人が動くってネットの魅力だと思うし、記事が100万人に読まれるような経験も、心を震わせて誰かひとりの人生を変えてしまうような経験も、もっとしていきたいです。

Text/Photo=ミノシマタカコ

「別れた人への半端な優しさは捨てなさい」と母は言った【カツセマサヒコ 連載 #1】

https://p-dress.jp/articles/2536

素敵な異性と出会うこともあれば、長く付き合っていた人と別れることもある。仕事で大きなプロジェクトが成功することもあれば、入社以来一番大きなミスをしてしまうこともある。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイをお届けします。

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連する投稿


【誰でもできる、本業で社会貢献】#3 自分が支援できる社会問題の見つけ方

【誰でもできる、本業で社会貢献】#3 自分が支援できる社会問題の見つけ方

「誰でもできる、普段の仕事を通じた社会貢献」について解説する連載【誰でもできる、本業で社会貢献】第3回目では、数ある社会問題のどれを自分のミッションにしたらいいか、そのヒントを見ていきます。


育児に専念する道を選んだ女性たちが、再び就労しやすい環境作りを【佐藤あつこ】

育児に専念する道を選んだ女性たちが、再び就労しやすい環境作りを【佐藤あつこ】

子育てに専念する道を選び、一度退職したお母さんたち。これからの時代、彼女たちが、自らの希望で再び、就労の機会を得るための、自治体独自の施策推進が求められている――。自らの経験を生かして支援を進めていきたい、と佐藤あつこさんが綴ります。


SNS疲れなんてもったいない。自分の世界を広げるSNSの使い方

SNS疲れなんてもったいない。自分の世界を広げるSNSの使い方

数年前から聞くようになった「SNS疲れ」。うまく使うと、人とつながれて、チャンスも舞い込むSNS、せっかくならストレスなく使いたいものですよね。ブログを含むTwitterやFacebookなどのSNSを心地よく、ストレスなく使う方法をご紹介します。


お客さんには媚びない。脳外科医デザイナー流モノづくりの流儀【ジルデコchihiRo×Drまあや対談】

お客さんには媚びない。脳外科医デザイナー流モノづくりの流儀【ジルデコchihiRo×Drまあや対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第3回では、脳外科医/ファッションデザイナーのDrまあやさんをお招きしました。


インスタ映え抜群のスタイリッシュなホテル「モクシー」が東京と大阪にオープン!

インスタ映え抜群のスタイリッシュなホテル「モクシー」が東京と大阪にオープン!

東京と大阪に同時オープンした、スタイリッシュな空間をリーズナブルに楽しむことができる注目の「モクシー・ホテル」を紹介します。


最新の投稿


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

【積読を崩す夜】13回目は、『美しくなる判断がどんな時もできる』をご紹介します。知っていて、実践すれば美が底上げされて、「どんなに大変な日」でも安心なテクニックの数々。「このメイクは、何でするのか」という、メイクの理由を具体的に教えてくれる、手元に置いておきたい1冊です。


食べて健康に、きれいになるレシピ集

食べて健康に、きれいになるレシピ集

スリムな人を見ると羨ましく思えますが、単に「痩せ=美」というわけでもありません。過度な痩せはかえって美から遠ざかってしまいます。健康的にダイエットしたいあなたにオススメのレシピをご紹介。


女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

恋人や夫の有無を世間から問われている気がしてしまうイベントのひとつ、クリスマス。でも、彼女や妻、恋人といった役割がすべてじゃない。自分は自分という役割をやりきるために生きている。自立と自由を自分の手で獲得する人が、役割にとらわれず、周りも自分も軽やかにハッピーに生きる人生を手に入れるのだと思います。


おっぱい