カツセマサヒコさん プレスラボ ライター/編集者【さわりたくなるおとこ #1】

カツセマサヒコさん プレスラボ ライター/編集者【さわりたくなるおとこ #1】

プレスラボに入社して間もない頃、クライアントに企画を持って行ったんです。そのとき「おもしろい企画ですね。でもそれって何人くらいフォロワーのいる方が書くんですか」と言われて。


【さわりたくなるおとこ#1】 プレスラボ ライター/編集者 カツセマサヒコさん

プレスラボに入社して間もない頃、クライアントに企画を持って行ったんです。そのとき「おもしろい企画ですね。でもそれって何人くらいフォロワーのいる方が書くんですか」と言われて。企画のおもしろさよりも影響力・拡散力を期待されるケースがあるんだと知りました。じゃあ僕自身が影響力を持てば、僕からお願いする人はフォロワーが何人でも関係なくなる。そう思ってTwitterに力を入れ始めたんです。その頃フォロワーは800人くらいでしたが、今は2万人以上になって、拡散力のハードルはある程度クリアできるようになりました。

最近はWebのKPI(重要業績評価指標)も揺らいできていますし、「今の時代、PV(ページビュー)じゃない」という記事もよく見ます。でもライターや編集者をやるからには、お客さんのニーズには全部対応できたほうがいい。PVを求める文化がまだ生きている以上、Webライターにとって影響力・拡散力はある程度必要なのかなと感じているんです。

とはいえ、フォロワーを増やすためにやったことは、ツイート内容を絞ることくらいで。僕の場合は、恋愛絡みの妄想ツイートや家族との日常ツイート、あとは拡散されやすいネタ系ツイートの反応がよくて、それらをつぶやくことで、周りには引かれながらも(笑)、徐々にフォロワー数は増えていきました。フォロワー数が増えることへの満足感もある一方で、ある日、長く入院されているフォロワーさんから「手術室から戻ってきたら、相変わらずしょうもないことをつぶやいていて、安心しました」というメッセージをもらったこともあって。こんなツイートでも救われてる人がいるなら、Twitter上の僕も価値があるんだなと思えました。

仕事面では、年々ライターが増えていく中、どうやって差別化すればいいか考えていて。先ほどは影響力の話をしましたが、Webライターは文章力、取材力、調整力、予算交渉力、企画力、影響力といった総合的な能力が求められる。影響力だけでは飽きられたり、ソーシャル時代が終われば用ナシになったりしてしまうので、地に足の着いた文章力やほかの能力が必要だなって痛感しているんです。今いただいている仕事は、若年層向けの読みやすいものが多め。でも今後はターゲットが広い文章も書けるようにしたいし、勉強の意味でもインプット(読むこと)を増やしながら、いろんな仕事を通して、書く幅を広げていきたいと思っています。

企画も好きで、前職のときからイベントもやってたんですよ。何かを企んで、それが反響して広がっていく。そんなことを今後もやっていきたいと思っています。自分が発信したことで人が動くってネットの魅力だと思うし、記事が100万人に読まれるような経験も、心を震わせて誰かひとりの人生を変えてしまうような経験も、もっとしていきたいです。

Text/Photo=ミノシマタカコ

「別れた人への半端な優しさは捨てなさい」と母は言った【カツセマサヒコ 連載 #1】

https://p-dress.jp/articles/2536

素敵な異性と出会うこともあれば、長く付き合っていた人と別れることもある。仕事で大きなプロジェクトが成功することもあれば、入社以来一番大きなミスをしてしまうこともある。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイをお届けします。

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


仕事 SNS

関連する投稿


LINEで自撮り写真を送るのはイタい?

LINEで自撮り写真を送るのはイタい?

LINEでのやりとりで、自撮り写真を送ることはイタいのか? アラフォー・アラフィフ女性にとって、何より言われたくない言葉が「イタい」でしょう。例えばレースやリボン、ピンク、ふんわりスカートが基本の甘口ファッション。若いうちは自然と似合う甘口ファッションも、年齢を重ねていくと“イタい”ファッションになってしまいます。


今日はFacebookに「いいね!」を押さない日

今日はFacebookに「いいね!」を押さない日

SNSによって「伝える」ことは簡単にできるようになりました。”いいね!”のボタンの種類は増えて、LINEのスタンプだって日々新しくなる。楽だけれど、本当にそれだけで充分伝えられているでしょうか。せっかくならもう少し相手と近くなれるような、今日はそんな伝え方をしてみませんか。


SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSで「いい女に見せたい」心理がイタさを生む

SNSに「若い女の子と間違えられて怒っている」風の投稿をする女性がいる。その心理について考えてみたい。SNSを通じた自己表現は今やあたりまえの時代。どう見られたいか、見せたいか、は戦略的に考える必要がある。でもその見え方によっては、残念な自分を作ってしまうことになりかねない。


下谷神社(上野) - 仕事運・家庭運にご利益があるパワースポット

下谷神社(上野) - 仕事運・家庭運にご利益があるパワースポット

仕事運・家庭運向上のご利益がある上野のパワースポットとして知られる、下谷神社(したやじんじゃ)。 今回はご利益を得るためのポイントを、陰陽コンサルタントの高澄さんに尋ねてみました。


コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションにおける距離感について考えることがある。LINEが世の中に浸透し、友人とコミュニケーションを取るのが随分と楽になった現代。しかし、便利になったぶん、窮屈さを感じてはいないだろうか。便利なコミュニケーションツールを使うからこそ、距離感を大切にしたいと思うのだ。


最新の投稿


ハーゲンダッツ「ジャポネ<ダブル抹茶~練乳黒みつ~>」がセブン限定発売に

ハーゲンダッツ「ジャポネ<ダブル抹茶~練乳黒みつ~>」がセブン限定発売に

抹茶のおいしさをアイスクリームとソルベで楽しめるアイスクリームが登場。ハーゲンダッツ「ジャポネ<ダブル抹茶~練乳黒みつ~>」が7月4日、全国のセブン-イレブン限定で新発売に。


小林麻央さんが教えてくれた、自ら人を愛することの豊穣

小林麻央さんが教えてくれた、自ら人を愛することの豊穣

乳がんと闘病していた小林麻央さんが2017年6月22日夜、帰らぬ人となりました。夫、市川海老蔵さんへ、麻央さんが最期の瞬間に伝えた言葉は「愛してる」だったと海老蔵さんは会見で、涙を流しながら語りました。夫の海老蔵さん、ふたりの子供たちへ、常にたくさんの愛情をもって接した麻央さんの生き様から、私たちが学べることは――。


暗闇ヨガスタジオが提供する「プラネタリウムヨガ」を七夕に体験

暗闇ヨガスタジオが提供する「プラネタリウムヨガ」を七夕に体験

暗闇ヨガフィットネススタジオ「BEING YOGA」が、渋谷・宮益坂のBEING YOGA Fitness Studioにて、七夕特別企画を実施します。星が瞬く幻想的な空間で“プラネタリウムヨガ”を体験してみては。7月7日〜9日の3日間限定開催です。


スタンピングネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

スタンピングネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

スタンピングネイルの魅力はなんといっても、どんな柄も失敗なしでできてしまう簡単さ。100均でも材料が豊富に揃います。マニキュアを使って、スタンピングネイルを素敵に仕上げるやり方やコツを、豊富な画像で詳しく紹介します。


ワンコインで占いが体験できる! 「占いフェス2017」が表参道ヒルズにやってくる

ワンコインで占いが体験できる! 「占いフェス2017」が表参道ヒルズにやってくる

2017年7月7日〜9日の3日間、表参道ヒルズにて「占いフェス2017 SUMMER」が開催されます。公式サイトから事前登録をすると「夢」にちなんだ豪華特典もついてきますよ。