「別れた人への半端な優しさは捨てなさい」と母は言った【カツセマサヒコ 連載 #1】

「別れた人への半端な優しさは捨てなさい」と母は言った【カツセマサヒコ 連載 #1】

素敵な異性と出会うこともあれば、長く付き合っていた人と別れることもある。仕事で大きなプロジェクトが成功することもあれば、入社以来一番大きなミスをしてしまうこともある。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイをお届けします。


まだ20代にもなっていない頃の話だ。

ある種の罪悪感からか、自分から別れを告げた人に、手紙を書こうとしたことがある。

恐らく、「ごめん」とか「一緒にいて楽しかった」とか、そんなしょうもないことを書くことで、「フッた自分を嫌いにならないで」とでも伝えたかったのだろう。

もしくは、「この恋を忘れないで」か。

「便箋ってあったっけ?」

母親に尋ねると、見透かされた。

「自分から別れを告げたなら、形に残るものを送るのは、やめなさい」

「復縁する気がないなら、それは優しさでもなんでもない、自己満足だよ」

母は、アイロン台から目を離さずに、ゆっくりと言葉を包むように言った。

一番優しい言葉を、一番かけてほしいタイミングで、一番深く届ける。それは、恋人だから許されていた特権のようなものだったんだろう。

別れてしまったら、半端な優しさは許されない。いまこうしている間にも、相手は自分の手を借りなくても立てるように、必死になって前を向こうとしている。

そこに手を差し出したいと思うなら、そもそも、別れなきゃよかっただけのこと。

多少の「嫌い」なら目を瞑って、そばにいてやればよかっただけのこと。

そんな、わかりきったこと。

そんな、わかりきったことを、母から言われたあの一言を、10年経った今でも、人との別れが来るたび思い出す。

恋愛だけじゃない。すべての人間関係は優しさでつながっていて、それを断絶するということは、半端な優しさは捨てなければならないということ。

きっと別れとは、そういうものなのだ。
別々の道を歩むためには、優しさを捨て去ることで生まれるエネルギーが必要なのだ。

だから別れは、悲しくて、切なくて、寂しい。

恋人と、家族と、友人と一緒にいるあなたは、きっと多くの優しさに包まれている。

その優しさを失うより先に、貴方が優しさに気づけますように。

この記事のライター

下北沢のライター・編集者。書く・話す・企画することを中心に活動中。
趣味はツイッターとスマホの充電。

関連するキーワード


人間関係 恋愛

関連する投稿


ハズレ合コンは女としての市場価値を確かめる機会にする

ハズレ合コンは女としての市場価値を確かめる機会にする

ハズレ合コンを「ああ、参加しなきゃよかった」と不貞腐れて、適当にやりすごすのはもったいない。いい人がいなくても、その場にいる男性から「女性として扱われるか」「女性として見られているか」チェックする機会として活用してはいかがだろうか。そのほうが楽しいし、意味のある時間になること間違いなし。


元彼との復縁の可能性は? 見極められる3つのポイント

元彼との復縁の可能性は? 見極められる3つのポイント

元彼との復縁を考えるとき、まず可能性があるかどうかが気になりますよね。もし可能性があるなら頑張りたいけど、さっさと次に進んだ方が良い場合もあります。復縁は相手がいてこそできるもの、元彼の態度や今後の関係についてしっかり考えましょう。今回は、復縁できる可能性を見極められる3つのポイントをご紹介します。


「男嫌い」を乗り越えて幸せになるシンプルな方法

「男嫌い」を乗り越えて幸せになるシンプルな方法

幸せな結婚や恋愛を望んでいても、うまくいかない……その原因の1つは「男嫌い」にあるかもしれない。筆者自身もつらい恋愛経験が多く、男性不信の一歩手前だった。しかし現在は男嫌いを克服し、男性の良さや素敵さに目を向けられるようになった。それからは不思議と恋愛もうまくいくように。男嫌いを脱却する方法をご紹介する。


結婚に迷うアラフォーが「今本当にやるべきこと」

結婚に迷うアラフォーが「今本当にやるべきこと」

結婚したいの? しなくてもいいの? 結婚に迷うアラフォー婚活世代の私たち。迷える思いを抱えて、婚活カウンセラーのもとへインタビューに行ってきました。そこで見えてきた、これからすべきことは?


元彼の心理を理解することが"復縁"への近道

元彼の心理を理解することが"復縁"への近道

元彼が復縁したくなる心理とは。女性と違い、別れた後はプライドが邪魔して素直になれないのが男性です。未練があってもなかなかわからない元彼に心を開いてもらうには、こちらから上手に関わっていくことが大切です。元彼の気持ちに合わせることで「また彼女を幸せにできる」と思ってもらうことが復縁への近道です。


最新の投稿


あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

不倫にハマる女性にはどんなイメージがありますか? 仕事もプライベートも充実しているアラサー女子は、不倫なんかせずまっとうに結婚相手を探していそうだと思われるかもしれません。しかし、実はアラサー女子の中にはあえて不倫関係を選んでしまう人も少なからずいます。今回は、そんな不倫にハマる女性の特徴をお話します。


ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナー、身についていますか? おしゃれなレストランやフォーマルな場へ行くと「これで合っているのかな」と悩むこともあるマナー。ワインを飲むことは日本ではまだまだ新しい文化の1つだと思います。難しいことはほとんどありません。ワインのマナーを少しずつ覚えて、自信を持って楽しみましょう。


タイ旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

タイ旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

人気の旅行先、タイ。気軽に行きやすいけれど、気をつけるべき病気についてご存じですか? 4月は人気のお祭り「ソンクラーン」(水かけ祭り)が開催され。日本から行きやすいこともあって、お祭りに参加される方も年々増えているそう。出かける前に、タイ旅行中に警戒したい病気のこと、少し知識をつけておきませんか?


タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

一見複雑そうなタイダイネイルですが、マニキュアでもできます! それに実は失敗知らずの簡単ネイルアート。マニキュアを使ったタイダイネイルの簡単なやり方・コツを豊富な画像&動画で説明します。


「女性だからこそ」持っている力を見つけるには?

「女性だからこそ」持っている力を見つけるには?

一人ひとりの女性が少しずつ力を蓄えていけたなら、女性はもちろん、誰にとっても生きやすくなる社会に近づけていけるはず。3月8日の「国際女性デー(IWD)」を過ぎた今、そんなふうに思うのです。今回は「女性だからこそ」持っている力に気づくワークをお届けしましょう。