「別れた人への半端な優しさは捨てなさい」と母は言った【カツセマサヒコ 連載 #1】

「別れた人への半端な優しさは捨てなさい」と母は言った【カツセマサヒコ 連載 #1】

素敵な異性と出会うこともあれば、長く付き合っていた人と別れることもある。仕事で大きなプロジェクトが成功することもあれば、入社以来一番大きなミスをしてしまうこともある。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイをお届けします。


まだ20代にもなっていない頃の話だ。

ある種の罪悪感からか、自分から別れを告げた人に、手紙を書こうとしたことがある。

恐らく、「ごめん」とか「一緒にいて楽しかった」とか、そんなしょうもないことを書くことで、「フッた自分を嫌いにならないで」とでも伝えたかったのだろう。

もしくは、「この恋を忘れないで」か。

「便箋ってあったっけ?」

母親に尋ねると、見透かされた。

「自分から別れを告げたなら、形に残るものを送るのは、やめなさい」

「復縁する気がないなら、それは優しさでもなんでもない、自己満足だよ」

母は、アイロン台から目を離さずに、ゆっくりと言葉を包むように言った。

一番優しい言葉を、一番かけてほしいタイミングで、一番深く届ける。それは、恋人だから許されていた特権のようなものだったんだろう。

別れてしまったら、半端な優しさは許されない。いまこうしている間にも、相手は自分の手を借りなくても立てるように、必死になって前を向こうとしている。

そこに手を差し出したいと思うなら、そもそも、別れなきゃよかっただけのこと。

多少の「嫌い」なら目を瞑って、そばにいてやればよかっただけのこと。

そんな、わかりきったこと。

そんな、わかりきったことを、母から言われたあの一言を、10年経った今でも、人との別れが来るたび思い出す。

恋愛だけじゃない。すべての人間関係は優しさでつながっていて、それを断絶するということは、半端な優しさは捨てなければならないということ。

きっと別れとは、そういうものなのだ。
別々の道を歩むためには、優しさを捨て去ることで生まれるエネルギーが必要なのだ。

だから別れは、悲しくて、切なくて、寂しい。

恋人と、家族と、友人と一緒にいるあなたは、きっと多くの優しさに包まれている。

その優しさを失うより先に、貴方が優しさに気づけますように。

カツセマサヒコ 連載 バックナンバーはこちら

この記事のライター

下北沢のライター・編集者。書く・話す・企画することを中心に活動中。
趣味はツイッターとスマホの充電。

関連する投稿


女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

恋人や夫の有無を世間から問われている気がしてしまうイベントのひとつ、クリスマス。でも、彼女や妻、恋人といった役割がすべてじゃない。自分は自分という役割をやりきるために生きている。自立と自由を自分の手で獲得する人が、役割にとらわれず、周りも自分も軽やかにハッピーに生きる人生を手に入れるのだと思います。


「失恋しました」【経沢香保子】

「失恋しました」【経沢香保子】

失恋はつらくて苦しくてしんどい。でも、失恋を乗り越えたあなたが身につけるものはたくさんある。人の心を無理にコントロールしようとしない品格、愛する人に通じるすべてのもの受け入れる「愛の作法」、現実を受け入れる忍耐力など。そんな大きな愛を持つあなたを周囲は放っておかない。失恋を通じてあなたの人としての器は大きくなるのだ。


男性が未練がましくなるのは、別れに納得していないから

男性が未練がましくなるのは、別れに納得していないから

別れたあとも元カノのことを忘れられずに苦しむ男性は大勢います。別れ際に本音を言えなかったり、愛情が残ったままであったり、別れたことに納得していない場合、男性側のほうが未練を引きずることが多く見られます。未練がましい男性にはどんな特徴があるのか、またどう対応すれば良いのか、お話します。


LINEで彼の本気スイッチをいれるテクニック

LINEで彼の本気スイッチをいれるテクニック

気になる彼とのLINEのやりとり。恋愛初期のLINEのやりとりは楽しくて、仕事中もLINEが気になって仕方ないもの。大人同士の恋愛はスマホの中で育まれるものなのかもしれません。今回はそんなやりとりで彼の本気スイッチをONにするLINEについて。


クリスマスまでに攻略したい! 算命学で知る彼の好みと効果的なプレゼント

クリスマスまでに攻略したい! 算命学で知る彼の好みと効果的なプレゼント

そろそろ街がクリスマスの雰囲気に包まれてきました。今年のクリスマスはどんな風に過ごすか、狙った彼と甘い時間を過ごせるか――ここからが勝負ですね。でも彼の好みってどんな人? どうやったら彼の心に響くの? もうあまりゆっくりしている時間はありません。算命学で効果的な戦略を立てて、きっちり仕留めていきましょう。


最新の投稿


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

【積読を崩す夜】13回目は、『美しくなる判断がどんな時もできる』をご紹介します。知っていて、実践すれば美が底上げされて、「どんなに大変な日」でも安心なテクニックの数々。「このメイクは、何でするのか」という、メイクの理由を具体的に教えてくれる、手元に置いておきたい1冊です。


食べて健康に、きれいになるレシピ集

食べて健康に、きれいになるレシピ集

スリムな人を見ると羨ましく思えますが、単に「痩せ=美」というわけでもありません。過度な痩せはかえって美から遠ざかってしまいます。健康的にダイエットしたいあなたにオススメのレシピをご紹介。


女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

女の幸せに、クリスマスは邪魔なだけ【植村絵里】

恋人や夫の有無を世間から問われている気がしてしまうイベントのひとつ、クリスマス。でも、彼女や妻、恋人といった役割がすべてじゃない。自分は自分という役割をやりきるために生きている。自立と自由を自分の手で獲得する人が、役割にとらわれず、周りも自分も軽やかにハッピーに生きる人生を手に入れるのだと思います。


おっぱい