#1 質のいい涙は心のモヤモヤを洗い流す 【心と体がととのう、週末涙活デトックス】

#1 質のいい涙は心のモヤモヤを洗い流す 【心と体がととのう、週末涙活デトックス】

最後に泣いたのはいつですか? 仕事に恋愛・結婚、子育て、介護……現代を生きる女性は忙しく、様々なストレスを抱えがち。不安定な時代だからこそ、「強く生きなければ」と前を向く女性たちの横顔は凛として美しい。でも、ときには涙を流したっていいんです。


最後に泣いたのはいつですか? 仕事に恋愛・結婚、子育て、介護……現代を生きる女性は忙しく、様々なストレスを抱えがち。不安定な時代だからこそ、「強く生きなければ」と前を向く女性たちの横顔は凛として美しい。でも、ときには涙を流したっていいんです。



 

みなさま、はじめまして。感涙療法士の吉田英史(よしだひでふみ)と申します。今月から、強く生きる大人の女性たちに、涙活(るいかつ)という簡単にできるデトックス方法と泣けるコンテンツをご紹介します。

■涙活=心のデトックス

初回なので、涙活について少し詳しくお話させてください。涙活という言葉をご存知でしょうか。最近はTwitterなどで、「映画を観て、涙活した~」などのコメントを目にするようになりました。一般用語としても定着してきた感がありますが、私たちは、涙活という言葉を「2~3分だけでも能動的に涙を流すことによって心のデトックスを図る活動」と定義しています。

泣くという行為が“笑い”や“睡眠”よりもストレス解消に効果的だということが医学的にわかってきたのです。涙を流すことによって、人間の自律神経は、緊張や興奮を促す交感神経が優位な状態から、リラックスや安静を促す副交感神経が優位な状態に切り替わります。

たくさん涙を流すほどストレスが解消し、心の混乱や怒り、敵意も改善することが研究でわかってきました。ただし、流せばどんな涙でもいいわけではなく、ドライアイを防ぐ基礎分泌の涙や、タマネギを切ったときに出る角膜保護の涙は、いくら流しても意味がありません。ストレス解消に効果があるのは、悲しいときや感動したときに流す“情動の涙”なのです。脳科学的にみても涙活は、大いにやるべきなんですね。

■泣きたくても泣けない人たち

さて、そんな涙活を活動として始めた経緯は、私が高校教師だった頃に遡ります。生徒からの相談にのっている最中、生徒が号泣してスッキリして前向きになっていく姿をたくさん見てきました。涙にはパワーがあるなと思うようになったのです。

そんな折、友人の寺井広樹氏(涙活プロデューサー)と話をする機会がありました。彼が手がける離婚するカップルのためのセレモニー「離婚式」で、男女が泣いてスッキリしている姿を見て、「現代社会では泣きたいのに泣けない人が増えている。だから、そういう人が気持ちよく泣けるようにしたい」と思い立ったのだそう。そうして涙活を提唱する彼の理念に共感し、一緒に活動を始めました。



 

現在、主に都内で月1~2回、社会人に向けて、涙活イベントを開催しています。動画(映画)、音楽、朗読、人情噺などを通じて泣ける空間を演出し、会場に来ているお客さまに泣いてスッキリしてもらうのが目的です。私は、ここで朗読したり、泣きの効用をお話したりします。「泣き言セラピー」というワークもやっています。涙の形をした用紙「なみだレター」に、泣き言を吐き出して(書き出して)もらい、涙千箱というお賽銭箱のようなものに、入れてもらうという活動です。時間が許す限り、その泣き言にアドバイスをしています。



 

会場では最後に「涙友タイム」という交流の時間を設けています。類は友を呼ぶという言葉をもじって、涙は友を呼ぶということで、お客さん同士で動画の感想を語り合ってもらったり、質疑応答をしたりしています。

■今週からできる! 週末涙活レッスン

お客さんからよく涙活の理想の頻度や涙活のやり方を尋ねられることがあります。頻度は週1回をオススメしています。実は涙は一粒流しただけで、ストレス解消効果が1週間に渡って持続することがわかっているのです。それぐらい涙は強烈なんです。

涙活のやり方は泣きやすくするための環境づくりが大事です。部屋を暗くしたり、スマホの電源を切って外からの音を遮断したり……。1日の終わりや週末にやるのがため込んできたストレス解消にはいいでしょう。

ちなみに、夜寝る前に泣くと翌朝目が腫れると言いますが、目をこするから腫れてしまうのです。流しっぱなしにすると、それほど腫れることはありません。泣いた後に、蒸しタオルや冷やしタオルを交互にあてると血行がよくなり、リラックス効果も増します。

泣くための題材探しには動画サイトがおすすめです。まずは自分の「泣きのツボ探し」から始めましょう。家族もの・動物もの・恋愛もの・友情もの・アスリートものなど、各種テーマにした動画があります。

自分がどれで泣けるのか試してみて、ツボがわかったら、そのテーマを軸にして、動画や映画をチョイスしてみてください。たまには自分の泣きのツボでないと思われるテーマに挑戦してみるのもいいかもしれません。そこで楽しみも見出せると思います。

さて、次回から毎月あるテーマを決めて、「泣ける」コンテンツを取り上げていきたいと思っています。今月で、涙活イベントを始めて満3年になります。私のこれまでの経験で得てきた鉄板の泣けるネタを中心にご紹介していくのでお楽しみに!

 


「親も子も元気にする涙の力」
~気持ちがスッキリ涙活体験~
涙活体験を通し、泣く事でストレス発散する「感涙療法」について学び「感涙療法」を今後の子育てに役立てる。又親同志の交流の場を提供する。
日時:3月3日 前半は午前10時~正午  後半は午後1時~午後3時まで全2回 
内容:
涙活体験 
・動画の上映
感涙療法について
・涙の効用とメカニズム
・感涙療法とは
・感涙療法の子育てへの活用法
涙活体験についてのディスカッション
・泣き言セラピー
・涙作文(ワークショップ)

場所:綾瀬市立中央公民館 講堂
対象:おおむね小学生以上のお子さんを持つ保護者 20名(保育なし、綾瀬市在住在勤の方が定員に達しない場合は、他県からの参加可)
問い合わせ先:綾瀬市中央公民館 0467-77-8181

この記事のライター

早稲田大学大学院教育学研究科修了。老人ホーム、学校勤務を経て、現職に。感涙療法士として医療や福祉、教育の現場で涙活(るいかつ)を広め、患者や生徒等の心の健康をサポートする。最近は、看護師や企業、自治体の職員に向けての涙活イベ...

関連する投稿


頼りない彼をいい男に育てる方法【植村絵里×竹中功 対談#2】

頼りない彼をいい男に育てる方法【植村絵里×竹中功 対談#2】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で今は「謝罪マスター」を名乗り、最近は新刊『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』を上梓した竹中功さんによる対談企画。#2では「男女のパートナーシップの築き方」をテーマにお話ししていただきました。


フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

付き合っていると思っていたのに、いつの間にか距離を置かれてしまった……。理由もわからず離れていかれるのは悲しいことですが、そこには男性のずるい下心があります。復縁したいなら、そんな男性のプライドを上手に刺激して、ふたたび手に入れたいと思わせるのがポイントです。


女性に知っておいてほしい。恋愛経験の少ない男性の気持ち

女性に知っておいてほしい。恋愛経験の少ない男性の気持ち

恋愛経験値の少ない男性との恋愛は、何かと苦労する場面があるのが現実です。問題なのは、彼らは自分の振る舞いが女性を傷つけたり、がっかりさせたりするのに気づかないこと。彼らには「客観的な視点」が足りないだけなので、なぜそうなってしまうのか、彼らが思うところも、女性には知っておいてほしいです。


「産もうが産むまいが、幸せになれる」――とことん考えた自分の“選択”を信じること【犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん】

「産もうが産むまいが、幸せになれる」――とことん考えた自分の“選択”を信じること【犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん】

結婚、妊娠、出産、育児。自分の人生を考えるとき、多くの女性の頭をよぎるキーワードではないでしょうか。先日、そんなテーマで対談を実施した犬山紙子さん×ハヤカワ五味さん。おふたりのお話を踏まえつつ、さまざまな“選択”をした女性たちの声を聞きました。


LINEのやりとり、恋愛アラートのサインとは?

LINEのやりとり、恋愛アラートのサインとは?

会っているときであれば、彼の気持ちの変化は態度や口調でわかるけれど、LINEは相手の本音がわかりにくいもの。今回は、そんなLINEのやりとりに現れる恋愛アラート、つまり彼の気持ちのマイナスな変化”のサインについてご紹介します。


最新の投稿


じゃこと九条ねぎの和風リュスティック【天然酵母のパンレシピ#1】

じゃこと九条ねぎの和風リュスティック【天然酵母のパンレシピ#1】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載がスタート。第1回目ではじゃこと九条ねぎをたっぷり使った、和風のリュスティックの作り方をご紹介します。


Eカップからのランジェリーブランドivyyが、Lingerie+(ランジェリーフェア)に出展

Eカップからのランジェリーブランドivyyが、Lingerie+(ランジェリーフェア)に出展

Lingerie+〈ランジェリープラス〉とは、2014年より開催されているランジェリーの合同トレード・ショー。ただのバイヤー向け展示会ではなく、OPEN SHOPPING DAYを設けた一般向けフェアの側面もあります。ランジェリー好きな方、未知のランジェリーブランドに出会いたい方は10月7日に会場に足を運んでみて。


スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第2回目は知識や技術がゼロのなか、独学で身につけたWeb制作スキルの話、最近立ち上げた地元・飯能のローカルWebメディアの話をもとに、自分の限界を決めつけないことの大切さを綴っていただきました。


U1万円。秋アウターはZARAのダブルボタンジャケットがあればいい

U1万円。秋アウターはZARAのダブルボタンジャケットがあればいい

ジャケットがトレンドアウターの今秋。とくにダブルボタンジャケットは羽織るだけで旬な印象になり、1枚持っておくと便利です。1万円以下でリーズナブルに買える、ZARAのダブルボタンジャケット(正式な商品名は「ダブルブレザー」)を活用した3つのコーディネートをご紹介します。


7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマにあれこれ語らう対談企画#1では、シューズブランド「JUCO.」のデザイナー、ジュコさんをお招きしました。


おっぱい

MENU

DRESS部活