介護に関する記事

介護とは、老齢または心身に障害をもつ人に対して、入浴や排泄、食事などの、日常生活に援助が必要な人に人間らしい生活ができるように継続的なケアをすること。介護が必要な人に人間としての尊厳を保ち、その人らしい生活習慣を行えるように、個人を尊重しながら家事や社会活動などの自立を援助することを目的としている。


介護をしながら、やりたいことを諦めない人生【山田あしゅら】

介護をしながら、やりたいことを諦めない人生【山田あしゅら】

『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』(主婦と生活社)を発売した人気介護ブロガー・山田あしゅらさんへのインタビュー。後編では、突然やってくる介護への向き合い方、介護にどう備えるかについて伺いました。


介護は毒を吐いたっていい。つらい状況の自分を俯瞰して見る【山田あしゅら】

介護は毒を吐いたっていい。つらい状況の自分を俯瞰して見る【山田あしゅら】

どうみても、すさまじく大変な在宅介護なのに、ブログを読むと思わず笑ってしまう。主婦でアメブロ公式トップブロガーの山田あしゅらさんが7月、『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』(主婦と生活社)を出版しました。今回は本の発売を記念して、いつかはやってくる介護についてのディープなインタビュー。前後編でお届けします。


香りは認知症の進行を遅らせる?【新田恵利 連載 #2】

香りは認知症の進行を遅らせる?【新田恵利 連載 #2】

香水が苦手な新田恵利さん。一方、「香りは認知症の症状軽減、進行を遅らせる」仮説が紹介された記事を読んで、天然のアロマオイルには興味津々です。


仕事で培った段取り力は育児にも介護にも必ず活きる 【覆面姉さんのワサビトーク@DRESSING ROOM#6】

仕事で培った段取り力は育児にも介護にも必ず活きる 【覆面姉さんのワサビトーク@DRESSING ROOM#6】

「家事、育児、介護……すべて自分の手でしなければ、いい母親ではない」。そんな固定観念はもう過去のもの。自力で取り組む部分と外注に頼る部分ーー上手く切り分けることで、自分自身が心身ともに健康な状態で、仕事も育児も介護もやっていける。そんな事例を紹介します。


#1 質のいい涙は心のモヤモヤを洗い流す 【心と体がととのう、週末涙活デトックス】

#1 質のいい涙は心のモヤモヤを洗い流す 【心と体がととのう、週末涙活デトックス】

最後に泣いたのはいつですか? 仕事に恋愛・結婚、子育て、介護……現代を生きる女性は忙しく、様々なストレスを抱えがち。不安定な時代だからこそ、「強く生きなければ」と前を向く女性たちの横顔は凛として美しい。でも、ときには涙を流したっていいんです。


そろそろ、親の介護のことも考えておきましょう

そろそろ、親の介護のことも考えておきましょう

今回は、ちょっとマジメに介護のお話を。介護を理由に離職する人って、どれくらいいると思いますか? 実は、毎年10万人前後にも及んでいるのです。一般的に介護が必要になるのは70代後半以降といわれています。