1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. 『おジャ魔女どれみ』おんぷちゃんメイクで新しい春に出会う

『おジャ魔女どれみ』おんぷちゃんメイクで新しい春に出会う

Share

趣味がメイクなちこえさん。そんな彼女の連載『メイクの自由帳』では、もっと自由に自分の好きな綺麗を楽しむためのメイクを伝えていきます。漫画・アニメ×美容をテーマとしたメイクで、かわいいを楽しんでみませんか? 今回は『おジャ魔女どれみ』に登場する瀬川おんぷをモチーフにしたメイクをご紹介していきます。

『おジャ魔女どれみ』おんぷちゃんメイクで新しい春に出会う

■『おジャ魔女どれみ』とは?

東映アニメーションが制作したオリジナルアニメ。ジャンルは魔法少女コメディで、地上波で約4年放送された人気作品。コミックやゲームなどにメディアミックス展開されました。

作中に登場する春風どれみ、藤原はづき、妹尾あいこの3人は魔女見習い。ひょんなことから一人前の魔女になるため、マジカルでミラクルな修行の毎日を送ることになります。今回はそんな『おジャ魔女どれみ』に同じく魔女見習いとして登場した、トップアイドルを目指す魅惑の転校生瀬川おんぷをモチーフにしたメイクをご紹介します。

■おんぷメイクの完成形

実はおんぷちゃんメイクをするのは2回目。
初回は濃いパープルを大胆に使用したメイクとなっています。

今回は、趣向を変えてパープルの取り入れ方を工夫しました。ポロン(主人公・春風どれみ達“おジャ魔女”が使う魔法を使用するためのステッキ)をイメージしたラメの使い方にも注目してください。

アイメイク

リップメイク

■アイメイクのやり方

使用コスメ

アイブロウを終えた状態から始めます。ベースメイクは後ほど解説します。

まず、カラーコンタクトレンズを装着します(レンズの有無はご自身の生活環境に合わせてお決めください。無しでも成立するようにメイクを組んでいます)。

そして、アイメイクに必要な道具を準備してください。

STEP1:ベースカラーを塗る

POINT:発色はかすかに確認できる程度で良い

アイシャドウブラシ(I)や尖りブラシ(E)を使い、パープル(A)を上まぶたに塗ります。カラーマスカラの色が見えにくくなるため、ベースの紫色を鮮明に出す必要はありません。ほんのり色づくまで重ねたら止めてください。

STEP2:上まつげのキワにアイラインを引く

POINT:アイシャドウの締め色を使う

チップの細い方(F)を使い、濃いパープル(B)を目のキワに太く入れていきます。アイライナーで太く線を引くと、線の色が目立ち過ぎてしまうためアイシャドウの締め色を使いました。

STEP3:下まぶたに光を集める

POINT:粒が小さいラメを選ぶ

チップの細い方(F)にラメ(C)を取り、下まぶたに塗りましょう。涙袋に広げるのではなく、狭い範囲に線を引くように塗ってください。主役は大粒ラメなのでまぶたの上下でギラギラしないよう量を調節します。

アイシャドウパレットの拡大写真です

STEP5:下まつげのキワにアイラインを引く

POINT:塗るのは目尻側のみ

目頭に大粒ラメ(D)をのせたことで目頭側が重くなったので、目尻側に色を足して水平バランスを整えます。

STEP6:マスカラを塗る

POINT:カラーマスカラを選ぶ

アイシャドウによるパープルの色付けを控えめにした分、まつげは上下パープルに染めましょう。

■血色感高めの春肌をつくる方法

使用コスメ

ファンデーションの色を変えるのは難しいので、それ以外のベースメイクアイテムをピンクに統一しました。

目元がしっかりメイクな分、肌と唇は軽やかなピンクでまとめると春っぽくてかわいいですよ。化粧下地はノンパール、ハイライトとチークはパールあり。指でラフに塗りましょう。

■リップメイクのやり方

使用コスメ

STEP1:グロスを塗る

POINT:付属のチップで唇全体に広げる

普段買わないタイプのピンク。おんぷちゃんメイクに使うことを理由に買ってみました。今年の春リップは花びらのようなクリアピンクの気分。これを機に積極的に使っていこうと思います。

STEP2:唇をぷっくりさせる

POINT:唇の中央にグロスを足す

唇の中央にグロスを足す方法は昔から言われているテクニックなだけあり、簡単に効果を感じることができます。ハートの部分にチップをトントンと押し当てて厚みを出しましょう。

■ネイルを仕上げていきます

使用ポリッシュ

NAILSINC ホラー グラフィック ゲットアウトオブマイスペース(2018年夏数量限定)

ネイルカラーを塗る

POINT:二度塗りする

同じポリッシュがなければ、オーロラピグメントや偏光パールが入ったもので代用してください。角度や光によって輝きが変化するネイルは魔法みたいでわくわくしますよね。

■おわりに

おんぷちゃんは登場時、自分と母親の夢のためとは言え、自分本位に魔法を使うなど少し困った存在でした(人の心を操る魔法は禁止されていたのですが、そのタブーをおかします)。物語が進むにつれて改心し、のちに天才魔女見習いとして活躍します。

おんぷちゃんは目的のために手段を選びません。それは時として悪いことであり、そのために呪いを受けたこともあります。そして、思ったことをハッキリと言います。言われた方がどう思うか関係なく言いたいことを言うのです。これだけを聞くと、おんぷちゃんはただのワガママな子だと思うでしょう。

それなのに、みんなから好かれるのは、おんぷちゃんが“かわいい”からです。顔がかわいいのはさることながら言動やオーラがかわいい。芸能人として輝き、振る舞う姿もかわいい。そのような悪さとかわいさの絶妙なバランスに惹かれました。小悪魔な女の子というのは、いつの時代もちょっとズルくて最高にかわいい存在ですよね。

そして本日3月3日はおんぷちゃんの誕生日! 小悪魔でキュートなおんぷちゃんが大好きです。お誕生日おめでとう。

『メイクの自由帳』バックナンバー


#1『東京ミュウミュウ』ミュウイチゴのモチーフメイク

#2『ぴちぴちピッチ』宝生波音のモチーフメイク

#3『きらりん☆レボリューション』月島きらりのモチーフメイク

#4『美少女戦士セーラームーン』セーラーサターンのモチーフメイク。逆境に負けず、今を大切に生きる

#5『カードキャプターさくら』大道寺知世のモチーフメイク。私の幸せは私が決める

#6『ミルモでポン!』のモチーフメイク。ミルモメイクで春の装いを

Share

ちこえ

メイクレシピプランナー
もっとコスメが好きになる、もっとメイクが楽しくなるメイク法を発信中

関連するキーワード

関連記事

Latest Article