無痛分娩という選択肢【アラフォーで産む#6】

無痛分娩という選択肢【アラフォーで産む#6】

アメリカやイギリスでは、出産翌日に退院するのが当たり前なことを知っていますか? そんなにすぐに退院できるのはナゼ? の理由のひとつに「無痛分娩」がありました。


■産後1日で退院が当たり前「欧米の出産事情」

出産に関してかつて疑問に思ったことのひとつに、イギリス王室皇太子妃、キャサリン王妃がジョージ王子を出産した時のことがある。テレビのニュースでみたキャサリン王妃は、出産翌日だというのに、報道陣に笑顔で手を振っていた。

私がそれまでに見聞きした「出産」というのは、長い人で三日三晩、激痛に耐えながら命からがら産む、というものだった。だからテレビでみた出産翌日のキャサリン王妃のそんな壮絶な体験を感じさせない笑顔に、とてつもない違和感を感じたのだ。

気になって調べてみたところ、アメリカやイギリスでは出産翌日の退院が当たり前ということだった。そして産後そんなにすぐに動けるようになる理由のひとつに、無痛分娩をはじめとした、出産時の痛みを取り除く処置が日本より普及しているということを知った。

■産後の回復が早いことを理由に「無痛分娩」を決めた

妊娠が発覚し、産む産院を確保しなくてはと思った時に、キャサリン王妃のことと、そして無痛分娩のことを思い出した。調べてみると、私が通えそうな範囲で無痛分娩を取り扱っている産院がいくつかあった。

40歳で初産というのはハイリスク出産の部類に入る。
自宅から通いやすい、無痛分娩がないNICU(新生児集中治療室)がある総合病院と、無痛分娩を取り扱っている産院と最後まで迷った。

ただいろいろ調べて考えた結果、「産後の回復が早い」を理由に、私は無痛分娩で産むことを決めた。

無痛分娩にする、と家族や友人に伝えた時の反応はくっきり分かれる。
「実は私も無痛分娩を選択した、考えている」という反応と、「そんな危険なことをなぜ」をはじめとするネガティブな反応だ。

無痛分娩時の麻酔というのは、通常背骨に管を通す大がかりなもの。そして年に何件か無痛分娩時のトラブルに起因する事故のニュースが報道されている。また「産みの苦しみを味わってこそ母になる」と痛みを敬遠することを暗にたしなめる人もいた。

■「痛み」を伴ってこそ母になるという説に対する疑問

「産みの苦しみを味わってこそ~」の意見がさほど気にならなかったのは、自分の母親が私を自然分娩、妹を帝王切開で産んでいるものの、特に扱いの差を感じていないのが大きい。また痛みを感じないと親になれないのだとしたら、男性は一生無理なわけで、私の場合、その点については罪悪感を一切感じなかった。

唯一気になったのが、無痛分娩にしたことによる母子の生死に関わるトラブルだ。
特にちょうど妊娠が発覚したあたりに、母子共に無痛分娩時に死亡したニュースが報道されていたため「本当に大丈夫?」という怖さはあった。

ただ、私が調べた限り、たしかに無痛分娩に起因している事故は年に何回か発生しているものの、自然分娩でも似たような事故が発生していた。”無痛分娩か自然分娩か”というより”産院の問題では”と考えることにした(※あくまでも個人の考察です)。

なにより多少のリスクがあったとしても、産後2カ月復帰を目論む私にとっては、無痛分娩のメリット「産後のダメージ回復が早い」というのが、とても魅力的に感じた。

■「産み方」は自分で決めていい

母親に「無痛分娩にする」と宣言したときは、かなり説得された。
「自然なお産が何より」が母の信条で、「不自然な産み方は止めて欲しい」というのが母の想いだった。


が、今回命がけで子を産むのは私。好きにさせて欲しい、と最終的に納得してもらった。

調べれば調べるほど、世の中にはさまざまな産み方がある。
水中出産や自宅出産、助産院という選択肢だってある。今回調べてみてつくづく思ったのは、どんな産み方であっても、産む母親が納得した上で選んだ方法はすべて正解。

周囲の雑音を気にせず、自分がいいと思った方法で「出産」という一大イベントを乗り越えればいい。そう思う。

この記事のライター

1977年生まれ、宮城県仙台市出身、早稲田大学卒。大学在学中から大手女性誌やムック本などで占い、美容、投資、セックスなど多岐にわたるジャンルの記事を執筆。 結婚、離婚を経て、現在は外資系企業でのマネージャー業務のかたわら、...

関連する投稿


【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

マレーシアで第一子を出産しました。無痛分娩で出産するつもりでしたが、諸事情で緊急帝王切開となりました。入院期間はたったの4泊。薬を飲む際は水ではなくてミロ(Milo)。そんな海外出産体験をご紹介します。


『隣の家族は青く見える』3話。子を持ちたくない女と子を引き取る男、価値観の違うカップルの悲劇

『隣の家族は青く見える』3話。子を持ちたくない女と子を引き取る男、価値観の違うカップルの悲劇

深田恭子さん、松山ケンイチさん主演の木曜ドラマ『隣の家族は青く見える』。おしゃれなコーポラティブハウスを舞台に、さまざまな価値観を持つ4組のカップルを描くドラマです。特にポイントになっているのが「子ども」の存在。先週放送された第3話では「子どもを作らない」と宣言しているカップルに焦点が当たりました。


出産後の出張はどうしている? 先輩バリキャリママに話を聞いた【アラフォーで産む#7】

出産後の出張はどうしている? 先輩バリキャリママに話を聞いた【アラフォーで産む#7】

外資系企業勤務の私が出産後も仕事を継続する上で一番のハードルになるのが、出張について。今回は先輩ママに「いったいどうしているの?」をテーマにお話を聞きました。


排卵誘発剤の種類と使うときの注意点【知っておきたい、体外受精の基礎知識#6】

排卵誘発剤の種類と使うときの注意点【知っておきたい、体外受精の基礎知識#6】

体外受精という不妊治療が一般的に知られるようになった昨今。不妊症に悩むカップルは6〜10組に1組と言われる今、体外受精を受けている方は珍しくありません。この体外受精という治療について、山中智哉医師が詳しく解説する連載、6回目では「排卵誘発剤」の「注射薬」のしくみを説明します。


『隣の家族は青く見える』2話。ラブラブ夫婦でも不妊治療には男女の意識の差が歴然!

『隣の家族は青く見える』2話。ラブラブ夫婦でも不妊治療には男女の意識の差が歴然!

深田恭子さん、松山ケンイチさん主演の木曜ドラマ『隣の家族は青く見える』。テーマはズバリ、“妊活”。さらに、ゲイカップルや子育て家族、子どもはいらないと主張する家族などが入り乱れる、ハートフルなヒューマンドラマです。2話から大きな展開があったようですが……。


最新の投稿


マグロの切り落としが主役のレシピで、ダイエット中もお腹満足

マグロの切り落としが主役のレシピで、ダイエット中もお腹満足

マグロの切り落としを使った満足感のあるレシピを3品ご紹介。マグロはお寿司屋さんで食べられるだけでなく、スーパーでも気軽に手に入る魚のひとつです。今回は最も入手しやすいマグロの切り落としが主役。それだけでも美味しく食べられますが、一手前加えてアレンジしてみてはいかがでしょうか。


2018年トレンドカラー「ピンク」で作るハンサムネイル【マニキュアでセルフネイル】

2018年トレンドカラー「ピンク」で作るハンサムネイル【マニキュアでセルフネイル】

今春、絶対に外せないトレンドカラーのひとつは「ピンク」。定番ネイルカラーであるだけに、普通に使ってしまうと、いつもと代わり映えしないネイルになってしまいます。そんなピンクネイルを今年らしく仕上げてみませんか。甘すぎないハンサムネイルのやり方を詳しくご紹介します。


ふっくら丸いおでこを手に入れて、横顔美人度を上げてみる

ふっくら丸いおでこを手に入れて、横顔美人度を上げてみる

目を大きく見開くと、おでこの横ジワがくっきり現れたり、怒っているわけではないのに眉間のシワが気になったり。それは骨格の癖、筋肉の緊張・衰えのせいかもしれません。おでこがゴツゴツすると、目が疲れやすくなる、瞼が重たくなる、顔の印象までも悪くなるなど、いいことなし。ふっくら丸いおでこを手に入れるメリットをご紹介します。


大人に「観光+ちょこっと英語留学」のススメ

大人に「観光+ちょこっと英語留学」のススメ

13カ国以上の留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、語学留学のメリットや国ごとの特徴を徹底解説した『世界13カ国 英語留学ガイド』では、現地に行かないと絶対にわからない「生の情報」を紹介しています。「旅行だけじゃ物足りない」と感じている大人に「観光+ちょこっと英語留学」をご提案。


平岡祐太さんとのハワイデートにときめいちゃう。没入感たっぷりの360°動画

平岡祐太さんとのハワイデートにときめいちゃう。没入感たっぷりの360°動画

「キリン 午後の紅茶 アサイ-ヨーグルティー」×「ポッキー<バナナブラン>」がALOHAなコラボ! 俳優・平岡祐太さんとのハワイデートを疑似体験してみませんか。没入感あふれる360°ムービーで、思わず照れてしまう全8種の期間限定胸キュンストーリーを楽しんで。