1. DRESS [ドレス]トップ
  2. セックス
  3. キスにも相性がある? 大切なのはキスの上手さとかじゃない

キスにも相性がある? 大切なのはキスの上手さとかじゃない

Share

「キスの相性が良い」と感じたことはありますか? 好きな相手、恋人とのキスは気持ちが高まるものですが、キスにも相性というものが存在します。相性ピッタリのキスは、ふたりの仲をより深めるものです。今回は、そんな魅力的なキスをされた方々にその体験談を訊いてきました。

キスにも相性がある? 大切なのはキスの上手さとかじゃない

恋人同士のキスにも相性があるとご存知でしょうか。キスに限らず何事も相性は大切だと思いますが、恋人とのキスの相性が最高ならより良い関係性を築けるのだと筆者は考えます。しかし、相性ピッタリだったと思えるキスは、どのようなものなのでしょうか。

今回は、筆者の周りの方々にヒアリングをしながら、相性のよかったキス、逆に相性が悪かったキスの体験談についてまとめました。

キスに相性があると感じたことはある?

キスの相性がいいと感じた瞬間

キスにも相性があるとはいえ、実際に、恋人たちはキスに相性があると感じたことはあるのでしょうか。一部の男性・女性たちに、その意見を訊いてみました。

ディープキスの体験談。舌を絡ませるキスの魅力って?

女性が話してくれた「キスの相性」についての声

「相性と解釈していいのかわかりませんが、相手がキス上手かキス下手かで相性がいいと感じるかどうかが変わると思います。キスが上手な人とのキスはやっぱり気持ちがいいし、それだけで相性がいいと思い込んでしまいそう。ただ、いくらキス上手でも相手の生理的感情はコントロールできないだろうから、生理的にいいと思えるなら相性がいいことかもしれません」


「キスの相性は唇が触れた瞬間にわかると思う! 過去の彼氏たちとのキスを振り返ってみると、初キスのときに『なんか違うな』と思う人もいれば、『うれしい、ホッとする』と思う人もいました。後者の感覚をキスの相性がいいと言うのだと思います」


「相性は生理的なものだと思います。生理的に受け入れられるなら、相性がいいと判断してもよさそう。口臭、ヒゲ、唇の荒れ具合などでも相性は変化すると思うので、同じ人とのキスでも相性のいいタイミング、相性の悪いタイミングがありそう。私は同じ人でも『最高』と思うこともあれば、『今はなんか無理』と思うこともあります」


相性には生理的なものが関わってくる、という意見も一部でてきました。感覚的なものを大切にする人にとっては、生理的なものは避けては通れない関係かもしれません。

男性が話してくれた「キスの相性」についての声

「キスにも相性はあると思います。初めてできた彼女とのキスはごく普通のキスに感じましたが、次の彼女とのキスはとても気持ちよくて、身震いする思いでした。たぶんこれが”相性がいい”と言うのだと思います」


「人同士のことなので、相性はあるでしょうね。ただ、そんなに相性は重要ではないと個人的に思います。恋人とのキスならなんだってうれしい。それは相性を乗り越えるものなのかな、と思っていて。自分はどんな相手とのキスも相性がいいと感じますし、恋人=すでにキスの相性がいい相手なのではないでしょうか」


「キスの相性が悪いと、キスをしている最中違和感ばかりあると思う。呼吸のタイミングが合わないとか、そもそも唇を合わせた感触が気持ち悪いとか。以前、そう感じてしまった女性がいます。なのでそういった違和感のない相手は相性のいい相手だと判断しています」


意見を聞いた一部の男性陣は、実際にキスの相性を感じたことがあるようです。とはいえ、恋人=すでにキスの相性がいい相手と考える男性もいたので、キスの相性がよければ自然に惹かれ合って恋人同士になることもあるのかもしれません。

彼氏が「いますぐキスがしたい」と思う心理を調べてみた

キスの相性がいいと感じた瞬間

キスの相性が良かった体験談

キスをしたとき、「自分たち、キスの相性がいい!」と感じた瞬間はどのような感じだったのでしょうか。その瞬間について訊いてみました。

体験談1:すべてのタイミングが一致した

「初めての相手とキスをするときは、呼吸のタイミングとか唇を離すタイミングとかが合わないことが多かったです。しかし、とある恋人は首を傾けるタイミングや呼吸のタイミング、唇を離す瞬間などが示し合わせたかのようにぴったり合って、とてもキスをしやすかったです。

初めての相手でこれだけタイミングが合うのはそうそうないと思うので、この瞬間にキスの相性がいいのだと感じました。まるで何回もキスをしてきたカップルかのように、本当にタイミングがバッチリだったんです」

キスの仕方やタイミングなどは、人それぞれ違うものです。そのため、事前に打ち合わせでもしない限りぴったり合うことはなかなかなさそう。それなのにぴったり合ったということは、よほど相性がいいのですね。

体験談2:何時間でもキスしたいと思った

「自分はキスを長くしたいと思わないタイプで、触れるだけの簡単なキスを軽くするだけで満足するタイプでした。しかし、あるとき『もっとキスしたい!』『長時間キスしていたい』と思う相手ができました。

その人とのキスのときだけは、どれだけ長い時間キスをしても大丈夫だと思えました。むしろ、キスしたくてたまらないですね。あれだけキスをしたいと思ったことは他にないです。

キスの相性がいい相手って、いつまでもキスがしたくなる相手のことを言うのだと思います。キスが苦手な人でも、相性がいい人とならずっとキスできるかもしれませんね」

恋人ならいつも・いつまでもキスをしたいと思いそうですが、キスの相性がいいとより強くそう思うのでしょう。キスの相性がいい人と一度キスしてしまうと、離れがたくなってしまいそうです。

体験談3:安心感が湧き出てきた

「キスはどちらかというと性的興奮を呼ぶもので、ドキドキしたり緊張したりするものだと思っていましたし、実際にキスをしたときはそういう状態になることが多かったです。

ただ、なかにはドキドキや緊張ではなく、驚くくらい安心した気持ちになれるキスもあったんです。心の中がじわーと暖かくなって、こわばった身体の力も抜けていきそうな、そういう安心感です。

性的な興奮よりも、心の安堵が優先されるのが、本当のキスかもしれないとこのときほど思ったことはありません。きっと、これがキスの相性がいいというのだと思っています」

キスによってもたらされる心理的効果はいろいろありますが、安心感を得られるキスは相性のよさによって変わるという体験談。ドキドキを与えてくれるキスは多いかもしれませんが、安心感を与えてくれるキスはなかなかないのかもしれませんね。

体験談4:どんどん深さを求めたくなった

「軽く触れる程度のキスだったとしても、お互いに盛り上がってだんだん深いキスをできるようになる相手はキスの相性がいいと思います。相性がよくないと、最初にキスした時点で気持ちが終わってしまい、深いキスに移行しようとは思えないと思うので。

キスの相性がよかった恋人とのキスは、最初は触れるだけの軽いキスで満足しようと思っても、キスした瞬間にもうだめ。どんどんその先を求めてしまいたくなりました。結局セックスまで持ち込むことになりましたね。

相性がいいと思えなかった相手とは、そんな感情になることはありませんでした。サッとキスして終わり。深さがほしいと求めたくなるのなら、相性がいいと判断できると思います」

キスは気持ちが盛り上がってくるとどんどん深くしていきたくなるものですが、そもそもキスの相性がよくないと気持ちが盛り上がることもないのかもしれません。相性がいいからこそ、深く繋がれるような熱いキスを求めてしまうのですね。

体験談5:性的な快感を得ることができた

「キスの相性がいい人と出会うまでのキスは、キスをしても少しドキドキする程度で、それ以上なにか思うことはありませんでした。でも、キスの相性がいい人とキスをしたときはびっくり! なんだかとても気持ちよくて、うっとりした気持ちになったんです。

それに、性的な欲求もぐんぐん上がってしまって。キスするたびに性的な快感を得ている気持ちになりました。キスだけであんなに気持ちいいなんて、他の人では思ったことがありません」

キスは前戯としても大切な行為です。性的な欲求が刺激されたり、快感を得たりするのも当然でしょうね。気持ちいいと思えるキスができるのは、相性がいいからこそなのかもしれません。

「体の相性がいい」相手ってどんな人? セックスの相性の良さを確かめる方法

相性が悪かったキスはある?

キスの相性

キスに相性があるのなら、相性がいいキスのほかに、相性が悪かったキスもあるはずです。どのようなキスが”相性が悪い”と言えるのでしょうか。相性が悪かったキスの経験談を聞いてみました。

体験談1:ニオイが自分に合わない

「相性が悪いキスは、キスしていて少し不快なニオイを感じます。最初は口臭かな? と思ったのですが、もしかしたら口臭ではなくフェロモン的なものなのかもしれません。

私には合わないニオイだったので、この人とのキスはもうないなぁと思ってしまいました。本当に、口がくさいという感覚とはまた別なんです。ニオイの何かが合わないんです」

口臭や体臭は個人差がありますが、くさいとは別次元の、フェロモン的なものが存在するのでしょうか。もしも存在するのなら、香りの相性の影響がキスにも及ぶようですね。相性が良い要因には「このニオイ、たまらない!」と思えるような感覚があるのかもしれません。

体験談2:どっと疲れる

「濃厚なキスを長時間したわけでもないのに、触れるだけのキスでどっと疲れたことがありました。あんなに疲れたのは初めてです。おそらく、これが”キスの相性が悪い”ということなんだなと思います。

他の人とのキスは、うっとりしたり、元気が湧いてきたりするものなんです。この人のときだけ、本当に毎回疲れてしまいました……。相性の悪いキスって体力がいるんだとそのときは思いましたね」

濃厚なキスをしなくても疲れるということは、精神的な要因が大きいのかもしれませんね。相性が悪いと、キスひとつでも精神的な労力をたくさん使ってしまうのでしょう。キスは心に大きな影響を与えると思うので、疲れてしまうのも納得です。

体験談3:タイミングが何もかも合わない

「キスをしようと思うタイミング、息継ぎのタイミング、キスをしながら首を傾けるタイミング……数多くのタイミングが、どれもこれもまったく合わない人がいました。あそこまでタイミングが悪く、毎回お互いに戸惑ったことはありません。

キスに関するあらゆるタイミングはキスの技術・経験云々だけで調整できるものではないと思います。キスの相性が悪い相手だと、何もかもタイミングが合わずお粗末なキスになってしまうんだなぁと強く思いました。あれはよほど話し合ってタイミングを練習しないと、いいキスはできないと思います」

キスに関するタイミングは最初から打ち合わせるものでもないので、お互いの感覚に任せる部分が大きいですよね。そのタイミングがピッタリと合えば相性ばっちり、合わなければ相性が悪いと判断できそう。タイミングが合わないと気持ちも冷めがちになってしまいます。

最高のキスのタイミングは? 興奮高まるキスの体験談も紹介

キスの相性が良いと身体の相性もいいの?

キスの相性は、体の相性にも影響する?

キスの相性がいいというのは、お互いの行為に対するタイミングやニオイ、気遣いなどが合うということでしょう。キスの延長線上にはセックスがありますから、入り口であるキスの相性が良ければ、身体の相性もいいと考えられます。

キスの相性がいい人は、キスだけで気持ちよくなれるもの。きっとその先の行為でも、より大きな快感を得られるはずです。キスも性行為のひとつと捉えれば、身体の相性にも大きく関わる要因であると解釈できますね。

キスの相性は、お互いの関係性にも繋がる

キスの相性が悪いからと言って、相手が運命の人ではないというわけでもないでしょう。キスの相性はひとつの目安なだけです。相性が悪かったとしても、ふたりの愛がしっかりしていれば、きっといい恋愛になると思います。

ただ、相性が良ければもっと素敵な恋になるのも事実。キスの相性が良い人とめぐり逢えたら、今まで以上に相手を慈しみ、大切にしてくださいね。

Share

神之 れい

関西在住のフリーライター。1984年11月5日生まれ。ライターとは無関係の短大へ進学、一般企業で5年ほど勤めた後にライターへ転身。女性向けウェブメディアを中心に執筆。もやもやを抱える女性のヒントになるような記事執筆を目標に活...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article