1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 男性3人の「年上彼女」に対する本音。結婚や妊娠についてどう考えてる?

男性3人の「年上彼女」に対する本音。結婚や妊娠についてどう考えてる?

Share

気になる男性の本音を徹底追求! 今回のテーマは、「年上彼女」です。実際に年上の女性と付き合った経験がある男性3名に集まっていただき、座談会を開催。年上彼女と付き合うメリット・デメリットや結婚観などについて、赤裸々に語ってもらいました。

男性3人の「年上彼女」に対する本音。結婚や妊娠についてどう考えてる?

「男性は年下の女性が好き」という固定概念を持っていませんか?

「包容力がある」「頼りになる」などのイメージから、交際経験のある20~30代の未婚男性の約6割が年上の女性を恋愛対象として見ているという調査結果があるんです。

今回は、年上の女性と交際経験がある男性3名に集まっていただき、「年上彼女」をテーマとした座談会を開催。

年上彼女と付き合うメリット・デメリットや結婚観などについて、実体験を交えながら本音で語ってもらいました。

座談会に参加してくれた人たち

※画像を一部加工しています。

右:Yさん/29歳、会社経営。独身。現在恋人なし。結婚願望なし。

中央:Kさん/33歳、広告代理店勤務。独身。同い年の女性と交際中。結婚願望あり。

左:Lさん/27歳、エンジニア。7歳年上の女性と婚約中。

◾️付き合うなら何歳上まで?

今回は、交際経験のある20~30代の未婚男性に、年上の女性と付き合うなら何歳差まで許容できるかについて聞いたアンケート結果を参考に座談会を実施しました。

調査結果によると、1~5歳上と回答した男性は全体の約6割。5歳上までと答えた人が一番多く、年上とは付き合いたくないという回答は2割未満で2番目に多かったと報告されています。

そこで、集まっていただいた3名の男性に、女性と交際する際に希望する年齢差について語ってもらいました。

――みなさんは、何歳上までの女性が恋愛対象になりますか?

K:世の男性と同じく、付き合うなら5歳上までが理想です。20代のときはもっと上でも気にならなかったかもしれないけど……。今は33歳なので、なるべく歳が近い女性の方が魅力的に見えてしまいます。結婚を考えると、年齢差は少ない方がいいかな。

Y:僕は10歳くらい上でも大丈夫です。Kさんと違って今は結婚願望がないので……。40歳前後でも外面・内面ともに磨く努力を怠らない魅力的な女性がたくさんいますよね? 尊敬できる女性が好きなので、年齢よりもどんな生き方をしているかの方が大切です。

――Lさんはどうですか?

L:僕も年齢をあまり気にしたことはありません。現在婚約中の彼女が7歳年上なので、しいていうなら7歳差まででしょうか。彼女自身の魅力もあるとは思いますが、外見・内面ともにあまり年の差を感じたことがないので。


やはり、結婚適齢期の男性は女性との年齢差を意識して相手を選んでいるようです。

一方、身だしなみに気を使っていたり、年相応の内面性を持つ女性であれば、年齢差はあまり気にならないというのが、参加者男性の意見です。

◾️年上彼女との交際歴について

先ほど参考にした意識調査によると、「年上女性と付き合ったことがあるか」を同じ対象者に質問したところ、「ある」と答えた人が半分以上いたという結果が報告されています。

――みなさんの年上女性との交際歴について教えてください。

Y:23歳のときに友人の紹介で知り合った6歳年上の女性と2年半ほど付き合ったことがあります。

――付き合ったきっかけは何ですか?

Y:何度か食事をするうちにいい雰囲気になって、相手から告白されました。その後、付き合って半年で同棲しました。結婚も意識しましたが、価値観の違いから別れてしまいました。

――Kさんはいかがでしょうか?

K:僕は27歳のときに32歳の女性と付き合っていました。Yさんと同じく、きっかけは友達の紹介です。僕から積極的に食事に誘いました。少しずつ距離をつめて5回目くらいで告白しようと思っていたら、先に彼女から「私達の関係って何?」と聞かれたので焦って告白しました。愛が伝わっていなかったのかとショック受けましたが、やはりこういうことは言葉で言わなければ伝わらないということを学びました(笑)。

一同:(笑)。

――交際関係を解消された理由は何でしょうか?

K:彼女がしっかりしすぎていたためか、気が休まらなくて……。いつしか彼女の機嫌を常に伺うようになっていました。パートナーシップが対等ではなくなってきたことに気づいて、これでは駄目だと思って自分から別れを告げました

――お互いに自然体でいられるかどうかも付き合う上で大切ですよね。

L:僕は一年前くらいに7歳年上の今の彼女と仕事で出会いました。初対面では年齢差をほとんど感じませんでした。一緒に仕事をするうちに信頼関係が生まれてプライベートでも会うようになり、気がついたら自然と付き合っていましたね。

年齢に関係なく、対等でいられる関係を保つことが付き合うコツといえそうです。

◾️年上彼女と付き合ってみて感じたこと

年上彼女に対するイメージを年上の方との交際経験のある22〜39歳の未婚男女に聞いたところ、「世話好き」「母性が強い」などの意見が多くあげられたという調査結果があります。

――年上の女性と付き合う上で、みなさんが実際に感じたことがあれば教えてください。

L:仕事や趣味などに一生懸命なので、一緒にいるだけで自分のモチベーションも上がります。また、周りをしっかり見ていて自然に気配りができるという印象があります。自分の親や親戚、上司に会ってもらっても恥ずかしくないというところが付き合っていて感じたことですね。

K:包容力があって甘えさせてくれるのが大きいと思います。僕は彼女ができたらとにかく甘えたくなるので(笑)。

――Yさんはどうですか?

Y:僕は叱ってもらえることが年上彼女と付き合う一番のメリットだと思っています(笑)。

――それは具体的にどういうことでしょうか?

Y:自分よりも人生経験が豊富なところが年上彼女の魅力なのかな、と。そういうことでいえばあまり年齢は関係ないのかもしれませんが、僕に駄目なところがあれば本気で叱咤してくれるくらい強い人が好きです。説得力のあるアドバイスが貰えるのもありがたかったですね。

――では、年上の方と交際したときに感じたモヤモヤや不安なことなどを教えていただけますか?

Y:そうですね……結婚へのプレッシャーを感じるというのはデメリットかもしれません。

K:結婚もそうですが、妊娠・出産についても気になりますよね。女性には身体的なリミットがあるので、その意識の差は男女間で起きることだと思います。でもこれって相手の嫌なところというよりはふたりの間に起きる問題なので、対等なパートナーシップをつくってしっかり話し合えることでもありますよね。

L:僕は、あまり結婚へのプレッシャーを感じませんでした。今の悩みは喧嘩をしても言い負かされてばかりなことですかね……。


経験値が高く、頼れるところが年上彼女と付き合うメリットのようです。

一方、デメリットとしてあげられたのは結婚にまつわること。

そこでここからは、気になる年上彼女との結婚観についてさらに語ってもらいました。

◾️年上彼女との結婚観

既婚男性を対象にパートナーとの年齢関係について調査したところ、妻が年下であると答えた人が一番多く、次が同い年、妻が年上という人は一番少なく、およそ3割だったという調査結果が発表されています。

年上彼女と付き合う際に、男性が結婚・出産に関する不安を抱いていることが分かりましたが、具体的にどんな悩みを感じているのでしょうか?

――年上彼女との結婚観について、率直な意見を聞かせてください。

K:出産適齢期が短いので、子どもが欲しい場合はゆっくりしていられないなという印象があります。できちゃった結婚もアリだとは思いますが、夫婦ふたりの時間を楽しむという余裕はなさそうですよね。

――どうすればその悩みは解消されると思いますか?

Y:心にゆとりを持って、ふたりの時間を楽しむための工夫が大切だと思います。友人や家族など、ときには身近な人に話を聞いてもらったり頼ったりする勇気も必要なんじゃないかな。

K:妊娠・出産の不安は女性の方が大きいはず。そんな不安も含めてお互いに思っていることを素直に伝えて話し合える関係が理想です。

――Lさんは年上の彼女と婚約中とのことですが、結婚の決め手は何だったのでしょうか?

L:僕はもともと結婚願望が強い方ではなかったのですが……。自分の親や友人を大切にしてくれる姿を見て、彼女と結婚したいと思いました。また、僕の母親が彼女のことを気に入って結婚を勧めてきたのもひとつの理由です。結婚後の家族付き合いに対して、プラスのイメージを持てたのが大きかったかもしれません。

――妊娠・出産に対する不安はありますか?

L:彼女が33歳なので、なるべく早く子どもができたらいいな思うことはあります。でも、ポジティブな意味で、なるようにしかならないと思っています。子どもが欲しいから彼女と結婚するのではなく、彼女と結婚したいからするので。

■年上彼女・年下彼氏とか関係なく、悩みや不安があればふたりで話し合う

年上彼女との結婚を考えている男性の多くは、妊娠・出産にまつわる不安を抱えているようです。しかし最近では、30代後半や40代でも妊娠している女性が多くいます。

結婚はふたりでおこなうものです。何か不安や悩みを感じたときはひとりで考え込まず、素直に伝えてふたりで話し合うことが最善策なのではないでしょうか。

Share

DRESS編集部

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article