1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 妊娠/出産/家族
  3. 私がこないだ流産したことを、誰も知らない【母でも妻でも、私#10】

私がこないだ流産したことを、誰も知らない【母でも妻でも、私#10】

Share

先月、超初期の流産(化学流産)を経験した。だけど、胸を張っている。隣でふつうに笑っている友達も、一緒に働く仲間も、じつはこれまで流産していたかもしれない。でも、ひっそりと終わっていく妊娠を、みんな立派にやり遂げていたんだろう。

私がこないだ流産したことを、誰も知らない【母でも妻でも、私#10】


いつもより鮮やかな血を見て、「あぁ、本当に流産したんだ」と思った。
毎月、なにも考えずに流していたはずの血のなかに、かたちがあるはずもない命を探してしまう。かけらが、見えたりしないだろうか。
思わず手を当てたお腹は、いつもと同じで、すこしひんやりとしていた。

■弱々しく見えた「陽性」の判定ライン

妊娠検査薬で陽性が出たのは、4月6日のこと。

心当たりがあったから調べたのだけど、身体の変化も感じはじめていた。

すこし熱っぽくてだるい感覚に、ひとり目を妊娠したときのことを思い出す。

ただ、検査薬の判定ラインは、前に比べて格段に薄く、弱々しい。
心がざらりとしたけれど、これから濃くなっていく段階なんだろう、と考えた。

数日後、産婦人科の門を叩く。

息子を産んだのはすこし遠くの病院だったから、最寄り駅で通院するのははじめて。

よく言えばレトロ、悪く言えばお化け屋敷のように古い病院へ行った。

優しい目をしたおじいちゃん先生は、尿検査の結果を見て「妊娠してるけど、まだ反応が弱いなぁ」とひとりごちる。

でもまぁ、日数的には胎嚢が見えてもいいころだから、エコーしてみましょう、と言われた。

案内された内診台は、見たこともないくらい古くて、すこし笑ってしまった。

■妊娠が確定するまでの道のりは、意外と長い

妊娠超初期には、越えなければならないハードルがとても多い。
そもそも、健康な男女がどんぴしゃのタイミングでセックスをしても、妊娠する確率は3割程度しかない、ということからして震える。

奇跡的に出会った精子と卵子は、まず「受精卵」になる。
卵管の端にいる受精卵は、すこしずつ子宮内に移動して「着床」を目指す。
無事に着床できると、尿や血液にはじわじわ妊娠反応が出始めるけれど、医学的にはまだ「妊娠」ではない。

すべての妊娠のなかで、自然流産が起きる確率は10~15%。
ひとつのハードルを越えるたびに、流産率がじわじわ下がっていく。

着床後、エコー検査で「胎嚢」(赤ちゃんを包む袋)が確認できれば、まずひと安心。

しばらくして、胎嚢のなかに「胎芽」(胎児の前身)が見えれば、またひと安心。

その胎児の心拍を確認して、ようやく流産率がぐっと下がり、3~5%ほどになるといわれている。

一般的には、妊娠7~8週目くらいのタイミングだ。

そして、ここでようやく、医学的にも「妊娠」が確定する。


だから超初期は、病院で毎週なんらかの確認ができるまでそわそわ。

「きちんと着床しているのか」「胎嚢はつくられたかな」
「胎芽は?」「心拍、始まった?」

もちろん、どれも妊婦がひとりで確認する術はない。

手放しで喜べない時間があるなんて、私も当事者になってから知った。

■来週には、きっと胎児が見えるんじゃないか

Share

菅原 さくら

1987年の早生まれ。ライター/編集者/雑誌「走るひと」副編集長。 パーソナルなインタビューや対談が得意です。ライフスタイル誌や女性誌、Webメディアいろいろ、 タイアップ記事、企業PR支援、キャッチコピーなど、さまざま...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article