働く女性と結婚するということ

働く女性と結婚するということ

働く女性と結婚することは、どういうことか。結婚に対する価値観の変化にともない「家事育児は女性がするもの」という古風な考えが変化していきています。男性も今までの概念や変な男の沽券にこだわるのはやめて「ニュータイプな生活」を受け入れてみては?


働くという事はもちろん残業だってしょっちゅうだし、帰宅後会議のための資料を作るとか云々、仕事を家に持ち込む事だって多々ある。

そんなにオンとオフを見事に切り替えられる人っていないと思うんですよ。だから帰宅したからといって家事に専念できるわけではなかったりする。

…を本質的に理解している男性ってまだまだ少ないと思いません?

■家事育児は女性がするもの?

働くということは、もちろん残業だってしょっちゅうだし、帰宅後会議のための資料を作るとか云々、仕事を家に持ち込むことだって多々ある。

そんなに「オン」と「オフ」を見事に切り替えられる人っていないと思うんですよ。

だから帰宅したからといって家事に専念できるわけではなかったりする。

でも、進藤総研調べ(※飲み会での聞き込みがほとんど)では、「働く女性に理解を示しています」という「テイ」の男性は、いざそういう女性をパートナーにした場合、いとも簡単に古風な正体をあらわにしてしまうことが多い気がします。

家事育児は女性がすることと、頭の中に刷り込まれているのか、そうするのが当たり前のように思っている態度が垣間みれるように…

しまいには、やっぱり働くのをやめて家にいて、家のことをちゃんとして欲しいと言ってみたり、わかりやすく家庭的な雰囲気(を出しているだけかもしれない)の女性と浮気しちゃったりする。

そういう男性の気持ち、わからなくもないんですよ?

でもだったら最初っからそういう人を選ぶべきなんです。そんなのつき合ってる時にわかるでしょう?

なんとなく厄介なのは、30アッパーの男性達。

働く女性と結婚するということ

■パートナーに対する価値観の変化

20代のカップルに話を聞いたりすると「お互いたいして稼ぎがないからデートのときはもちろんワリカンです!」なんて答えが多いのに対し、30代以降ってまだ「男が多く支払うもの」あるいは年齢が上がれば上がるほど「男が(全額)支払うもの」という考えの人が多いような…。

男たるもの=「男の沽券」みたいなもの根強くあるのでしょうか?

働く女性をパートナーにしたら、今どき女性の方が多く稼いでいることもあるだろうし、働く女性は服に食にと自分にせっせと費やしてきたため、情報収集量は正直男の人に勝っていることが多いので、 連れて行ってもらったお店でうっかり「ここ美味しいよね〜」とか「私、前に来たときは〜」くらいのことは口走ることもあるでしょう。

「こんなの初めて!」的な反応が好きな、ファンタジーの世界に生きている男性にとっては「何かが違う」(俺の求めている女性ではない)と思うかもしれません。

金銭的にも精神的にも自立していない女性に「あなたがいないと生きていけないの」と頼られて、 ファンタジー界の男性は胸キュン(死語)かもしれませんが、はたしておまえが本当に頼りになるのか? と問いたい。

働く女性はそんなところで男の沽券というか男の器を測らない。

「ありのままの君でいいよ」と受け止めてくれればそれでよかったりする。

いつもホカホカのご飯があるとは限らない。部屋もちょっぴり汚いかもしれない。

でも仕事の痛みを理解する事はできる。相談にものれると思う。

アドバイスもできるかもしれない。これだけ世の中にガッツリ働く女性が増えてきた今、男性も今までの概念や変な男の沽券にこだわるのはやめて「ニュータイプな生活」を受け入れる覚悟をして欲しい。

繰り返しになるけれど、それはつきあっている時に「想像」してみればだいたい分かるはず。

概念にとらわれていると想像力が欠落してしまう。

想像力が乏しかったが故に「やっぱり家に居てくれる女性がよかった」みたいなことになってしまったりする。

私たちの幸せは、私と、そして男性の「想像力」をアップさせることで(ちょっとは)叶う気がしています。

この記事のライター

イラストレーター。ライオン株式会社広告制作部デザイン室(現:宣伝部デザインチーム)にてパッケージデザイナーとして5年間勤務した後フリーランスのイラストレーターに。著書は「欲ばりワードローブ」(産業編集センター)、「コンサバ革...

関連するキーワード


家事 結婚 夫婦

関連する投稿


共働き&子なし夫婦の形「DINKs」を、あなたはどう思う?

共働き&子なし夫婦の形「DINKs」を、あなたはどう思う?

従来の結婚観にとらわれず、夫婦で自発的に共働き&子なしという選択をする「DINKs(ディンクス)」。今回はDINKsという夫婦の形と、登場から30年経ったその現状について紹介したい。


「いい男は結婚している」のはあたりまえ。だから私たちがすべきこと

「いい男は結婚している」のはあたりまえ。だから私たちがすべきこと

「いい男は結婚している」「結婚したいけど出会いがない」と不満を言う女性、素敵な男性と付き合って、ますます成熟していく女性――両者の違いは何か? なぜ、いい男は皆結婚しているのか? どうすれば素敵な独身男性と出会い、パートナーになれるのかを紐解いていきます。


花嫁が後悔しないために。式場探しで気を付けるべきポイント【NEO花嫁の結婚式奮闘記#10】

花嫁が後悔しないために。式場探しで気を付けるべきポイント【NEO花嫁の結婚式奮闘記#10】

結婚式プロデュース会社を解約し、また振り出しに戻った結婚式場探し。結婚式場探しには、見逃せないチェックポイントと心得ておくべきコツがあるのです。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#10をお届けします。


”あなたのことはそれほど婚”と”あなたのことはこれほど婚”、既婚男性どちらが幸せ?

”あなたのことはそれほど婚”と”あなたのことはこれほど婚”、既婚男性どちらが幸せ?

テレビで話題のドラマ『あなたのことはそれほど』。女性にとって愛される方と愛する方,どちらが幸せなのかは永遠のテーマです。今回は、結婚歴15年以上の”あなたのことはそれほど婚”と”あなたのことはこれほど婚”をした男性ふたりにインタビュー。結婚して15年以上経った今、どちらが幸せなのでしょうか?


結婚生活は「長い会話」だからこそ【成功する結婚#2】

結婚生活は「長い会話」だからこそ【成功する結婚#2】

人間関係をうまくやっていたくために必要なコミュニケーション能力。結婚前のカップルが受けるプレマリッジ・セミナーでも、非常に重要なトピックです。コミュニケーションの重要性をパートナーと共有し、トラブルになりやすい「火種」をあらかじめ知っておくことで、新婚カップルにありがちな口論を避けることができます。


最新の投稿


ハーゲンダッツ「ジャポネ<ダブル抹茶~練乳黒みつ~>」がセブン限定発売に

ハーゲンダッツ「ジャポネ<ダブル抹茶~練乳黒みつ~>」がセブン限定発売に

抹茶のおいしさをアイスクリームとソルベで楽しめるアイスクリームが登場。ハーゲンダッツ「ジャポネ<ダブル抹茶~練乳黒みつ~>」が7月4日、全国のセブン-イレブン限定で新発売に。


小林麻央さんが教えてくれた、自ら人を愛することの豊穣

小林麻央さんが教えてくれた、自ら人を愛することの豊穣

乳がんと闘病していた小林麻央さんが2017年6月22日夜、帰らぬ人となりました。夫、市川海老蔵さんへ、麻央さんが最期の瞬間に伝えた言葉は「愛してる」だったと海老蔵さんは会見で、涙を流しながら語りました。夫の海老蔵さん、ふたりの子供たちへ、常にたくさんの愛情をもって接した麻央さんの生き様から、私たちが学べることは――。


暗闇ヨガスタジオが提供する「プラネタリウムヨガ」を七夕に体験

暗闇ヨガスタジオが提供する「プラネタリウムヨガ」を七夕に体験

暗闇ヨガフィットネススタジオ「BEING YOGA」が、渋谷・宮益坂のBEING YOGA Fitness Studioにて、七夕特別企画を実施します。星が瞬く幻想的な空間で“プラネタリウムヨガ”を体験してみては。7月7日〜9日の3日間限定開催です。


スタンピングネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

スタンピングネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

スタンピングネイルの魅力はなんといっても、どんな柄も失敗なしでできてしまう簡単さ。100均でも材料が豊富に揃います。マニキュアを使って、スタンピングネイルを素敵に仕上げるやり方やコツを、豊富な画像で詳しく紹介します。


ワンコインで占いが体験できる! 「占いフェス2017」が表参道ヒルズにやってくる

ワンコインで占いが体験できる! 「占いフェス2017」が表参道ヒルズにやってくる

2017年7月7日〜9日の3日間、表参道ヒルズにて「占いフェス2017 SUMMER」が開催されます。公式サイトから事前登録をすると「夢」にちなんだ豪華特典もついてきますよ。