1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 働く女性と結婚するということ

働く女性と結婚するということ

Share

働く女性と結婚することは、どういうことか。結婚に対する価値観の変化にともない「家事育児は女性がするもの」という古風な考えが変化していきています。男性も今までの概念や変な男の沽券にこだわるのはやめて「ニュータイプな生活」を受け入れてみては?

働く女性と結婚するということ

働くという事はもちろん残業だってしょっちゅうだし、帰宅後会議のための資料を作るとか云々、仕事を家に持ち込む事だって多々ある。

そんなにオンとオフを見事に切り替えられる人っていないと思うんですよ。だから帰宅したからといって家事に専念できるわけではなかったりする。

…を本質的に理解している男性ってまだまだ少ないと思いません?

■家事育児は女性がするもの?

働くということは、もちろん残業だってしょっちゅうだし、帰宅後会議のための資料を作るとか云々、仕事を家に持ち込むことだって多々ある。

そんなに「オン」と「オフ」を見事に切り替えられる人っていないと思うんですよ。

だから帰宅したからといって家事に専念できるわけではなかったりする。

でも、進藤総研調べ(※飲み会での聞き込みがほとんど)では、「働く女性に理解を示しています」という「テイ」の男性は、いざそういう女性をパートナーにした場合、いとも簡単に古風な正体をあらわにしてしまうことが多い気がします。

家事育児は女性がすることと、頭の中に刷り込まれているのか、そうするのが当たり前のように思っている態度が垣間みれるように…

しまいには、やっぱり働くのをやめて家にいて、家のことをちゃんとして欲しいと言ってみたり、わかりやすく家庭的な雰囲気(を出しているだけかもしれない)の女性と浮気しちゃったりする。

そういう男性の気持ち、わからなくもないんですよ?

でもだったら最初っからそういう人を選ぶべきなんです。そんなのつき合ってる時にわかるでしょう?

なんとなく厄介なのは、30アッパーの男性達。

働く女性と結婚するということ

■パートナーに対する価値観の変化

20代のカップルに話を聞いたりすると「お互いたいして稼ぎがないからデートのときはもちろんワリカンです!」なんて答えが多いのに対し、30代以降ってまだ「男が多く支払うもの」あるいは年齢が上がれば上がるほど「男が(全額)支払うもの」という考えの人が多いような…。

男たるもの=「男の沽券」みたいなもの根強くあるのでしょうか?

働く女性をパートナーにしたら、今どき女性の方が多く稼いでいることもあるだろうし、働く女性は服に食にと自分にせっせと費やしてきたため、情報収集量は正直男の人に勝っていることが多いので、 連れて行ってもらったお店でうっかり「ここ美味しいよね〜」とか「私、前に来たときは〜」くらいのことは口走ることもあるでしょう。

「こんなの初めて!」的な反応が好きな、ファンタジーの世界に生きている男性にとっては「何かが違う」(俺の求めている女性ではない)と思うかもしれません。

金銭的にも精神的にも自立していない女性に「あなたがいないと生きていけないの」と頼られて、 ファンタジー界の男性は胸キュン(死語)かもしれませんが、はたしておまえが本当に頼りになるのか? と問いたい。

働く女性はそんなところで男の沽券というか男の器を測らない。

「ありのままの君でいいよ」と受け止めてくれればそれでよかったりする。

いつもホカホカのご飯があるとは限らない。部屋もちょっぴり汚いかもしれない。

でも仕事の痛みを理解する事はできる。相談にものれると思う。

アドバイスもできるかもしれない。これだけ世の中にガッツリ働く女性が増えてきた今、男性も今までの概念や変な男の沽券にこだわるのはやめて「ニュータイプな生活」を受け入れる覚悟をして欲しい。

繰り返しになるけれど、それはつきあっている時に「想像」してみればだいたい分かるはず。

概念にとらわれていると想像力が欠落してしまう。

想像力が乏しかったが故に「やっぱり家に居てくれる女性がよかった」みたいなことになってしまったりする。

私たちの幸せは、私と、そして男性の「想像力」をアップさせることで(ちょっとは)叶う気がしています。

Share

進藤 やす子

イラストレーター。ライオン株式会社広告制作部デザイン室(現:宣伝部デザインチーム)にてパッケージデザイナーとして5年間勤務した後フリーランスのイラストレーターに。著書は「欲ばりワードローブ」(産業編集センター)、「コンサバ革...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article