働く女性と結婚するということ

働く女性と結婚するということ

働く女性と結婚することは、どういうことか。結婚に対する価値観の変化にともない「家事育児は女性がするもの」という古風な考えが変化していきています。男性も今までの概念や変な男の沽券にこだわるのはやめて「ニュータイプな生活」を受け入れてみては?


働くという事はもちろん残業だってしょっちゅうだし、帰宅後会議のための資料を作るとか云々、仕事を家に持ち込む事だって多々ある。

そんなにオンとオフを見事に切り替えられる人っていないと思うんですよ。だから帰宅したからといって家事に専念できるわけではなかったりする。

…を本質的に理解している男性ってまだまだ少ないと思いません?

■家事育児は女性がするもの?

働くということは、もちろん残業だってしょっちゅうだし、帰宅後会議のための資料を作るとか云々、仕事を家に持ち込むことだって多々ある。

そんなに「オン」と「オフ」を見事に切り替えられる人っていないと思うんですよ。

だから帰宅したからといって家事に専念できるわけではなかったりする。

でも、進藤総研調べ(※飲み会での聞き込みがほとんど)では、「働く女性に理解を示しています」という「テイ」の男性は、いざそういう女性をパートナーにした場合、いとも簡単に古風な正体をあらわにしてしまうことが多い気がします。

家事育児は女性がすることと、頭の中に刷り込まれているのか、そうするのが当たり前のように思っている態度が垣間みれるように…

しまいには、やっぱり働くのをやめて家にいて、家のことをちゃんとして欲しいと言ってみたり、わかりやすく家庭的な雰囲気(を出しているだけかもしれない)の女性と浮気しちゃったりする。

そういう男性の気持ち、わからなくもないんですよ?

でもだったら最初っからそういう人を選ぶべきなんです。そんなのつき合ってる時にわかるでしょう?

なんとなく厄介なのは、30アッパーの男性達。

働く女性と結婚するということ

■パートナーに対する価値観の変化

20代のカップルに話を聞いたりすると「お互いたいして稼ぎがないからデートのときはもちろんワリカンです!」なんて答えが多いのに対し、30代以降ってまだ「男が多く支払うもの」あるいは年齢が上がれば上がるほど「男が(全額)支払うもの」という考えの人が多いような…。

男たるもの=「男の沽券」みたいなもの根強くあるのでしょうか?

働く女性をパートナーにしたら、今どき女性の方が多く稼いでいることもあるだろうし、働く女性は服に食にと自分にせっせと費やしてきたため、情報収集量は正直男の人に勝っていることが多いので、 連れて行ってもらったお店でうっかり「ここ美味しいよね〜」とか「私、前に来たときは〜」くらいのことは口走ることもあるでしょう。

「こんなの初めて!」的な反応が好きな、ファンタジーの世界に生きている男性にとっては「何かが違う」(俺の求めている女性ではない)と思うかもしれません。

金銭的にも精神的にも自立していない女性に「あなたがいないと生きていけないの」と頼られて、 ファンタジー界の男性は胸キュン(死語)かもしれませんが、はたしておまえが本当に頼りになるのか? と問いたい。

働く女性はそんなところで男の沽券というか男の器を測らない。

「ありのままの君でいいよ」と受け止めてくれればそれでよかったりする。

いつもホカホカのご飯があるとは限らない。部屋もちょっぴり汚いかもしれない。

でも仕事の痛みを理解する事はできる。相談にものれると思う。

アドバイスもできるかもしれない。これだけ世の中にガッツリ働く女性が増えてきた今、男性も今までの概念や変な男の沽券にこだわるのはやめて「ニュータイプな生活」を受け入れる覚悟をして欲しい。

繰り返しになるけれど、それはつきあっている時に「想像」してみればだいたい分かるはず。

概念にとらわれていると想像力が欠落してしまう。

想像力が乏しかったが故に「やっぱり家に居てくれる女性がよかった」みたいなことになってしまったりする。

私たちの幸せは、私と、そして男性の「想像力」をアップさせることで(ちょっとは)叶う気がしています。

この記事のライター

イラストレーター。ライオン株式会社広告制作部デザイン室(現:宣伝部デザインチーム)にてパッケージデザイナーとして5年間勤務した後フリーランスのイラストレーターに。著書は「欲ばりワードローブ」(産業編集センター)、「コンサバ革...

関連するキーワード


家事 結婚 夫婦

関連する投稿


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用スーツの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用スーツの常識

男性のスーツは200年以上、基本的な構造や形が変わらない歴史のある衣服です。そして男性の装いの世界には、女性よりも厳格なドレスコードがあります。パートナーである女性とスーツ選びをする男性も多いです。スーツの正しい知識を押さえて、ビジネスシーンにふさわしいスーツ選びをふたりでしてみてはいかがですか。


食べるのが好きな私が「ウエスト5cm・体脂肪10%」落とした方法

食べるのが好きな私が「ウエスト5cm・体脂肪10%」落とした方法

エステ・ジム・食事制限……。ありとあらゆるダイエットを結婚式に向けて行った結果、食べるのが大好きな私でも無理なく理想のボディを手に入れられました。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#12をお届けします。


結婚に焦りを感じたときの対処法~結婚適齢期という枠組みは捨てる

結婚に焦りを感じたときの対処法~結婚適齢期という枠組みは捨てる

結婚への焦りを感じる女性は数多くいるかと思います。しかし、そうした焦燥感は、結婚への道のりをより遠くしてしまうのです。今回は、結婚への不安を感じるあなたに「焦り」との向き合い方をお伝えいたします。


家事をもっと楽しく効率良く! 少しの工夫でラクになる家事テク3つ(ガンコな汚れ編)

家事をもっと楽しく効率良く! 少しの工夫でラクになる家事テク3つ(ガンコな汚れ編)

汚れがつかないように日々気をつけながら暮らしていても、水アカ、カビ、油汚れなどいつの間にか蓄積されている汚れがあります。そこで今回は、特にガンコな汚れを落とす方法をご紹介します。年末の大掃除に向けて、役立つこと間違いなしです!


家事をもっと楽しく効率良く! 少しの工夫でラクになる3つの家事テク(水回り掃除編)

家事をもっと楽しく効率良く! 少しの工夫でラクになる3つの家事テク(水回り掃除編)

今年も残り2ヵ月。日が暮れるのが早くなり、なんとなく気ぜわしく感じられる季節です。特に年末が近づくにつれて気になりだすのが「掃除」。気がつけば、昨年末の大掃除から一度も手入れをしていない箇所がある方も多いのではないでしょうか。


最新の投稿


見た目もりんご、中身もりんご。ぎゅうぎゅうりんごパン【天然酵母のパンレシピ#5】

見た目もりんご、中身もりんご。ぎゅうぎゅうりんごパン【天然酵母のパンレシピ#5】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載。第5回目は旬のりんごをたっぷり使ったちぎりパンのご紹介です。


大顔・エラ張りさんが小顔になるには「咬筋ほぐし」。方法を紹介します

大顔・エラ張りさんが小顔になるには「咬筋ほぐし」。方法を紹介します

物を食べるときなどに使う咀嚼筋のひとつ「咬筋」は普段から誰もが当たり前に使っている筋肉です。しかし、この筋肉が発達しすぎると、小顔から遠ざかるのをはじめ、美容面でも健康面でも悪影響が。今回は「咬筋ほぐし」の方法をお伝えします。


今日という日をもっと幸せに生きるヒント

今日という日をもっと幸せに生きるヒント

昨日の失敗にへこんだり、今日をやり直したいと思ったり、明日が来るのが怖かったり……。季節が大きく変わる秋の夜長、考えなくてもよいことまで、あれこれ考えてしまうことはありませんか。そんなときに観ていただきたい、素敵な映画をご紹介します。


PCを持ち歩く姿が凛とする。才色兼備なビジネスクラッチ「DANA」

PCを持ち歩く姿が凛とする。才色兼備なビジネスクラッチ「DANA」

従来のPCバッグやドキュメントバッグのイメージを一新するビジネスクラッチが登場。PCや書類、ケーブル、スマートフォン、手帳まで、まとめて収納可能。打ち合わせや社内移動も、DANAでエレガントに装ってみてください。


コスメデコルテが有名パティシエとコラボ。オリジナルスイーツを発売

コスメデコルテが有名パティシエとコラボ。オリジナルスイーツを発売

コスメデコルテが人気有名パティシエとコラボ! 「モイスチュア リポソーム(保湿美容液)」の潤いの秘密、マイクロカプセルをモチーフにしたオリジナルスイーツを期間・数量限定で発売いたします。


おっぱい

MENU

DRESS部活