働く女の人をパートナーにするということ

働く女の人をパートナーにするということ

働くという事はもちろん残業だってしょっちゅうだし 帰宅後会議のための資料を作るとか云々、仕事を家に持ち込む事だって多々ある。 そんなにオンとオフを見事に切り替えられる人っていないと思うんですよ。 だから帰宅したからといって家事に専念できるわけではなかったりする。


…を本質的に理解している男性ってまだまだ少ないと思いません?

働くという事はもちろん残業だってしょっちゅうだし
帰宅後会議のための資料を作るとか云々、仕事を家に持ち込む事だって多々ある。
そんなにオンとオフを見事に切り替えられる人っていないと思うんですよ。
だから帰宅したからといって家事に専念できるわけではなかったりする。

でも、進藤総研調べ(※飲み会での聞き込みがほとんど)では
「働く女性に理解を示しています」という「テイ」の男性は、いざそういう女性をパートナーにした場合
いとも簡単に古風な正体をあらわにしてしまう事が多い気がします。

家事育児は女性がする事と頭の中に刷り込まれているのか、そうするのが当たり前のように思っている態度が垣間みれるように…

しまいには、やっぱり働くのをやめて家にいて、家のことをちゃんとして欲しいと言ってみたり
わかりやすく家庭的な雰囲気(を出しているだけかもしれない)の女性と浮気しちゃったりする。

そういう男性の気持ち、分からなくもないんですよ?
でもだったら最初っからそういう人を選ぶべきなんです。そんなのつき合ってる時に分かるでしょう???

なんとなく厄介なのは30アッパーの男性達。

20代のカップルに話を聞いたりすると、お互いたいして稼ぎがないからデートのときはもちろんワリカンです♪ なんて答えが多いのに対し
30代以降ってまだ「男が多く支払うもの」あるいは年齢が上がれば上がるほど「男が(全額)支払うもの」という考えの人が多いような…。

男たるもの=「男の沽券」みたいなもの根強くあるのでしょうか?

働く女性をパートナーにしたら、今どき女性の方が多く稼いでいる事もあるだろうし
働く女性は服に食にと自分にせっせと費やしてきたため、情報収集量は正直男の人に勝っていることが多いので
連れて行ってもらったお店でうっかり「ここ美味しいよね〜」とか「私、前に来たときは〜」くらいのことは口走ることもあるでしょう。

「こんなの初めて!」的な反応が好きな、ファンタジーの世界に生きている男性にとっては
「何かが違う」(俺の求めている女性ではない)と思うかもしれません。

金銭的にも精神的にも自立していない女性に「あなたがいないと生きていけないの」と頼られて
ファンタジー界の男性は胸キュン(死語)かもしれませんが、はたしておまえが本当に頼りになるのか?と問いたい。

働く女性はそんなところで男の沽券というか男の器を測らない。
「ありのままの君でいいよ」と受け止めてくれればそれでよかったりする。

いつもホカホカのご飯があるとは限らない。部屋もちょっぴり汚いかもしれない。
でも仕事の痛みを理解する事はできる。相談にものれると思う。アドバイスもできるかもしれない。

これだけ世の中にガッツリ働く女性が増えてきた今、
男性も今までの概念や変な男の沽券にこだわるのはやめて「ニュータイプな生活」を受け入れる覚悟をして欲しい。

繰り返しになるけれど、それはつきあっている時に「想像」してみればだいたい分かるはず。
概念にとらわれていると想像力が欠落してしまう。
想像力が乏しかったが故に「やっぱり家に居てくれる女性がよかった」みたいなことになってしまったりする。

私たちの幸せは、私と、そして男性の「想像力」をアップさせることで(ちょっとは)叶う気がしています。

 

この記事のライター

イラストレーター。ライオン株式会社広告制作部デザイン室(現:宣伝部デザインチーム)にてパッケージデザイナーとして5年間勤務した後フリーランスのイラストレーターに。著書は「欲ばりワードローブ」(産業編集センター)、「コンサバ革...

関連するキーワード


家事 結婚 夫婦

関連する投稿


フランスの有名女性映画監督・マイウェンにインタビュー

フランスの有名女性映画監督・マイウェンにインタビュー

まもなく日本で公開されるフランスの恋愛映画『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』。対照的な男女がふとしたきっかけで恋に落ちる。男女の10年間の軌跡と葛藤を描き、カンヌ映画祭では、主演のエマニュエル・ベルコに女優賞をもたらしたフランスの有名女性監督・マイウェンにインタビュー。(プロフィールは文末)


「男嫌い」を乗り越えて幸せになるシンプルな方法

「男嫌い」を乗り越えて幸せになるシンプルな方法

幸せな結婚や恋愛を望んでいても、うまくいかない……その原因の1つは「男嫌い」にあるかもしれない。筆者自身もつらい恋愛経験が多く、男性不信の一歩手前だった。しかし現在は男嫌いを克服し、男性の良さや素敵さに目を向けられるようになった。それからは不思議と恋愛もうまくいくように。男嫌いを脱却する方法をご紹介する。


約束したくない男と、結婚したい女

約束したくない男と、結婚したい女

年内に結婚・妊娠を目指している私。結婚への近道は、結婚という形式にとらわれず、好きな人を大切に扱うことではないか、と最近になって考えるようになった。そのきっかけは、結婚への意思が確認できる前に、その男性との関係を進めるべきか否か深く悩んだ“ある出来事”にあった。


育児に及び腰だった夫。息子と2人きりで過ごした日から、彼は父親になった

育児に及び腰だった夫。息子と2人きりで過ごした日から、彼は父親になった

夫が育児に非協力的でイライラする? そんな人は思いきって夫に育児を任せてみよう。「彼は育児なんてできない」「やり方が下手」などと思わずに。任せることで父親として、子供を育てる自覚が芽生え、結果としてできるようになるのだ。


結婚に迷うアラフォーが「今本当にやるべきこと」

結婚に迷うアラフォーが「今本当にやるべきこと」

結婚したいの? しなくてもいいの? 結婚に迷うアラフォー婚活世代の私たち。迷える思いを抱えて、婚活カウンセラーのもとへインタビューに行ってきました。そこで見えてきた、これからすべきことは?


最新の投稿


あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

あなたは大丈夫? 不倫にハマるアラサー女子の3つの特徴

不倫にハマる女性にはどんなイメージがありますか? 仕事もプライベートも充実しているアラサー女子は、不倫なんかせずまっとうに結婚相手を探していそうだと思われるかもしれません。しかし、実はアラサー女子の中にはあえて不倫関係を選んでしまう人も少なからずいます。今回は、そんな不倫にハマる女性の特徴をお話します。


ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナー、身についていますか? おしゃれなレストランやフォーマルな場へ行くと「これで合っているのかな」と悩むこともあるマナー。ワインを飲むことは日本ではまだまだ新しい文化の1つだと思います。難しいことはほとんどありません。ワインのマナーを少しずつ覚えて、自信を持って楽しみましょう。


タイ旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

タイ旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

人気の旅行先、タイ。気軽に行きやすいけれど、気をつけるべき病気についてご存じですか? 4月は人気のお祭り「ソンクラーン」(水かけ祭り)が開催され。日本から行きやすいこともあって、お祭りに参加される方も年々増えているそう。出かける前に、タイ旅行中に警戒したい病気のこと、少し知識をつけておきませんか?


タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

一見複雑そうなタイダイネイルですが、マニキュアでもできます! それに実は失敗知らずの簡単ネイルアート。マニキュアを使ったタイダイネイルの簡単なやり方・コツを豊富な画像&動画で説明します。


「女性だからこそ」持っている力を見つけるには?

「女性だからこそ」持っている力を見つけるには?

一人ひとりの女性が少しずつ力を蓄えていけたなら、女性はもちろん、誰にとっても生きやすくなる社会に近づけていけるはず。3月8日の「国際女性デー(IWD)」を過ぎた今、そんなふうに思うのです。今回は「女性だからこそ」持っている力に気づくワークをお届けしましょう。