1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. バッグは「色」で選ぶ! 私のバッグの選び方・揃え方

バッグは「色」で選ぶ! 私のバッグの選び方・揃え方

Share

服や靴もカラフルな色を選ぶようになって、「黒いバッグはどんな服やコーディネートにも合わせられて万能」という考えが変わった私。コーディネートに合わせてバッグも綺麗色が増殖中。いろいろな色のバッグを持つのは、思った以上に楽しくて気分も上がる。私のバッグの揃え方・選び方について。

バッグは「色」で選ぶ! 私のバッグの選び方・揃え方

■バッグも色を基準にして選び揃える

私のバッグ選びの基準はシンプル。

仕事などの「オン」はきちんと感が出て、しっかりした品質のADMJのもの、休日や旅行の「オフ」は軽くて丈夫なエルベシャプリエのもの、とおおまかに決めているが、気に入ればプチプライスのものをネット通販で買うこともあるし、海外旅行の思い出に、とブランドバッグを買うこともある。

けれど、選び買う際の基準で最も重要なこと。「そのバッグが何色か?」である。

■黒いバッグは万能ではない

黒いバッグしか持たない女。
黒い靴しか履かない女。

私は40代の頃、そこから脱出した。

色を楽しむファッションに舵を切った。

服や靴のみならず、バッグも綺麗な色を楽しめるようになると、日々のコーデはバリエーションが広がり、本当に楽しくてしょうがない。

「色の持つ力」の恩恵を受ける日々なのだ。

黒と白以外のバッグなんて、服に合わせにくい。コーディネートしにくい。と思われるかもしれないが、色の綺麗なファッションを実践すると、逆に黒いバッグはキツイ色が全体から浮いてしまい、合わせにくいことに気づく。

黒いバッグは決して万能なバッグではないのだ。

優しい淡いトーンのコーディネートや微妙な色のグラデーションのファッションのときには、黒以外にもっと合う色のバッグがあるはず。

黒を着ることをやめ、カラフルな色を着るようになったお話はこちらの記事にて。↓↓

色のあるファッションで、女の人生を楽しみ尽くそう!

https://p-dress.jp/articles/5226

黒やグレーなど、ベーシックな色さえ着ていれば、おしゃれに見えるはず――そう信じていた20〜30代。せっかく女に生まれてきたんですもの、綺麗な色を着てうんと楽しみたい! そんな考え方に方向転換した40代からは黒を着ることをやめ、さまざまな色を着るように。私のカラフルなファッションの楽しみ方について。

■「手持ち服に多い色」のバッグを揃えると合わせやすい

黒い服を着ないファッションスタイルに変えてから、どんな服にも合わせやすい万能なバッグの色は、私の場合は「グレー」と「ベージュ」。

薄いグレー系のグラデーションや、ベージュ系のグラデーションのコーデを行うことの多い私は、黒いバッグはあまり使うことはなく、代わりにグレー・ベージュ・こげ茶のバッグが大活躍する。


さらに私は、ブルー系、紺色系の服や靴を多く所持。
バッグも綺麗な薄めのブルーの型押しを買ってみたら、合わせやすさ抜群!

ブルーのバッグは頻繁に使う大活躍アイテムとなった。

またここ数年は、緑色やカーキ色が流行していて、服も靴もグリーン系の色が増えている。
それに合わせてカーキ色や緑色のバッグを買ったら、これまたコーディネートしやすくなった。

「今自分が何色のバッグを持っていて、何色が足りていないか」を常時把握するよう心がけるように。

そうすることで、その日のコーディネートに合うバッグを選びやすくなった。

服のコーディネートの最後に「色が合うバッグがない!」と困ることがなくなったのである。

ファッションをトータルで見たときに、本人が思っている以上にバッグの色は重要。

バッグの色が合っていないと、違和感を感じて落ち着かないコーデになってしまう。

ワードローブに多い色は人それぞれ。

ピンクが多い人もいれば、濃いブルーが多い人も。
黒かグレーのモノトーンの服ばかり、という人は逆にバッグの色が差し色として使えるので、カラフルなバッグは合わせやすいはず。

自分の持っている服や靴の色をじっくり把握し、それらに合わせやすい色のバッグを選び買い揃える方法がおすすめだ。

ベージュ系のコーデにはベージュのバッグを。黄緑色のコーデにはカーキのバッグを。一番右のブルーのバッグは大活躍。ブルー系、ネイビー系のコーデにはもちろんのこと、グレー一色のコーデには差し色としても使える。

ベージュと白の優しいコーデにはピンクのファーのバッグを。グリーンのコーデにグリーンのファーバッグ。グレーのグラデーションコーデにはグレーのバッグ。

ヒョウ柄になぜか紫色のバッグは合う。エクリュ色とボルドー色のコーデに赤茶色のバッグ。ピンクのパンツに紙素材のカジュアルなバッグ。

気温が上がってくると使いたくなるのは白いバッグとカゴバッグ。ただし、カゴバッグは安っぽくなったり、子どもっぽくなったりする危険大。

大人の女性が持っても違和感がなく、かつ通勤にも堂々と持てる上質な物を探して、今年手に入れたPELLICOのクラッチバッグ。白+ラフィアの素材感が爽やかで、かつ収納力も抜群! 夏の間活躍すること間違いなし。

■休日や旅行に大活躍。エルベシャプリエのバッグ

革の上質な長く使えるバッグを少しずつ揃えながら、同時に増やしているのがエルベシャプリエのナイロンバッグ。

今もなお使っている初代のエルベのバッグは、息子が赤ちゃんの頃のマザーバッグだったもの。よってその耐久性は実証済。普段のご近所お出かけの際のバッグとしても、旅行バッグとしても大活躍。

エルベシャプリエのトートバッグは大・中・小と大きさと色違いで多数所持している。国内旅行やドライブの荷物はコレと決めていて、使わないときに畳んでしまっておけるのが一番のお気に入り。とにかく丈夫で軽く、色が綺麗で荷物をわかりやすく仕分けしやすい便利なバッグ。

このエルベのバッグを大中小と大きさも色も複数所持している理由は、旅行の際のシステマティックな荷造りと持ち物管理のため。

詳しくはこちらの記事でその理由を書いています。家族旅行の荷物の管理に煩わされている方のご参考になれば。

【裏ワザ集】家族旅行の荷物準備と整理をとことん楽にする

https://p-dress.jp/articles/3693

家族旅行は楽しいイベントだけど、家族の人数分だけ荷物の準備や片づけが大変。準備・管理に主婦は疲労困憊しがち。それが憂鬱で家族旅行が億劫、という意見はまわりでもよく聞く。それをシステマチックに整えるために私が実践してきた方法をご紹介。

■バッグは女の大切な親友。お気に入りを少しずつ揃えていこう!

バッグなんて機能面からみると、1〜2つあれば充分事足りるはず。それでもファッションや暮らしのシーンに合わせてぴったりのバッグを複数持ちたいのが女の本音。

お気に入りのバッグが女に与えるプラスの心理効果は計り知れないのだ。

形やデザインのみならず、色が気にっているバッグを持ちたい。
見て美しく、使って使いやすく、そして使い捨てでなく長く愛せるバッグ。

それらに出会えるチャンスを狙って、女は今日も次の獲物を探し続ける。

Share

霧香

都内在住の50代主婦。 「50代になっても洋服好き主婦のファッションブログ」を運営。 仕事着&プライベート服の着回し。毎日のコーディネートに真剣に楽しく頭を悩ませる日々。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article