聞き取りやすい声をつくる方法【素敵な人ねと思われる話し方#3】

聞き取りやすい声をつくる方法【素敵な人ねと思われる話し方#3】

「人は見た目が9割」なんてことが言われますが、「話し方」もそれに近いくらい、人の印象を決めるもののひとつ。話し方に自信がなくてもトレーニングすれば変えられます。ここでは話し方のなかでも「声」に焦点を当て、現役アナウンサーが講師を務める話し方教室「KEE’S」で教えていただきました。


なんだか素敵な人だな――初対面の相手にそう感じることがあったら、相手のどんなところを素敵だと感じたのか、じっくり考えてみると良いかもしれません。見た目の要素は大きいと思いますが、「声」も人の魅力に大きく関わる要素のひとつ。

とくに、ハキハキとしていて明瞭で、聞き取りやすい声で話す人には、こちらも「なんだか感じがいい人だな」という印象を抱くのではないでしょうか。でも、明瞭に話せている気がしない、滑舌に自信がない……なんて方でも大丈夫。気軽にできるトレーニングを短時間でもコツコツ続けることで、クリアな発音に近づいていきます。

今回、現役アナウンサーが講師を務める話し方教室「KEE’S」の「コミュニケーション美女講座」を取材。同社所属の岡添弘子さんが講師を務める回で、4人の受講生が参加していました。同講座のなかから、すぐにでも実践できることをいくつかご紹介します。

■聞き取りやすい声をつくる。1日3分の発声練習

「明るい声をつくる方法」でご紹介した「あ・い・う・え・お」の発声練習と併せて行いたいのが、以下のトレーニング。それぞれを5回ずつ、鏡を見ながら実践しましょう。発声後、最後に口の形が母音を発声したときの形になっているかどうかもチェックを。

「あ・い・う・え・お」と同じように、口周りの筋肉が軽く痛くなるくらいを目安に、口を目いっぱいあけて発声します。毎日2〜3分でできるトレーニングながら、口周りの筋力がアップし、若々しい口元をキープすることにもつながります。

らりるれろ=舌先を尖らせて、上下にバウンドさせるイメージで。上の歯の付け根より少し奥の凹んだ部分から下に向かってシャープに動かすことがポイントです。

さしすせそ=歯と歯の隙間から息を感じるように発声。歯と歯の間から空気の摩擦を感じると〇。「さっ、しっ……」と勢いよく。女性は「さしすせそ」が苦手な方が多めだとか。

かきくけこ=奥歯で強く噛むように。

はひふへほ=お腹から息を強く吐き出すイメージで。鍛えておくと、「おはようございます」の「は」がクリアに出せるようになり、印象美人に。

まみむめも=上唇と下唇とをすり合わせて発声。挨拶の言葉にま行は多いため、はっきり発声できるようにしておきたい。

ぱぴぷぺぽ=ま行と同じように唇同士をすり合わせて発声。「ぱっ、ぴっ……」というように、ま行よりも「弾く」ようなイメージで。

たちつてと=舌を使って上あごを強く弾く

■口周りの筋肉を鍛え、舌の動きや口のあけ方をスムーズに。舌トレーニング

舌がスムーズに動くことも、聞き取りやすい声に欠かせない要素です。講座では「舌のトレーニング」も実践しました。

1)本やノートなど平らなものをあごの舌に当てて、あごを固定する
2)あごを固定したまま、舌だけを動かしてラ行の発音をする。「ラララララララ」「リリリリリリリ」「ルルルルルルル」など。


筆者も試してみたところ、あごを動かさずに舌だけでラ行を発声するのは至難の業でした。舌がもつれたり、あごがどうしても動いてしまったり……。

そもそも「ラ」と言っているつもりが、「ラ」ではなく「ダ」に聞こえてしまったり……。いかに舌が衰えているか、舌を使わずに話しているかを痛感しました。

実際、舌のトレーニングを実践し、スムーズに舌が動いて、ラ行を速く正確に発声できたら、「舌年齢」が若い証拠だとか。

岡添さんが「体の中で一番強い筋肉は舌なんです」と講座内で解説されていたのが印象的でした。もともと強い筋肉であることから、きちんと鍛えるとより良く働いてくれるはず。

#1〜#3でご紹介した、自宅でもできるトレーニングを習慣化すれば、人前で自信を持って話せる人に! 同時に周りからも「素敵な人」だと思われるようになることでしょう。

取材協力/野村絵理奈さん
KEE'S代表取締役。同志社大学法学部卒。NHK松山放送局キャスター、気象予報士を経て2005年株式会社KEE'S設立。

KEE'S(キーズ)は、放送局出身のアナウンサーが、話し方やコミュニケーションを教えるスクール。
声・論理・パフォーマンスを鍛える独自のメソッドで、「6時間で変わる」話し方トレーニングを提供。ミス・ユニバース・ジャパン公式スピーチトレーナー。600社6万人を超える指導実績。日曜「女性限定話し方セミナー」開催中。
(検索)KEE'S http://www.kees-net.com

※こちらの記事でご紹介した内容はKEE’Sの「コミュニケーション美女講座」で学ぶことができます
http://www.kees-net.com/

Text/池田園子

2月特集「生きてくための伝え方」

https://p-dress.jp/articles/6106

『DRESS』2月特集は「生きてくための伝え方」。伝え方が心地よい人にはまた会いたくなるし、仲良くなりたくなるもの。学校では教わらなかった、表情や声のトーン、出し方などの話し方、人との接し方など、相手に対し効果的にものを伝えるヒントをご紹介します。伝え上手になって、人とのコミュニケーションをより良いものにしていこう!

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連する投稿


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


後輩との関係がうまくいく伝え方。「きょうだい別」傾向と対策〜中間子・ 一人っ子編

後輩との関係がうまくいく伝え方。「きょうだい別」傾向と対策〜中間子・ 一人っ子編

会社でマネジメントを任されるようになる人もいるDRESS世代。部下や後輩との意思疎通に悩むことはありませんか? ここでは、部下や後輩とのコミュニケーションで使えるテクニックを作家・心理カウンセラーの五百田達成(いおた たつなり)さんに教えていただきます。


後輩との関係がうまくいく伝え方。「きょうだい別」傾向と対策〜長子・末子編

後輩との関係がうまくいく伝え方。「きょうだい別」傾向と対策〜長子・末子編

会社でマネジメントを任されるようになる人もいるDRESS世代。部下や後輩との意思疎通に悩むことはありませんか? ここでは、部下や後輩とのコミュニケーションで使えるテクニックを作家・心理カウンセラーの五百田達成(いおた たつなり)さんに教えていただきます。


商談・プレゼンに欠かせない「演技力」を磨く9つの方法

商談・プレゼンに欠かせない「演技力」を磨く9つの方法

苦手意識があっても、社会人なら避けては通れない、商談やプレゼンの場。でも、技術さえ身につければ、誰でも人を動かせるようになります。ここぞというときの大事な場で使えるテクニックを作家・心理カウンセラーの五百田達成(いおた たつなり)さんに教えていただきます。


不倫関係でイライラ。思い通りにならない、から生まれる怒りはどうすれば?【大人の上手な怒り術#5】

不倫関係でイライラ。思い通りにならない、から生まれる怒りはどうすれば?【大人の上手な怒り術#5】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第5回では、不倫関係におけるイライラを解消する方法について解説してもらいます。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。