男心がわからない理由を読み解く。恋愛への幻想は一度手放してください

男心がわからない理由を読み解く。恋愛への幻想は一度手放してください

「男心がわからない…」と、恋愛がうまくいかずに悩んでいませんか? 男心がわからないと、良かれと思ってとった行動で、男性の気分を害してしまうことがあります。もちろん、この記事を読んでいただいているあなたも「男心を理解したい」と少なからず思っているはず。それなのに彼らの心がわからないのはなぜなのか……。


今回は、男心がわからない女性の特徴を解説! なぜ男心がわからないのか、その理由を分析します。

■男心がわからない女性3つの特徴

「男って何を考えているのかまったくわからない!」

このような愚痴をこぼす女性は、恋愛に苦労しがちです。
そもそも、愚痴っぽい女性は興味が自分の内側に向いているため、人の気持ちを理解するのが得意ではないのです。「男心がわからない」と、周囲に愚痴を漏らすことが、男心がわからない女性の特徴でもあります。

愚痴をこぼす女性は、そうすることでストレス発散し、気持ちの整理をして完結してしまいます。「なぜ男心がわからないのか」という問題を直視せず、ほったらかし状態なんてことも。だから、時間がたつとまた同じ問題に直面し、「やっぱり男心がわからない!」と、同じところをグルグルしてしまいます。

そのような女性には、恋愛観には3つの特徴が見られます。それをひとつずつ解説していきましょう。

特徴1.”ぶりっこ”をする女性が嫌い

男性ウケを狙って自分を作るあさましさを嫌う女性は多いです。

本当な腹黒いのに、男性の前でぶりっこする女性がチヤホヤされていると、「男ってなんで……」とイライラすることもあるでしょう。ですが、恋愛に関しては、ぶりっこ嫌いの女性よりも、ぶりっこの女性方が強者である局面が多々あります。なぜならば、”ぶりっこ”は男性がどんなことをすると喜ぶのかを理解しているが故に、男心をつかむ術に長けているからです。


ぶりっこ嫌いから見ると、ぶりっこは「男性にモテたい」という自分の欲求を満たすための行動です。ただし、別の視点から見ると、ぶりっことは「相手に喜んでもらうためのサービス」でもあります。

立場を逆にして考えてみましょう。気配りがまったくできない不愛想で身勝手な男性より、社交的で話題を提供してくれる男性の方が、女性からのウケが良いですよね。裏で何を考えているかはともかく、一緒の時間を快適に過ごせるのは後者です。

そう考えると、ぶりっ子は必ずしも悪ではありません。
むしろ、男性から見ると「男心が理解できる気配り上手」なのです。多くの人は、自分の気分を良くしてくれる相手には好意を持ちます。

この”ぶりっこ”を完全悪だと捉えてしまうと、男心が仮にわかっていたとしても、そこに対する行動が伴わないために「理解できていない」というレッテルを張られる可能性があります。ぶりっこをしなさい、とは言いません。ですが、ぶりっこである女性を頭ごなしに否定するのではなく、彼女たちの行動から男心をつかむ術を身に着けるのも戦術のひとつです。

特徴2.モテる女性は男性に媚びていると思っている

「あの子、モテたいからっていつも男に媚びてる!」

モテ服、モテ仕草をして、男性の注目を集めようとする女性に対して、このような感想を持つ方は、意外と多いのかもしれません。

しかし、男性は視覚で感情を刺激されます。
ですので、男性の視線を集めるために、女性らしい服を選んだり、ちょっと色っぽい仕草をしたりするのは、とても効果的です。これは恋愛テクニックなのです。

もしもあなたに好きな人・距離を縮めたい人がいるのであれば、こういったテクニックを知っておくことは悪いことではありません。もちろん自分自身の中に信念や矜持を持って生きることは大切ですが、相手の気持ちを汲んで、喜ばせるポイントを押さえることは恋愛において重要なファクターとなります。

「媚びている」と批判するばかりではなく、まずは自分が本当に好かれたい相手が喜ぶことを改めて見つめなおしてみてくださいね。

特徴3.彼氏にはそのままの自分を好きになってほしい

これは男性を喜ばせる努力をしている女性を「ぶりっ子」「媚びてる」と批判する女性が良く言う言葉のような気がします。また、この発言をする女性は、「外見ではなく中身を見てほしい」と良く主張します。そして、この発言こそ、男心がわからない女性の特徴なのです。

「親しき仲にも礼儀あり」と言いますが、お互い快適に過ごすために、人はある程度自分を調整して相手に合わせますよね。恋愛も同じです。男性に好感を持ってほしいなら、男心を理解して、それに合わせる努力が必要です。

それがわかっている女性は、決して「そのままの自分を好きになってほしい」などとは言いません。男性に好かれるために、柔軟で臨機応変な思考を持ち、喜ばせるための努力をしています。「そのままの自分を好きになって」という発想は、傲慢さの表れでもあるのです。恋愛がうまくいくためには、男心に寄り添って、それに合わせる優しさが必要です。

そもそも見た目と中身は切り離して考えることは非常に難しいもの。中身さえよければ相手に評価されるはず……というのは、あまりにも独りよがりであると言えるでしょう。振る舞いや見た目などが、相手にどのように影響するかはビジネス書やマナー本などを見れば一目瞭然。理想だけで恋愛をしていると、男心がわからないまま今の恋愛に終止符を打ってしまうことも考えられます。あなたの魅力を最大限伝えるためにも、相手を喜ばせる・楽しませる努力をしてくださいね。

■男心がわからない理由とは?

男心がわからない女性には、「モテる努力をする女性」に反発心を覚えるという特徴があります。そして、モテる努力に対する反発心こそ、男心がわからない理由です。

モテる努力を否定するのは、3つの心理が関係しています。

・常に自分基準でものごとを考えている
・男性への幻想を捨てられない
・理論より感情を優先する


まず、男心がわからない女性は、男女の性差について無頓着です。
常に「自分」という基準で物を考えています。そのため、男心なのに「女心がこうだから、男心もこうにちがいない」と、同列で考えてます。男女には価値観や脳機能に違いがあるので、これでは男心を理解できるはずがありません。

そして、「男心がわからない」と言いつつも、「いつかこんな私を丸ごと愛してくれる男性が現れる」と、淡い期待を抱いています。昔読んだ少女漫画の「冴えない女子とイケメンの恋」という設定に憧れを持ち、「本物の男性は、女性の内面の良さがわかる」という幻想を捨てられないのです。だけど、女性の外見にイメージを大きく左右されるのが男心の現実です。


もちろん、「男心がわからない」と言いつつも、男性が結局女性の外見や演出に騙されることを経験から学んでいます。だけど、感情がそれを認めることを邪魔するのです。ぶりっこを嫌う自分の方が、男性に気に入られようとする女性より上だという感情を優先させ、客観的事実を理論的に考えることを拒否してしまいます。

でも、幸せな恋愛をするためには、男性の視点に立って思いやるサービス精神も大切です。
男性に喜んでもらうことは、けっしてあなたを下げる行為ではありません。それを理解し、不要なプライドを捨て去ることが、男心を理解する第一歩です。

■目的のためには手段を択ばないこともときには必要

「自分をしっかり持つこと」

これは、とても大切なことです。恋愛のために自分の信念を曲げて別人格になっても、結局その恋はうまくいかないでしょう。ただ、好きな男性を振り向かせるためには、まず自分に関心を持ってもらなければなりません。そのために、テクニックを駆使するのは必要なことです。

恋愛を成就させるという目的のために、今までのやり方を変えることもときには必要です。「男心がわからない」と思ったら、恋愛への姿勢を少し変えてみましょう。ぶりっこを嫌悪せず、冷静に観察して分析してください。

そうすることで、男心が理解できる可能性は大きくアップします。男心がわかれば、効果的なアプローチができるようになります。本当のあなたの姿は、まず男性の視線を獲得してから、少しずつ知ってもらえば良いのです。

Text/kikita

この記事のライター

DRESS恋愛マガジンでは、結婚から離婚、不倫に浮気、セックスにまつわるエピソードなど、さまざまな恋愛コンテンツを配信していきます。

関連するキーワード


コミュニケーション

関連する投稿


「なぜ?」で詰めるのはアウト。部下や後輩の上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#4】

「なぜ?」で詰めるのはアウト。部下や後輩の上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#4】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第4回では、職場でパワハラにならない上手な叱り方について解説してもらいます。


男心をくすぐる女性にはどんな魅力がある?

男心をくすぐる女性にはどんな魅力がある?

男性から人気のある女性は、外見が優れているというわけではありません。女性から見ると平凡だけど、男性が魅了されるようなタイプの女性は存在します。実は、周囲に男性の輪ができる女性には「男心をくすぐるのが上手」という共通点もあるのです。今回は、男心をくすぐるのが上手な女性の魅力についてお話します。


男心のつかみ方! モテるあの子から教わった男性を魅了する方法

男心のつかみ方! モテるあの子から教わった男性を魅了する方法

男心のつかみ方がわかれば、好きな人を振り向かせることが可能です。ですが、そもそも男心とはなんなのか。一体どのようにすれば男心をつかむことができるのか……。今回は、私が知る超モテ女な友人が、実際使っていた男心のつかみ方を紹介! 彼女の口から語られた「男心をつかむために必要なこと」についてお話します。


夫に腹が立ちすぎて困る! その理由と対策とは【大人の上手な怒り術#3】

夫に腹が立ちすぎて困る! その理由と対策とは【大人の上手な怒り術#3】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第3回ではイラッとしたときの、怒りとの付き合い方をご紹介します。


人望が厚い「ねぎらい上手」さんが最後にねぎらうのは自分

人望が厚い「ねぎらい上手」さんが最後にねぎらうのは自分

「ねぎらい」についてのコラムを2本お届けしてきました。ねぎらい上手な人が最後にねぎらう相手は「自分」です。年末のこの時期だからこそ、1年がんばってきた自分をきちんとねぎらってあげませんか? 今回は、自分で自分をねぎらって、心のごちそうを味わいましょう。


最新の投稿


未練がましい男性ほど、次の行動を元カノに取らせたがる

未練がましい男性ほど、次の行動を元カノに取らせたがる

別れた元カレから突然謝罪の連絡が来るけど、それっきり。「どうすれば良いの?」と悩む女性もいるでしょう。未練がましい男性ほど、本音を隠して次の行動を元カノに取らせようとします。素直に復縁したいと言えない男心と、どんな対応をすれば良いかについてお話しします。


産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

多くの女性が対峙する、子どもを産む・産まない問題。産んだ人の体験談はたくさん聞くけれど、産まなかった人の話って意外と聞かないような……? とふと思いました。子どもを持たない人生を送る女性たちのリアルな声を聞ける本『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』と出会い、考えたこと、感じたこと――。


幸せを呼ぶ京都・開運旅へ! 新春におすすめの1泊2日モデルプラン

幸せを呼ぶ京都・開運旅へ! 新春におすすめの1泊2日モデルプラン

日本国内だけでなく、外国人観光客からも多くの支持を集める京都。そんな京都には悠久の時を超え、今も残る寺社や、晴れやかな気持ちになる雅な美食まで、パワーをもらえるスポットがたくさん。今回は新春におすすめな、開運京都旅のモデルプランをご紹介いたします。


”衝撃の40分”から目が離せない! 『デトロイト』が描く歴史に埋もれた戦慄の一夜 古川ケイの「映画は、微笑む。」#35

”衝撃の40分”から目が離せない! 『デトロイト』が描く歴史に埋もれた戦慄の一夜 古川ケイの「映画は、微笑む。」#35

イラクを舞台に米軍爆発物処理班の兵士たちを描いた『ハート・ロッカー』、オサマ・ビンラディンの捜索に執念を燃やすCIA女性分析官を描いた『ゼロ・ダーク・サーティ』など、センセーショナルな題材選びに定評のあるキャスリン・ビグロー監督。新作『デトロイト』は、米国デトロイト暴動で起きた戦慄の一夜を映画化した、必見の衝撃作です。


フランス女性は風邪予防&対策に「ハーブと野菜」を取り入れてる

フランス女性は風邪予防&対策に「ハーブと野菜」を取り入れてる

冷えや寒さから体調を崩しがちな冬、ちょっと調子が悪いなと感じたとき、どのようなケアを取り入れていますか? 早めに薬を飲むという手段もあるけれど、できればそれ以外で回復させたいもの。今回はフランス女性による風邪予防と対策法をご紹介します。


おっぱい