夫のことが好き? 当たり前である

夫のことが好き? 当たり前である

結婚は恋のゴールではあるかもしれないけれど、新たなスタートでもある。しかし、ただ一緒に過ごしているだけでは、夫婦関係というのは続かない。苦なく関係を続けていくにはどうすればいいのか考えてみた。


ときどき、「なんだかんだ言って旦那さんのこと好きだよねぇ」と言われる。

私はなんと答えていいかわからず、曖昧な笑みを浮かべる。

「旦那さんを好き、かあ」と自問自答し、違和感を噛みしめる。

たしかに、嫌いじゃないんだけど、そう言われて「うん、そうなんだよね」と頷くのも何か違うのだ。そもそも、夫を好きってなんだろう。

片想いをしているわけではもちろんないし、恋人を好きというのも違う。だからと言って、家族を好き、というのも違う(私自身、自分の育った家庭・家族のことを好きだと思ったことがないので想像しがたい、というのもあるが)。

じゃあ、配偶者に対する気持ちって一体なんなんだろう。

■配偶者のことが好き? 当たり前である

女性同士の会話の中で夫の話題が出るのは、ごく自然なことだと思っている。

一緒に暮らしているし、一番よく話をする相手だ。子どもがいればまた違うのだろうけれど、夫婦ふたりで過ごしていたら、生活の多くの部分を共有することになる。

しかし、夫婦と言えど他人。育ってきた環境も違うので、不満だってある。嫌だと思う部分もある。それ以上に一緒に過ごして満足できる部分、好ましいと思うところもあるのだ。だからこそ、一緒に暮らしている。

離婚は気力・体力共に使うけれど、無理してずっと過ごす必要はない。

だから、「旦那さんのこと好きなんだね」というセリフは陳腐で、非常に馬鹿馬鹿しいものだと私は思っている。その人を過ごすことを結婚するときにちゃんと選択しているのだから。

■それなりに自分の人生を預け合う覚悟はしている

人生はなにが起こるかわからない。

けれど、結婚した相手とは、とりあえず死ぬまで一緒にいる予定だ。そう考えると、先は長いのだから、がんばる必要も、無理をする必要もない。苦しくなったら、ひとりになって息抜きをすればいい。

ただ、がんばる必要はないけど最低限のルールとして、相手に心配をかけない、プレッシャーを与えすぎない、ということは大切にしたい。

新婚だというと、「いいわねぇ、今が一番幸せね」と言う人がいるが、本当にそうなんだろうか。昔のことは知らないが、最近はそんな話はあまり聞いたことがない(あくまで私の周りでは、という話だが)。

むしろ結婚したばかりのころなんて、「相手の知らない一面がこんなにもたくさんあったのか」とびっくりすることばかり。

だから、「今日はいい日だった、明日もきっといい日になるんだろうなあ」なんてしみじみと思うことはない。「今日はいい日だったけど、明日は最高に嫌な日になるかもしれない」と思う。

夫婦という関係は、一緒に過ごしている時間が長くなるにつれて、少しずつ改善されていくような気がする。

相手に慣れたというより、相手のことを知り、自分をアップデートしていくことができる。自分だけではなく、きっと配偶者もそう。

たとえば、「○○をして怒らせたんだから、次回は気をつけよう」という些細なものも、立派なアップデートだ。日々、その積み重ねで互いに過ごしやすい環境を作るようになっていっている。

たしかに、結婚してしばらくすると、強烈な「好き」という感情は薄れていく。

パートナーに対して「無関心」になるのか、それとも、自分にとって「好ましい」存在になるのか。

誰かにとって「好ましい」存在としてあり続けることはなかなか難しいものだ。媚びることもそう長くは続けられない。自然な形で好ましく思い思われる関係を続けるには、相手のことを知り、互いに納得できる解決方法を無言のままに見つけていく。一度、人生を預けることになってしまった相手なのだ。

相手のために自分を変えるなんて、と抵抗感を持つ人もいるかもしれないが、柔軟な心を持つことで、ぐっと過ごしやすいものになっていくのではないだろうか。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


夫婦

関連する投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談後編。前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」に続き、ふたりのコミュニケーション法について迫る。


「家事は女の仕事」そんな男の意見を、男の僕がぶった切ります!

「家事は女の仕事」そんな男の意見を、男の僕がぶった切ります!

家事は女性の仕事だ――そういう意見を持つ男性は、まだ世の中に少なからずいます。今回は、そんな男性が持つ偏った意見に疑問をぶつけ、夫婦ふたりが幸せな形になるためには、どうすれば良いのか考えてみました。


セックスレス離婚の慰謝料に「セックスレスの権利守れ」の声

セックスレス離婚の慰謝料に「セックスレスの権利守れ」の声

フランス南部のニース。あるカップルの離婚訴訟がフランスだけでなく欧米を巻き込んで議論を呼びました。21年間の結婚生活中、妻(47歳)からのたび重なるセックスの願いを退けてきた夫(51歳)が、離婚慰謝料としておよそ1万ユーロ(約105万円)を払うよう判決を受けたのです。気になるのはその後の話……。


夫婦関係が険悪に。夫婦円満を取り戻した風水

夫婦関係が険悪に。夫婦円満を取り戻した風水

「あるときを境に人間関係がギクシャクし始めた」という経験は、誰にでもあると思います。このような状況に出くわしたときは、風水が影響している可能性が高いです。ここでは仲良しで有名だった夫婦が急に険悪になり、そして風水の対策によって円満に戻った話をご紹介します。


男性はあなたの不満を解消する”白馬の王子様”ではない

男性はあなたの不満を解消する”白馬の王子様”ではない

付き合いはじめはラブラブだったカップルや夫婦。ですが、一緒に暮らしているうちに、相手に対して不満を抱えることが多くなっていませんか? 今回ご紹介するのは、そんな不満を解消するために考えるたったひとつのこと。とある原則を実行すれば、お互いの不満は減っていくはず――。


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談後編。前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」に続き、ふたりのコミュニケーション法について迫る。


17年秋冬の囲み目メイクは自然なのに目力しっかり。方法、アイテム、詳しく解説します

17年秋冬の囲み目メイクは自然なのに目力しっかり。方法、アイテム、詳しく解説します

囲み目メイク、久しぶりにきてます。「目元がぼんやりしている」と感じている方はとくに嬉しい流れかも!? でも、イマドキの囲み目メイクは、昔の囲み目メイクとはちょっと違うみたい。今どきの囲み目メイクの方法、選ぶべきアイテムなど、詳しくまとめてみました。


射手座の運気を上げてくれるファッション【2018年上半期 恋愛・仕事・マネー運】

射手座の運気を上げてくれるファッション【2018年上半期 恋愛・仕事・マネー運】

2017年下半期の星回りは、幸運の星・木星が天秤座に位置していたため、対人関係のコミュニケーションに重きが。しかし、2018年上半期は蠍座の木星効果が色濃く出てきます。そのため、射手座にとっては自分を解放することがテーマに。これまで上手くいかなかったこともすんなりクリアできるシーズンになりそうです。


山羊座の運気を上げてくれるファッション【2018年上半期 恋愛・仕事・マネー運】

山羊座の運気を上げてくれるファッション【2018年上半期 恋愛・仕事・マネー運】

2017年下半期の星回りは、幸運の星・木星が天秤座に位置していたため、対人関係のコミュニケーションに重きが。しかし、2018年上半期は蠍座の木星効果が色濃く出てきます。そのため、山羊座にとってはが自分の世界を広げていくことがテーマに。思いきりが重要なシーズンになりそうです。


ホテルニューオータニで秋メニューを楽しめる「サンドウィッチ&スイーツビュッフェ」

ホテルニューオータニで秋メニューを楽しめる「サンドウィッチ&スイーツビュッフェ」

サンドウィッチとスイーツが35種も! 行列必至のビュッフェ、食欲の秋にいかがですか? ホテルニューオータニでは、ティー&カクテル「ガーデンラウンジ」で、窓一面に広がる日本庭園の紅葉を眺めながら優雅に楽しんで。


おっぱい

MENU

DRESS部活