7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマにあれこれ語らう対談企画#1では、シューズブランド「JUCO.」のデザイナー、ジュコさんをお招きしました。


ジャズバンド「JiLL-Decoy association(以下、ジルデコ)」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマにあれこれ語らう対談企画がスタート。

初回ゲストはシューズブランド「JUCO.」のデザイナー、ジュコさん。ブランドの立ち上げ年とジルデコメジャーデビュー年が同じ2006年。

10年以上に渡り、かたや音楽、かたやファッション、ジャンルは違えど、広義でクリエイターとして走り続けるふたり。いったいどんなものづくり論が飛び出すのでしょうか。

■方向性を変えるときは、自分の感性と経験を信じる

chihiRoさん(以下、chihiRo):ジュコちゃんとの出会いは、けっこう昔に遡るよね。

ジュコさん(以下、ジュコ):chihiRoちゃんの旦那さんが、私の大学時代の友人で、最初は「彼女さん」として知り合ったんだよね。

chihiRo:そうだった!

ジュコ:JUCO.を立ち上げて3年くらい経ったとき、展示会にふたりで来てくれて。今もJUCO.の定番商品として出してるサイドゴアブーツを、chihiRoちゃんが気に入ってくれたのが嬉しかったな。

chihiRo:夫が婚約指輪ならぬ、「婚約シューズ」としてプレゼントしてくれて(笑)。デザインがすごく凝ってて、一見重そうなんだけど、履くとびっくりするくらいラクで、歩きやすいんだよね。だから今も秋冬はヘビロテ。

ジュコ:嬉しいなぁ。ありがとう!

chihiRo:サイドゴアブーツは、今やJUCO.の秋冬コレクションの「顔」だよね。ただ、サイドゴアブーツを発表したとき、「なんか雰囲気が変わったね」って言われなかった?

ジュコ:やっぱり、既存のお客様の中には「今までのJUCO.とは違うね」と言う方もいれば、「いい感じになったね」と言う方もいた。サイドゴアブーツを発表したのは、ブランド立ち上げ5周年くらいのときで、ちょうどJUCO.にとって大きな転換期で。それまではデコレーションをたっぷり施した、女性っぽいデザインが多かったんだけど、メンズっぽいブーツを初めて作ってみたいと思ったの。

chihiRo:いろいろな声が挙がっても、最後は自分の感覚を信じて、毎年発表することにしたの?

ジュコ:私はすごく気に入ってたから。最初に発表した年は、そんなに人気がなかったけど、どんどん改良を重ねていって、毎年、少しずつ注文が増えていって。ソール部分にデザインの焦点を当てるようになったのも、その頃からだったな。

chihiRo:私の中ではJUCO.靴といえば、「ソールがすごく凝ってる」ってイメージが強くて。ソールにデザインを施すようになったきっかけはなんだったの?

ジュコ:靴のジャーナリストさんから、海外の展示会に出店しないかとお誘いをいただいたときに、「ソールのデザインをもう少し考えてみたらどう?」とアドバイスをいただいて。それまでは靴の上の部分(アッパー)にデザインを加えることしか考えてなかったから、最初は「ソールにデザイン? どういうこと?」と理解ができなかった。

chihiRo:すごい発想の転換だ(笑)。

ジュコ:でも、世に出ている靴を意識して見てみると、ゴツめなソールの靴もたくさんあって。観察していくうちに、ソールを主役にしたデザインもできるんじゃないか、と思うようになって、今のサイドゴアブーツにつながっていった感じかな。

JUCO.で展開するサイドゴアブーツの一種

■「履きやすい」と言われるのが何よりも嬉しい

chihiRo:自分が心からいいと思って生み出したものが、今ではお客様からも支持されて、定番人気商品になっていて。傍から見ると、それってすごく幸せなことだと思う。ジュコちゃんにとって、仕事をしていて一番幸せなとき、嬉しいときって、どういうとき?

ジュコ:「(履いてみたら)すごく履きやすい!」って言われたときかな。

chihiRo:さっき言っといて良かった(笑)。

ジュコ:嬉しかった(笑)。やっぱりデザインに凝っている分、初めて見た方は、「履きづらそう」と思うみたいで、「重たそう」「メンテナンスが大変そう」と感じる方もいるみたい。だけど、履きやすさはとくに大事にしているから、自分の足でとことん試して、「ここが当たる」「ずっと履いていると痛くなる」「ヒールが低いかも」とか、考えたり感じたりしたことを、一つひとつ改良ポイントとして、生産時に落とし込むようにしてて。

chihiRo:研究し尽くされてるんだよね。ジュコちゃんは自分の足を「一般的な日本人ぽい足」って言うじゃない。そういう、いわゆる日本人的な足の人だと、すごく心地よく履けるよね。私も同じタイプの足だから、しっくりくるんだろうと思う。

ジュコ:あと、「全体的なバランス」は考えてるかな。デコラティブだけどケアがちゃんとできるようにとか、ゴツく見えるけど軽い素材を使っているとか。chihiRoちゃんは音楽を作ってて、どういうときが一番幸せ?

chihiRo:例えば、シングルマザーの友人を思い浮かべて作った曲があるの。彼女を応援したい、彼女がもう一度恋ができるようになりますように、という思いを込めてて。その曲を聴いてくれた方から、「私もシングルマザーなんです。あの曲を聴いて、すごく元気が出ました」とか言われると、作って良かったなぁ、と心から幸せになる。顔の見える人に向けて作った曲が、それ以外の誰かの心に元気や勇気を与えているのがわかったときは、すごく嬉しいよね。

ジュコ:音楽を作るときも、バランス感覚が必要なのかなと思うんだけど、トレンドや流行をしっかり取り入れたもの、自分らしさをたっぷり出したもの、人に喜ばれるもの……どういうバランスを意識して作ってるの?

■自分が本当にいいと思うものが、「結果」にもつながる

chihiRo:そこは一番難しい問題かも(笑)。例えば、「もっとカラオケで盛り上がれる、みんなが楽しめるような曲作ってよ」とか言われると、うーん……って思えて、着手できない(笑)。ただ、聴いてくれる人がいない限り、表現する意味はないのかな、とは思う。ジュコちゃんも「こういう靴作ってよ」とか言われない?

ジュコ:4〜5年前までは、「セカンドライン(既存で展開しているラインよりも少し安価なライン)を作ってくれたら買いやすくなるのに」と言われてた。JUCO.の靴はパンプスで4万円台、ブーツだと7万円台くらいで、値段に見合った仕事はもちろんしているけど、かといって気軽に買える金額でもない。

chihiRo:たしかに。若いときだと、思いきらないと買えない金額かも。

ジュコ:私も20代の頃は、自分が売っている靴の値段と自分の生活水準がマッチしてないなと感じてた。友達から「ほしいけど高い」と言われて、「高いよね、私も高いと思うわ(笑)」みたいな。

chihiRo:だよね(笑)。

ジュコ:ただ、大勢の優秀な職人さんに頼んで、自分のやりたいことを全部詰め込んだ、妥協のない靴だから、私はまっとうな値付けだと信じて、今まで制作を続けてきた。セカンドラインを作ろうかと迷ったこともあるけど、結局一度も作らなかったのは、金額を下げたときに、自分が本当にやりたいことができなくなるから。自分がやりたいこと、心から納得してできることを地道に続けるほうが、良い結果につながると信じているんだよね。

chihiRo:私も同じような葛藤がある。2013年に5枚目のアルバム『ジルデコ5』で、日本レコード大賞の「優秀アルバム賞」を受賞したとき、ファンの方たちからは賛否両論が巻き起こって。

ジュコ:そんなに大きく方向性を変えたアルバムだったの?

chihiRo:思いっきりポップな方向に振った、挑戦的な1枚だったんだよね。そのぶん、既存のファンはガッカリした方も多かったようで、Twitterで「ジルデコ終わったな」「ジルデコどうしちゃったの」みたいな批判的な声がたくさん挙がってて、うーってなった。

ジュコ:それはつらいね。

chihiRo:もちろんこのアルバムが一番好きと言ってくれるファンもいるし、今聴くとすごいエネルギッシュなアルバムだって思うけど、批評も多かったし、レコ大をとってもセールスがすごく良かったわけでもない。それなら、自分たちの中から出てくる、これが本当にいいんじゃない、と思える曲を出そう――そう決断するきっかけになった出来事だったな。誰かからこうすれば、と言われても、結局は自分が本当にいいなと思って、前向きな気持ちで取り組めることじゃないとできないし、良いものを作れないなと思った。

(つづく)

取材協力 JUCO./ジュコ
「履くと特別な気持ちになる靴」をコンセプトにしたブランドJUCO. 。
2006年シューズブランド JUCO.設立。
半年に一度の展示会を中心に、洋服ブランドのシューズデザイン・制作から、撮影用の一点モノまで、さまざまな靴を手がける。
www.jucojuco.com

JUCO.展示会情報

‘18 Spring-Summer collection 「JUCO.のクツ展」
<東京展>
'17.10.10(Tue)-'17.10.15(Sun)
12:00-20:00(最終日のみ19:00まで)
場所/DAYS- gallery 東京都目黒区上目黒1-7-5

<アトリエ展>
'17.10.27(Fri)-'17.10.29(Sun)
12:00-19:00
場所/JUCO. design room 東京都台東区東浅草1-9-4

<大阪展>
'17.11.2(Thu)-'17.11.5(Sun)
11:00-19:00(最終日のみ17:00まで)
場所/Gallery Sasaki 大阪市中央区心斎橋筋1-6-4 佐々木ビル3F

ライブ「chihiRo’s Birthday Live 2017」情報

■公演日
2017年9月29日

■会場
[横浜]Motion Blue YOKOHAMA
横浜市中区新港一丁目1番2号 横浜赤レンガ倉庫2号館3F
http://www.motionblue.co.jp

■時間
18:30 開場
20:00 開演
1ステージ入れ替えなし

■料金
自由席5000円
BOX席20000円+シートチャージ5000円
(4名様までご利用可能)

■予約
電話予約 045-226-1919 ※11:00am〜9:00pm
Web予約 http://www.motionblue.co.jp ※公演当日の2:00pmまで
チケットぴあ 0570-02-9999
イープラス http://eplus.jp ※公演前日の6:00pmまで
ローソンチケット 店頭2日前まで(他3日前まで予約可)

構成/池田園子
写真/小林航平

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


対談・インタビュー 働き方

関連する投稿


介護は相手あってのこと。一方的に「してあげる」ものじゃないと知りました【さとういもこ】

介護は相手あってのこと。一方的に「してあげる」ものじゃないと知りました【さとういもこ】

介護について考え始める人も増えるDRESS世代。既に介護を経験している女性のリアルな声を聞いてみませんか。ブログ『さとうさんちの介護な日々』で義母・サトコさん(故人)について綴っていた、さとういもこさんへのインタビュー後編です。介護の記憶から、介護をしながら「共倒れ」にならないための考え方まで幅広くお話を伺いました。


介護中、義母を「愛おしい」と感じました【さとういもこ】

介護中、義母を「愛おしい」と感じました【さとういもこ】

介護について考え始める人も増えるDRESS世代。既に介護を経験している女性のリアルな声を聞いてみませんか。今回登場するのは、ブログ『さとうさんちの介護な日々』で義母・サトコさん(故人)について綴っていたイラストレーターのさとういもこさん。サトコさんを介護した日々を振り返っていただきました。


【誰でもできる、本業で社会貢献】#3 自分が支援できる社会問題の見つけ方

【誰でもできる、本業で社会貢献】#3 自分が支援できる社会問題の見つけ方

「誰でもできる、普段の仕事を通じた社会貢献」について解説する連載【誰でもできる、本業で社会貢献】第3回目では、数ある社会問題のどれを自分のミッションにしたらいいか、そのヒントを見ていきます。


働きながら介護に携わって15年。働く世代が備えたいこと【岩佐まり】

働きながら介護に携わって15年。働く世代が備えたいこと【岩佐まり】

フリーアナウンサーで、「若年性アルツハイマーの母と生きる」の介護ブロガーとしても知られる岩佐まりさんへのインタビュー。後編では、働き世代に向けての介護の備え方について話を聞きました。


介護とは人の命を支えること【岩佐まり】

介護とは人の命を支えること【岩佐まり】

家事ができないほど頭痛のひどくなった母をおかしいと思い始めたのは19歳のとき。現在、34歳となったフリーアナウンサーの岩佐まりさんは、自身のブログ「若年性アルツハイマーの母と生きる」を長年綴りながら、どのようにお母さんと向き合ってきたのでしょうか。岩佐さんへのインタビューを前後編でお送りします。


最新の投稿


東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

忙しすぎる日常が流れる東京。あまりにも忙しすぎて、情報が多すぎて、本当に自分が幸せなのか、不幸なのか、その基準を人と比べることによってのみ、判断するとつらくなる現状です。自分は自分、人は人。自分の幸せは自分で決める。そのスタンスで生きる人が都心での暮らしで幸せになれる人だと思います。


LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

“いいな”と感じた大人の男性とのLINEのやりとり。“これってその気になってもいいの?”と思わせる言葉や意味深なスタンプ。けれど、意外なところに本音が現れるのがLINE。彼のあなたへの本気度をチェックしてみましょう。


ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから、足元の2大冷えポイント“すね”と“足底”を徹底保温する、至福の極暖「足底とスネの幸せソックス」が数量限定で発売に。カラー展開は新年に向けて縁起が良い「赤」「紺」「金」の3色です。


きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第4回目では背中やお腹周り、腿などを引き締めるヨガポーズ「椅子のポーズ」を取り上げます。体全体の筋肉をバランスよく使うポーズです。


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


おっぱい