1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 【おしゃれびとスナップ #14】トップスインで叶える大人の洗練コーデ

【おしゃれびとスナップ #14】トップスインで叶える大人の洗練コーデ

Share

手軽にスタイルアップを叶えてくれるトップスイン。ベーシックなアイテムで、落ち着いた大人のコーディネートを実現しましょう。連載「おしゃれびとスナップ」2017年9月第1週は「トップスインが上手い人」をテーマにお届けします。

【おしゃれびとスナップ #14】トップスインで叶える大人の洗練コーデ

シンプルで上質、自分のスタイルを大事にした、大人のファッション。街ゆくそんな女性のスナップをご紹介。

2017年9月第1週のテーマは「トップスインが上手い人」。ウエストをマークしてスタイルを美しく見せるトップスインは、大人の女性こそ取り入れたいテクニック。ベーシックなアイテムを選べば、子どもっぽくなることもありません。

■シックにきまる。今年もトップスインにラブコール

ここ数年、トップスインのスタイルが、勢いを増すばかり。ウエストマークの役目を果たしてくれるため、脚が長く見えるのがポイントです。

ただし、腰回りがもったりしてしまうアイテムでは、逆効果。薄手のインナーやウエストにアクセントのあるボトムスを選ぶのが、オーソドックスなやり方です。ベルトをうまく取り入れるのもいいでしょう。

■街で見つけた「トップスインが上手い」人

今年流行していたレースアップのパンツと、シンプルな黒のニットを合わせた芝さん。パンツのリボンとトップス、バッグの色味を統一したことで、プチプラアイテムでもぐっとスタイリッシュにまとまりました。

腰回りのインパクトを際立たせる、シックなコーディネートです。腕まくりで手首を見せることで、大人のヌケ感も。

バッグの裏地は、きれいなマスタードイエロー。全体的に色味を抑えたルックのなかで、秋らしさを感じさせます。

キャスケットも、すっかり秋の装い。ゆるやかなダウンヘアが、Iラインを強調します。

大ぶりのピアスや時計も、ニュアンスを揃えて。細部まで手を抜かないことが、大人っぽいトップスインのポイントです。

@新宿
芝真樹子さん(28歳)美容関係

TOPS:UNIQLO
PANTS:ZARA
BAG:URBAN RESEARCH
SHOES: ZARA
WATCH:Marc by Marc Jacobs
CAP:Mila Owen

Share

菅原 さくら

1987年の早生まれ。ライター/編集者/雑誌「走るひと」副編集長。 パーソナルなインタビューや対談が得意です。ライフスタイル誌や女性誌、Webメディアいろいろ、 タイアップ記事、企業PR支援、キャッチコピーなど、さまざま...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article