1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 【おしゃれびとスナップ#30】服で、小物で。ディテールで遊ぶ

【おしゃれびとスナップ#30】服で、小物で。ディテールで遊ぶ

Share

2018年が始まりました。今年は、何を着ましょうか? どんなおしゃれに出会いたいですか? 連載「おしゃれびとスナップ」2018年1月第1週は「ユニークなディテール」をテーマにお届けします。

【おしゃれびとスナップ#30】服で、小物で。ディテールで遊ぶ

シンプルで上質、自分のスタイルを大事にした、大人のファッション。街ゆくそんな女性のスナップをご紹介。

2018年1月第1週のテーマは「ユニークなディテール」。ちょっとだけ冒険感覚のアイテムを取り入れれば、コートスタイルがさらに楽しくなります。

■細部にこだわったアイテムを合わせて

2017年の「おしゃれびとスナップ」でも、さまざまなコートの着こなしをご紹介してきました。日々代わり映えのしないコーデを避けるには、明るい色のアイテムを合わせたり、インパクトのある小物を取り入れたり。

さらに、そのアイテムの素材感やつくりにこだわってみるのもひとつの方法。上質な布、糸を使ったものや美しい刺繍。コートの下からも存在感を発揮する、チュールやプリーツ、流行のシャギーニットなどもおすすめ。

すこし派手すぎる……? と思っていたアイテムが、シンプルなコートのおかげで中和されることもあります。

■街で見つけた「ユニークなディテール」が素敵な人

シンプルな黒いコートに、カーキのロングワンピース。色味はシックだけど目を引くのは、バックシャンなスカートのなせる技ではないでしょうか。たっぷりと入ったプリーツの段が、歩くたびに揺れ、とてもドレッシーに見えます。

仕事で外出しているところだった稲井さん。「歩きやすいスニーカーとたくさん入るバッグで、実用重視のコーディネートです」と笑うけれど、コートと色を揃えた足元はとてもスマート。

バッグにも大きなファーのチャームがふわり。旬のポイントをしっかり押さえています。

首元には、金継ぎをイメージしたという金糸の刺繍が効いた、ストール。たっぷりと巻きつければ、レトロモダンなムードが漂います。

@新宿
稲井たもさん(30歳)
158cm
ライター

COAT:ZARA
TOPS:MUJI
ONE-PIECE:CLANE
STOLE:AGRIS
BAG:GIANNI CHIARINI
SHOES:MUJI

Share

菅原 さくら

1987年の早生まれ。ライター/編集者/雑誌「走るひと」副編集長。 パーソナルなインタビューや対談が得意です。ライフスタイル誌や女性誌、Webメディアいろいろ、 タイアップ記事、企業PR支援、キャッチコピーなど、さまざま...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article