1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 【おしゃれびとスナップ#32】華やかなスカーフを、さらっと足していまっぽく

【おしゃれびとスナップ#32】華やかなスカーフを、さらっと足していまっぽく

Share

もこもこのマフラーにばかり手が伸びてしまうけれど、すこし暖かい日はスカーフを巻いてみませんか。ぱっと顔周りが明るくなり、エレガントに決まります。連載「おしゃれびとスナップ」2018年1月第3週は「華やかなスカーフ」をテーマにお届けします。

【おしゃれびとスナップ#32】華やかなスカーフを、さらっと足していまっぽく

シンプルで上質、自分のスタイルを大事にした、大人のファッション。街ゆくそんな女性のスナップをご紹介。

2018年1月第3週のテーマは「華やかなスカーフ」。マフラーやストールに比べると面積は少ないのに、がらりと印象を変えてくれるすぐれものです。

■レトロ感を足すときに欠かせない。もはやスカーフは主役です

冬の装いをエレガントにしたいなら、スカーフははずせないアイテム。バッグや髪に使うのも素敵だけれど、上品なコーデを目指すなら、やはり首元に巻くのがおすすめです。

巻き方のポイントは、スカーフをすこし細めに折って、あまり面積を大きくしすぎないこと。コートの首元からちらりとのぞく、くらいが今っぽくてグッド。

■街で見つけた「華やかなスカーフ」が素敵な人

黒いノーカラーのコートは、今季買ったばかりのお気に入り。

品の良さを感じさせるレッドのスカーフは、Diorのヴィンテージです。ノーカラーのすっきりとした首元に沿わせるように、柄がちらり。

「絹だから、薄手だけど充分に暖かいんです」と、柳田さん。ハンサムなコーディネートに、スカーフとバッグで色をプラスして、ぐっと上品にまとめました。

タイトなボブヘアの耳元には、大ぶりのタッセルピアス。レッドと相性のいいネイビー×金で、細かいところまで計算し尽くしています。

「仕事のときは荷物が多いから、ついバッグが大きくなってしまいます。でも、今日はこの赤いクラッチが使いたくて、資料やノートは別のトートに入れました」とのこと。

パーティー感の強いアイテムも、デニムに合わせればほどよくカジュアルダウン。トータルのカラーバランスもばっちりです。

@中目黒
柳田薫さん(35歳)
163cm
フリーランス

COAT:UNITED TOKYO
SCARF:Dior
PANTS:-
BAG:MARCO BIANCHINI
SHOES:ADAM ET ROPE'

Share

菅原 さくら

1987年の早生まれ。ライター/編集者/雑誌「走るひと」副編集長。 パーソナルなインタビューや対談が得意です。ライフスタイル誌や女性誌、Webメディアいろいろ、 タイアップ記事、企業PR支援、キャッチコピーなど、さまざま...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article