1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 【おしゃれびとスナップ#29】ちょうどいい華やかさ。技ありレディコーデ

【おしゃれびとスナップ#29】ちょうどいい華やかさ。技ありレディコーデ

Share

派手すぎず、地味すぎず――冬ファッションの永遠のテーマかもしれません。巧みなコーディネートの技を学びましょう。連載「おしゃれびとスナップ」2017年12月第5週は「粋なレディコーデ」をテーマにお届けします。

【おしゃれびとスナップ#29】ちょうどいい華やかさ。技ありレディコーデ

シンプルで上質、自分のスタイルを大事にした、大人のファッション。街ゆくそんな女性のスナップをご紹介。

2017年12月第5週のテーマは「粋なレディルック」。カジュアルなお洋服も、コーディネートやアイテム選びでぐっと上品に仕上がります。

■ラフなアイテムでつくる「女っぽ」ムード

冬のレディといえば、膝丈のスカートやデコルテが美しく見えるニット、白を使ったコーデなどが定番です。

でも、気の置けない女友達との集まりなどでは、もうひと工夫したいもの。「THE・レディ」から一皮むけたコーディネートに挑戦してみましょう。

おすすめなのは、ラフなアイテム。首元の詰まったトップスやワイドパンツ、マキシ丈スカートといったカジュアルな洋服も、見せ方次第で"女っぽ”コーデに早変わりします。

たとえば、ウエストマークで体をすらりと見せたり、パンプスで華奢な足首をアピールしたり。風が吹くたびに揺れるピアスなどもいいですね。

■街で見つけた「粋なレディルック」の人

サロペット風のスカートが目を引く、真由美さんのコーディネート。ともすればカジュアルなアイテムを、上品な小物使いで、エレガントにまとめました。

コートでだぶつきがちなシルエットも、ハイウエストのおかげですっきり。もともとの長身もあいまって、脚長効果も抜群です。

ひときわインプレッシヴなのは、赤いファーのクラッチ。「今日は昼間の忘年会だったので、派手すぎず、控えめになりすぎないパーティールックです」との言葉通り、このバッグがいい働きをしています。

それを持つ手元も、鮮やかなネイルとゴールドリングの組み合わせでぬかりなし。耳には、主役級のピアスを添えました。

ミドルヒールのショートブーツは、折り返しもあり、足首が美しく見えるデザイン。ロングスカートと濃いタイツで重くなりがちな足元を、すっきり仕上げるポイントです。

@六本木
町田真由美さん(40歳)
171cm
ネイリスト

COAT:GERARD DAREL
TOPS:BIRTHDAY BASH
SKIRT:BIRTHDAY BASH
BAG:BIRTHDAY BASH
SHOES:DIANA

Share

菅原 さくら

1987年の早生まれ。ライター/編集者/雑誌「走るひと」副編集長。 パーソナルなインタビューや対談が得意です。ライフスタイル誌や女性誌、Webメディアいろいろ、 タイアップ記事、企業PR支援、キャッチコピーなど、さまざま...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article