女が男を捨てるとき

女が男を捨てるとき

女性が男性に別れを切り出すときの理由には、正当性がある。大切なのは「こりゃないな」という気持ち。


あなたは、自分から恋人に別れを切り出したことはありますか?

そのときあなたは、何を理由に別れを告げたでしょうか。

“女が男を捨てる”正当な理由といえるのは、はたしてどんな理由でしょうか。

■「男を捨てるもっとも正当な理由」は、あなたの気持ち

結論を言いましょう。あなたが「こりゃないな」という気持ちになったなら、それはもう別れる正当な理由といえます。

もう少し詳しく考えてみましょう。強度の強い方から。

暴力や金銭の巻き上げなど、犯罪的なことをされている

当然、「こりゃないな」です。

別れないということは、暴力を振るわれたり、金銭を巻き上げられたりすることを、あなた自身が「あり」と表明しているようなものです。即刻別れましょう。

でも、そういう目に遭っている人に限って、「でも、彼、優しいんです……」と言うそうです。ずいぶん不思議な「優しい人」の定義ですが、個人の好き好きなので僕からは何も言えません。

つまり逆に、暴力や金銭巻き上げが、その人にとって「あり」なら別れなくても良いでしょう。

ただし、「相手がいつか暴力を振るわなくなったり、お金についてちゃんとしてくれたりすること」を期待しても無駄です。なぜなら、その女性が態度でそれを「あり」と認めていることになるからです。

「なし」というのは「サヨナラする」ということです。

浮気・不倫をされた

正直、微妙なラインです。
これは人によってかなり意見が分かれるところではないでしょうか。

「1回でもアウト!」
「2回目だからアウト!」
「もうしないって言ったのに、したからアウト!」
「バレないようにしてくれてるならOK」
「まあ、最後にわたしのところに帰ってくるならいいわ」

いろいろなスタンスの方がいると思いますが、まあ、別にどのスタンスでもいいと思います。

ただし、ご自身の思う「アウトの線」を越えられたら、それはいつ別れてもOKです。

男の言う「本当に愛してるのはお前だけなんだよ」などに耳を貸す必要はありません。

稼ぎが悪い

これは、とくに結婚を考えるパートナーとの話ですね。

いくらを基準に稼ぎが良い悪いとなるのかは、あなたが決めて構いません。

あなたが「相手に稼いでいてほしい金額」というのがあり、相手がそれを下回っていた場合、それは別れる正当な理由になります。

「結局、金かよ!」という声が当人や外野から聞こえてきても無視しましょう。あるいは「金だよ」と胸を張りましょう。ただし、自分にその「稼いでいてほしい金額」を望む資格があるかどうかは、よく考えてください。

体臭や口臭が気になる

不衛生云々ではなく、生理的に受け付けない体臭というのがあると思います。その人と過ごす限り、そのニオイはついてくるのです。我慢していてもいいことは何もありません。

この世には、あなたにとって気になる体臭がしない男性も、その彼の体臭が気にならない女性もいますので、よほどでない限りは、お互いそちらをあたった方が良いでしょう。

そして、これはなかなか言いにくいと思いますが、相手のことを思うなら言ってあげましょう。

捨てられた理由がわからないと、男は手当たり次第に自分の問題を考えて悩みまくりますので、相手のことを思うなら、すっきり優しく言ってあげた方がいいと思います(ただし「“わたし”がどうしても気になるの」と言い方を選ぶのがいいです)。

……まあ、でも女性はそういうの伝えるの苦手ですよね。

「傷つくんじゃないか」って。

でも覚えておいてください。教えてあげない方が、傷は深くなります。

「愛してる」と言ってくれない

とても小さな理由だと思われるかもしれません。でも、これも別れを告げる正当な理由になります。

「そういうのを言うのが苦手な人なんでしょう。男ってそういうもんよ」みたいな、母親とか女友達の意見とかは、聞かなくていいです。あなたが「愛してる」と言ってほしいことと、そのコメントは何の関係もありません。

「パートナーには愛してると言ってほしい」というあなたの願いがあり、相手が言ってくれない。じゃあ、あなたは、言ってくれる人を探した方がいいし、彼は言わなくても済む相手を探した方がいい。

些細なことに見えますが、男女間において小さな不満は大きな問題に発展します。

ちなみに、僕は妻に対し毎日欠かさず、「愛してる」「かわいいね」「大好きだよ」と言いますので、「男ってそういうもんよ」という男性を一括りにカテゴライズしたようなアドバイスは嘘です(今どきの男性は「愛してる」って言う人の方が多いような気もします)。

■女性の方から別れを切り出すべき理由

男性は、本当によほどその女性の存在が邪魔・害になってない限りは、「別れよう」とは言いません。これは、オスの本能がそうさせているのでしょう。女性がいることは種の保存としてプラスだからです(したがって、別の女に乗り換えたいときには、かなりの確率で別れを切り出してくるでしょう)。

※邪魔、害って思ってるのは、その別れを切り出す男の主観ですよ!

女性は常に男性をジャッジしていますし、そうするべきだと思います。だから、あなたが「違うな」と思ったときには、あなたから別れを切り出すべきです。

そうでないと、その他のより素敵なロマンスの可能性を刻一刻と潰していくことになります。

冒頭の通り、「相手に変わってもらわないと我慢ならない何か」があなたにあるならば、それは、あなたが男を捨てるべきときなのです。

だいじょうぶ。この地球上には35億5000万人の男がいますから(笑)。

この記事のライター

ライフワークで売上1000%を実現するクリエイティブ・リーダ ー。 1981年生まれ。音楽家に向けたセミナー講師(年間80回登壇 )、コンサルタント。ラジオ局での音響及び企画営業を経て、 2008年4月に音楽制作業と音楽教...

関連するキーワード


恋人 不倫

関連する投稿


不倫経験者が直面するのは「自分をないがしろにする」という現実

不倫経験者が直面するのは「自分をないがしろにする」という現実

不倫は決して楽なものではありません。堂々と人に話せないような恋愛は、どんなにあなたが彼のことを好きでも窮屈で我慢する場面が多くなるでしょう。実際に不倫をしている女性は、どんな現実を目の当たりにしたのか。それは、「自分をないがしろにする」選択をしているというものでした。


化けの皮は最後までかぶっていてほしい

化けの皮は最後までかぶっていてほしい

多くの人は、好きな人の前ではちょっとだけいい自分を見せたい。恋愛でも友情でも。けど、少し心の距離が縮まると、決まってありのままの姿を見せようとする。しかし、相手はありのままの姿を見せられることを望んでいるのだろうか。


フランスから見た日本の不倫と婚活~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

フランスから見た日本の不倫と婚活~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

ラブジャーナリスト・中村綾花さんと文筆家・小野美由紀さんが『DRESS』を舞台に対談ををスタート。今だから気になる日本の恋愛についていろんなお話をお伺いしました。3回に渡る本対談。第1回のテーマは「フランスから見た日本の不倫と婚活」です。


パートナーの愚痴ばかり言う人は、自分の評価を下げている

パートナーの愚痴ばかり言う人は、自分の評価を下げている

のろける人があまりいない。それはのろけると相手の気分を害してしまうと思っているからではないだろうか。ならば謙遜して、自分が本当は思ってもいないようなことを言うのが正義なのだろうか。


【不倫対策ドリル#8】不倫する男性の特徴「リアルチキン」タイプ

【不倫対策ドリル#8】不倫する男性の特徴「リアルチキン」タイプ

今回の不倫対策ドリルでは、「リアルチキン」という男性の特徴について紹介。貴重なアラサー、アラフォーの時期を既婚者男性に捧げるほど不倫のROI(投資対効果)は高くありません。自称・品川区で愛人にしたい女No.1が、不倫男たちの生態と戦略を全8回でタイプ別にお伝えする連載最終回です。


最新の投稿


ハーゲンダッツ、人気の「ほうじ茶ラテ」が再発売に

ハーゲンダッツ、人気の「ほうじ茶ラテ」が再発売に

ハーゲンダッツ ジャパンは、ほうじ茶の香り高い味わいを楽しめるハーゲンダッツ ミニカップ「ほうじ茶ラテ」を期間限定で、10月31日より全国で発売します。


美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

ブラウンアイシャドウパレットはメイクの定番品。使いやすく、メイクもキマるように思えるけれど、顔色がくすんで見えたり、お疲れ顔に見えたり、単なる地味な人になってしまったり……。「私ってブラウンメイクが似合わない」と思うことはありませんか? 話題の「瞳の色診断」で、自分にベストなブラウンを見つましょう。


【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

「MBA的恋愛講座」では、知っておくとちょっとモテる、経営学仕込みの恋愛テクニックを披露します。今回ご紹介するvol.6はファイナンスの「現在価値」という考え方を使用した、長くお付き合いしているのに結婚してくれなそうな彼の見極め方についてです。


フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

付き合っていると思っていたのに、いつの間にか距離を置かれてしまった……。理由もわからず離れていかれるのは悲しいことですが、そこには男性のずるい下心があります。復縁したいなら、そんな男性のプライドを上手に刺激して、ふたたび手に入れたいと思わせるのがポイントです。


【おしゃれびとスナップ #16】素材と柄を変えるだけで、たちまち秋コーデに

【おしゃれびとスナップ #16】素材と柄を変えるだけで、たちまち秋コーデに

夏をまだひきずった天気でも、素材や柄を工夫すれば、秋らしい装いに。連載「おしゃれびとスナップ」2017年9月第3週は「夏から秋のスライドコーデ」をテーマにお届けします。


おっぱい