親の所得は子どもの学力に影響するか?【佐藤あつこ】

親の所得は子どもの学力に影響するか?【佐藤あつこ】

公立小中学校の大きな存在意義の一つは、保護者の所得が学力に影響しないようにするためにあることです。しかし、はたして「影響がない」と言い切れるのでしょうか? 今月はこのことをテーマとします。


■難関中合格者の大半は、絵本の読み聞かせ経験を多く積んでいる

まず、多くのお母様が乳幼児から絵本の読み聞かせをします。

子どもは、お母さんの温かさや優しさ、しぐさを全身で感じ、絵本のなかにある物語を全身で受け止めます。それが本来の絵本の読み聞かせによる物語体験です。

最近はこれだけでなく、就園・就学までに学習の先取りをしたいという目的もあります。

実際に、難関中学校に進学をした子どもたちの大半は、乳幼児期から多くの種類の絵本を覚えてしまうほど、たくさん読み聞かせしてもらっていることもわかりました。

一例ですが、

読み聞かせていた絵本はたくさんありますが、中でも息子が特に気に入っていたのは、「バムとケロ」シリーズです。未就園児の頃ですから、文字も読めないんですが気に入っていて、何度も何度も読み聞かせていたからか、お話の内容を一字一句覚えていて、ページを自分でめくりながら、私に読み聞かせてくれてびっくりした思い出があります。
(難関中に進学した中1男子の母)

『バムとケロのにちようび』
作: 島田 ゆか
出版社: 文溪堂
発行日: 1994年09月

娘が生まれて間もなく読み聞かせを始めましたが、良いと思った本は、私が母に読み聞かせてもらった本を含めて何冊買ったかわかりません。中でも特に繰り返し繰り返しリクエストされたのは『三びきのやぎのがらがらどん』です。
(難関中に進学した中1女子の母)

『三びきのやぎのがらがらどん』
作: (ノルウェーの昔話)
絵: マーシャ・ブラウン
訳: 瀬田 貞二
出版社: 福音館書店

息子が大好きでしたので、何回も読み聞かせていたら、覚えてしまった絵本がこれです。
初めて自ら暗記暗唱したのです。
(難関中に進学した中1男子の母)

『うずらちゃんのかくれんぼ』
作:きもと ももこ
出版社:福音館書店
発行日:1994年02月

■家庭の経済状況で、子どもが塾に通えるかどうかが決まる

就園すると、水泳、体操、バレエなどのスポーツや文化、英語教室などに通い、週の多くが習い事の日となります。

就学すると、さらに公文やそろばん、習字が加わり、やがて3〜4年生から塾通いがスタートします。

このように、保護者にはかなりの出費と労力が必要となります。しかし、子どもの教育に手を抜くことはできない……。

できることならば、小学校の学習はすべて理解させた上で中学校に進学させたいし、そのためには、通塾するのが一番手っ取り早い……。

せっかく通塾させるのであれば、進路指導に不安のある公立中学ではなく、中高一貫、あるいは大学までエスカレータで通える学校を選択しよう。

子どもに通塾させる決断に到った保護者は、このように考えることが多いようです。結果、通塾の経済的余裕がある家庭の子どもは、塾でメキメキと学力をつけます。

■小3〜4で、算数の理解度に差が出始める

算数について振り返ってみると、理解度に「ちょっとした差」を感じるのは、小学3〜4年生でした。

3年生から少人数指導が始まり、九九の応用や割り算、長さ、時刻などを習い始め、その時期から通塾を始める子どもも増えます。

やがて5〜6年生になると、その差が定着してしまっているな、と感じ始めました。

私の暮らす地域で毎年実施している児童・生徒の学力向上を図るための調査結果によると(公立小中学校:児童842名・生徒407名を対象)、小学校の算数と、中学の数学で一つの課題が浮かび上がります。

算数・数学で、東京都の定めた「習得目標値」(教科書の例題レベル)に達していない子どもの割合が小学5年生で8.5%(71.5人/842中)、中学2年で21.7%(88人/407中)。

小学5年生への「前の学年までの算数の学習内容を理解している自信があるか?」との問いに対し、「ない」「どちらかといえばない」と答えた生徒は10.2%(86人/842中)、中学2年生への「小学校で習った算数、中学1年で習った数学を理解している自信があるか?」との問いに対し「ない」「どちらかといえばない」と答えた生徒は35.6%(145人/407中)。

■すべての子どもが充分な学力を身につけられる公立教育施策を

算数や数学の教科書において例題レベルを理解していない児童・生徒は小学5年生と中学2年生で一定数が存在し、そのうち小学校の段階で、すでに前学年までの内容を理解していないのです。

つまり、数学に問題のある生徒は、その多くが小学校の内容を理解していない蓋然性があります。

このように、学力の格差は所得の格差となりかねません。

所得の格差に関係なく、誰もが自分らしい将来に夢と希望を持つためには、公立小中学校における学力向上を目指すしかありません。

公立小学校における算数の定着強化を施策とする、または家庭と連携した指導体制を強化する、もっと根本的に、教員の教える力を維持発展させるための施策を実施する。

このような公立教育施策を徹底させたいところです。


この記事のライター

地方議員であり、子育てママとして日々奮闘中。地元である東京都中央区では、自民党において戦後55年体制からたった2人目の女性議員(子育てママとしては唯一)である。 2017年は地方議員として活動しながら、子どもの「お受験...

関連するキーワード


子育て

関連する投稿


私はまだ、息子に「愛してる」を言えない【母でも妻でも、私#5】

私はまだ、息子に「愛してる」を言えない【母でも妻でも、私#5】

息子は「小さな恋人」でも「私の分身」でもないけれど、とてもかわいくて愛しくて、かけがえのない存在です。子どもに対する気持ちと誠実に向き合ったら「愛してる」にはまだ早いことがわかりました。でも、人間として1対1の関係を、これからもやさしく、大切に育てていきたいと思っています。


『コウノドリ』10話。「出生前診断」は”命の選別”か? つらい選択、あなたなら?

『コウノドリ』10話。「出生前診断」は”命の選別”か? つらい選択、あなたなら?

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第10話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。今回のテーマは「出生前診断」。それぞれの迷いと決意が描かれました。


『コウノドリ』第5話~死産という重い現実を乗り越える人々の物語

『コウノドリ』第5話~死産という重い現実を乗り越える人々の物語

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第5話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。「悲しすぎる」「つらすぎる」と視聴者の大反響を巻き起こしたエピソードですが……。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


子どもを支配しようとする親は、思考停止しているのかもしれない

子どもを支配しようとする親は、思考停止しているのかもしれない

子どもの成長とともに、改めて考え始める「育児方針」。作家の大泉りかさんは、自分が親から受けてきた教育をそのまま引き継ぐ気にはなれなかった、と語ります。我が子を思うからこそ、打ち立てた彼女の「育児方針」とはなんだったのか。


最新の投稿


全身を美しく引き締める「ダウンドッグのポーズ」【#3分MASAYOGA 第9回】

全身を美しく引き締める「ダウンドッグのポーズ」【#3分MASAYOGA 第9回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第9回目では全身に効果があり、身体を活性化する「ダウンドッグのポーズ」です。全身がストレッチされて、緊張が解けて疲労感も取れやすくなるポーズです。


40代のバストの悩みを吹き飛ばす。ブラジャーの正しい選び方

40代のバストの悩みを吹き飛ばす。ブラジャーの正しい選び方

40代からのブラジャーの選び方をご紹介します。30代後半頃から気になる胸の変化。年を重ねていけば変化することは、当然のことなのかもしれませんが、できれば年齢より老けて見えたくない、と思う方は多いのではないでしょうか。40代から変わるブラジャーの選び方を意識するだけで、バストの悩みは少なくなるはずです。


大人の肌をなめらかに仕上げる「アンブリオデルム モイスチャークリーム」

大人の肌をなめらかに仕上げる「アンブリオデルム モイスチャークリーム」

リッチなテクスチャーでハリのあるやわからでなめらかなお肌へ導く、アンブリオリスの「アンブリオデルム モイスチャークリーム」。朝晩のお手入れ時の保湿クリームだけではなく、メイク前の下地クリームとしてお使いいただくと艶やか素肌の仕上がりになります。


女性に知ってほしい「レズ風俗」の話

女性に知ってほしい「レズ風俗」の話

「レズ風俗」があるとご存じですか。多くの女性には未知の世界かもしれません。2007年に女性専用レズビアン風俗店「レズっ娘クラブ」をオープンした御坊さんの著書『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』から、レズ風俗とは何か、どんな女性が利用しているのかなど、まったく知らない人にとっての“気になる”を紹介します。


ハワイ・ワイキキを味わい尽くしたい人へおすすめ。“シンプルリッチ”なハイアット

ハワイ・ワイキキを味わい尽くしたい人へおすすめ。“シンプルリッチ”なハイアット

ハワイへ行ったら買い物やグルメを存分に楽しみたい――そんな人へおすすめなホテルが、ワイキキ クヒオ通りの中心にある「ハイアット セントリック ワイキキ ビーチ」。オフィスビルとして使われていた建物が、2017年1月、22階建てのスタイリッシュなデザイナーズホテルとして生まれ変わりました。