1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 「いつまでも堂々と独身でいられる時代」が来たッ!

「いつまでも堂々と独身でいられる時代」が来たッ!

Share

「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私はあなたと結婚したい」こんなセリフを使用したゼクシィのCMが大反響を得ている。女は早く結婚すべきものという鎖から解かれ、「救われた」と言う独身女性もいるほどだ。

「いつまでも堂々と独身でいられる時代」が来たッ!

■あのゼクシィが、「結婚しなくても幸せになれる」と言った⁉

そのゼクシィのCMとは、どのようなものなのか。街を上空からとらえた映像から始まるそのCMは、「70億人が暮らすこの星で結ばれる」というナレーションが流れる。

そして、結婚式を挙げる佐久間由衣と清原翔演じるカップルが、風船にぶら下がり、青い空にのほほんと浮かんでいく。

ナレーションはこう続く。「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです」と――。

あのゼクシィが、「結婚しなくても幸せになれる」と言っている! 私は耳を疑った。

これまでゼクシィのCMが流れてきても、「私には関係ない」とスルーしてきた。しかし、今回は我が事のように耳を吸い寄せられてしまったのだ。

■「結婚=幸せ」はもう古い? 世間から賞賛の声

このCMは多くの反響を呼んだ。「時代を反映している」「誰の生き方も否定しないからいい」「間違いなくキャッチコピー史に残る名作」など、ネットには賞賛の声が相次ぐ。

独身女性からも、「無理に結婚しなくていいんだなと、救われる思い」「これまでのゼクシィのように、幸せを押し付けていない」「嫌味がない」と好評価。

既婚女性からは、「素敵なCM。私は結婚してるけど、もう今はこういう時代なのはわかる」という声も挙がった。

ご存知の通り、これまで日本では「結婚」が幸せのゴールだった。しかし、そんな風習は今や昔。現在は「若者の結婚離れ」が叫ばれている。先日、生涯未婚率は男性23.37%、女性14.06%という驚きの数字も発表された。

これまで、胸をはって「結婚しなくても幸せ」と言える独身者もいたはずだ。しかし、世間がそれを許さなかった。いくら言っても説得力がなく、「負け犬の遠吠え」と揶揄される始末。

そこでこのゼクシィのCMである。世間に対して「幸せな結婚」とともに「幸せな独身」という選択権を知らしめた。“結婚情報誌”のゼクシィが言ったことで、世間に絶大なインパクトを与えたのだ。

■改めて、結婚のメリット・デメリットを考える

私は、独身こそが幸せなのだと言いたいわけではない。この時代に生きる私たちは、「結婚 or 独身」の選択を能動的にしようと、主張しておきたい。

ここで、改めて両者のメリット、デメリットを改めて考えてみよう。まずは結婚についてから。

結婚のメリット
・家族が作れる
・収入が安定しやすい
・社会的信用が得られる

結婚のデメリット
・キャリアに全力疾走できなくなる
・時間・お金を好きなことに使えない
・自由なライフプランを送れない

続いて独身でいることのメリット・デメリットは。

独身のメリット
・時間・お金を自由に使える
・好きなようにキャリアを積める
・責任を持つのは自分だけでいい

独身のデメリット
・孤独を感じることがある
・将来の生活に不安を感じる
・世間からの目が厳しい

結婚と独身には、双方にメリットデメリットがある。どちらを取っても幸せになりそうだ。あなたなら、どちらを取るだろうか。

■変わりゆく時代の流れ、正しい幸せの選択を

21世紀に入り、女性の生き方の多様化がハイテンポで進んでいる。「独身が寂しい」という時代は終わり、堂々と独身でいられる時代がきたのかもしれない。

時代が変われば、結婚に対する人々の価値観も変わっていく。ゼクシィの言うように、結婚しなくても幸せになれる時代、一生独身でも大手を振って歩ける時代がそこまで来ている。

「結婚だけが幸せ」の価値観はもう古い。私たちは、世間に強制されず、好きなタイミングで結婚・独身を選択しよう。これが、この時代に合った「幸せ」のはずだ。

Share

東 香名子

あずま・かなこ。1983年生まれ。元女性サイト編集長のコラムニスト。テレビ・ラジオ出演多数。著書に「100倍クリックされる超Webライティング実践テク60」(パルコ出版)。趣味は鉄道一人旅。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article