1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「自己肯定力の高さ」こそ魅力の正体

「自己肯定力の高さ」こそ魅力の正体

Share

魅力的な人に共通するのは、「自己肯定力」の高さ。一緒にいるだけで楽しかったり、自分も成長させてもらえるように感じる、とても素敵な人たちは、自分自身をありのままで受け入れる、自己肯定力が人より高いのが特徴です。自己肯定力と魅力の関係を考えてみましょう。

「自己肯定力の高さ」こそ魅力の正体

私は私を受け入れてる。

1.魅力の正体は「自己肯定力」の高さ

性別だけではなく、年齢も職業も超えて、一緒にいるとなぜかこちらもいい気分になる、素敵な魅力を持った人。あなたの身の回りにも、きっといますよね。

そして、そういった彼や彼女の噂にしても、ほとんどの人が「彼はすごくいい人」とか「彼女にはとてもお世話になっているの」なんて、肯定的な話ばかり(たまに悪く言う人は、単にひがんでいるだけの場合が多いけど)。

多くの人に愛され、いい話ばかりのあの人に感じる魅力の正体って、いったい何?

その答えの1つが、自分をありのままで受け入れる「自己肯定力」の高さなのです。

2.自己肯定力が高いって、どういうこと?

多くの人に愛される魅力的な人は、自分自身のことをとてもよくわかっています。

具体的に言うと、例えば自分のできることとできないこと、好きなことと嫌いなこと、やるべきこととやるべきでないこと、ほしいものといらないものなど、自分自身について深く理解していて、それをそのまま受け入れています。

自分にとっての要・不要をきちんとわかっているから、関心のないことに対して必要以上にガツガツすることもいないし、そうはいっても、自分が大好きなことにはとことんのめり込んで誰よりも追求する。

話し方にも、「私はこれがいい」「私はこれでいい」「私はこれにする」「私には必要ない」など、話の中にしっかりと、「私」がいて、たまに迷ったり考えたりすることはあっても、最後は必ず自分の意思をきちんと踏まえた選択をします。

また、「これでいい」という言葉も、無理に自分を変えるのではなく、自分自身を深く知り、受け入れた結果としての「これでいい」なので、そこには自然に身についた等身大の自信もあって、嫌味ではなく聞こえます。

3.魅力的な人ほど、他人にもやさしい

そして、魅力的な人は、自分が自分にそのようにしているから、他人にも同じように接することができます。

一緒にいる相手にもガツガツしないし、根掘り葉掘り突っ込みもしないし、自分が大切にしていることを大切に楽しそうに話すので、聞いているほうも安心して楽しくいられる。

そして、私たちは誰もがそれぞれに、「自分らしく」生きたいと思っているから、魅力的な彼らの自分らしさを肌で感じると、自然に「私もこの人みたいになりたい!」と思い、がんばってみようと思える。

魅力的な人その本人は、別に意図しているわけではないけれどとてもやさしいし、結果的に自分もまわりもよい方向へと持っていっているのです。

あなたには何でも話せるのよね。

4.自己肯定力って、どうしたら高まるの?

魅力的な人たちが特に意識していることは、とてもシンプル。彼らは自分の本音をとても大切にしています。仕事でもプライベートでも、外出先でも家に帰ってきても、いつでも自分の本音を最優先にしているのです。

だって、自己肯定力とは、ありのままの自分を受け入れること。

周りがどうだからとか、あの人がこうだからではなく、私が私をどう思うか。私が私に何をしてあげるか。それを最も大切にしていて、一番の基本にしているのです。

だから、まず最初に真似をするなら、「自分の本音」をちゃんと受け入れること。疲れているから休みたいと思ったのなら、しっかり休んで自分を労る。そんな些細なことから、自己肯定力は高めることができます。

5.本音を大事にすると、あなたの魅力はアップする

誰だって、自分に無理をしている人を見たら、その人には魅力を感じるより前に「ちょっと一息休んだら?」と言いたくなりますよね。本音を言わず、我慢したりごまかしたりしている人には、魅力ではなく心配を感じます。

でも、そういう状態だった人でも、いったん休んでリラックスすれば、表情にも余裕が生まれます。堅かった雰囲気もふんわり和らいで、自然に笑顔も出てくるでしょう。

そして笑顔には、一緒にいる人をも笑顔にさせるパワーがありますから、周りの人にしてみれば「あの人最近変わったね」ということになり、好印象が残ります。そのうち好印象は好感度となり、やがて魅力へとつながります。

魅力的な人は、このように自分の本音を深く知り、1つずつそれを大切にしてきた結果、多くの人に愛される存在へとなったのです。

6.魅力アップで一番大事なこと

しかし、ここで注意が1つ。忘れてはいけないことがあります。

それは、魅力とは誰かからの評価であって、自分が気にする必要はないということ。

あなたが憧れる魅力的なあの人のように、自分もどんどんありのままの自分を受け入れて、素敵な人になりたい。そう思うのはとても自然なことだし、素晴らしいことです。

でも、誰かから発せられる、「魅力的だね」の言葉を目標にがんばることは、他人の評価を得るためにがんばるということ。そしてそれは、魅力的な人たちが気にしていないことでもあります。

本当に魅力的な人は、自分が人からどう思われているかとか、業界での評判がどうとか、ほとんど気にしていません。なぜなら、他人の評価を自己評価の軸にするのは、自分らしさを失うことだとわかっているから。

逆説的なようですが、他人の評価をごみ箱に捨てている人ほど、他人からの評価が上がり、魅力的に映るのです。

人の評価なんて気にしてないわ。

7.自分を一番大切にする

魅力的な人は、どんなときでも自分を一番大切にしています。だからこそ、一緒にいる相手のことも大切にできる。

自分の本音を繊細にキャッチして、本音に従って生きていく。その際、誰かからどう思われるかなんて関係なく、どんな本音もどんな自分も、それが私と受け入れて、肯定する。

そして、私はこれでいい、私はこれがいいと思えるようになったなら、その頃、あなたの存在は魅力的に輝いていることでしょう。

さあ、いま、あなたが大事にしたいあなたの本音は、何ですか? もう一度自分に問いかけて、それを大事にしてくださいね。

Share

安 憲二郎

ことばデザイナー/映像作家/コミュニケーションコンサルタント。20年で21回の転職、40の職種を経験したのちに独立。キャッチコピーやコラム執筆、映像制作、コミュニケーション講師やプロモーション企画などのほか、Ameblo「自...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article