​『バチェラー・ジャパン』出演女性に学ぶ男の落とし方:森田紗英編

​『バチェラー・ジャパン』出演女性に学ぶ男の落とし方:森田紗英編

『バチェラー・ジャパン』とは、Amazonプライム・ビデオで配信されている、恋愛リアリティショー。一言でいうなれば、それはひとりのハイスペック男を巡る、25人の女性たちのバトルロイヤル。今回はそんなシビアな戦いを、残り2人まで勝ち抜いた、森田紗英に注目したい。


■ひとりの男を巡って25人の女性が争う『バチェラー・ジャパン』

Amazonプライム・ビデオにて先日完結した『バチェラー・ジャパン』シーズン1(全12回)をご存知だろうか。

「バチェラー」とは英語で「独身男性」を指す。この番組では、結婚を真剣に考えているひとりの男性を、25人の女性があの手この手で落とそうとする。

そして番組の最後に、いいな、と思った女性にだけバチェラーがバラを渡し、最後のひとりを決めるまでそれを繰り返す、いわばひとりの男性を賭けたバトルロイヤルだ。

今回はそんなシビアな戦いの中、最後のふたりにまで残った、「モリモリ」こと森田紗英を取り上げたい。

■バチェラーからデートに誘われない女

モリモリは第7話までは、本人もなぜ自分が残っているのかわからないくらい、バチェラーと接する機会が少なかった。

バチェラー・ジャパンでは、グループデートや2ショットデートを経て、番組の最後に行われるローズセレモニーによって、毎回ひとり〜数人の女性と「お別れ」していくスタイル。

そのため特にシーズンの前半では、バチェラーとデートをする機会があった人ほど、バチェラーから「ナシ」と判断され、バラをもらえずに番組を去るということが多かった。

だからモリモリのように、あまり関心を持たれていない女性は逆に残りやすく、そして本人もそれを重々自覚していた節がある。またまわりの女性からも「自分よりモリモリは下。モリモリよりかは自分の方がバチェラーに愛されている」、とある意味でなめられていたと思う。

■ようやく訪れたふたりきりの時間で愛を叫ぶ

そんな流れが変わったのは、第8話のこと。残ったメンバーの中で、バチェラーと最も親密な関係にあるように見えた柏原歩が、「バチェラーが次に2ショットでデートする相手」として指名したのが、モリモリだった。

柏原歩がなぜモリモリを指名したかは、言うまでもない。たとえ2ショットデートをしたとしても、バチェラーが親密になりそうにない相手だから大丈夫――そう判断したからだ。

そんな2ショットデートに行くことになったモリモリに注目しよう。バチェラーから直接指名されたわけではない、いわば「お情け」のデートであるにも関わらず、喜びが体中から溢れている。

そして誰もいない雪山とはいえ、モリモリは「大好き!」と大声で叫んだ。それまでにバチェラーがデートをした女性が、「好き」をややもったいぶって伝えていたのにくらべて、モリモリのストレートさはバチェラーにとっても新鮮だったのではないか。

さらにその後モリモリは驚くべき行動に出る。バチェラーとの2ショットデートをした直後、彼女はバチェラーが次にデートする相手を指名する権利を得た。

そこでモリモリが選んだのは自分自身。そう、他のメンバーからのひんしゅくを承知で、2日連続でバチェラーとデートをする、という選択をしたのだ。

■ひんしゅく覚悟で、それでも伝えようとするまっすぐさ

翌日のデートの待ち合わせ場所にきたモリモリを見て、バチェラーは当惑しているように見えた。空気読めよ。誰もが思うし、バチェラーも、他の女性とデートすることを期待していた、と当時を振り返りはっきりそう言った。

モリモリがエラいのは、それをわかった上で、卑屈になるのではなく、自分を知ってもらおうと懸命に努力し続けたことだろう。自分がどんな人間か、バチェラーのことをどれくらい好きか。そのぶれないまっすぐな思いが伝わり、そこからバチェラーの中でのモリモリのポジションが急上昇することとなった。

■好きな男にこそ、駆け引きはせず、素直に愛を伝える

その後も一貫して、モリモリは「素直」を貫いた。他の参加者がもったいぶった言い回しをする中で、モリモリはいつも率直な感情をバチェラーにぶつけていた。

恋愛に駆け引きはつきもの、と誰もが思っている。ただ今回のバチェラーのように結婚相手を探している男性にとって、駆け引きよりも「素直」はより魅力的た。だって生涯を共に過ごすと誓うのだ。だったら自分をより深く、誠実に愛する女性の方がいい。

モリモリは確かにかわいらしいけれど、他に残った女性たちと比べると、凡庸といえるかもしれない。顔立ちも体も、そしてウェイトレスという職業も。

ただ彼女は他の誰よりもバチェラーに対して、ひたむきに素直に愛を表現した。そこに凡庸ながらも、好きな男性を勝ち取るための秘訣がある。

好きな男にこそ、駆け引きはせず、素直に愛を伝える。モリモリの真摯なバチェラーへの愛の姿勢は、私たちも参考にしたい。

この記事のライター

1977年生まれ、宮城県仙台市出身、早稲田大学卒。大学在学中から大手女性誌やムック本などで占い、美容、投資、セックスなど多岐にわたるジャンルの記事を執筆。 結婚、離婚を経て、現在は外資系企業でのマネージャー業務のかたわら、...

関連するキーワード


バチェラー・ジャパン 恋愛

関連する投稿


【行動心理テクニック】合コンは向かって左が命! 座る席で相手の印象が決まる

【行動心理テクニック】合コンは向かって左が命! 座る席で相手の印象が決まる

合コンに参加するとき、多くの女子はファッションやメイクを気にするものですよね。でも、他にも押さえておくべきポイントがあります。それは「座る席」をどこにするかということ。男女数名で対面テーブルに座るのが一般的ですが、気になる相手に対して、あなたは次のうちどこに座りますか? その位置で成功率は格段に変わってくるのです。


「男はみんな5歳児である」と思って生きれば、多くの問題は解決する

「男はみんな5歳児である」と思って生きれば、多くの問題は解決する

「聞いてください! 彼がこんなひどくて……」といった恋愛相談を数多く受けますが、「そんな彼は今すぐ別れた方がいい」と忠告したくなる、根っからの悪い男性はほぼいません。イライラしたり、ムカついたりする気持ちも十分に理解できますが、大体の問題は、「男はみんな5歳児である!」と思えば解決できるのです。


“輝く女性”は幸せになれたのか

“輝く女性”は幸せになれたのか

“女性が輝く社会に”安部政権が掲げたマニフェスト。 確かに稲田朋美防衛大臣や小池百合子東京都知事、蓮舫民進党代表など、政治の世界で要職に就き活躍する女性や、企業の管理職や経営者になる女性も増えました。そんな”輝く女性“のロールモデルのような存在になれた女性たちは幸せを感じているのでしょうか。3人の女性を取材しました。


元彼と復縁したい。風水で運命の人と出会う

元彼と復縁したい。風水で運命の人と出会う

今回のテーマは「復縁」。少し前に取引先の社員から「復縁の秘策はないですか?」と相談を受けたときのお話です(実話に基づいているため、プライバシーへの配慮で一部変更してお届けしています)。


失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

男日照り暦5年のOL・鎌谷素子は男慣れしておらず、恋愛にも消極的。そんな素子に対して攻撃的な態度を崩さない天敵・高山聡子が、ある日突拍子もない提案をぶつけてくる。恋愛難民と化した女は、無事運命の王子様を見つけて失われた青春を取り戻せるのか? 連載「恋愛難民、王子様を探す」#1をお届けします。


最新の投稿


旬のトマトは冷凍せよ! 冷凍トマトで作る夏のひんやりレシピ3選

旬のトマトは冷凍せよ! 冷凍トマトで作る夏のひんやりレシピ3選

旬を迎えたトマト。安くて買いすぎたけど、使いきれない。というときにおすすめの夏のひんやりトマトレシピを紹介します。


スニーカーみたいに心地よく、歩きやすい。女性の足にやさしい美パンプス

スニーカーみたいに心地よく、歩きやすい。女性の足にやさしい美パンプス

スニーカーのように心地よく、ラクに歩けて美しい。働く女性のための新しいシューズブランド「SUGATA(スガタ)」が8月下旬にデビュー。女性の足にやさしく、正しい歩行と姿勢をサポートするおしゃれな靴が揃います。


台湾おすすめグルメの旅! 台北でいちばん美味しい朝食を

台湾おすすめグルメの旅! 台北でいちばん美味しい朝食を

今回ご紹介するのは、台湾のおすすめグルメ情報! 旅の醍醐味といえば、現地の美味しい食事を楽しむこと。今観光スポットとして大人気の台湾にも、魅力的なグルメがたくさん溢れています。定番の小龍包やビール、朝食におすすめのお店を取り上げます。


フランス女性に学ぶ「目的別」のオイル美容

フランス女性に学ぶ「目的別」のオイル美容

ここ数年、日本でホットなオイル美容。フランスでも日々のケアに取り入れることは一般的。数滴のオイルの力で肌も体もきれいになれると、重宝されているスキンケアアイテムです。しかし、何より大切なのは目的に合わせて効果的に使用すること。今回はおすすめのオイルと期待できる効能、オイル美容に対する疑問についてご紹介します。


『ウチの夫は仕事ができない』第3話あらすじ - 夫婦の間でついてもいい嘘

『ウチの夫は仕事ができない』第3話あらすじ - 夫婦の間でついてもいい嘘

『ウチの夫は仕事ができない』第3話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。仕事と家庭の両面から見たレビューです。キャストは錦戸亮、松岡茉優ほか。第3話では、司はコンペに企画を出すことになり、ステップアップを期待するが……。