女性の政治家を増やしたい、という思いが一番にある【佐藤あつこ】

女性の政治家を増やしたい、という思いが一番にある【佐藤あつこ】

女性政治家の佐藤あつこさんの連載がスタート。民間企業での勤務を経て専業主婦となり、政治家へと転身した佐藤さん。働く女性、母親、妻と、いくつもの顔を持つ佐藤さんならではの視点で、政治・社会問題について、わかりやすく綴っていただきます。


月に1回「DRESS」で連載を持つことになりました佐藤あつこと申します。

職業は政治家(地方議員)、主婦、そして母親です。初回なので少し自己紹介をさせてください。

私は、多くの読者と同じ働く母親です。ただちょっとだけ、リスクを先取しチャレンジをしました。

新卒で就職し、13年間の出版社勤務の後、夫の転職のため、専業主婦となりました。

子どもは3歳であっさりと保育園の待機児童になりましたし、小学校ではクラスの不登校問題にも直面しましたし、今年は中学の「お受験」も経験しました。

■母親は政治家に向いている

母親にとって、欠かせないのがママ友。私にとって、ママ友は良き友で相談相手ですが、私を戒めてくれる怖い存在でもあります。まるで私の行いが映し出される鏡であるかのように…….。

ママ友は子ども同士の関係性が影響しやすく、うわさ話や意見の食い違いがよく起こります。ですからいつでも自分の子どもも含めた学校や保育園・幼稚園全体にとって良いことを考え、共に行動するブレない姿勢が大切です。

無理に合わせる必要はないですが、お互いの違いを知りながら、同じ方向を向いて行動することも大事。

ママ友同士の関係性はまさに政治家に通じます(ただし、決して人の悪口を言うママ友には近寄ってはいけません。それを貫いて初めて、良い仲間ができますから)。

さて、そんな私がなぜ政治の道を志したのか?

■専業主婦が政治家を志すまで

今から8年ほど前でしょうか。

当時はデフレに株価下落、円高など、閉塞感が充満していて、編集者時代に貯金代わりに買った株は半分以下になっていました。

専業主婦だった私は、「この閉塞感、子どもの将来のために何とかしなくては」という思いがあったのだと思います。

月2回の政治塾に通いながら、子どもが小学5年生の時に、ついに地方統一選挙に立候補することとなりました。

もちろん地盤も看板もカバンもありません。

そんな状況で力になってくれたのは、家族とママ友でした。

地元の皆さんは「佐藤あつこってどこの誰?」状態でしたし、家族と数人のお友達以外は、誰からも相手にされない日々が続きました。

今思うと、あの頃は「母親こそが政治の世界に入っていくべき」という信念と、「絶対に当選する」という根拠のない自信だけが私を支えていたと思います。

私の所属する自民党は、地元で55年体制以来たったふたり目の女性議員でしたので、ものすごく珍しがられました。

■女性政治家を増やしたい

当選以来、丸2年が経ちました。
その中で第一に願うのは、女性で政治の道を志す仲間がほしい、ということ。
理由は女性の政治家が少数派であるからです。

日本は女性の政界進出が著しく低く、衆議院においては7.9%(平成24年12月現在)。政府が定める「2020年30%目標」には遠く及びません。

まだまだ1年生議員として勉強の最中ですが、過去の私のように世の中で働く女性に「政治家」の日常をお伝えしたい。

そして、できることなら、世の女性たちが政治家となって、活躍してほしい。
そんな気持ちでこの連載に取り組んでいきたいと思っています。

■先頭に立つために忘れたくないこと

政治の話はもちろん、ワークライフバランス、ママ友の悩み……etc. それらはすべて、皆さんと共有できる問題であると思います。女性政治家という仕事は、社会で働く女性であることに基本的に変わりがないのです。

ただ、政治家の仕事は、「法律」や「条例」といった法治を通じて、犯罪を抑制したり、安定を維持したり、時には変革を促したりすることです。

その目的は、この国の、そして世界の安定や統合を保障すること。

ですが、政治家自身がひとりの力で社会を変えるなんて到底できるものではありません。日本は独裁国家ではないですから、総理大臣であろうとも不可能です。では、どうしたら良いのか?

私は、女性の視点で人々の意見をよく聞き、今ある問題点と、社会の動向をみながら、周りの人々と問題点を共有し、一緒に同じ方向に向かって行動することで、待機児童問題や学力格差の問題に取り組んでいます。

よく人々の先頭に立つことが求められますが、同時に現場の問題点をよく知り、先頭に立ちながらも、常に現場にい続け、隅々まで目を配るようにしています。

仲間だと思っていた人から叩かれることもありますし、励ましてもらうこともあります。
私自身も、お役に立てる方がいれば、同時にお役に立てない方がいます。

何かをするということは同時に何かを諦めるということでもある。
このことは先頭に立つ人が常に知っておくべきことだと思います。

いろいろなことを書きたいとは思いますが、私がそうであったように、女性はライフステージによってまったく別のキャリアにチャレンジすることができると思います。

そんな人々を応援したいと心から思います。

この記事のライター

地方議員であり、子育てママとして日々奮闘中。地元である東京都中央区では、自民党において戦後55年体制からたった2人目の女性議員(子育てママとしては唯一)である。 2017年は地方議員として活動しながら、子どもの「お受験...

関連するキーワード


働き方 政治 政治家

関連する投稿


7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

7万円のブーツは高いかもしれない。でも、金額を下げなかった理由【ジルデコchihiRo×JUCO.対談#1】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマにあれこれ語らう対談企画#1では、シューズブランド「JUCO.」のデザイナー、ジュコさんをお招きしました。


スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

スキルがないから無理、なんて諦めない。地域初のWebメディアを自力で立ち上げた話

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第2回目は知識や技術がゼロのなか、独学で身につけたWeb制作スキルの話、最近立ち上げた地元・飯能のローカルWebメディアの話をもとに、自分の限界を決めつけないことの大切さを綴っていただきました。


北朝鮮弾道ミサイル――今こそニッポンのリアルな安全保障を考える【佐藤あつこ】

北朝鮮弾道ミサイル――今こそニッポンのリアルな安全保障を考える【佐藤あつこ】

9月15日、午前7時4分に北朝鮮のミサイルが日本の領域に侵入し、襟裳岬の東、およそ2000キロに落下しました。ミサイルが日本の領域に侵入していたのは約2分。国際平和を脅かし、日本国民を恐怖に陥れる暴挙といえます。本コラムでは日本の安全保障について考えます。


チェコで働く、フリーランスの現場より

チェコで働く、フリーランスの現場より

チェコの片田舎で、3人の娘を抱えながらのフリーランス生活。リビングの片隅にあるスタンディングデスクがマイポジション!


今こそ「自分はなにがしたいのか」を考える必要がある――シェアガールが提案する新しいライフスタイル

今こそ「自分はなにがしたいのか」を考える必要がある――シェアガールが提案する新しいライフスタイル

内閣官房シェアリングエコノミー伝道師「シェアガール」の肩書で普及活動をする石山アンジュさん。複数の肩書を持ち「限りなくフリーランスに近い、社員」という新しい形のパラレルキャリアを実現されています。自分のビジョンを実現するために必要な視点の持ち方など、多様化する社会で活躍し続けるためのヒントを伺いました。


最新の投稿


世界最先端のガストロノミーレストランのエスプリを味わえる「ENEKO Tokyo」

世界最先端のガストロノミーレストランのエスプリを味わえる「ENEKO Tokyo」

スペインの3ツ星レストラン「アスルメンディ」がバスクから六本木へ。スペインで現在もっとも注目されている若手シェフが、ロンドン店に続く海外2店目として、六本木に「ENEKO Tokyo(エネコ東京)」をオープンしました。


牛すじ肉を使った簡単・煮込みレシピ3品。ローカロリーなのに旨味たっぷり

牛すじ肉を使った簡単・煮込みレシピ3品。ローカロリーなのに旨味たっぷり

牛すじ肉を使う簡単なレシピを3つご紹介します。牛すじ肉は脂質が少なく、たんぱく質が多い、とてもヘルシーな食材です。しかもうまみが濃縮されています。煮込んで食べると美味しいので、今回は煮込んだメニューばかり集めてみました。


手相の線が薄いのは悪相ではない! サポート役であれば女子力高めの良相

手相の線が薄いのは悪相ではない! サポート役であれば女子力高めの良相

手相の線は形や長さと共に、「濃さ」も線を判断するうえで、とても重要なポイントになります。今回は手相の線が薄い人の特徴について。線が薄いことは一見良くなさそうですが、決して悪いことばかりではありません。線が薄いからこその良い面があるのです。線の薄さを個性と思えたら、また違う人生が待っています!


マウンティング男子は「さしすせそ」で撃破すべし

マウンティング男子は「さしすせそ」で撃破すべし

男はマウンティングの生物です。俺はすごいんだぞ、お前より優位にいるんだぞ、こんなに上にいるんだぞ……ああ自慢ばかりめんどくさい! けれど嫌がられているのに気づかないのも、男という哀しい生物の性なのです。今回は、そんな「マウンティング男子」と遭遇したときの必殺テクニックを紹介します。


ヘアカラー後の気になる黄味をおさえる、自宅髪色ケアアイテム「髪色サプリ」

ヘアカラー後の気になる黄味をおさえる、自宅髪色ケアアイテム「髪色サプリ」

花王は「リーゼプリティア 髪色サプリ」を9月30日より、全国のドラッグストアなどの店頭で発売。ヘアカラー後しばらくすると、色が抜けて黄味がかって明るくなったり、金髪っぽくなったり……そんな悩みを自宅ケアで解決。「週1~2回塗って流すだけ」の新しい髪色ケア習慣の提案です。


おっぱい