1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. デコルテケアを始めよう。ふっくら美バストになるから

デコルテケアを始めよう。ふっくら美バストになるから

Share

「デコルテ」のケア、してますか? 美しいバストを持つ女性は、デコルテまでも美しいってご存知ですか。バストとデコルテはリンクしています。美しいデコルテを手に入れ、結果的に美しいバストへ導く、具体的なケア方法をご紹介します。

デコルテケアを始めよう。ふっくら美バストになるから

■デコルテケアは美バスト作りにつながる

「デコルテ」とは首から胸元にかけてのエリアのこと。美しいデコルテ作りには「肩」「鎖骨」「首」のポジションが重要です。
 
この3つを意識して整えるとデコルテ美人に近づけます。そのためには正しい姿勢を心がけることがとても大切です。

肩が内に入り首から鎖骨・胸元がきゅっと狭くなった状態や、力みやすく肩が上がった状態の姿勢だと、首が短くなり、鎖骨が埋もれてきれいには見えません。また、この姿勢はたるみや首のシワの原因にもなるので注意して。

デコルテは骨ばっていると貧祖に見えてたり、ガチガチにコリ固まっていると顔まで疲れてくすんで見えてしまうパーツ。一方、デコルテがやわらかい状態だと、バスト自体のボリューム感がUPします。

■美バストへと導くデコルテケアの方法

すっきりとした鎖骨に、ふわふわと柔らかそうな胸元、肌はしっとり艶があり、ときには健康的にまたときには女性の色香を漂わせる。

デコルテはバストのサイズに関係なく骨格や質感、肌触りで、女らしさを最大限に表現できるパーツなのです。

デコルテは心臓近くに位置することもあり、大きな血管やリンパ管・リンパ節が数多く存在しています。

デコルテ周辺が滞ると栄養や酸素が運ばれにくくなり、ハリや脂肪がなくなって貧相に見えたり、老けた印象になったりしてしまいます。デコルテの滞りは顔のくすみや浮腫みにも影響するのです。

今回、美しいデコルテを作るトリートメント法をご紹介します。デコルテケアにオイルを伸ばして使うとデコルテに艶が出て、より美しく見えるようになりますよ。

首、デコルテ全体にオイルを伸ばしたら、まずは首のストレッチから始めます。

鎖骨に手を置いて支点にし、首を反対側に倒してゆっくり伸ばします。そのまま少し後ろにも傾けましょう。反対側も同様に(このとき、収縮した胸鎖乳突筋をしっかり伸ばした状態に)。

顎を少し上げ、両手を使って首の上から下まで5回さすります。てのひら全体を首に密着させて行います。

胸を開き肩を外に開きます。耳下腺から鎖骨、脇にかけてしっかり流しましょう。

老廃物の滞りを解消するために最後は、脇の下のくぼみにしっかり入れ込みます。

※上記の動作を左右両方3回ずつ行います。

肋骨と肋骨の間に指を沿わせ、体の中央から外側に向けて、指の腹にぐーっと圧をかけながらスライドさせ、しっかり力を入れてさすります(右側は左手、左側は右手で行なうと流しやすくなります)。

※左右3回ずつ行います。

小胸筋をほぐします。

肩が内側に入っている人は、この周辺の筋肉が固く収縮してしまうため、しっかりほぐしましょう。このとき、腕を上下・左右に動かしながらすると効果的です。

※いろいろな角度で10回ずつ行います。

右手を左肩に置き、圧をかけながら、鎖骨を通って右脇の下へ。脇下のくぼみまで来たら手根を当てて内側に圧迫。

続いて、左手で右肩から鎖骨を通って左脇の下へ圧迫。 この動きを5回行います。

脇下あたりに手を置き、大きく体側を包み込み深呼吸。

鼻から肺へ、大きく空気を吸い込み、ゆっくり吐きながら内側へ押す。これを5回行います。

次に、アンダーバスト周辺の肋骨を体側から大きく手で包み深呼吸。このときも鼻から肺へ、大きく空気を吸い込み、ゆっくり吐きながら内側へ押します。これを5回行います。

呼吸が浅い方は、肋骨あたりの筋肉が固まっている可能性が高く、酸素を取り込む量が少なくなってしまい、体の循環が滞りやすくなってしまいます。

息を吐くときには、両手の圧のかけすぎに注意して、胸や肋骨が大きく可動しているかを確認しながら丁寧に呼吸しましょう。

最後に、ゆっくり肩甲骨の可動を感じながら、肩を後ろ向きに大きく10回回しましょう。

このストレッチとマッサージを毎日の習慣にして、血流やリンパの流れを整えてみてください。

バストの乳腺や脂肪の重みすべてを支えている「大胸筋」を鍛えるのもおすすめです。鍛えておくとバストアップやバスト下垂防止効果が期待できますよ。

デコルテ部分に肉を付けるのは難しいですが、大胸筋を鍛えることでふっくらしたデコルテが手に入ります。

■デコルテにも顔と同じケアを

デコルテは、顔と同じくらいデリケートで年齢も表れやすい部分なので、顔と同様に念入りなケアをすることが大切です。

デコルテ部分の肌の大敵は、なんといっても日焼けや乾燥によるダメージ。日焼け対策はもちろん、毎日のスキンケアの延長で、デコルテまでしっかりケアしてください。

顔の方に気を取られ、ついつい忘れがちなデコルテケアですが、デコルテにしみやシワやくすみがなく、つやつやに輝いていれば第一印象が明るくなり、光が反射されて顔色までワントーンアップします。

■仕上げのデコルテメイクで艶感もアップ

デコルテは顔の一部分と言われるほど、顔の印象を決める大切な部分でもあります。洋服で隠してしまうよりも、デコルテを見せることで、顔を明るく見せる「レフ板効果」を発揮します。

お出かけ前に鎖骨や肩先にパール入りのハイライトをさりげなく入れてみてください。そうやってひと手間かけてデコルテメイクをするだけで、だいぶ印象が変わるはずです。

■デコルテケアで美バストを目指そう

女性らしさや美のバロメーターともいわれるデコルテ。

美しいデコルテを作るには、正しい姿勢を意識して、顔と同じくらいスキンケアに気を使い、トリートメントで毎日ケアすることが大切です。

デコルテの丁寧なお手入れを通じて、大人っぽく健康的なセクシーさを演出してみませんか?

2017年4月6日公開
2019年8月3日更新

Share

中野 ゆうこ

大阪・心斎橋の小顔と美ボディを叶える美容矯正サロン「petit」オーナー。【いくつになってもオンナを楽しむ】をテーマに、オリジナルメソッド「極乳♡リアルマーメイドトリートメント」を考案。乳を極め美を導く「オッパニスト」として...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article