1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 彼の“恋愛テンション”を上げるLINEのやりとり

彼の“恋愛テンション”を上げるLINEのやりとり

Share

LINEのやりとりで一気に恋愛テンションが上がる男性は少なくありません。今回は、男性とやりとりする際のLINEを使った恋愛テクニックをご紹介します。

彼の“恋愛テンション”を上げるLINEのやりとり

大人の女性にとって、若者向けのLINE恋愛テクニックはイタくなるリスクが高いもの。

大人のための恋愛テンションが上がるLINEテクニックを、タイプの違う40代と50代の大人男性2名にインタビューしました。

■LINEのやりとりで恋愛に発展させたいなら、「スピード命」と心得て

恋愛テンションをあげるLINEテクニック

50代の長谷川さんはスポーツマンで大手上場企業の役員。

彼いわく「男性はLINEのメッセージ内容よりも、既読から返信のスピードこそが大切」と力説します。

「私は基本お礼のラインはその日のうちに打つのですが、 “今日はありがとうございました”というメッセージに対して既読と同時に返信が返ってくると“おっ”とテンションが上がります」

既読からすぐ返信してしまうと“がっついてる”とか、“圧がありすぎる”なんて印象を与えてしまうのではと心配になりますが?

「そんなことないですよ。素直に嬉しいです。逆に、既読から1日寝かされて次に”私も楽しかったです! ありがとうございました~“なんてもらっても、”いや、既読寝かせてそんなことないでしょ“とテンションが下がってしまいます」

これらのやりとりからも、返信にはスピードが大切なことが伺えます。

「既読→即レス」ができない場合は、既読にならないようメッセージを開かないようにしましょう。たとえ、既読が遅くても“寝ちゃったのかな?”や“バッテリー切れかな?”とマイナスには考えませんが、既読した後に返事がこないといろいろとマイナスな想像をしてしまうのが男性です。

■即レスができない場合は「言い訳」が大切

即レスができない場合は”言い訳“が大切

でも、既読後にうっかり返信を忘れたり、用事があって返信を打てなかったなんてこともあるかと思います。そんなときは、どんな対応がベター?

「もし、既読から時間が経っていたら、“電源が切れちゃって”とか“ミーティングがあって”という言い訳が入っていると納得できるのでマイナスの印象にならないですね」

ちょっとずるいかもしれませんが、既読を寝かしてみたもののやっぱり押さえておきたいと思った大人の男性に対しては、こんな言い訳作戦が有効です。

■共感が好感のきっかけに

好感

40代後半の安川さんは、さわやか系の一部上場企業の管理職。

「自分が薦めた音楽や小説を聞いたり、読んだりしてその感想を送ってくれるとテンションが上がりますよ」

自分の好きなモノやコトに対して興味を持ってくれる、共感してくれると“いいかも!”と恋愛のテンションが上がるなんてかわいらしいですね。

「逆に”おすすめ“を聞いておいて”チェックしてみます“なんて返信をくれたのに、そのままスルーだと”あれ? 社交辞令だったのかな“と少し落ち込みますよ(笑)」

忘れたふりをしているけれど、意外と細かく覚えている大人の男性。

おすすめを聞いたら、ちゃんとチェックして感想を送るアクションはマナーです。

■LINEのやりとりで、ハートマークは鉄板。恋愛成就させたいなら使ってみて

ハートのスタンプ

「男は単純だから、ハートマークやハートのスタンプが入っているとそれだけで嬉しくなります」

“もう大人だし……“なんて躊躇せずに、どんどん使った方が良いのがハートマーク。

男性からは照れくさくてなかなか使えないのがハートマークだからこそ、ハートマークが入っているだけで女性から“好き”や“素敵”と言われているようでうれしくなるとのこと。

とにかくハートマークの力は絶大で、インタビューをしたほとんどの大人男性が“ハートマークが入っているとうれしい”とコメント。“アリ”だと思う男性には、とりあえずハートマーク入りのメッセージを送って好感をキープしておきましょう。

恋愛に関して、男性はシンプルかつ単純。

そして忙しい大人男性はタイム・イズ・マネー。溜めたり躊躇する時間を作らず、即レス即対応が基本です。

また、大人男性は女性から頼られてナンボの時代に青春を過ごした元祖昭和男子。好きなことや、はまっていることには大いに興味を示し、共感を伝え、もう一歩進むには“教えてください”と頼ってみるとナチュラルに関係を深められます。

隙間時間でもやりとりできるLINEを使って、意中の異性の恋愛テンションを上げていきましょう!

2017年4月7日公開
2019年8月3日更新

Share

西澤 史子

コミュニケーションコンサルティング株式会社ループ 代表取締役社長 婚活業種の事業立案・ブランディング・PR・アライアンス・社員およびスタッフ育成等のトータルサポート・コンサルティング、コミュニケーション教育、女性向けサ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article