コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションにおける距離感について考えることがある。LINEが世の中に浸透し、友人とコミュニケーションを取るのが随分と楽になった現代。しかし、便利になったぶん、窮屈さを感じてはいないだろうか。便利なコミュニケーションツールを使うからこそ、距離感を大切にしたいと思うのだ。


休み時間、数少ない公衆電話の前にテレカを持った女子たちが並んだ学生時代。

10分間の短い休憩時間の間、その列が途切れることはない。それはポケベルにメッセージを打つための列だった。

私はポケベルは持っていなかったけど、そのあと主流になったPHSは持っていた。確か、20文字程度の短いメッセージが送信できたはず。

でも、その程度では大したやりとりもできず、初期の頃はメールのやりとりよりは電話をするほうがメインだった。

定期テスト前などノートのコピーをFAXで送るために、深夜に一言だけ「イマカラオクル」とメッセージを打ったり。

■LINE登場でコミュニケーションの取り方は激変した

そんな20年前のことを振り返った後、手元にあるスマホを見ると、「ああ本当に私たちはあの頃の未来に今立っているんだな」などと陳腐なことを思ってしまう。

とくに、コミュニケーションの取り方は大きく変わった。LINEって本当に便利だなあ、すごいなあ、と今さらな感想が湧き起こってくる。

メッセージのやりとりは手軽だし、写真や動画も送れて、グループトークだってお手の物。

青春時代から社会人にかけてポケベル→PHS→携帯電話→スマートフォンと、いろいろな端末を体験してきたせいか、新しいもの好きな気がする。とにかく、当時はその便利さにテンションが上がった。

■人によって差がある、コミュニケーションツールとの距離感

そんな嬉しがって使っていた時期もとうに過ぎて、今はすっかり日常生活に浸透している。電話もメールの利用も減り、友人とのやりとりはだいたいLINEで片づく。

使い慣れてくると、便利なツールとの距離感も人によって差がついてくるものだ。まめにメッセージを送り、もちろん友達には即返信する人も少なくない。

私はというと、LINEの内容を確認しても、結構後回しにしてしまうタイプだ。やりとりが始まるとどうしても仕事の手が止まってしまうから。メール時代の習慣が残っていたせいかもしれない。

もちろん、急を要する内容についてはすぐに返すけれど、他愛もないおしゃべりだったら二の次になるのは仕方がないこと……と思っていた。

でも、一度、女友達から怒られたことがある。

「どうして読んでいるのに返信してくれないの?」

言われたとき、仰天した。メッセージは読んだのに、スルーしてしまったいわゆる既読スルーというやつだ。彼女は自分が話しかけたのに無視された、と思ったらしい。

いけない、と思いつつも、その瞬間「うわあ、面倒くさい……」とつぶやいてしまった。

■便利さと引き換えに得たのは不自由さ?

私には20代前半の弟がいるが、彼はLINEの通知は切っているという。いちいち反応するのが面倒だし、気が向いたときに返すようにしたいから、と。

それぐらいのスタンスのほうが楽なのだろうなあ、と思うのだけれど、LINEが来ていたのに通知に気づかず、返信が遅れてしまったときはつい「連絡が遅くなってごめんね」と謝ってしまう。

そのLINEの内容がどんなものであるにせよ、だ。

たまに、スマートフォンを持っていない友人とメールのやりとりをする。なんだかとても気楽だなあ、と思ってしまう。

そんな返信など気にしなければいい、と言ってしまえばそれはそうだろう。しかし、一人ひとりコミュニケーションのとり方、というか距離感は違う。皆が皆そういう心持ちになれないから厄介なのだ。

便利になったぶん、私たちは少しだけ不自由になったのかもしれない。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連する投稿


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


彼に会いたい気持ちを上手に伝える方法とは?

彼に会いたい気持ちを上手に伝える方法とは?

「彼に会いたい」と思っていても、「ウザい」「重い」と思われたらどうしよう……そう考えると、なかなか言い出すことは難しいですよね。そこで、彼女から「会いたい」と言われたときの男性心理を解説! 上手に「会いたい」と伝える方法と、彼があなたに会いたいと思わせる方法をご紹介します。


LINEのやりとりで見抜く男性の危ない気質

LINEのやりとりで見抜く男性の危ない気質

“つながり”を断つことが難しい時代だからこそ、気をつけたいのは“つながってはいけない人たち”とつながること。LINEのやりとりに現れる、サイコパスやモラハラ、ストーカー男性の傾向とは?


頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

頭で考えない、心で感じる恋愛のすすめ【植村絵里×竹中功 対談#3】

「DRESS」コラムニストとしてもおなじみの植村絵里さん、元よしもとクリエイティブ・エージェンシー専務取締役で、『よしもとで学んだ「お笑い」を刑務所で話す』など著書も多い竹中功さんによる対談企画。#3では「頭で考えすぎず、心で楽しむ恋愛」をテーマにお話ししていただきました。


すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

すべての女性は、「女優」になって良い――“ありのまま“生きていくための「逃げ道」【一龍斎貞鏡】

高座に上がり、独特の語り口調で歴史話を繰り広げる講談。講談師である父親に弟子入りし、若手ながらもテレビ等で活躍する女性講談師・一龍斎貞鏡(いちりゅうさい・ていきょう)さん。仕事においては、人と人とのつながりが大切だという彼女に、人間関係の築き方を聞く。


最新の投稿


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


空気を読んで投票する、なんてことはしたくない【わたしの選挙#2】

空気を読んで投票する、なんてことはしたくない【わたしの選挙#2】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。コンサルタントとして毎日慌ただしく働くユキ・クリヤマさんは、情報収集する時間はあまりないけど、周りの空気を読んで投票することはしたくない、と話してくれました。そんなクリヤマさんが考える【わたしの選挙】とは――?


おっぱい

MENU

DRESS部活