コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションにおける距離感について考えることがある。LINEが世の中に浸透し、友人とコミュニケーションを取るのが随分と楽になった現代。しかし、便利になったぶん、窮屈さを感じてはいないだろうか。便利なコミュニケーションツールを使うからこそ、距離感を大切にしたいと思うのだ。


休み時間、数少ない公衆電話の前にテレカを持った女子たちが並んだ学生時代。

10分間の短い休憩時間の間、その列が途切れることはない。それはポケベルにメッセージを打つための列だった。

私はポケベルは持っていなかったけど、そのあと主流になったPHSは持っていた。確か、20文字程度の短いメッセージが送信できたはず。

でも、その程度では大したやりとりもできず、初期の頃はメールのやりとりよりは電話をするほうがメインだった。

定期テスト前などノートのコピーをFAXで送るために、深夜に一言だけ「イマカラオクル」とメッセージを打ったり。

■LINE登場でコミュニケーションの取り方は激変した

そんな20年前のことを振り返った後、手元にあるスマホを見ると、「ああ本当に私たちはあの頃の未来に今立っているんだな」などと陳腐なことを思ってしまう。

とくに、コミュニケーションの取り方は大きく変わった。LINEって本当に便利だなあ、すごいなあ、と今さらな感想が湧き起こってくる。

メッセージのやりとりは手軽だし、写真や動画も送れて、グループトークだってお手の物。

青春時代から社会人にかけてポケベル→PHS→携帯電話→スマートフォンと、いろいろな端末を体験してきたせいか、新しいもの好きな気がする。とにかく、当時はその便利さにテンションが上がった。

■人によって差がある、コミュニケーションツールとの距離感

そんな嬉しがって使っていた時期もとうに過ぎて、今はすっかり日常生活に浸透している。電話もメールの利用も減り、友人とのやりとりはだいたいLINEで片づく。

使い慣れてくると、便利なツールとの距離感も人によって差がついてくるものだ。まめにメッセージを送り、もちろん友達には即返信する人も少なくない。

私はというと、LINEの内容を確認しても、結構後回しにしてしまうタイプだ。やりとりが始まるとどうしても仕事の手が止まってしまうから。メール時代の習慣が残っていたせいかもしれない。

もちろん、急を要する内容についてはすぐに返すけれど、他愛もないおしゃべりだったら二の次になるのは仕方がないこと……と思っていた。

でも、一度、女友達から怒られたことがある。

「どうして読んでいるのに返信してくれないの?」

言われたとき、仰天した。メッセージは読んだのに、スルーしてしまったいわゆる既読スルーというやつだ。彼女は自分が話しかけたのに無視された、と思ったらしい。

いけない、と思いつつも、その瞬間「うわあ、面倒くさい……」とつぶやいてしまった。

■便利さと引き換えに得たのは不自由さ?

私には20代前半の弟がいるが、彼はLINEの通知は切っているという。いちいち反応するのが面倒だし、気が向いたときに返すようにしたいから、と。

それぐらいのスタンスのほうが楽なのだろうなあ、と思うのだけれど、LINEが来ていたのに通知に気づかず、返信が遅れてしまったときはつい「連絡が遅くなってごめんね」と謝ってしまう。

そのLINEの内容がどんなものであるにせよ、だ。

たまに、スマートフォンを持っていない友人とメールのやりとりをする。なんだかとても気楽だなあ、と思ってしまう。

そんな返信など気にしなければいい、と言ってしまえばそれはそうだろう。しかし、一人ひとりコミュニケーションのとり方、というか距離感は違う。皆が皆そういう心持ちになれないから厄介なのだ。

便利になったぶん、私たちは少しだけ不自由になったのかもしれない。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連する投稿


あなたは、話しかけやすい人ですか? 生産性を上げるために大切なこと

あなたは、話しかけやすい人ですか? 生産性を上げるために大切なこと

仕事やプライベートなどさまざまなシーンで生まれるコミュニケーションによる悩み。あなたも一度は悩んだことがあるはず。今回はそんなコミュニケ―ションの問題をものともしない「話しやすい人」とは一体どのような人なのか、考えてみたいと思います。


もしも彼からの返事を待つことに疲れたら【カツセマサヒコ】

もしも彼からの返事を待つことに疲れたら【カツセマサヒコ】

好きな人からLINEの返事が来ない。それってもしかしたら、相手にとってあなたの優先順位がそれほど高くないからなのかもしれない。だから私たちは想像する。どんな話なら喜んでくれるかな、興味を持ってくれるかな、と。ライターのカツセマサヒコさんが、生きていくうえで訪れるたくさんの喜びや悲しみにそっと寄り添うエッセイ、第6回。


男心チェックリスト! 彼の気持ちを確かめる5つの方法

男心チェックリスト! 彼の気持ちを確かめる5つの方法

今回は男性の心理を把握したうえで、彼の気持ちを確かめる方法を5つご紹介します。お付き合いしている男性が「自分のことを本当に大切に思っているのだろうか?」と、考えたことがある人は多いかもしれません。もし彼との関係に不安があるならば、こちらのチェックリストを試してみてくださいね。


LINEで自撮り写真を送るのはイタい?

LINEで自撮り写真を送るのはイタい?

LINEでのやりとりで、自撮り写真を送ることはイタいのか? アラフォー・アラフィフ女性にとって、何より言われたくない言葉が「イタい」でしょう。例えばレースやリボン、ピンク、ふんわりスカートが基本の甘口ファッション。若いうちは自然と似合う甘口ファッションも、年齢を重ねていくと“イタい”ファッションになってしまいます。


褒め上手な人は自分も周りも幸せにする

褒め上手な人は自分も周りも幸せにする

褒められると誰だって嬉しい……はずだった。でも、微妙に違和感を覚えるときはないだろうか。褒められ上手、褒め上手になるための、日常の些細な心がけを提案したい。


最新の投稿


【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

街中で目を惹く、主張の強いカラー。そんなトップスを自然に着こなすには、トータルコーディネートがものをいいます。連載「おしゃれびとスナップ」2017年6月第5週は「印象的なカラートップスを着こなす人」をテーマにお届けします。


ふるさと納税活用法! 自宅にいながら日本全国の食を楽しむ

ふるさと納税活用法! 自宅にいながら日本全国の食を楽しむ

お金の相談を受けたときには、必ず「ふるさと納税は利用していますか?」と聞くようにしています。「聞いたことはあるけど、利用したことはありません」という人も多く、そんな人には、「手続きは10分もあればできるから、利用してみて」とお伝えします。今回は、ふるさと納税の魅力について解説します。


メイクが下手な人(下手に見える人)が雑にしがちな4つのポイント

メイクが下手な人(下手に見える人)が雑にしがちな4つのポイント

この人メイクが下手なのかな? そう思う相手のメイクを観察すると、自分では気づきにくいファンデーションの塗り忘れやムラなどの雑なメイクになっていることが往々にしてあります。雑になりやすいメイクの4つのポイントを押さえて、外出前にしっかりチェックして。


「パパよりママ派」の子が8割!パパの育児参画のきっかけを考える

「パパよりママ派」の子が8割!パパの育児参画のきっかけを考える

株式会社オークローンマーケティング(ショップジャパン)でアンケートを取ったところ、自分の子どもが「パパよりママ派」だと感じている方が約8割。父の日を前に、パパが今よりもっと子どもと良い関係を築くためのきっかけとなるイベントを実施しました。その模様をレポートします。


ハーゲンダッツ新作は完熟バナナ×ほろ苦チョコ

ハーゲンダッツ新作は完熟バナナ×ほろ苦チョコ

夏に美味しいシェイクをイメージした期間限定フレーバーが登場。芳醇な完熟バナナの味わいとほろ苦いチョコレートの絶妙なバランスを堪能して。ハーゲンダッツミニカップ「バナナショコラータ」が6月27日より発売となります。


DRESS部活