元彼と復縁したいときに会うのはNG! まずはメールやLINEから

元彼と復縁したいときに会うのはNG! まずはメールやLINEから

別れた元彼とどうしてもよりを戻したい。そんな気持ちが高ぶると、つい焦って極端な行動に出てしまいがち。一方的な気持ちを押し付けると、復縁どころか嫌われてしまいます。その中でも一番やってはいけないことって、何なのでしょうか? 冷静に彼の気持ちを引き寄せる方法とは。


■「望みは捨てる」のが正解

別れた後の元彼の気持ちを考えたことがありますか? 男性は、一度別れたらどんなにショックであってもその事実を受け止めます。たとえ未練があっても、それを簡単には出しません。

特に別れた直後は、自分への不甲斐なさや彼女への罪悪感で心が張り詰めている状態。今すぐ復縁を考えるのはよっぽど彼女に依存していた男性くらいで、多くの人は別れた彼女のことを忘れる努力をするでしょう。

そんなときに、「やっぱりやり直したい!」と彼女に迫られたらどうでしょうか。
もちろん、心が揺れる男性もいるでしょう。嬉しく思ったり、彼女に忘れられていなかったことに安心したりするのは、憎み合って別れたのでなければ十分あり得ます。

でも、ほとんどの男性は、そんな彼女を受け入れることをためらいます。せっかく苦しんで出した別れという答えが簡単に覆えされるのは、これもプライドが先に立って受け入れにくいもの。けじめがつかないことを嫌がる男性は多いでしょう。

じゃぁ、あのつらい別れは何だったんだ? そう思ってしまうと、復縁を申し出た彼女のことを再び信じることは難しくなります。もし未練があったとしても、それを一度は曲げてしまえるのが男性です。

なので、別れたのなら「望みは捨てることが正解」です。
まだ私のことを好きでいてくれるかな……なんて期待しながら接してしまうことは、繊細な男性の気持ちを考えると「俺のことをわかっていない」と思われます。

本当に復縁したいのなら、まず元彼の気持ちを優先することを考えてくださいね。

■「会いに行く」のが一番のタブー

多くの女性がやってしまいがちなのが、「会いに行く」ことです。メールじゃ気持ちが伝わらないから、直接会って気持ちを伝えたいから、と自分の都合だけを考えて元彼のもとへ向かってしまいますが、来られたほうは戸惑うばかり。

相手にも心の準備は必要なのです。会うなら会うで、きちんと向き合って話したいと思うのが男性の気持ち。突然訪ねて来られても、別れた彼女にどう対応して良いかわからずに混乱します。

また、家に行けないからと会社の帰りを待ち伏せたりする女性もいますが、これもアウト。
同僚や上司と一緒だったりした場合、最悪のシーンを見られることになります。元彼の立場をマズくするような登場の仕方は一番復縁を遠ざけること。

夜中まで彼の家の前で待ってみたり、しつこい行動も男性にとってはドン引きする要素。そうなると復縁どころかストーカー呼ばわりされることも。

一途な自分を演出しているつもりでも、元彼にしてみれば迷惑でしかないことはよくあります。これも、「まだ私のこと忘れてないよね?」と一方的に期待してしまうから。

本当に元彼のほうに未練があったとしても、自分を尊重してくれない彼女を受け入れることができるでしょうか?

■最初の連絡はメールかLINEで

今すぐ復縁したい!と思っても、最初はメールかLINEなど、相手の邪魔にならない方法で連絡をとるのが最善です。
電話は相手の時間を奪います。目の前にいなくても、あなたに縛られることには変わりません。

メールやLINEであれば、まず元彼の方に考える時間を持ってもらえます。文字のほうが時間をかけて理解できるし、あなたの気持ちも伝わりやすいでしょう。
目の前にすると頑なになりがちな心も、離れていれば落ち着いて考えてもらえます。

気持ちを伝える場合でも、ただきっかけが欲しくて送る場合でも、まず相手の気持ちを尊重すること。自分のことを考えてもらえているとわかれば、元彼の気持ちもほぐれていきます。

自分に原因があって別れてしまった場合、反省している気持ちを伝えたいと思うと長文になりそうですが、暗い内容が長く続くと読む気が失せるし、返信にも困ります。
想いを伝えるときは、まず核心から。潔さは相手の心にストレートに届くと心得ましょう。

「久しぶり。いきなりメールしてごめんね。付き合っているときは、私のわがままで振り回してごめんなさい。つらかったよね。あなたの気持ちを考えず、自分のことばかり見ていました。本当に反省しています」

何がどういけなかったのか、具体的に書くことで相手の痛みをしっかり理解していることが伝わります。悪かったところを曖昧にしたままだと、元彼のほうも「よりを戻してもまた繰り返す」と思ってしまうので、きちんと自分の非を明らかにすることが大切です。

「また付き合いたい」と思ってもらうには、以前のあなたとは違うことが大前提。傷つけてしまった元彼の気持ちから目をそらさない姿勢を持ってくださいね。

■リアクションがなくても諦めない

もし返信がなくても、一度で諦めることはありません。「嫌われたんだ」と決めつけるのは一番危険です。
「望みは捨てる」という覚悟は、0から元彼との関係をやり直すこと。元彼にどう思われているかわからなくても、あなたからの働きかけがないと状況は変わらないのです。

本当に復縁を願うなら、待つことも大切です。リアクションが欲しいからと何度も送ることは逆効果。
送り直すなら1ヶ月後などある程度の期間を空けるほうが、元彼も気持ちを落ち着けて読むことができるでしょう。

一度別れた恋人を再び受け入れるのは、男性にとって大きな勇気の要ることです。たとえ自分も未練があったとしても、よりを戻すのは彼女との関係に責任を持つこと
一度別れているのならなおさら、彼女について真剣に考えます。

その覚悟が決まるまで、こちらもしっかりと待つ余裕が欲しいですね。

この記事のライター

37歳で出産、夫と子どもの三人暮らし。何歳になっても恋愛ネタ大好物。恋愛相談家としてこれまで多くの男女から話を聞いてきた経験を活かし、復縁についてのアドバイスや不倫などさまざまな「愛のカタチ」について書いていきます。 人生...

関連するキーワード


恋愛 元彼との復縁 元彼

関連する投稿


元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

別れた彼女とやり直したいけど、連絡する勇気がない。堂々とアプローチできない男性は、嫌われたくない不安が大きく、なかなか次の一歩が踏み出せません。でも、復縁を願う気持ちは必ずどこかに現れるもの。元カノと復縁したくても連絡できないとき、男性が取りがちな行動についてご紹介します。


自分に自信のない男性ほど女性を「キープ」したがる

自分に自信のない男性ほど女性を「キープ」したがる

女性をキープする、と聞くと女慣れした男性を思い浮かべる人も多いと思います。しかし、自分に自信が持てない男性も意外とやってしまうこの行為。ですが、彼らの場合は決して複数の恋愛を楽しむためではなく、自分の恋愛感情を貫けない弱さが原因。一途になりきれない理由について、お話します。


恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は趣味の音楽を通じて出会ったふたりをご紹介します。


自分の性体験を話してドン引きする男ならすぐに切りなさい

自分の性体験を話してドン引きする男ならすぐに切りなさい

社会学者の宮台真司さんとAV監督の二村ヒトシさんが、共著『どうすれば愛しあえるの』を出版。本書の発売を記念してイベントを開催。後編では、実りのある関係を結べる男性を選ぶ方法を詳しく語りました。


幸せなセックスは「与えあう」、不幸せなセックスは「要求する」

幸せなセックスは「与えあう」、不幸せなセックスは「要求する」

社会学者の宮台真司さんとAV監督の二村ヒトシさんが、共著『どうすれば愛しあえるの』を出版。本書の発売を記念して、現代人は性愛を通じて幸せになれるのか、語り尽くすイベントを取材しました。


最新の投稿


友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。ときどき「大人になると友だちができない」という声を聞きます。友だちがほしいのにできない――そんな方は本特集にヒントがあります。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポットの紹介、友だちと一緒に過ごさないひとり時間など、友だちにまつわるあれこれを取り上げます。


キャリアと経験を掛け合わせてレアな人材になる――未経験からのチャレンジで活躍する方法

キャリアと経験を掛け合わせてレアな人材になる――未経験からのチャレンジで活躍する方法

異職種への転職や未経験からのチャレンジ。やってみたいけど、活躍できるかどうか、不安で一歩踏み出せない人も多いはず。今回は株式会社メルカリの広報、中澤理香さんのキャリアインタビューから、未経験からの転職で活躍する方法を紐解きます。


僕が携帯電話を持たない理由【林伸次】

僕が携帯電話を持たない理由【林伸次】

大人になると友達を作るのが難しい……。そんな悩みを抱える人は少なくないようです。そもそも友達とは何なのか? 友達を作りたいとき、どう作るのか? 「DRESS」では1月、「友達」特集(仮)をお届けします。渋谷でbar bossaを経営する林伸次さんに「友達と孤独」をテーマに寄稿いただきました。


1月特集「トモダチってナニ?」

1月特集「トモダチってナニ?」

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。今の友だちに満足している人も、友だちを増やしたいと思っている人も、今あらためて、友だちについて考えてみませんか。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポット、ひとりの時間など、友だちを再考するきっかけを提供します。自分が理想とする友だち関係をつくっていこう!


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

ビジネスシーンに最もふさわしいドレスシューズ(革靴)。一般的には、「黒の内羽根式のストレートチップ」のドレスシューズが最もクラシカルでフォーマル度が高いといわれます。ドレスシューズの正しい知識を押さえて、ビジネスシーンにふさわしい革靴選び、ケアをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


おっぱい