夫婦ふたりの老後を想像し始めた

夫婦ふたりの老後を想像し始めた

夫婦ふたりきりで暮らしていると「老後はどうするの?」とよく聞かれる。「子供がいないと大変だよ」と言う人もいる。もちろん、夫婦二人の老後のことは、考えていないわけではない。じゃあ具体的には……? 少しずつ、小さなことから、夫婦二人の未来を決め始めた。


■高齢男性から「子供がいないと老後が大変」とお説教

子供はいるのか、と聞いてきた60代の男性に「いない、作る予定もない」と答えたら、その人は目を真ん丸くしたあと、眉間に深い皺を寄せた。私は笑顔を貼り付けて、くるぞ、くるぞと身構える。

「子供がいないと老後が大変だぞ。そのときになって寂しいと嘆いたって手遅れだ」
「はあ、そうですね」
「今が楽しければいいという考え方はどうなんだ、親不孝をするんじゃない、もっとよく考えなさい」
「そうですねぇ」

ニコニコしながら、男性に向かって頷く。
ここ数年でよく言われるようになったセリフ。
こういうときに反論するなど、もってのほか。嵐が過ぎ去るのを、首をすくめてじっと待つ。

■年を取ったときに子供がいないと困るあれこれ

夫婦ふたりだと、どちらかが大病を患ったり、介護が必要になったときに、もう1人もすでに高齢だ。私は祖母が寝たきりで、母がずっと介護をしていたこともあり、介護がかなりの体力仕事だというのはよくわかる。

年を取れば、周りの友人たちも同じように年を重ねる。若いときはある程度の距離なんてなんのその、一緒に遊びに行くこともできるが、高齢になれば頻繁には不可能だ。子供がいれば、孫だ、親戚だと広がる人間関係も、夫婦ふたりで完結してしまう。

親不孝だというのは孫の顔を見せることができない、というのもあるが、親の墓の面倒を見る人がいなくなる、ということだろう。子供が亡くなれば、墓参りをしてくれる人もいなくなってしまう(もちろん、お寺が供養・管理をしてくれるものもあるだろうが)。

そして、夫婦のどちらかが先に亡くなった場合、どうするか。孤独死もあり得るかもしれない。

■夫婦二人きりの老後について話し始めた

私たち夫婦は二人とものほほんとしているし、今生きるので精一杯で……というところもあったが、30代半ばに差しかかったあたりから、老後について少しずつ話し始めるようになった。

夫は家事が一切できない人なので「奥さんが死んだら3日ともたなそう……」などとしょんぼりとしながらよく言っていた。とはいえ、こればかりがどちらが先に逝くかはわからない。

そんなあるとき、ふと、どちらかが要介護になったらどうしよう、と夫が漏らした。

「俺がボケたり、1人でトイレに行けなくなったりしたら、捨て置いてくれていいから」

つい1年ほど前は、俺は早いうちから車椅子生活になりそうだなあ、そうしたらちゃんと車椅子押してね、などと冗談で言っていたのに(タチの悪い冗談だ)、何か彼なりに考えるきっかけがあったのかもしれない。

確かに、母が祖母にしていたように、夫のオムツを替えたり、抱き抱えてお風呂に入れたり、ということを想像してみると、物悲しさがこみ上げてくる。そして、それは私にも言えることで、自分がそうなったら……と考えると、やはり夫と同じことを言うだろう。

「どうかどうか、放っておいてくれ」と。

■まだまだ答えが出ない、夫婦二人きりの老後のこと

別に改まった話し合いの場を設けるということはないけれど、気がついたときに少しずつ話すようにしている。お金のこと、住む場所、老人ホームって保育園並に入れないんだっけ、と冗談とも本気ともつかないようなノリで話す。

そして、最初に始めた老後の準備はいろんなサイズのジップロックを買ってくることだった。

一緒に行った美術館のチケット。
お揃いで買った携帯のストラップ。
全部は無理だけれど、たまにジップロックに入れて、箱にしまう。

ときどき取り出して、
「これはあそこに行ったときのものだね」
「そういえば、あのときケンカしたね」
などと話せたらいい。

そんなことを話す時間ができるだけ長く続くように、願いながら。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


夫婦 結婚 マネー

関連する投稿


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


年末年始の貯金計画で、貯まる私になる方法

年末年始の貯金計画で、貯まる私になる方法

「うかうか1年」。これは、筆者が毎日通るお店に年末になると貼っている言葉です。今年も一生懸命働いたけれど、貯金残高は増えていない。かといって、満足感のあるお金の使い方をしていたかと聞かれれば、そうでもない。うかうか1年、たっていた。来年こそは、お金が貯まる“うはうは1年”にしませんか。


結婚式をミニマルに、ふたりらしく。シンプルで上質な式を叶える「minimal WEDDING」

結婚式をミニマルに、ふたりらしく。シンプルで上質な式を叶える「minimal WEDDING」

茂木商事株式会社が2018年2月1日にオープンする、少人数婚に向けた結婚式場紹介カウンター「minimal WEDDING(ミニマルウェディング)」。新郎新婦が考える、おふたりらしい、より上質で洗練された結婚式を叶えます。


見逃してはいけない。生命保険に加入するときのポイント

見逃してはいけない。生命保険に加入するときのポイント

「保険」よりも、もっと楽しいことや癒されることを考えたいですよね。たしかに、保険やお金のことを考えていても楽しくはないでしょう。それでも、生きていくにはかかせないアイテムだということを知ってほしいのです。


「私は正しい!」を手放せば、今より楽になれる? 【結婚は、本から学ぶ#4】

「私は正しい!」を手放せば、今より楽になれる? 【結婚は、本から学ぶ#4】

読書を通じて愛と結婚について考える連載。第4回目は、小池龍之介さんの『恋愛成就寺』。仏教のお坊さんである小池さんが、恋愛に悩む女性から寄せられた相談にお答えするという形式の本です。自我に苦しめられる恋愛において、どうすればもっと楽に幸せになれるのかというヒントが書かれています。


最新の投稿


東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

東京で幸せに生きるコツは「人と比べる」のをやめること【佐藤あつこ】

忙しすぎる日常が流れる東京。あまりにも忙しすぎて、情報が多すぎて、本当に自分が幸せなのか、不幸なのか、その基準を人と比べることによってのみ、判断するとつらくなる現状です。自分は自分、人は人。自分の幸せは自分で決める。そのスタンスで生きる人が都心での暮らしで幸せになれる人だと思います。


LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

LINEのやりとりに現れる彼の本気度〜大人の男性編

“いいな”と感じた大人の男性とのLINEのやりとり。“これってその気になってもいいの?”と思わせる言葉や意味深なスタンプ。けれど、意外なところに本音が現れるのがLINE。彼のあなたへの本気度をチェックしてみましょう。


ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから至福の暖かさを追求したソックスが登場

ファンケルから、足元の2大冷えポイント“すね”と“足底”を徹底保温する、至福の極暖「足底とスネの幸せソックス」が数量限定で発売に。カラー展開は新年に向けて縁起が良い「赤」「紺」「金」の3色です。


きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第4回目では背中やお腹周り、腿などを引き締めるヨガポーズ「椅子のポーズ」を取り上げます。体全体の筋肉をバランスよく使うポーズです。


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


おっぱい