【やってみた】水洗い不可のカシミヤセーターを手洗いしてみた【デキる女の決断クローゼット #12】

【やってみた】水洗い不可のカシミヤセーターを手洗いしてみた【デキる女の決断クローゼット #12】

たいてい「水洗い不可」と書かれているカシミヤのセーター。でも、それって本当? 2種類の洗剤を使って手洗いした結果は……?


冷え込む日が多くなり、あたたかニットの出番が増えました。カシミヤセーターの触り心地や暖かさは極上……なのはわかっているけど、クリーニングやお手入れが面倒で敬遠している方もいるのでは? そこで今日はカシミヤセーターを表示の指示通りに洗わなかったらどうなるか、実験してみました。

■洗濯絵表示、信じる? 信じない?

どんな服にも必ず、服の内側左についている「洗濯絵表示」。家庭用品品質表示法に則って、洗濯に関する注意書きの記号が記されています。そしてたいていのカシミヤ製品は、「水洗い不可」になっています。

ところが、ライオン株式会社のHPでは「“水洗いができない”マークの衣料でも、アクロンで洗えるものがあります」と書いてありますし、パナソニック株式会社のHPでは「“水洗い不可”のマークは、素材・加工によっては、洗えるものがあります」との表記が。

いったいどちらを信じればいいのでしょう!? そこで、水洗い不可の洗濯絵表示がついたカシミヤのセーターを、表示を無視して洗ってみることにしました。

■2種類の洗剤で手洗い比較してみた

ライオンの「アクロン」と、ザ・ランドレスの「ウールカシミヤシャンプー」で、カシミヤセーターを洗ってみました。手洗いの手順は、以下のとおりです。


1.大きめの洗面器などに、水(水温20℃程度)と洗剤を入れてよく泡立て、その中にセーターを入れて押し洗いします。
長時間洗ったり、激しくセーターをこすったりすると、痛みの原因になります。


2.きれいにたたんで洗濯ネットに入れ、洗濯機で1分脱水します。これも短時間が基本です。ねじってぞうきん絞りをしてしまうと、型崩れの原因になります。


3.セーターを平らで硬いものの上に置き、手できれいにしわを伸ばして形を整えていきます(手アイロン)。


4.形が整ったら、風通しのよい日陰で平ら干しし、自然乾燥します。私はIKEAのタオル干しを使っています。

*結果*
この方法で洗濯しても、縮みや変形、表面の毛羽立ちなどは、まったくありませんでした。ウエストと袖口のリブ部分はキュッとしまった感じになりますが、着ると元通りになるので、無理に広げようとしなくてかまいません。


「アクロン」と「ザ・ランドレス」の違いですが、ランドレスのほうは多少泡立ちがよかったのと、シダーの香りがついていました。また、ランドレスのほうはコカミドプロピルペタインという柔軟剤が入っているため、リンス効果があるようですが、アクロンもランドレスも洗濯後の触った感じは、そう大差はないように感じました。

ランドレスは液体がどろっとしていて、キャップに目盛りもついていないので、1回分の分量を正確に出そうとしても測りづらいです。また、1回の使用量はランドレスのほうが少なくてすみますが、475mlで3450円なので、ちょっと割高かもしれません。

■アパレル業界が洗濯絵表示についてハッキリ書けない事情

もちろん、ジャケットやコートなどの重衣料は手洗いできないものも多いですが、主にニット類は「手洗いはできない」と表示されていても、正しい方法で洗濯すれば、手洗いできるものもたくさんあります。


「だったら、最初からそう書いてよ!」
と言いたいところですが、これには業界の裏事情があるんです。


アパレルメーカーの中には、品質事故を避けるため、服の素材を検査する独立した部門を持っている会社もあれば、専門の機関に検査を外注している会社もあります。私がいた会社もそのような専門部署があり、布地が色落ちしないか、縮まないかなどをきちんと検査し、洗濯絵表示についても、服を作る部署に指示していました。


ところがみなさんご存知のとおり、ワンシーズンには何百何千型もの服が市場で販売されます。素材の種類もかなりの数にのぼるわけで、流行の移り変わりの激しいなか、それらを全部検査してから販売することは難しいのです。


また、「洗濯できる」と表示してしまった場合、正しい洗濯方法通りに洗わなかったばかりに服が著しく傷んでしまう、といったこともありえます。


私も以前、「ちょっと触っただけで、こんなになったんやけど、どないしてくれるん?」
と、毛玉だらけのセーターを持ち込んで怒っているお客さまを見かけたことがあります。会社としてはどうしてもリスク回避の方向に向かわざるを得ないのです。


こうした大人の事情をわかった上で、「水洗いできません」は「水洗いできないかもしれないです」くらいに考えるのがいいでしょう。くれぐれも、洗濯絵表示を見なくていい、というわけではありませんよ。しっかり確認した上で、正しい洗い方をしてください。


手洗い初心者の方は、傷んでしまったニットから試してみるのもいいですね。ただしあくまで自己責任でお願いします。
ニットの場合、風合いを保つためには、お洗濯よりも毛玉とりや毛羽立ちを抑えることも大切なので、よろしければこちらの記事「毛玉のことは嫌いでも、カシミヤのことは嫌いにならないでください!」もあわせてご覧ください。


■まとめ
洗濯絵表示はきちんと確認し、半分信じて半分疑おう。




この記事のライター

ボタニカル作家。ファッション業界で16年バリキャリ生活をおくったのち40歳で起業。現在都内著名レストランと契約し、フラワーデコレーションやブーケの押し花を制作する(有)モナミアンドケイを経営。技術者育成のため、目黒区碑文谷の...

関連するキーワード


デキる女の決断クローゼット

関連する投稿


GUのスリッパシューズ投入で、足元に春の抜け感を【デキる女の決断クローゼット#17】

GUのスリッパシューズ投入で、足元に春の抜け感を【デキる女の決断クローゼット#17】

スリッパシューズといえばGUCCIが販売したものを思い浮かべる方は多いのでは。でも、今春、GUからスリッパシューズが大量に登場。ベーシックなものから柄物まで、1990円で幅広いラインナップが揃っています。


おばあちゃんとマダム、ファッションはどう違うのか巣鴨で検証【デキる女の決断クローゼット #16】

おばあちゃんとマダム、ファッションはどう違うのか巣鴨で検証【デキる女の決断クローゼット #16】

海外のおばあちゃん、いやマダムのファッションスナップや、それを集めた写真集が人気を集めています。彼女たちはおばあちゃん、ではない。では、おばあちゃんとマダム、それぞれのファッションの違いは何なのか。おばあちゃんの原宿、といわれる巣鴨とげぬき地蔵商店街へ足を運んで考えてみました。


アラフィフ女性が109で福袋を買ってみたら【デキる女の決断クローゼット #15】

アラフィフ女性が109で福袋を買ってみたら【デキる女の決断クローゼット #15】

福袋を買ったことがなかった輪湖もなみさん。一度くらいはと思い、2017年は渋谷109で福袋を購入してみたところ、思わぬ発見がありました。


ZARAアイテムちょい足しで、こなれパーティースタイルに【デキる女の決断クローゼット #14】

ZARAアイテムちょい足しで、こなれパーティースタイルに【デキる女の決断クローゼット #14】

ZARA(ザラ)といえば私たちの定番ブランドのひとつ。リーズナブルでありながら、あまり人とはかぶらない、おしゃれなトレンドアイテムが揃います。ZARAの小物を合わせて、こなれたパーティースタイルを作るアイデアをご紹介します。


軽すぎてびっくり!コートを買うなら「スーパーウール」素材もおすすめ【デキる女の決断クローゼット #13】

軽すぎてびっくり!コートを買うなら「スーパーウール」素材もおすすめ【デキる女の決断クローゼット #13】

近年よく見かける複数の素材がミックスされたウールコート。DRESS世代の大人が選びたい、品質と価格のバランスがとれた、賢いコートの選び方をご紹介します。


最新の投稿


ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

「アクア・メコン」という、ベトナム、カンボジアの観光ではおなじみの東南アジアを流れるメコン川を巡るリバークルーズ船をご存知でしょうか。ラグジュアリーかつ、伝統や文化を学ぶ旅。全8回の連載、第1回目です。【人生が変わるクルーズ体験#1】


美容の買い物は物語を買うのと似ている

美容の買い物は物語を買うのと似ている

行きつけの皮膚科で「目専用のクレンジング」を見つけた小島慶子さん。使ううちにまつ毛が元気になり、まつ毛美容液でケアすると、まつ毛のボリュームもアップ。間違いなくきれいになるアイテムなんて、きっと誰にも決められないけれど、使うときれいになるよと寄り添ってくれる医師の親切心は、高い施術代とセットであっても嬉しい。


デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

定番人気のデニムネイル。マニキュアでできる? と思いきや、簡単にできるのが嬉しいデザイン。マニキュアを使ったデニムネイルの簡単なやり方・コツ、いろいろなバリエーションを豊富な画像&動画で説明します。おしゃれで周りに差をつけられるデニムネイル、ぜひお試しを。


お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

おしゃれな街の代表格、表参道。「焼肉店がある街」というイメージはあまりないかもしれませんが、近年おしゃれでリーズナブルでおいしい焼肉店が、表参道にも続々進出。今回は1万円以下とお手頃価格で楽しめる表参道の焼肉店を5店ご紹介します。


【駐妻のリアル #2】仕事を辞め、突然専業主婦になって思ったこと

【駐妻のリアル #2】仕事を辞め、突然専業主婦になって思ったこと

駐妻になった私は仕事を辞め、専業主婦として日々を過ごすようになった。でも、その暮らしは楽しいばかりではなく、葛藤や不安もあふれていた。モヤモヤした期間を経て気づいたのは、人の役に立っているという実感を、どんな形でもいいから作ることの大切さだった。