1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 初夏の羽織もの、新定番は「ロングシャツ」【デキる女の決断クローゼット #20】

初夏の羽織もの、新定番は「ロングシャツ」【デキる女の決断クローゼット #20】

Share

初夏の羽織ものといえば、ロングカーディガンタイプのものが定番でした。でも、今年になって大きな変化が! 旬はシャキッと感のあるロングシャツ。羽織もののニューフェースとなったロングシャツはとても優秀。どれだけ「使える」のか詳しくご紹介します。

初夏の羽織もの、新定番は「ロングシャツ」【デキる女の決断クローゼット #20】

■初夏の羽織もの、どうしてますか?

真夏のように気温が高い日と、少々肌寒く感じる日。今の時期は気温の変化にあわせて脱ぎ着できる羽織ものが便利ですね。ユニクロでロングセラーとなった、ロングカーディガンタイプの羽織ものを、活用している方も多いのではないでしょうか。

2017年春から、ファッションの流れが「きれいめ」にシフトしました。数シーズン続いた「ノームコア」(ゆるくてシンプルな日常着)が終わり、ジャストフィットで女性らしく、かつきちんと感のある服やコーディネートがますます主流になるでしょう。

そんな時代の気分を考えると、今年の羽織ものには、柔らかいニット素材のロングカーディガンより、シャキッとした布素材の「ロングシャツ」が旬。

私も春先に買って試してみたら想像以上に使い勝手がよく、今年のワードローブに欠かせない存在になっています。今回は「ロングシャツ」の優れた点を、3つほどご紹介します。

■3通りに着られる「着回し力」が魅力


(A)前ボタンを全部あけて、羽織って着る
(B)前ボタンを一部閉めて、アウターとして着る
(C)前ボタンを全部閉めて、ベルトをしてワンピースとして着る

(A)の着方は、日差しよけにもなりますし、綿素材のため真夏でも涼しく、洗濯も楽ちんです。

(B)の着方は、インナーのトップスとボトムスを同じ色にしてIラインを作り、その上にシャツを重ねてウエストを軽く絞りました。楽で動きやすいのにきれいめな着こなしになりそうです。「ジャケットだとちょっと堅すぎるかな?」というシーンでおすすめです。

(C)の着方は、GUの太ベルトでウエストマークし、ワンピースとして着てみました。今年はサッシュベルトタイプの太ベルトがたくさん出ているので、小物チェンジで気分を変えることもできますね。

■背高さんも小柄さんも丈調節が可能

身長167cmの私は、ロングカーディガンだと丈が足りないものが多く、逆に丈が十分なものはたいていお値段も高い、という難点がありましたが、ロングシャツだと丈がしっかり長いものも多く見つかります。

ロングカーディガンはニット素材なので、丈が長い場合に自分で裾上げできる人は少ないと思います。だからといってお直しに出すと、工賃もやや割高に……。そのため、アパレルは平均的な身長の女性がお直しなしで着られるよう、ロングカーディガンを80〜90cmくらいの着丈で作ってしまうことが多いのだと思います。

一方、ロングシャツであれば、さまざまな丈のタイプが売られていますし、万一丈が合わなくてもお直しが簡単にできるメリットがあります。

■着太りせずにすっきり着られる

大人世代の女性の体は、肩周りや二の腕付近にうっすら肉がつきがちです。ニットは体にそって縦横に伸びる素材なので、肉感が出やすくどこかもっさりとした印象になってしまうことも。

その点、布製のロングシャツなら、気になるお腹やお尻まわりをカバーしつつ、体の線をシャープに見せてくれます。インナーには楽なTシャツを着ていても、外側さえシャツでシャキッと感があれば、きれいめな印象が保てます。

ロングカーディガンを羽織るのに飽きてきたから、そろそろ気分を変えてみたい――ロングシャツはそんな方にもおすすめです。

Share

輪湖 もなみ

ワードローブコンサルタント/リメイクデザイナー 大手アパレルで16年間ブランド管理や店頭指導などに携わる。長年培ったノウハウを個人のクローゼットに応用し、毎日着る服がないと悩み断捨離を繰り返す人を救うため、クローゼットコン...

関連記事

Latest Article