大西 明美 さんが 2017/01/29 に更新
【LINE】メッセージのやりとりでの注意点 - 大人の恋愛編

【LINE】メッセージのやりとりでの注意点 - 大人の恋愛編

大人の恋愛につながるメッセージのやりとりの注意点をご紹介。最近では、新規で出会った相手とはLINEのIDを交換することが多いのでは? でも、淡々とLINEのメッセージをやりとりするだけで、その後の進展しない……。相手のコミュニケーションにもイライラ。そんな方に試してほしい、恋愛を成就させる方法をご紹介します。

LINE コミュニケーション 恋愛


最近のメジャーな連絡手段といえば、やっぱりLINEですよね。その場でさっとID交換できますし、メッセージも無料通話もできます。ところが、便利なはずのこのLINEは、恋愛に発展する交際のハードルをあげてしまっているのです。それはなぜなのか。

■メッセージ既読機能が二人を遠ざける

LINEが普及する前はケータイのメールと電話番号を交換していました。

ケータイの場合は、「メールが相手に届いていないかも」という不安はやりとりのストレスになっていました。その結果、確実にやりとりできる電話中心のコミュニケーションにスムーズに移行することができました。同じ時間に双方向の分かち合いができることで二人の距離を縮められたのです。

ところが、LINEのある既読機能の登場で、状況が一変。
 
既読がついてしまうと、相手に届いていることが伝わります。届いていないかもと不安がる必要がありません。返事を待っておけばいいのです。
 
つまり、双方向のコミュニケーションをとるきっかけがないまま、メッセージのやりとりを続けてしまいがちになります。これが距離を縮められない大きな要因になってしまうのです。
 
他にもLINEのメッセージのやりとりがお付き合いや恋愛に発展しづらい意外な理由があります。

■「ながら」でコミュニケーションが雑になる、LINEの罠

LINEのメッセージの場合は、デートや電話と異なり、ながらコミュニケーションができてしまいます。ゲームをしながら、勉強をしながら、テレビを見ながら、などなど。つまり、メッセージのやりとりは、コミュニケーションに全力を注げるような手段ではないのです。

女性の場合は、脳の構造上、男性よりもながらコミュニケーションがしやすいと言われています。一度にいろいろなことができます。

一方、男性は注意力散漫なコミュニケーションは苦手です。ながらの結果、コミュニケーションが雑になってしまいがち。

それにも関わらず女性は、「LINEのやりとりが下手くそ」「進展を感じられない」と不満を募らせてしまいます。その結果女性が大爆発をして、LINEのメッセージで「もうやりとり終わり」と締めくくってしまう、こんな場面が多発しています。

■LINE通話機能で1日10分通話してみる

「リアルで会っているときはいいんだけど、LINEになるととたんにつまらない」という場合は、LINE通話機能を使ってみましょう。電話と違って通話料はかかりません。

平日も通話できる関係になることが親密になれるポイントです。「10分で切るからLINEから通話してもいい?」とメッセージで尋ねてみてください。あなたに気持ちがあれば、「いいよ(10分くらいなら)」と答えてくれるはず。

このとき注意すべきことは、どんなに楽しくても10分で切ることです。理由は10分通話ならば毎日でもOKと言われることが多いから。時間にルーズな人と思われないよう、キッチンタイマーを横に置いておきましょう。双方向のコミュニケーションを重ねることが、きちんと恋愛する交際を進めていく大きな力になります。ぜひ試してみてください。

関連する投稿


恋人を親に紹介するとき「主役」は恋人

恋人を親に紹介するとき「主役」は恋人

元遊び人の筆者が「恋人を実家に連れて帰る」という人生初のアクションを描く短期連載「遊び人だった僕が恋人を実家に連れて帰った」#2。いよいよ実家へ向かい、恋人を親に紹介するときがやってきた……そんななか、久々に会った姪っ子が後のキーパーソンに!?


依存を断ち切れる人が、幸せを掴み取れる。

依存を断ち切れる人が、幸せを掴み取れる。

人生は一つひとつの選択でつくられる。だから、もし今あなたが何かに依存しているとしたら、それを人生に加えようと決めたのも自分だ。ただし、依存を続けるか、断ち切ってやめるか、決めて行動するのもあなた次第。


自分を成長させる恋愛をする人が、よい結婚・よい人生をつかみとる

自分を成長させる恋愛をする人が、よい結婚・よい人生をつかみとる

恋愛は自分を成長させるプロセスのひとつ。恋愛を通して自分自身をどれだけ深く掘り下げることができるかが、結婚を成功させる鍵です。恋愛を通して成長したい人向けに、クリアするべき3つの課題をお伝えします。


不倫体質の女から、東大卒の不倫男へ【キス・オブ・ライフ #2】

不倫体質の女から、東大卒の不倫男へ【キス・オブ・ライフ #2】

河崎環さんによる「キス」をテーマにした連載「キス・オブ・ライフ」。第2回ではクールに不倫する女のストーリー。「私が女でい続けられるのは、あなたに入れられているから、じゃない。結婚に夢なんて持たず、他の女の夫を盗んで、優越感にひたっているから。自立しているから」。


草食系男子との恋愛を楽しむなら、「境目のない愛情」を与えるのがコツ!

草食系男子との恋愛を楽しむなら、「境目のない愛情」を与えるのがコツ!

草食系男子との恋愛は「喧嘩もなく落ち着いた関係を築けそう」と思う女性は多いかもしれません。恋愛にあまり積極的でない彼らですが、好きな人であれば一途に想い続けるし大切にしてくれます。ですが、その穏やかさのせいで女性が思いがけず傷つく場面があるのも事実。そんな草食系男子との恋愛に有効なのは、「境目のない愛情」です。


最新の投稿


ポーランドランジェリー「kobieta」がそごう横浜店に期間限定出店

ポーランドランジェリー「kobieta」がそごう横浜店に期間限定出店

銀座で話題のポーランドランジェリーのセレクトショップ「kobieta(コビエタ)」が2月24日(金)〜3月2日(木)までそごう横浜店4階=インナーウエア売場に期間限定で初登場します。


「LIBERTY LONDON POP UP SHOP」が日本橋三越本店で2月22日より開催

「LIBERTY LONDON POP UP SHOP」が日本橋三越本店で2月22日より開催

プレミアム・ライフスタイル・ブランド「リバティ ロンドン」は2月22日(水)~28日(火)の期間、日本橋三越本店にて日本初の「LIBERTY LONDON POP UP SHOP」を開催します。


育休中にブログを始めてキャリアと人生が変わった話【小田桐あさぎ 連載 #6】

育休中にブログを始めてキャリアと人生が変わった話【小田桐あさぎ 連載 #6】

育休復帰後のキャリアプランが不安……。そんな人は育休期間を活かしてスキルアップにつながる行動を起こしてみてはどうだろうか。小田桐あさぎさんは育休中、ブログを起ち上げて発信したことで、キャリアだけではなく、人生そのものが大きく変わっていった。


恋人を親に紹介するとき「主役」は恋人

恋人を親に紹介するとき「主役」は恋人

元遊び人の筆者が「恋人を実家に連れて帰る」という人生初のアクションを描く短期連載「遊び人だった僕が恋人を実家に連れて帰った」#2。いよいよ実家へ向かい、恋人を親に紹介するときがやってきた……そんななか、久々に会った姪っ子が後のキーパーソンに!?


冬の京都旅行、私流の楽しみ方

冬の京都旅行、私流の楽しみ方

冬の京都旅行で、伝統の中のモダンにふれてきました。アンティーク着物衣装を探したり、繊細な京都料理を食したり……冬の京都の楽しみ方をお伝えします。