「どこにいても潤い輝く肌を作るコツは?」平野宏枝さんに聞く【オトナの美旅スタイル#11】

「どこにいても潤い輝く肌を作るコツは?」平野宏枝さんに聞く【オトナの美旅スタイル#11】

旅行中はいつもと違う環境にいるせいか、乾燥肌になったり吹き出物ができたり……肌の調子が不安定になることも。日本とLAを往復しながら活躍するビューティコーディネーター平野宏枝さんに、どんなときでも潤いあふれる美肌を手に入れる秘訣を伺いました。


旅するジャーナリスト・小野アムスデン道子です。旅をしていても、いつでもどこでも女性は美しくありたいもの。今回は、日本とLAを往復しながら活躍するビューティコーディネーター平野宏枝さんによる世界初・天然ヒト型セラミド配合美容液「CERAPLE(セラプル)」の発表会に伺いました。

平野さんと初めて会ったのは、カリフォルニア州LAから郊外のレイク・タホやナパバレーまでを訪ねて、その魅力を探るという取材の現場。LAの明るい空が似合う素敵な笑顔で、美容の領域を専門に女性の美をさまざまに提案しているということでした。

■年齢肌の悩みを解決したい

――そんなジェットセッター、平野さんがプロデュースした「セラプル」とは、どんな美容液なんでしょうか?

「1本でブースターに化粧水、美容液、乳液の役割を発揮して、肌の基礎力と免疫力を上げて『ブレない』肌へ導いてくれる美容液です。そのベースになっているのは醸造発酵物から精製された保湿成分、世界初の天然由来の『ヒト型セラミド』です。この成分に出会ったのはラスベガス。世界最大級の美容展示会コスモプロフでのことでした」

――運命的な美容成分との出会いは、日本のバイオベンチャーの海外出展だったのですね。そこでスキンケア商品のプロデュースまでにいたった経緯は?

「大学時代にリハビリメイクの第一人者かずきれいこ先生のメイクアップによる女性の美と豊かさを導く力に感銘を受け、かずき先生の会社で働きながら、ホスピスや老人ホームなどでボランティアメイクを行いました。美容が人の生き方をハッピーに変えていくことを実感したんです。メイクレッスン会や撮影会、イベントなどを通して多くの女性の美の悩み耳を傾けるなか、肌そのものへの悩み、特に年齢肌の悩みを抱えている人をスキンケアでもサポートしていきたいと思うようになりました」

■ボーダレスな美容液のひみつ

セラミドとは肌の角層細胞の間にあって水分蒸発を防ぐ成分です。今までのコンニャクや大豆などに含まれる天然セラミドは、人の皮膚にあるセラミドではなく、ヒト型セラミドは合成品しかなかったそう。そんななか、バイオベンチャーの研究機関がしょうゆの搾りかすという醸造発酵物から、天然由来のヒト型セラミドの精製に世界で初めて成功したのだそう。

「もともと自分自身もアトピーで肌に悩みを抱えていたことも、スキンケアに敏感だった理由の一つ。この『天然ヒト型セラミド』による肌の潤いやツヤのアップを自分で試して実感することができました。自分が直に美容のアドバイスでアプローチできる人数は限られているけれど、スキンケアの商品を通して肌の基礎力をつけ、『ブレない』肌で自信を持ってほしいと思ったのです」


――この「天然ヒト型セラミド」をベースに数多くの女性に使ってもらえるスキンケア製品にしていくためにこだわったのは、どんな点でしょう?

「日本とLAを行き来する自分の体験を通して、オンとオフ、朝と夜、都会と自然の中などさまざまなデュアル(二重の、ふたつという意味)ライフでバランスを取る大切さを開発コンセプトにしました。なので、1本でブースターに化粧水、美容液、乳液の役割を持って、さまざまな場面で使え、年齢や肌質、性別を問わないボーダレスな美容液になっています」

■いつでもどこでも「ブレない」肌でいたい

乳白色でとろっとした使用感。肌なじみがよく、つけた後はしっとり感が持続。オーガニックアロマオイルの香りも癒されます。そして、フタを取ってワンプッシュで出せるのは、飛行機の中でもどこでも使えて旅にもぴったり!

「保水効果、潤いやハリなど肌のデュアルバランスを整えてくれる美容成分のほか、ホホバオイルやスクワランオイルなど4種のオイルを含む一方で、エタノールやパラペン、鉱物油、合成香料、着色料、石油系界面活性剤は使用していません。エアレスポンプで抗菌も考え、飛行機の中でも使える仕様にしました。自然の力で、いつでもどこでも『ブレない』美肌になるお手伝いができるとうれしいです」

日本とLAを往復しながらの生き方を綴った『気持ちいい毎日を生きるLAスタイル』(双葉社)を上梓。旅の取材でも、活き活きしてつやつの肌がうらやましい平野さん。“いつでもどこでも”というコンセプトはとても共感します。旅の間ずっと綺麗でいられるように私も心がけたいと思いました。

天然ヒト型セラミド配合 ラグジュアリー美容液 セラプルCERAPLE
30mL 定価 8,800円(税別)
http://www.hiroecosmetics.com

Text=小野アムスデン道子
世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。日本旅行作家協会会員。

この記事のライター

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連するキーワード


オトナの美旅スタイル

関連する投稿


代官山で、石垣島で、 スリランカ伝統のアーユルヴェーダを体験【オトナの美旅スタイル#26】

代官山で、石垣島で、 スリランカ伝統のアーユルヴェーダを体験【オトナの美旅スタイル#26】

額にオイルが少しずつ垂れて夢見心地という、一度はやってみたいアーユルヴェーダの「シロダーラ」。スリランカにもサロンのあるアーユルヴェーダ施設のトリートメントを代官山で、石垣島で、体験することができます。


衝撃の見た目! 極厚10cmのアメリカンなグルメピザに挑戦【オトナの美旅スタイル #25】

衝撃の見た目! 極厚10cmのアメリカンなグルメピザに挑戦【オトナの美旅スタイル #25】

ビッグ・アップルならぬビッグ・ピザ! シカゴが発祥の驚きのピザをレポートします。


美肌も恋も叶える旅へ~島根の玉造温泉【オトナの美旅スタイル #24】

美肌も恋も叶える旅へ~島根の玉造温泉【オトナの美旅スタイル #24】

島根県といえば縁結びの神様出雲大社が有名。ちょっと足を伸ばせば美肌の湯がこんこんと湧く「玉造温泉」があります。美と恋を叶える「玉造温泉」のおすすめスポットをご紹介します。


絶品カニ料理を発見! カニ味噌とスパイシーソースの組み合わせがたまらない【オトナの美旅スタイル #23】

絶品カニ料理を発見! カニ味噌とスパイシーソースの組み合わせがたまらない【オトナの美旅スタイル #23】

カニ好き&スパイシーな料理好きな方にとって、チリクラブはたまらないお料理ではないでしょうか。私も大ファンのひとり。カニが名産で、チリやペッパーなどのスパイスを使ったお料理が名物のスリランカ。今回は首都コロンボにあるチリクラブの名店を訪ねました。


季節差狙いで旅するシドニー! 知られていない未開のエリアを探検【オトナの美旅スタイル #22】

季節差狙いで旅するシドニー! 知られていない未開のエリアを探検【オトナの美旅スタイル #22】

日本が溶けそうに暑い夏、南半球オーストラリアは冬。今回ご紹介したい旅先は、直行便が数多く飛ぶおしゃれ都市・シドニー。夏の暑さにうんざりしている方には、季節差を生かしたお得旅をおすすめします。


最新の投稿


【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

マレーシアで第一子を出産しました。無痛分娩で出産するつもりでしたが、諸事情で緊急帝王切開となりました。入院期間はたったの4泊。薬を飲む際は水ではなくてミロ(Milo)。そんな海外出産体験をご紹介します。


顔の疲れや乾燥が気になるときの「スペシャルケア」【わたしを助けてくれる肌ケア】

顔の疲れや乾燥が気になるときの「スペシャルケア」【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESSのコラムニスト中野ゆうこさんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


大人の語学留学先にセブ島がおすすめな理由

大人の語学留学先にセブ島がおすすめな理由

語学留学先として近年注目されるセブ島。13カ国以上の留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、数ある学校の中から実際の体験によって選び抜いた「”本当に使える英語"が身につく語学学校ベスト13校」を紹介した『セブ島英語留学完全ガイド』から、セブ島での語学留学の魅力をお伝えします。


「なんでわかってくれないの」原因は相手じゃなくて、自分にあることが大半

「なんでわかってくれないの」原因は相手じゃなくて、自分にあることが大半

仕事やプライベートで、「なんでわかってくれないの?」「私言ったのに!」ということはよくあることだと思います。最近、周りにわかってくれない人が増えてきた、という方。果たして、悪いのはわかってくれない相手なのでしょうか? それとも……?


日中の「乳液保湿」で、うるおいと肌ツヤが回復する【簡単美容#3】

日中の「乳液保湿」で、うるおいと肌ツヤが回復する【簡単美容#3】

朝晩のスキンケアでしっかり保湿しているつもりでも、日中に乾燥した室内で過ごしたり、保湿をしないでいると、肌からうるおいが失われていきます。だからこそ日中もこまめに「プチ」保湿を。おすすめはミスト化粧水よりも乳液!? その理由と使い方や得られるメリットをご紹介します。