絶品カニ料理を発見! カニ味噌とスパイシーソースの組み合わせがたまらない【オトナの美旅スタイル #23】

絶品カニ料理を発見! カニ味噌とスパイシーソースの組み合わせがたまらない【オトナの美旅スタイル #23】

カニ好き&スパイシーな料理好きな方にとって、チリクラブはたまらないお料理ではないでしょうか。私も大ファンのひとり。カニが名産で、チリやペッパーなどのスパイスを使ったお料理が名物のスリランカ。今回は首都コロンボにあるチリクラブの名店を訪ねました。


旅するジャーナリスト、小野アムスデン道子です。

カニ好きにはたまらないスパイシーなチリクラブ。シンガポールで有名な料理というイメージがありますが、実はシンガポールでカニやトウガラシがとれるわけではありません。

「この爪の大きなカニもトウガラシもスリランカにはあるんだから、おいしいチリクラブを作るならスリランカでしょ!」と、絶品チリクラブを出すシェフの店がスリランカの首都コロンボにあります。

スパイシーなチリクラブ。カニの甘味と辛みのきいたソースの相性はバッチリ。

■「アジアのベストレストラン50」に2店舗入賞のすご腕シェフは日本語ペラペラ

お店の名は「ミニストリー・オブ・クラブ」。

「いらっしゃい! こちらにどうぞ」とにこやかに迎えてくれたシェフのダルシャン・ムニダサ氏。日本語がペラペラ? それまで英語でやりとりしてたんですけど……。「父はスリランカ人、母は日本人なんですよ」と納得のお返事。

お母さんの料理に薫陶(くんとう)を受け、技術系の大学を出た後、日本料理のレストランを作ったというダルシャン氏。

スリランカで5店舗のレストランを経営し、世界的なレストラン評価である「アジアのベストレストラン50」に、この「ミニストリー・オブ・クラブ」と日本料理店「日本ばし」と、2店も入賞させているすご腕のシェフなんです。

シェフのダルシャン・ムニダサ氏。

ベスト50入賞といえば、予約がとれないとか、高価過ぎてなかなかいけないというお店も数多くあります。

一方、コロンボの「ミニストリー・オブ・クラブ」では、1/2kgのカニ料理が3600ルピー(約3000円)からと気軽に絶品料理が楽しめます。

ただ、人気店なので予約をして行くことをおすすめします。特にディナーは要予約。

まず小さなグラスに入れて出されたのは、ウォッカ漬けされた生牡蠣。元英国領だったスリランカで盛んなスポーツ・クリケットのパターにのって登場したおしゃれな一品です。

次に提供されたのは、オリーブオイルにガーリック、そしてチリフレークと隠し味の醤油が濃厚な海老ミソの味を引き出したガーリックプラウン。パンを浸して食べると、口中に海老の旨みが広がってもうたまりません。

■和食の発想から生まれたチリクラブはひと味違う

そして、いよいよメインのカニ料理へ。

「ミニストリー・オブ・クラブ」でのカニの注文の仕方は、まず1/2kg〜2kgまであるカニの大きさを決めて、味付けと料理法をチリやペッパーなど7種類の中から選びます。

今回は、ダルシャン氏のおすすめに従って、ひとつは冒頭に掲載した写真の黒っぽいソースのペッパークラブをチョイス。

「こんなカニを月に5トンは使いますね」とダルシャン氏。和名は、ノコギリバサミガニ。英語名のマッドクラブの方が有名かもしれません。とにかく大きなハサミの部分には、カニの身がみっちり詰まっています。

もう1品は、お待ちかねのチリクラブ。ペッパーとチリ、スパイスの違いはありますが、ただスパイシーなだけではなく、ものすごく深みのある味に思わず唸ってしまいます。

「ブラックペッパーを茹でて、チリの方も唐辛子を炒ってそこから出汁を取っているから深みが違う。これは、旨みを生かす和食の発想です」とダルシャン氏。とくにカニ味噌とからみ合ったソースは絶品。

東京・成田空港から週4便出ているスリランカ航空の直行便を利用すれば、9時間20分で到着するスリランカ。

首都のコロンボに立ち寄ったら、ぜひ絶品チリクラブを試してみて。きっとオトナの美旅をさらに盛り上げてくれるはず。

ミニストリー・オブ・クラブ Ministry of Crab

http://www.ministryofcrab.com

Welcome. Ministry of Crab is a celebration of Sri Lanka; our heritage and our wonderfully fresh and diverse ingredients.

この記事のライター

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連する投稿


夏は海へ。イタリア人の過ごし方〜ミラノ通信#16

夏は海へ。イタリア人の過ごし方〜ミラノ通信#16

日焼けが大好きなイタリア人は、夏はビーチへバカンスに出かけます。パラソルと透き通った海、新鮮な魚介類など、のんびり日焼けしながら過ごすバカンスは優雅ながらとても人間らしい時間ではないでしょうか。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただきました。


ひとり旅で自己成長する方法【長谷川朋美】

ひとり旅で自己成長する方法【長谷川朋美】

国内外問わず、旅をすることが大好きです。中でもひとり旅は、人生における挑戦にとても似ていて、ひとり旅をすることが人生で起こる出来事のトレーニングになると感じています。今回はひとり旅を自己成長につなげる方法をご紹介します。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ【後編】〜ミラノ通信#15

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録され、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は後編をお送りします。


ターキッシュ エアラインズ、ヨーロッパ11カ国16都市行き特別運賃航空券を発売

ターキッシュ エアラインズ、ヨーロッパ11カ国16都市行き特別運賃航空券を発売

日本線就航28周年記念キャンペーン実施決定。ターキッシュ エアラインズが、日本線就航28周年を記念し、ヨーロッパ11カ国16都市行き特別運賃を発表。


世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ〜ミラノ通信#14

世界遺産の村 チンクエ・テッレ、5つの村へ〜ミラノ通信#14

イタリア北西部にある5つの村、チンクエ・テッレをご存知でしょうか。ユネスコの世界遺産にも登録されており、その美しい景観から世界中から観光客がやってくるスポットになっています。ミラノ在住の河見恵子さんによる日帰り旅行レポート、今回は前編をお送りします。


最新の投稿


映画『民生ボーイと狂わせガール』劇中登場のランジェリーがラヴィジュールより販売に

映画『民生ボーイと狂わせガール』劇中登場のランジェリーがラヴィジュールより販売に

ランジェリーブランド「Ravijour(ラヴィジュール)」は9月21日より、映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』劇中で登場するランジェリーVol.2を全国直営店やオフィシャルWebストアにて販売開始。


復縁が失敗するのは「元を取りたい」気持ちがあるとき

復縁が失敗するのは「元を取りたい」気持ちがあるとき

別れた元カレと復縁を願うとき、無意識に「元を取りたい」と思っている女性は意外と多いものです。ですが、傷ついた分を相手に償ってもらうのが目的の復縁は、失敗に終わる可能性が高くなります。過去の痛みは忘れて、新しい絆をふたりで築きたい心を持つこと。これが、復縁で失敗しないポイントです。


旬の栗! 剥くのが面倒なズボラさん必見の「剥き甘栗」を使った絶品レシピ3選

旬の栗! 剥くのが面倒なズボラさん必見の「剥き甘栗」を使った絶品レシピ3選

旬の「栗」。「剥くのは少し面倒だな」という方におすすめしたい、剥き甘栗を使ったレシピを3つご紹介します。


おやつの新たなトレンド、ギルトフリーとは?

おやつの新たなトレンド、ギルトフリーとは?

ギルトフリーとは、直訳すると「罪悪感なしのおやつ」のこと。でも、いったいどういうこと? お菓子メーカーに勤める筆者の全10回連載の3回目は、おやつ・スイーツ・お菓子の最新トレンドであるギルトフリーについて、詳しくお伝えします。


「中医学」を取り入れる暮らしで美しく健康に

「中医学」を取り入れる暮らしで美しく健康に

「中医学」という言葉は聞き慣れないかもしれません。東洋医学とはよく聞くけれど……。中医学とは中国の伝統医学で、実は私たちの生活でもとても実践しやすいセルフケアのひとつ。今回は国際中医師の千葉敬子さんに、中医学から学べる女性の健康の知恵を教えていただきました。


おっぱい

MENU

DRESS部活