大西明美 さんが 2016/09/08 に更新
「世帯年収600万円くらいでいい」1年以内に婚活を卒業するバリキャリ女性が考える結婚とお金

「世帯年収600万円くらいでいい」1年以内に婚活を卒業するバリキャリ女性が考える結婚とお金

稼ぐ力のある独身バリキャリ女性は、自分よりも高年収の同世代男性を希望しがち。しかし、彼らを狙う女性たちは数多く、相当な激戦区であり、勝利を収めるのに時間もかかるだろう。すばやく結婚を決めるには条件の棚卸しが必要だ。1年以内に婚活を卒業したバリキャリ女性たちの“考え方”を見てみよう。

婚活

■「働き続けたい」「子どもを産みたい」バリキャリ女性の婚活が行き詰まる理由

年収600万円以上を稼ぐアラサー、アラフォーのバリキャリ女性が、私の結婚相談所にもたくさん訪れる。その女性たちの婚活条件がまるで判を押したように同じだ。以下、3つあげてみる。

・自分より年収が高いこと
・通勤時間1時間以内の距離に住んでいること
・年齢は自分と±5歳くらいであること

そうなるとターゲットは、年収600万円以上のアラサー、アラフォーの男性ということになる。この男性たちは20代の女性からも人気がある。ネット婚活の場合だと、40代であっても毎日20代の女性からオファーが来る人がほとんどだ。

そんな男性たちがあえて「同世代」を選ぶのか。答えはイエスだ。

自著『となりの婚活女子は、今日も迷走中』でも書いているが、男性の年収が1,000万円を超えてきたあたりから、お金目当てで集まってくる若い女性を敬遠し、「一緒にいてやすらぎ、話題も合う同世代」を選ぶ傾向が高くなる。

しかし、年収1,000万円以上の独身男子の割合は、独身男性全体の5%もいない。高年収男性を狙う市場は激戦区であるため、彼らとお見合いをスムーズにするということすら現実的ではないともいえる。

苦戦するバリキャリ女性がほとんどの中、1年以内に婚活をさっさと卒業し、お子さんとの生活を楽しんでいるバリキャリ女性もいる。一体彼女たちは何をしたのか。

■第一線で仕事を続けたいなら「キャリアを捨てずに済む男性」を選びたい

「世帯年収900万円って港区の平均年収。私はそんな生活を望んでいない。普通に世帯年収が600万円あれば子育てができる」

そう言ったのは、大手企業勤務の女性ユカリさん(40歳)。管理職試験目前だった。出世しようと思ったら、結婚、出産でブランクは許されなかった。

彼女の条件は、「私の仕事を中心にライフスタイルを組める年下男性」ということだった。この条件に当てはまるならば、年収は問わないとのことだった。むしろ、年収の高い男性は敬遠していた。
「子どもが欲しいから、保育所の送り迎えもできる男性じゃないと困る」という。

3ヶ月もしないうちにユカリさんの結婚が決まった。3回目のお見合い相手だった、年収350万円のマサアキさん(35歳)だ。商業高校卒業後、ずっと一人暮らしだ。経理の仕事をしている。

勇気を出して、ユカリさんの希望を打ち明けてみたところ、彼から意外な答えが返ってきた。

「あ、ぼくは家事が好きだし、子どもを育てるのはぼくがやってもいいです」聞いてみないとわからないものである。仕事も年度末の繁忙期以外は17時に終わる。

「教養とか学歴とか、すごくギャップがあるけど大丈夫かな」と思ったけれども意外にもうまくいった。
ユカリさんは「年下だと思うと、優しくなれる。それにいい格好しなくていいと思えるので癒される」と言ったのだ。

結婚後1年も経たないうちにお子さんも誕生した。しかし、困ったことが起こった。「保育園に落ちた」のである。

■妻に稼ぐ力があるなら、夫が一時的に「専業主夫」になるのもアリ

なんと、マサアキさんが仕事を辞めたのだ。結婚前にユカリさんとマサアキさんとの間で約束事があったのだという。

「保育園に落ちた場合は、マサアキさんが専業主夫になること」というものだった。

 長年勤めていた会社をやめたマサアキさんの社会復帰は厳しくなるだろう。同じ職種で正社員の道も見つからないかもしれない。それでも、マサアキさんは構わないのだという。
「妻が働いているから、生活には困らないし。ぼくは母乳を出す以外のことは全部できるので、問題ありません」

こんな生き方、夫婦の形があったっていいと思う。男性は外で働き、稼ぐべきだ、という考え方にとらわれる必要はない。

稼ぐ力のあるバリキャリ女性は「自分より仕事がデキる人」を狙って、婚活市場の激戦区で戦うよりも、「家庭を守ってくれる人」という選び方をするのもいいのではなかろうか。

関連する投稿


婚活で成功する女性の特徴は「石鹸」の香りを放っている

婚活で成功する女性の特徴は「石鹸」の香りを放っている

婚活中の女性が「石鹸」の香りを放っていれば、成功して婚活を早く終えるという特徴がある。近づいた瞬間だけ香る女は、婚活界から早々と卒業していくという。一体なぜ?


女性が婚活で成功する方法は「能天気力」

女性が婚活で成功する方法は「能天気力」

婚活で成功する方法。それは「能天気力」。婚活パーティーは言ってしまえば、この世で一番楽しくないパーティー。でも、その場を能天気に、自由にのびのびとふるまう女性こそ、パーティーでイイ男をさらっていくデキる女。いま、婚活女性がつけるべきは能天気力!


結婚願望が強い女性。婚活がうまくいかないときはやり方を見直そう

結婚願望が強い女性。婚活がうまくいかないときはやり方を見直そう

焦り――結婚願望が強い、婚活中の女性につきものの感情。結婚したいのに、結婚できない……そうやって悩んだあげく、つらくなり、心身のバランスを壊してしまう人がいる。行き詰ったと思ったら、やり方を見直すこと。全体を見ることが婚活成功のコツなのだ。


「婚活」で恋愛感情を放棄してはいけない

「婚活」で恋愛感情を放棄してはいけない

恋愛感情をもってから、平均約4年半といわれる「交際〜結婚」までの期間。20代の頃ならまだしも、アラフォーともなると、万一ゴールインできなかったとき「ムダな投資だった……」と愕然とするはず。その危険な投資を有効な方法に変えるのが"婚活"です。婚活は全力で恋ができる環境。そんな婚活で恋愛感情を放棄していませんか?


「金夜にLINEの時間、とってくれる?」そう言える女はフラれない

「金夜にLINEの時間、とってくれる?」そう言える女はフラれない

LINEで彼女から詰められる男性の心理を想像してみよう。しかも、年末年始という繁忙期に。ちょっと距離をおきたい、と思われるのも無理はない。恋愛が壊れるのを防ぐ「金曜夜のLINEテク」をご紹介します。


最新の投稿


「私はこんな人」と明確に言えなくてもいい。曖昧なのが私たち【小島慶子 連載】

「私はこんな人」と明確に言えなくてもいい。曖昧なのが私たち【小島慶子 連載】

昨日と今日で考えていることが変わるのが人間。でも、SNSに縛られて「自分のキャラがブレていないか」「設定から逸脱していないか」と、疲れている人も少なくない。でも、とっ散らかって気まぐれなのが私たち。それでいいんじゃないか。


ビルボードライブ東京/大阪ジョディ・ワトリー公演にご招待します!

ビルボードライブ東京/大阪ジョディ・ワトリー公演にご招待します!

シャラマーのメイン・ヴォーカルであり進化を続けるダンス・クイーン、ジョディ・ワトリーが冬のビルボードライブに登場!


さっぽろ雪まつりに、モエ・エ・シャンドン “MOËT ICE LOUNGE”がオープン!

さっぽろ雪まつりに、モエ・エ・シャンドン “MOËT ICE LOUNGE”がオープン!

こちらのラウンジを体験、Project DRESS WEBサイトでレポートしていただけるDRESS部員の方を大募集!


日本酒検定って?過去の問題や難易度をご紹介

日本酒検定って?過去の問題や難易度をご紹介

日本酒検定をご存知ですか?日本酒検定とは日本酒についての知識を広め、もっと日本酒に親しみ楽しむ機会を増やすことを目的に実施される検定。日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)が主催していて、20歳以上であれば誰でも受験できる検定です。 今回はその過去の問題の事例や合格率・難易度についてみていきます。


『東京タラレバ娘』第1話【ドラマ速攻レビュー、感想付き】

『東京タラレバ娘』第1話【ドラマ速攻レビュー、感想付き】

『東京タラレバ娘』は東村アキコ原作の大ヒットコミック(既刊7巻)がドラマ化された作品。第1話の、感想を交えた速攻レビューをお届けします。