「世帯年収600万円くらいでいい」1年以内に婚活を卒業するバリキャリ女性が考える結婚とお金

「世帯年収600万円くらいでいい」1年以内に婚活を卒業するバリキャリ女性が考える結婚とお金

稼ぐ力のある独身バリキャリ女性は、自分よりも高年収の同世代男性を希望しがち。しかし、彼らを狙う女性たちは数多く、相当な激戦区であり、勝利を収めるのに時間もかかるだろう。すばやく結婚を決めるには条件の棚卸しが必要だ。1年以内に婚活を卒業したバリキャリ女性たちの“考え方”を見てみよう。


■「働き続けたい」「子どもを産みたい」バリキャリ女性の婚活が行き詰まる理由

年収600万円以上を稼ぐアラサー、アラフォーのバリキャリ女性が、私の結婚相談所にもたくさん訪れる。その女性たちの婚活条件がまるで判を押したように同じだ。以下、3つあげてみる。

・自分より年収が高いこと
・通勤時間1時間以内の距離に住んでいること
・年齢は自分と±5歳くらいであること

そうなるとターゲットは、年収600万円以上のアラサー、アラフォーの男性ということになる。この男性たちは20代の女性からも人気がある。ネット婚活の場合だと、40代であっても毎日20代の女性からオファーが来る人がほとんどだ。

そんな男性たちがあえて「同世代」を選ぶのか。答えはイエスだ。

自著『となりの婚活女子は、今日も迷走中』でも書いているが、男性の年収が1,000万円を超えてきたあたりから、お金目当てで集まってくる若い女性を敬遠し、「一緒にいてやすらぎ、話題も合う同世代」を選ぶ傾向が高くなる。

しかし、年収1,000万円以上の独身男子の割合は、独身男性全体の5%もいない。高年収男性を狙う市場は激戦区であるため、彼らとお見合いをスムーズにするということすら現実的ではないともいえる。

苦戦するバリキャリ女性がほとんどの中、1年以内に婚活をさっさと卒業し、お子さんとの生活を楽しんでいるバリキャリ女性もいる。一体彼女たちは何をしたのか。

■第一線で仕事を続けたいなら「キャリアを捨てずに済む男性」を選びたい

「世帯年収900万円って港区の平均年収。私はそんな生活を望んでいない。普通に世帯年収が600万円あれば子育てができる」

そう言ったのは、大手企業勤務の女性ユカリさん(40歳)。管理職試験目前だった。出世しようと思ったら、結婚、出産でブランクは許されなかった。

彼女の条件は、「私の仕事を中心にライフスタイルを組める年下男性」ということだった。この条件に当てはまるならば、年収は問わないとのことだった。むしろ、年収の高い男性は敬遠していた。
「子どもが欲しいから、保育所の送り迎えもできる男性じゃないと困る」という。

3ヶ月もしないうちにユカリさんの結婚が決まった。3回目のお見合い相手だった、年収350万円のマサアキさん(35歳)だ。商業高校卒業後、ずっと一人暮らしだ。経理の仕事をしている。

勇気を出して、ユカリさんの希望を打ち明けてみたところ、彼から意外な答えが返ってきた。

「あ、ぼくは家事が好きだし、子どもを育てるのはぼくがやってもいいです」聞いてみないとわからないものである。仕事も年度末の繁忙期以外は17時に終わる。

「教養とか学歴とか、すごくギャップがあるけど大丈夫かな」と思ったけれども意外にもうまくいった。
ユカリさんは「年下だと思うと、優しくなれる。それにいい格好しなくていいと思えるので癒される」と言ったのだ。

結婚後1年も経たないうちにお子さんも誕生した。しかし、困ったことが起こった。「保育園に落ちた」のである。

■妻に稼ぐ力があるなら、夫が一時的に「専業主夫」になるのもアリ

なんと、マサアキさんが仕事を辞めたのだ。結婚前にユカリさんとマサアキさんとの間で約束事があったのだという。

「保育園に落ちた場合は、マサアキさんが専業主夫になること」というものだった。

 長年勤めていた会社をやめたマサアキさんの社会復帰は厳しくなるだろう。同じ職種で正社員の道も見つからないかもしれない。それでも、マサアキさんは構わないのだという。
「妻が働いているから、生活には困らないし。ぼくは母乳を出す以外のことは全部できるので、問題ありません」

こんな生き方、夫婦の形があったっていいと思う。男性は外で働き、稼ぐべきだ、という考え方にとらわれる必要はない。

稼ぐ力のあるバリキャリ女性は「自分より仕事がデキる人」を狙って、婚活市場の激戦区で戦うよりも、「家庭を守ってくれる人」という選び方をするのもいいのではなかろうか。

この記事のライター

婚活アドバイザー。自ら経営する結婚相談所で7年で200組以上のカップルを成婚へと導く。

「となりの婚活女子は今日も迷走中」(かんき出版) 「糟糠の妻はなぜ捨てられるのか」(プレジデント社)

関連するキーワード


婚活

関連する投稿


失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

男日照り暦5年のOL・鎌谷素子は男慣れしておらず、恋愛にも消極的。そんな素子に対して攻撃的な態度を崩さない天敵・高山聡子が、ある日突拍子もない提案をぶつけてくる。恋愛難民と化した女は、無事運命の王子様を見つけて失われた青春を取り戻せるのか? 連載「恋愛難民、王子様を探す」#1をお届けします。


婚活は人生最高のリセットスイッチ「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」― 第23話

婚活は人生最高のリセットスイッチ「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」― 第23話

「婚内婚活」という馴染みのない言葉。今まで聞いたこともないような婚活の形に困惑する伊藤有紀……。胸の内にどこかモヤモヤしたものを抱えた有紀を気遣い、友人の瑛子が連れて行ってくれた場所は、銀座の高級サロンだった。婚活における瑛子の次なる戦略とは――? 連載「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~ 」第23話。


エリート男性との恋愛事情を大解剖! 彼らの意外な心の悲鳴とは

エリート男性との恋愛事情を大解剖! 彼らの意外な心の悲鳴とは

大手企業に勤め、年収も高く、引き締まった体に整った容姿。そんなエリート男性の恋愛事情をご存知でしょうか? 自ら経営する結婚相談所で7年で200組以上のカップルを成婚へと導く婚活アドバイザー大西さんによれば、彼らには彼らなりのリアルな恋愛事情が存在するのだそう。今回は、そんなエリート男性の心の声をご紹介します。


【危険】LINEのせいで価値観が合う男性との恋愛がフェイドアウト!?

【危険】LINEのせいで価値観が合う男性との恋愛がフェイドアウト!?

出会って意気投合してLINE(ライン)交換。話題も合っているのになぜか2週間もたたないうちにフェイドアウト。一体何が間違っているのか。今回はLINEのせいで、価値観の合う男性を逃してしまうかもしれない危険についてお伝えしていきます。


約束したくない男と、結婚したい女

約束したくない男と、結婚したい女

年内に結婚・妊娠を目指している私。結婚への近道は、結婚という形式にとらわれず、好きな人を大切に扱うことではないか、と最近になって考えるようになった。そのきっかけは、結婚への意思が確認できる前に、その男性との関係を進めるべきか否か深く悩んだ“ある出来事”にあった。


最新の投稿


【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

街中で目を惹く、主張の強いカラー。そんなトップスを自然に着こなすには、トータルコーディネートがものをいいます。連載「おしゃれびとスナップ」2017年6月第5週は「印象的なカラートップスを着こなす人」をテーマにお届けします。


ふるさと納税活用法! 自宅にいながら日本全国の食を楽しむ

ふるさと納税活用法! 自宅にいながら日本全国の食を楽しむ

お金の相談を受けたときには、必ず「ふるさと納税は利用していますか?」と聞くようにしています。「聞いたことはあるけど、利用したことはありません」という人も多く、そんな人には、「手続きは10分もあればできるから、利用してみて」とお伝えします。今回は、ふるさと納税の魅力について解説します。


メイクが下手な人(下手に見える人)が雑にしがちな4つのポイント

メイクが下手な人(下手に見える人)が雑にしがちな4つのポイント

この人メイクが下手なのかな? そう思う相手のメイクを観察すると、自分では気づきにくいファンデーションの塗り忘れやムラなどの雑なメイクになっていることが往々にしてあります。雑になりやすいメイクの4つのポイントを押さえて、外出前にしっかりチェックして。


「パパよりママ派」の子が8割!パパの育児参画のきっかけを考える

「パパよりママ派」の子が8割!パパの育児参画のきっかけを考える

株式会社オークローンマーケティング(ショップジャパン)でアンケートを取ったところ、自分の子どもが「パパよりママ派」だと感じている方が約8割。父の日を前に、パパが今よりもっと子どもと良い関係を築くためのきっかけとなるイベントを実施しました。その模様をレポートします。


ハーゲンダッツ新作は完熟バナナ×ほろ苦チョコ

ハーゲンダッツ新作は完熟バナナ×ほろ苦チョコ

夏に美味しいシェイクをイメージした期間限定フレーバーが登場。芳醇な完熟バナナの味わいとほろ苦いチョコレートの絶妙なバランスを堪能して。ハーゲンダッツミニカップ「バナナショコラータ」が6月27日より発売となります。


DRESS部活