デキる女の決断クローゼット #1 私、プチプラで幸せになれますか?

デキる女の決断クローゼット #1 私、プチプラで幸せになれますか?

近年、プチプラアイテムのコーデがブーム。誰もがあたりまえのように着こなすようになりました。でも、なんとなく買ったプチプラアイテム、着こなせずに、クローゼットの肥やしになっていませんか? 本連載ではハイ&ローの組み合わせで、個性を活かした賢いファッションを提案します。


■プチプラコーデが微妙に見えてくる理由

「いつか着る、は一生着ない」

私たちは何度となく、そういう心境になることがあります。
近頃は、ブログやInstagram、書籍まで、プチプラコーディネートが大流行中です。モデルさんのようにすらりとした美女が、GUやH&Mを素敵に着こなしているのを見ると、うっかり「私も」なんて思ってしまいます。けれども、ぜい肉のつき方や肌のハリがまるで違う、私のようなアラフィフが真似しても、悲しいことに仕上がりはまるで別モノ。「プチプラなんとなく買い」をしても、いい買い物ができた試しがありません。

毎日違う服を着て、ブログで自撮りを見せてくれる美女たち。少なくともトップスとボトムス各1枚、毎日違う服を着るとしたら、月60枚もの服の組み合わせを、毎日考えていることになります。それにアクセサリーと靴を組み合わせたら、よっぽど豪邸に住んでいない限り、きっとすごい勢いで服を捨てているのかも。プチプラコーデ本と断捨離本を買う人は、ひょっとするとかぶっているのかもしれません。でも私たちのようにふつうの女性が、プチプラ服を大量に買い、様々な服のコーディネートを考える必要があるのでしょうか。

先日、外資系企業に勤めるイケメン男性(40代)とご一緒した際、彼はこんなことを言っていました。

「SNSに子どものことしかのせない女性と、仕事のことしかのせない男性は、どちらもカッコ悪い」

ごもっともです。育児も仕事も「そればっかり」の人には、なんだか視野が狭くて退屈な人、という印象を持ってしまいます。

たとえば、1日3時間メイクに時間をかける人がいたとしたら、「すごいね」より「ヒマそう」が、受け取る側の本音。そして365日プチプラコーデを考えている人からも、なんとなくそれに似た匂いを感じてしまうのは私だけでしょうか。

1日中服の心配をする人より、仕事もおしゃれも美容も恋愛もバランス良く軽々とこなし、スマートに時間を使う人はやっぱりカッコいい。大人の女性になればなるほど「頭使ってるけど、時間使ってない感」がほしいなあと思うわけです。

貴重な時間と労力を使い、結局ゴミ袋の山を作るだけの「プチプラなんとなく買い」はもうおしまい。プチプラにも流行にも振り回されず、「さくっと決断できる女」を目指したいものです。


■危ないプチプラ、賢いプチプラ

ここで暴露話を1つ。私が16年身を置いていたファッション業界で、以前こんな経験をしました。ブランドAは、20代半ば対象のOL服。ブランドBは、20代後半から30代対象のキャリア服です。あるとき、両方のブランドがまったく同じ黒い生地を使い、似たような形のパンツを販売しました。ところがそのパンツ、ブランドAは9,800円、ブランドBは12,800円の値段がつけられたのです。むむむ。詐欺か!? このからくりはいったい何なのでしょう。

形や素材はほぼ一緒。違ったのは縫製工場です。ブランドBのほうがワンランク上の工場で製品を作っていました。

服にはブランドごとに、基準となるサイズが想定されています。ブランドBはブランドAより全体的にゆったりサイズ。また、服を裁断するときに使う型紙の形やサイズも微妙に違っています。女性は年齢が上がるほど体のラインが丸くなるため、そうした体型を美しく見せるために、微調整が必要になってくるのです。当然、そのほうが作るのに手間ひまもかかるわけで、いわゆる「縫製がいい」というのは、こうしたことを含めてのことを指すのです。

ですから、アラサーを越えたら避けたい「危ないプチプラ」は、ラインの良し悪しがはっきりと出てしまう服。少しでも細く長く見せたい下半身を包むパンツ類や、肩パット・襟芯など、いろんなパーツが複雑に組み合わさってできているジャケット、1枚の布で勝負しなければいけない、よそいきワンピースなどです。

逆に、ゆるっと着るジャージーワンピや、脇がざーっと直線で縫ってあるだけの単純なブラウス、いつも黄ばみのないものを着たい白Tシャツ、素材の良さより洗濯のしやすさを優先したい服などが「買っていいプチプラ」。いずれも試着して体のラインが美しく見えるものであれば、利用する価値アリです。

■決断と選択の積み重ねがカッコいい女をつくる

もしもあなたが夕飯の買い物に行くとして、ただ漠然と特売の肉や野菜を買い集めても、何かの料理になることはありません。今日はカレーをつくると「決断」して、肉や人参やじゃがいもを「選択する」から、目的のメニューを作り美味しくいただくことができます。

そういう意味で、ファッションと生き方は似ている気がします。
「目指すものを決めること、そして自信を持って選ぶこと」
それがなければ、自分にとって必要なものや、なりたい自分は手に入りません。そして他人がどうであれ、自分らしい決断と選択ができる人は、文句なくカッコいい!

そんなデキる女のクローゼット作りのために、役立つエッセンスをお伝えしていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。

●まとめ
ファッションと生き方は似ている。
なりたい自分を決め、自信を持って選択しよう。


この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連する投稿


UNIQLOメンズカーディガンでこなれ感と着やせ効果をGET

UNIQLOメンズカーディガンでこなれ感と着やせ効果をGET

UNIQLOのメンズカーディガンがこの秋、おすすめです。レディースとは異なり、ゆったりしたサイズ感、シルエットになるので、こなれ感と着痩せ効果を同時に手に入れることができます。1枚持っておくと使える、メンズのエクストラファインVネックカーディガンを用いたコーデをご紹介します。


GUのタイトスカートを秋コーデに投入。旬なシルエットが叶います

GUのタイトスカートを秋コーデに投入。旬なシルエットが叶います

GUのスカートを取り入れたコーデをご提案。今回登場するのは、1990円で手に入る「チェックナローミディスカート」。タイトでカッコいいシルエットが旬なこの秋、一枚手に入れたらしっかり使えます。


1枚で旬コーデ。UNIQLOグレンチェックパンツがあればいい

1枚で旬コーデ。UNIQLOグレンチェックパンツがあればいい

グレンチェック柄が今秋のトレンド。UNIQLOのグレンチェックのパンツを主役にしたコーデをご紹介します。レトロ感、70年代感を取り入れたコーデをこの秋、しっかり楽しんで!


1本で秋を先取り。GUフェイクファーバッグストラップが使える

1本で秋を先取り。GUフェイクファーバッグストラップが使える

GUでフェイクファーバッグストラップを発見しました。790円ととてもお手頃な金額ながら、いろいろなバッグのストラップとして付け替えると、秋の先取りファッションをしたいときに大活躍。1本持っていれば、秋らしく、旬なバッグに大変身してくれます。全4色あるなかでの色選びのコツもご紹介します。


1枚でこなれ感。Uniqlo UのクルーネックTシャツで秋色を意識

1枚でこなれ感。Uniqlo UのクルーネックTシャツで秋色を意識

Uniqlo UのクルーネックTシャツを用いたコーデを3つご紹介します。Uniqlo UのクルーネックTシャツの中でも、わたしが選んだのは秋色のボルドー。カジュアルになりすぎない、きれいめなコーデに仕上げました。キモとなるのは小物使い。合わせるバッグでも印象が大きく変わるはずです。


最新の投稿


『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

綾野剛主演の人気ドラマ『コウノドリ』第1話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。産科医療の現場をリアルに描くドラマです。号泣必至なので、見るときはハンカチを用意しましょう。


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


おっぱい

MENU

DRESS部活