1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 恋を失ったとしても、その先に自分だけの正解がある【完璧になれない私の話】

恋を失ったとしても、その先に自分だけの正解がある【完璧になれない私の話】

Share

DRESS新連載『完璧になれない私の話』がスタート。「丁寧」だったり「綺麗」だったり「かっこいい」だったりをずっと続けていけたら最高なんだけど、なかなか難しいよね……でもそんな自分も最高だよって受け入れられたらいいよねって話をしていきます。第一回目では「恋に破れた経験」について。

恋を失ったとしても、その先に自分だけの正解がある【完璧になれない私の話】

恋愛百戦錬磨だった私も、好きだったのに結局付き合えなかった人がいます。
ずっと「私が好きになったら絶対付き合える」って信じ込んでいたからこそ、この”失恋”した相手は今でも自分の心の中にモヤっと存在しています。

彼の仕事は作家さん。私は彼に作品をオーダーするお客さんという立場でした。初めて会ったのは、どういう作品を作ってもらうかを打ち合わせするために、渋谷のカフェで待ち合わしたとき。お互いどういう顔かも知らない状態で待ち合わせをしたんだけど、彼のビジュアルを見た瞬間からかっこよすぎて震えたな(笑)。

ひと通り打ち合わせをしたあと、お茶を延長して少しばかりおしゃべりをした。話の内容は忘れたけど「趣味があうなあ」とか「自分の世界を築いていていろんなことを深く考えているなあ」とか「素敵だなあ」って気持ちがあった気がする。

そのあとも、彼と私は仕事に関係のないやり取りをずっと続けていて、プライベートなことまで話すようになっていた。好きな映画とか、今興味があるものとか、住んでいるところとか……どこか遊びに行きたいね、なんて話もちらほら出てきて。

それから私たちは自然とデートをするようになっていたんだけど、なんとなーく私たちには急速に近づくような雰囲気がなくて。そういうのあるじゃないですか。うまくいくカップルのスピード感と「付き合っちゃうんだろうな」っていう感触。何回か会えばそうなるはずなんだけど、まったく進展がなくて。

そもそも私は、自分がいいなって思った相手にはその3倍くらいの勢いで気持ちを返してきてほしいんですよ。それでこそ自分の気持ちも盛り上がるというか……。
でも彼から感じるのは、私と同じくらいの気持ち、同じくらいの勢い。
私たちは月に1、2回ほどのペースで会っていたんだけれど、気になるイベントとか遊びに行くスポットがないと……つまり、そういう”理由”がないと会おう! って話にならなかった。女心としてはさ、相手の気持ちを確かめたいのもあって、理由とかきっかけとか抜きにして「ただそばにいたいから会いたい」っていう感情がほしいじゃない。それがなかったんだよね。

■「でもうまくいかせたかったら、タイミング合わせるじゃん」

そんな中、出会ってから数カ月後くらい経ったとき、ハプニング的にグッと距離が縮まった瞬間があった。でもタイミングが残酷で……。そのとき彼は人生のターニングポイントにいて、生活スタイルを変えるために、仕事を辞めて、遠い場所に引っ越すことが決まったんだよね。

まあ2時間程度で会える距離ではあるんだけど、まだ関係性を確立させてない私たちには重い足かせとなった。

それからも何度か会っていたけど、私が近づきたいときに彼は遠くにいて、彼がグッと近づいてきたときには私の気持ちが乗っていなかったりした。

結局、彼とは思い描いたような関係にはなれなかったんだけれど、彼が口にした忘れられない言葉がある。
私が「タイミングって大事だよね。タイミングが合えばうまくいっていたのかもしれないのに、合わなかったばっかりにうまくいかないんだよ」と伝えたとき、彼は「でもうまくいかせたかったら、タイミングは合わせるじゃん」って答えたの。

私はその言葉に何も言えなくなっちゃって。
確かにそうだよね。このタイミング論も確実にあるんだけど、結局はどれだけ相手を想っているか。

私はそのときに、彼のことを思う誠実さが足りなかったことを言い当てられた気がして、今でも忘れられない言葉になった。人って自分に向けられる愛情の大きさを意外と見抜いていて、感じ取っている。だから、薄っぺらいテクニックとか言葉では人の心を動かすことは難しいんだ。

だから私は彼の言葉を受け止めたときから、もう薄っぺらく誰かを思うのはやめようって決めた。

■自分がどんな人間なのかわかってなかった

ここで正直に告白すると、そのときの私は作家の彼へ好意を寄せながらも付き合っている別の人がいた。すでにその人への気持ちは冷めかけていたから会う回数もだいぶ減らしていて。いつ別れてもおかしくない状況だったのだけれど、ほんの少しだけ情があったせいかダラダラ関係を続けていたんだよね。

振り返ってみれば、当時の私の恋愛関係ははものすごくふらついていた。同時に気になる人とか曖昧な関係の人が数人いて(彼も含めると4人くらい……)、それぞれに「いいな」って思うポイントがあったけれど、確固とした関係を誰とも築こうとは思えなかった。この曖昧な状況がどうして生まれてしまったのか、理由なんて考えたこともなかった。

けど今なら答えがわかる。問題は彼らにあったわけではなくて、私にあった。まず私自身が自分をどういう人間かわかっていなかった。そのせいで自分が求めている男性像もあやふや。だからなんとなく好きになった人や、いいなと思う人がいては不誠実な好意を振りまいていたんだよね。
ちょっといいなと思った人から、好意を返してもらえればうれしいし楽しいし、あと先考えず、楽しもう! 吉日生活! って浮かれポンチだったワケ。

例えるなら好きな色なに? って聞かれても「パステル系」って答えるみたいに、結局どの色が一番好きなのか全然わかっていない状態。だから誰とも向き合えずに、好きな色をはっきりと言えず、愛しきることができず不誠実な関係をダラダラと続けてしまっていたのね。

このままでは良くないと思ってからは、すぐに彼氏やグレーな関係性の人たちと別れて、“自分を確立するまでは”誰とも付き合わないって決めた。出会いと別れを繰り返す中で摩耗していった自分の内側を一旦整理してみたんだ。自分はどんな人間で、どんな人と付き合いたくて、どんな関係を望んでいるんだろうって。

その答えが出てからほどなくして、今の夫と出会ったんだよね。夫と付き合った後に、作家の彼とずっと前から約束していた映画を見に行ったことがある。
そのときに彼は自分にも彼女ができたことを教えてくれた。映画見て、ご飯を食べて、お互いに1mmも男女として触れることなく解散した。そうして私たちは友達になった。
今でもたまに関わることがあるけど、余裕で”男”を感じるから気をつけてる(笑)。

■その人たちにしかわからない感情のやり取りがある

この恋愛は私の中でものすごく複雑で、男と女の関係には正論では語れないことが起こるよねって思える経験になった。だから、今複雑な恋愛をしている人の気持ちもわかる。

周りから見たら上手くいっているように見えても、実際はお互いの気持ちが違う方向を向いていたり。脈なしだとしても、大切にされていなくても、その人のことを好きでい続けてしまうこともある。友達に話したらどうアドバイスされるかもわかってる、正解がなんなのかもわかっている、でもそうできない、というのが恋をしている人間の弱さでもあるよね。

だからこそいつでも自分の幸せを忘れないでほしいって思う。失敗とか間違いとか、したくないよね。私もそう。でも恋愛も結婚も、恋をしている弱い人間同士でやっているものだから、失敗があって当然なんだよ。だから、たくさん間違えたりしながら答えをみつけたらいいよ。私はその先に幸せが待ってる、報われるときが来るっていうのを知っているから。

Illust/kame(@kameillust

『完璧になれない私の話』バックナンバー



#1 恋を失ったとしても、その先に自分だけの正解がある

#2 VIO脱毛体験記。あまりの激痛にめげそう

Share

エマちゃん

小悪魔と呼ばれていた恋愛戦士も今や人妻。芸能芸術のお仕事をしています。

関連記事

Latest Article