妊娠中から資格取得に励み、転職するまで~起業に至る道

妊娠中から資格取得に励み、転職するまで~起業に至る道

「出産後に働きたい!」と思い、妊娠中から資格取得に励んだ端羽英子さん。無事に米国公認会計士の資格取得に成功するも、面接で思うようにいきません。そんな端羽さんが強く望んだ日本ロレアルに転職できた理由とは――?


前回の連載は、新卒1年目の妊娠、出産でゴールドマン・サックスを退職から。

「妊娠、育児などの時間制約がある中でも、資格さえあれば自分の強みを活かした働き方ができるのではないか」。そう考えたことのある方も多いのではないでしょうか? 

私も資格取得からキャリアの再設計を考えたひとりです。知識をマッチングするサービス「ビザスク」を起業するまでの道のりの中で、連載2回目では「資格取得〜1回目の転職」に至るまでのストーリーを振り返ります。

■出産後すぐに働く準備を! 米国公認会計士(USCPA)にチャレンジ

妊娠がわかり、激務の外資系証券会社でのキャリアを断念した後、再びムクムクと「働きたい」という想いが湧き上がってきた私は、「子どもを生んだらすぐに働けるように備えよう!」と妊娠中から資格の勉強をスタート。

「英語」×「会計」の掛け算だと強いのでは、と米国公認会計士(USCPA)資格の取得を目指すことにしました。出産前から大きなお腹で学校に通い始めたので、周囲は驚いたかもしれません。しかし、それくらい「働き続けたい!」という強い気持ちがありました。

地元・熊本の母に上京してもらって授乳期の子どもを預け、米国公認会計士(USCPA)の受験のためにグアムに渡航。試験が終わった後の、つかの間の免税店での買い物と海水浴で得られた解放感は忘れられません。今振り返っても「本当によく頑張った……」という思いです。

とはいえ、無事に米国公認会計士に一発合格したものの、スーパー派遣という働き方を模索しにくい時期でした。今では、シェアリングエコノミーやクラウドソーシングなどの新しい働き方のスタイルも受け入れられていますが、当時はまだ早すぎたのでしょう。フルタイムでの仕事を探すことにしました。ハローワークにも行き、人材紹介会社にも登録し、本格的に転職活動を開始しました。

■皆は仕事があるのに、なぜ私には仕事がないの……疎外感から得た気づき

しかし、転職活動を始めたものの、1次面接をなかなか通過できない……。改めて冷静に考えてみると、「社会人経験1年弱」で「乳飲み子を抱えている」という状況で、気持ちが焦っていたのでしょう。ランチどきに、面接でオフィス街に行ったときに、同僚と楽しそうにランチをしている人たちを見ると、「みんなには仕事があるのに、なぜ私には仕事がないのだろう……」と疎外感を感じて落ち込みもしました。恐らくこの時期は、自分が何をできるのか、何をしたいのか、会社にどのような貢献ができるのかなど、説明できるレベルまで整理ができていなかったのでしょう。

日系や外資系、企業規模を問わず事業会社や監査法人に応募したものの、書類受領の返事すらいただけないことも続き、本格的に「このままでは、マズい」と思うようになりました。社会から取り残されていく不安に惑わされずに、「本当に何がしたいかをしっかり考えよう」、そして「自分の言葉でアピールしなければならない」と思い至りました。

■「なぜここで働きたいか」を初めて自分の言葉で語れた

その頃に出会ったのが、日本ロレアルという会社です。予算を作って予実管理をする「コントローラー」ポジションでの募集があると情報を得て、米国公認会計士(USCPA)の知識やスキルも活かせて、刺激的な環境で仕事ができるのではないかと感じました。

また、実は妊娠前は、メイクにはあまり興味がなかったのですが、妊娠中はファッションの楽しみが限られため、初めて「メイクは楽しいものだ!」という気づきがありました。これまでに勉強したことを活かせることと、扱うプロダクトへの興味とが合致して、初めて「なぜここで働きたいか」を自分の言葉で説明できる会社に巡り会えたと思ったのです。

「化粧品に興味があって、今すぐ働きたい。自分は会計が好きで、そのために勉強をしてきた。社会人経験は短いものの、英語と会計の力の組み合わせで貢献したい」と、面接でも自分の考えを伝えられました。日本ロレアルは、ブランドマネジャーが海外の方が多く、当時、英語と数字が得意な人を求めていたタイミングだったこともあり、未経験ながら転職の機会を得ることができました。

焦る気持ちはあっても、自分にとって本当に大切なことをしっかり考えて、自分で結論を出す。そのプロセスの中で「自分で働ける私でいたい」という、自分の中の本当の気持ちに気づけたことが、その後のキャリアの序章になったと感じています。

仕事って楽しい。「責任がある」と自覚すると仕事は面白くなる~起業に至る道

https://p-dress.jp/articles/1630

出産後に働き始めた会社で「仕事って楽しい!」と初めて実感した端羽英子さん。責任のある仕事を任せてもらえたからこそ、そう感じられるようになったと振り返ります。そんな中、夫の海外留学が決まり……。

この記事のライター

ビジネスのことなら何でも1時間〜聞けるスポットコンサルティング「ビザスク」の代表取締役。「世界中の知見をつなぐ」をビジョンに、日々奮闘中。東京大学経済学部卒業後、ゴールドマン・サックス証券投資にて企業ファイナンス、日本ロレア...

関連する投稿


「DNA婚活」なら遺伝子レベルで相性がわかる!? 変化する年収や外見より、不変のDNAで相手を選んでみるのもアリ

「DNA婚活」なら遺伝子レベルで相性がわかる!? 変化する年収や外見より、不変のDNAで相手を選んでみるのもアリ

「DNA婚活」をご存知ですか? その名の通り、DNAを用いた婚活方法。自身の遺伝子を検査し、遺伝子レベルで「相性」を調べてくれるのだとか。いま話題を集めるDNA婚活について詳しく聞いてきました。


結婚を考えていない彼と結ばれたい! そのためにやるべき3つのこと

結婚を考えていない彼と結ばれたい! そのためにやるべき3つのこと

「30代になった。そろそろ結婚を……」女性がそう思っていても、彼は同じように考えてくれているのか? むしろ、結婚なんてしたくないと否定的かもしれない。そんな彼に「結婚したい」と思わせるための方法を3つアドバイスします。


安定期でも注意したい、妊婦あるあるな症状【海外で、産む】

安定期でも注意したい、妊婦あるあるな症状【海外で、産む】

妊婦によく見られる症状を自身の体験を元にいくつかご紹介します。つわりが終わって安定期に入れば、あとはトラブルなく出産を迎えられるものだとばかり思っていました。しかし、そうじゃなかった……。安定期だからといって、油断できないのがホントのところ。


「子どもを産み、育てる自分」と、少しずつ仲良くなるために

「子どもを産み、育てる自分」と、少しずつ仲良くなるために

子どもを授かったら、できるだけ前向きでいたい。すがすがしく妊娠・出産に臨みたい。そのための「やっておいてよかったこと」リストや、妊娠初期にずっと考えていた、自分と仕事のこと。


居心地が悪い空間があれば、今すぐそこから逃げていい

居心地が悪い空間があれば、今すぐそこから逃げていい

不倫研究家、恋愛実務家の私が日々思っていること、女としての生きづらさや苦難を語ります。今回は、すれ違いから親友をふたり失ってしまった話をもとに、現代の女性の価値観を理解し合うことの難しさについて考えてみました。


最新の投稿


不倫のやめどきには転機が必要。依存を断ち切る方法とは

不倫のやめどきには転機が必要。依存を断ち切る方法とは

不倫の付き合い、いけないとわかっていてもなかなかやめられない。「やめどき」がわからなくて苦しむ女性は多いですが、それは既婚の彼に依存しているから。周りが見えなくなると、どんどん自分だけが取り残されていきます。実際に不倫をやめた女性は、自分の時間を大切にするために依存を断ち切りました。


元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

元大手航空会社CAがパラレルキャリアを実現するまで【猫川舐子】

最近耳にする「パラレルキャリア」という言葉。本業を持ちながら別の仕事を持つ、あるいはボランティアやNPOに参加し広義の社外活動を行うなど、新しい働き方として注目されています。今回は、日系航空会社を退職後、パラレルキャリアを実践することになった神原李奈さんに、現在のキャリアを築くに至った経緯について伺いました。


最新美容の祭典「ビューティーワールドジャパンウエスト」で得たビューティトレンド4選

最新美容の祭典「ビューティーワールドジャパンウエスト」で得たビューティトレンド4選

2017年10月16日〜18日、インテックス大阪で開催された西日本最大の総合ビューティ見本市「ビューティーワールドジャパンウエスト」に行ってきました。女性にとって、美は永遠のテーマ。今回は印象に残ったブースをご紹介しつつ、見本市の楽しみ方をお伝えします。


【おしゃれびとスナップ#20】靴下×パンプスで、レディとガールのあいだ

【おしゃれびとスナップ#20】靴下×パンプスで、レディとガールのあいだ

急に冷え込みが強まってきた今日この頃。おしゃれも暖かさもあきらめないファッションテクを押さえておきましょう。連載「おしゃれびとスナップ」2017年10月第3週は「こなれた靴下コーデ」をテーマにお届けします。


NY発祥の暗闇バイクエクササイズ「FEELCYCLE」を体験してみた~女性を魅了する新感覚の正体とは

NY発祥の暗闇バイクエクササイズ「FEELCYCLE」を体験してみた~女性を魅了する新感覚の正体とは

「FEELCYCLE」というエクササイズをご存知でしょうか。これはNY発祥、ハリウッドセレブやモデルたちを魅了した、世界中で爆発的な人気を誇る暗闇バイクエクササイズのこと。今回はこの「FEELCYCLE」を、DRESS読者におすすめするため、編集部が体験してきました。


おっぱい