新卒1年目の妊娠、出産でゴールドマン・サックスを退職~起業に至る道

新卒1年目の妊娠、出産でゴールドマン・サックスを退職~起業に至る道

新卒でゴールドマン・サックスに入社、1年目で妊娠。同社が激務なこともあり、子育てとの両立は無理だと感じ退職。その後、知識をマッチングするサービス「visasQ(ビザスク)」で起業するまで経験を背景に、女性のキャリアについて端羽英子さんに語っていただきました。


■新卒1年目の妊娠、出産でゴールドマン・サックスを退職

はじめまして。知識をマッチングするサービス「visasQ(ビザスク)」を運営する(株)ビザスク代表を務める、端羽英子と申します。女性の起業やキャリアのつくり方をテーマに、今月から連載を始めます。

新卒でゴールドマン・サックスの投資銀行部門に入社したのが、私のキャリアのスタートでした。就活し始めた頃は、仲の良い友達の多くが官僚、日銀、大学院進学の道を選んでいて、「GS」(ゴールドマン・サックスの略称)をガソリンスタンドの略だと思っていたくらい(笑)。「外資系証券会社」に就職する人は少なかったのですが、地元・熊本で地銀に勤める父の話から金融に面白さを感じていたことと、どの部署に配属されるか明確で「私もプロフェッショナルになれる!」と思って入社を決意。

来たる就職に向けて仕事へのやる気が満ちあふれるとともに、学生時代から付き合っていた彼とも、就職後はお互い忙しくなるだろうし一緒に住もうか、だったら結婚しようかと大学卒業直前に結婚。さすがにまだ結婚は早すぎるんじゃないかと反対する両親を「あのとき結婚しておけば良かったなと思うより、結果ダメでもベストは尽くしたなと思いたい」と説得。「やらない後悔よりやる後悔」はこの後の人生のモットーになりました。

就職後は忙しくなるだろうとの予想は大当たりで、毎日朝から深夜2時3時頃まで働いて、0時に帰宅すれば「今日は早かったね」と言われるほどの激務。噂にたがわぬとても忙しい仕事から、新卒1年目で何よりも学んだのはコミットメントすることでした。当時の先輩たちからは「競合も99%まではできる。最後の1%まで完璧を追求してやりきるのが俺たちなんだ」と叩き込まれ、「お給料をいただいて働く」ということへの意識の基準を上げてもらったと思います。

■「子どもを持ちながらこの激務は無理」と諦めた

そんな忙しい中、入社1年弱で妊娠(今思うと、種の保存の意識が働いたんじゃないかと……)した私。育てるだけ育ててもらって、本当に申し訳なかったと思うものの、当時は「今でもいっぱいいっぱいなのに、子育てしながら深夜まで働くなんて到底できないし、配慮してもらえば誰かにしわ寄せがいくし、負い目を感じて苦しく働きたくない!」という若気の至りで、育休も取らずに退職届を書きました。

特にニューヨークの本社は女性の活躍の機会を守ることに寛容で、わざわざ東京オフィスの実績も何もない1年目の私に「妊娠したからって辞める必要はないし、会社は配慮できるよ」と電話を入れてくれるなど、本当によくしてもらいました。一方で、未だに尊敬しているくらい超優秀な上司の「どうして旦那さん側の方を採用した会社は配慮しなくていいのに、君を採用した僕たちは配慮しなくちゃいけないのかと正直思うことはある……」という本音の感想や、つわりできついときの「〇〇さんがサボっているって言ってたよ」という耳打ちもあって、完璧を目指さなきゃと気を張り詰めて働いていたぶん、頑張れないなと感じたのです。

■激務・プレッシャーからの解放。次の道へ

正直言って辞めたときは、プレッシャーから解放されてホッとしました。「晴れた日に 洗濯を干す 幸せだ」と一句読んで、専業主婦だった母にメールを送り「いいよねー」と盛り上がったことも。でもすぐに「石の上にも3年っていうのに、私は頑張りきれなかった」というコンプレックスが大きくなっていきました。頑張っている同期や大学の同級生に会いたくなかったし、オフィスが入っていたビルは見たくなかったし、「やっぱり働きたい!」と。

子どもを産んだら絶対またすぐに働こうと思ったとき、仕事を通じて学んだ中で、英語と会計は好きだったことを思い出しました。この2つの掛け算があれば、育児が始まって働ける時間に制限があったとしても「スーパー派遣社員」的な仕事が見つかるんじゃないかな? 米国公認会計士(USCPA)の取得を目指し、勉強を開始したのはそれからすぐのことでした。

妊娠中から資格取得に励み、転職するまで~起業に至る道

https://p-dress.jp/articles/1535

「出産後に働きたい!」と思い、妊娠中から資格取得に励んだ端羽英子さん。無事に米国公認会計士の資格取得に成功するも、面接で思うようにいきません。そんな端羽さんが強く望んだ日本ロレアルに転職できた理由とは――?

この記事のライター

ビジネスのことなら何でも1時間〜聞けるスポットコンサルティング「ビザスク」の代表取締役。「世界中の知見をつなぐ」をビジョンに、日々奮闘中。東京大学経済学部卒業後、ゴールドマン・サックス証券投資にて企業ファイナンス、日本ロレア...

関連する投稿


超音波検査より詳しい「羊水染色体検査」でわかることは?検査方法、メリット、リスクも知って

超音波検査より詳しい「羊水染色体検査」でわかることは?検査方法、メリット、リスクも知って

羊水染色体検査を通じてわかること、検査の方法、メリット、リスクなどを山中智哉医師が解説します。さらに、1990年代以降行われるようになった、母体血清マーカーテストについても後半で説明します。


妊娠は「未病」!妊娠で起きる体の変化を知っている?

妊娠は「未病」!妊娠で起きる体の変化を知っている?

妊娠は病気のひとつ!? 『はじめてママになる人の「妊娠・出産」読本』著者のにしじまクリニック院長・西島重光医師が、妊娠に関する正しい情報や知識を全7回に渡って解説します。第3回目は「『妊娠』とはどういう状態なのか」についてお届けします。


女性の政治家を増やしたい、という思いが一番にある【佐藤あつこ 連載 #1】

女性の政治家を増やしたい、という思いが一番にある【佐藤あつこ 連載 #1】

女性政治家の佐藤あつこさんの連載がスタート。民間企業での勤務を経て専業主婦となり、政治家へと転身した佐藤さん。働く女性、母親、妻と、いくつもの顔を持つ佐藤さんならではの視点で、政治・社会問題について、わかりやすく綴っていただきます。


無職の私が「フィリピン就職」を選んだ理由

無職の私が「フィリピン就職」を選んだ理由

フィリピンで就職しようと決めた、当時33歳・無職の私。将来を悲観して落ち込みもしましたが、「人生の夏休み」とばかりに自分の時間を謳歌した結果、選んだ道は「フィリピンで働く」でした。


心が折れそうになった時期も……ワーママ管理職のリアル

心が折れそうになった時期も……ワーママ管理職のリアル

約半年間の産休・育休を経て、保育園が決まらぬまま5カ月で早期復職したショップジャパン広報部の板野可奈子さん。管理職として、新米母として、時間に追いつくのに必死で目まぐるしい、リアルなワーママの姿を不定期連載で綴っていただきます。


最新の投稿


「NISA」と「個人型確定拠出年金」どちらがあなたに合っているか比較します

「NISA」と「個人型確定拠出年金」どちらがあなたに合っているか比較します

投資を始めようと思ったら、NISA(ニーサ/少額投資非課税制度)と個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)を活用すれば税制面で有利です。ただ、投資初心者にとって、両方スタートするのは難しい……。どちらを最初に選ぶべきか、比較してみましょう。


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

『3月のライオン』は人間ドラマの傑作だから今すぐ観て - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#8

史上5人目となる中学生プロデビューを果たし、最年少プロ棋士となった藤井聡太四段が、羽生善治王位に勝利したニュースが将棋界で話題に。将棋をテーマにした映画『3月のライオン』は、将棋好きはもちろん「ルールすらよくわからない……」という人にも自信を持っておすすめしたい、人間ドラマの傑作です。


【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

【BOTANIST】夏のヘアケアを天然ミントの冷涼感で

昨年好評につき約1カ月で完売した夏の限定シャンプー「ボタニカル リフレッシュシャンプー17(モイスト/スムース)」が、使用感はそのままに、夏のヘアケアに注目したボタニカル成分を配合して今年も登場。


VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

VEGESUSHI - 野菜を使ったケーキのようなお寿司

パリやベルリンで注目を集める野菜のお寿司「VEGESUSHI」が日本に。寿司アート集団hoxai kitchen(ホクサイ キッチン)による 初のレシピ本が発売!