公開済みの記事


夏に花を長持ちさせたいなら、「人が涼しく眠れる場所」にすぐ移動!

夏に花を長持ちさせたいなら、「人が涼しく眠れる場所」にすぐ移動!

リビングに活けた花が1日でしおれかけている――そんなときは「飾り場所」を見直してみるのが先決! 夏に花を飾るのに適した場所、適さない場所を知っておきましょう。


ベランダガーデニングを楽しむひとり時間が、心の余裕をつくりだす

ベランダガーデニングを楽しむひとり時間が、心の余裕をつくりだす

夏はベランダガーデニングにもってこいの季節。ひとり静かに自分と向き合う時間をつくって、心と人生に余裕を。それだけでいつの間にか、人としての魅力が磨かれているみたいです。


水・土不要な楽ちん植物!「エアプランツ」を夏インテリアに取り入れよう

水・土不要な楽ちん植物!「エアプランツ」を夏インテリアに取り入れよう

水替え・水やり不要で、土に植える必要もないエアプランツ。植物を枯らしてしまいがちな人にもおすすめです。


花の香りで嗅覚を磨けば、恋愛感度は上がる。

花の香りで嗅覚を磨けば、恋愛感度は上がる。

女性には男性の体臭を本能的に嗅ぎ分けられる力がある。それを上手く活用すれば、相性のいい相手を察知しやすく、恋愛感度も上げられる。日常的に花の香りを嗅ぐことから始めてみよう。


「観葉植物を枯らす女」から卒業する、たったひとつの方法

「観葉植物を枯らす女」から卒業する、たったひとつの方法

ペットにはもれなく名前をつけるのに、植物につけないのはどうしてだろう。植物にも好きな名前をつけると、毎日近寄って様子を見るから愛着がわく。結果、すこしの変化に気づきやすくもなる。だから自宅にある植物の名前をまず考えてみませんか?


綾野剛さん的「長身塩系グリーン」で旬なお部屋に。

綾野剛さん的「長身塩系グリーン」で旬なお部屋に。

条件は「贈る相手は男性」「観葉植物」「予算は1万円」。そんなときは“縦”にぐんぐん成長し、育てるのに手間のかからないものを選ぶのが賢い。


男性に贈るならあじさいの花束を。モテる女は観葉植物を選ばない。

男性に贈るならあじさいの花束を。モテる女は観葉植物を選ばない。

男性に植物を贈りたい……そう思って「流行ってるし」と気軽に観葉植物を選んでいませんか? 実はそれ、男性にとっては負担かも。じゃあ何を贈ればいいの? 白かピンクの「あじさい」がおすすめな理由、ご紹介します。


ストレスというブスのもとよ、さらば!「五感祭」で目指すはゴキゲンな女

ストレスというブスのもとよ、さらば!「五感祭」で目指すはゴキゲンな女

運気が下がっている、イライラが止まらない……そんなときはフルーツティーをつくって飲んでみよう。五感がほわんと癒され、ゴキゲンになれること間違いなし。


「西の窓辺に黄色い花を飾りなさい」という風水で幸せにはなれない

「西の窓辺に黄色い花を飾りなさい」という風水で幸せにはなれない

風水では「黄色い花を西向きの日当たりのいい窓辺に置くと運気が上がる」と言われることも。でも、西日は強烈。生花はすぐに腐ってしまいます。花にとっても自分にとっても心地よく、どちらも幸せになれるベストな置き場とは……?


マンネリ化しがちな母の日ギフト。「寄せ鉢カーネーション」を贈ってみよう

マンネリ化しがちな母の日ギフト。「寄せ鉢カーネーション」を贈ってみよう

母の日ギフトの定番といえば、やっぱりカーネーション。でも、ベタすぎる……かも。そう思うなら、今年は変わり種の「寄せ鉢カーネーション」を選んでみては?


モテる女は喜びを3回アピールする!花束を贈られた後の賢い反応

モテる女は喜びを3回アピールする!花束を贈られた後の賢い反応

男性から花束を贈られたとき、どんなリアクションをしてきたか、思い出してほしい。一度「ありがとう」と伝えるだけでは、男性の心に届いていないかも!? モテ女のお作法、教えます。


花を買うなら月・金午前に忙しそうなお店で!

花を買うなら月・金午前に忙しそうなお店で!

大事な人に花を贈りたいとき、花選びはもちろん、花屋選びにも気を使いたいもの。「いい花屋」の選び方、教えます。


幸運を呼び込む! 風水効果抜群の植物を元気にしよう

幸運を呼び込む! 風水効果抜群の植物を元気にしよう

ところどころ葉が枯れて、しゅんとしていた自宅のサンセベリア。ほんのひと手間の植え替えで、見違えるほど元気になるんです。


花は腐る前に捨てる。そうすれば運気は上がる。

花は腐る前に捨てる。そうすれば運気は上がる。

すっかり傷んだのを見計らってから花を捨てるーーそれは「捨てどき」ではありません。まだきれいなうちに処分するのが正しい判断。これって、ズルズルと付き合ってきた恋人と、修羅場を迎える前にきれいに別れるのと、ちょっと似ているのかもしれません。


花見の場所取りは社会人デビューの儀式!?

花見の場所取りは社会人デビューの儀式!?

そろそろお花見シーズン。場所取りを担当するのはどこの会社でも下っ端、新入社員だ。それを経験して、社会人としてスッとなじんでいく。そんな彼らをやさしい目線で励ますソメイヨシノが、日本人に愛され続ける理由は――。


目指すは綾瀬はるか!? 人も植物も水分補給がツヤツヤ美肌への近道

目指すは綾瀬はるか!? 人も植物も水分補給がツヤツヤ美肌への近道

大切なのは水分補給。花屋のおばさんのテクニックで、植物もお肌ツヤツヤに。


ペパーミントのアロマオイルが花粉症と心の痛みを和らげる

ペパーミントのアロマオイルが花粉症と心の痛みを和らげる

植物の力を上手に使えば、つらい季節と時期を乗り切れる。


枝もので作る雰囲気のいい部屋と、雰囲気美人の共通点

枝もので作る雰囲気のいい部屋と、雰囲気美人の共通点

大改造をしなくても、雰囲気のいい部屋と美人オーラが作れる、小さな日々の心がけとは?


花をもらうことは気持ちをもらうこと

花をもらうことは気持ちをもらうこと

自由が丘マリクレール通りの石畳をずんずん歩く。私の足取りは軽い。胸にはつい今しがたもらった花束を抱えている。早足で歩いたら、風の冷たさを忘れるくらい体がポカポカ暖かい。


枯れた観葉植物と終わった恋の捨て方

枯れた観葉植物と終わった恋の捨て方

職場の後輩・ステ子の話が止まらない。頬を紅潮させ、ランチ中ずっと弾丸トークだ。話の中心は、ステ子が週末に参加したという「元カレ元カノフリーマーケット」というイベントのことだ。処分に困っている元カレ元カノとの思い出の品を持ち寄り、売りさばくという、なんとも斬新なフリマらしい。