1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. 「脚だけ浮いて見える」を防ぐタイツ選びのコツ

「脚だけ浮いて見える」を防ぐタイツ選びのコツ

Share

おしゃれな人5名に「明日のコーデ」を紹介してもらう企画【明日これ着よう!】。2月4日〜2月8日までのテーマは「タイツ+靴合わせ、私のこだわり」。5人5通りのコーデをお届けします。“月曜日担当”の輪湖もなみさんには火曜日のコーデを見せてもらいます。

「脚だけ浮いて見える」を防ぐタイツ選びのコツ

タイツや靴下専門店に行くと、さまざまな色柄のタイツが揃っていて、どれを選ぼうか迷いますよね。でも私の選択はちょっとコンサバ。

ふくらはぎや足首の太いのが悩みなので、全身を離れて見たときに、タイツだけが浮いて見えないように気をつけています。

「タイツはボトムスと靴をつなぐ影」。そう考えて、色はブラックとチャコールグレイの2択です。

私のワードローブのベースカラーは黒なので、靴も黒、白が中心です。

ボトムスだけ色を持ってきた場合も、タイツとブーツは黒にして、膝下から爪先までがひと続きに見えるよう、心がけています。

ネイビーのボトムスはほとんど持っていないので、ネイビーのタイツも買いません。

ただし、ボトムスと靴がブラックでなく、ライトベージュやライトグレーなどのペールトーンの場合は例外。

タイツを黒にすると色が強すぎて脚だけ浮いて見えるので、例外的にチャコールグレーのタイツを合わせるようにしています。

グレーの色みは多岐に渡っていて難しいですが、あまり明るい色だと脚が膨張して見えてしまいます。

そのため、茶色みがかっていない控えめなチャコールグレーをチョイス。黒ほど主張せず、脚に影を作る役割をしてくれます。

赤スカート、ブーツ:メゾンマルジェラ
ベージュスカート:AP STUDIO
白スカート:plage
グレイパンプス:バーニーズニューヨーク
ベージュパンプス:RANDA

Share

輪湖 もなみ

ワードローブコンサルタント/リメイクデザイナー 大手アパレルで16年間ブランド管理や店頭指導などに携わる。長年培ったノウハウを個人のクローゼットに応用し、毎日着る服がないと悩み断捨離を繰り返す人を救うため、クローゼットコン...

関連記事

Latest Article