1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ファッション
  3. おしゃれな人のソックス活用法。“肌見せと分量感”で素敵見え

おしゃれな人のソックス活用法。“肌見せと分量感”で素敵見え

Share

おしゃれな人5名に「明日のコーデ」を紹介してもらう企画【明日これ着よう!】。3月11日〜3月15日までのテーマは「偏愛ソックス」。5人5通りのコーデをお届けします。“月曜日担当”の輪湖もなみさんには火曜日のコーデを見せてもらいます。

おしゃれな人のソックス活用法。“肌見せと分量感”で素敵見え

黒やグレーのタイツが重く見える時期になりました。春の明るく爽やかなコーデに合わせ、足元も春へとシフトしていきたいですね。

私は肌色ストッキングがあまり好きではないので、タイツから生脚への移行期には、もっぱらソックスを活用することが多くなります。

たびたび登場するのがこの3種類。ブラックに見えるラメ入り、グレーラメ入り、そして赤です。

ローファーやおじ靴を履くときは、靴を履いてしまうと動いたときチラッと見える程度なので、思い切った派手色を使います。ご自身のアクセントカラーや、小物の色とリンクさせても素敵ではないでしょうか。

黒やグレーのラメ入りソックスは、パンプスやサンダルのときに。こちらは見えるソックスの面積が大きいので、足だけ悪目立ちしないよう、靴となじむ色を使います。

ポイントは肌、ソックス、靴それぞれの分量感。それぞれはっきりと段差をつけ、なんとなくやっているのではなく「わざとやっています」と強調することです。

ソックスそのものは特にブランドのこだわりはなく、靴下屋やプチプラショップをチェックしています。

スカート、トレーナー:ZARA

Share

輪湖 もなみ

ワードローブコンサルタント/リメイクデザイナー 大手アパレルで16年間ブランド管理や店頭指導などに携わる。長年培ったノウハウを個人のクローゼットに応用し、毎日着る服がないと悩み断捨離を繰り返す人を救うため、クローゼットコン...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article