私がダブル不倫(W不倫)にハマった理由。リアルな体験談は他人事じゃない

私がダブル不倫(W不倫)にハマった理由。リアルな体験談は他人事じゃない

ドラマ『あなたのことはそれほど』の主人公、渡辺 美都のダブル不倫(W不倫)の理由は「初恋の人が忘れられない」でしたが、実際は……。過去にダブル不倫を経験した方に話を伺いました。


■ダブル不倫の相手は、同じ保育園の保護者

今年36歳になるマナミさんは結婚5年目のワーキングマザー。3歳のお子さんがひとりいます。TV局勤めのマナミさんの夫は仕事がかなり不規則で、保育園の送り迎えですら、なかなかあてにできない状態。休日も寝てばかりで、子育ての負担やストレスは、マナミさんに重くのしかかっていました。

そんなある日、保育園のお迎えに行った際に、同じ保育園に子供を預けているテツオさんと知り合います。子供同士が仲良くしていたのもあり、自然と会話が生まれました。

■お互いのグチを聞いているうちに

話を聞いていくと、テツオさんの家庭では、奥さんの仕事がかなり不規則。朝の送りはテツオさん、夜のお迎えは奥さんと決めてはあるものの、急な予定が入ることがあり、そんな日はテツオさんがお迎えに行くことになるのだそうです。

奥さんがお迎えに行けない日は帰宅も遅いので、子供の食事もお風呂も、全てテツオさんが担当することに。あらかじめ決まっているならともかく、急なことが多い。それなのに「ごめんね」や「ありがとう」の一言がない、というのがテツオさんの奥さんに対する不満でした。

マナミさんとしては、そんなに子育ての大変さを一緒に担ってくれるテツオさんの家庭がうらやましく、自分の夫へのイライラが余計に募ります。また、テツオさんは子育ての苦労を知っているだけに、マナミさんがいかにがんばっているのかを分かってくれ、それがマナミさんにとって、何より救われる気持ちになりました。

■一線を越えて、ダブル不倫が始まったワケ

そんなふたりが一線を越えた理由――。それはテツオさんが自営業のため、時間の融通がききやすいことと、保育園が1時間程度の延長保育であれば、無料で引き受けてくれるということでした。

つまり、ふたりが会うのは、マナミさんがお子さんを迎えにいく前。

最初は、「お茶でも飲みましょう」ということでお互いに時間を作って会うことにしたのですが、限られた時間しか一緒にいられない、というのが「また会いたい」と思う原動力に。そして、「お茶」の回数を重ねていくうちに、いつからか会う場所がラブホテルになっていったのです。

■「絶対に気づかれてはいけない」スリルがダブル不倫の泥沼に

マナミさんにとって、テツオさんは好みのタイプではなかったといいます。子育てを積極的に担う彼をいいな、とは思ったものの、異性としてはちょっと頼りなさそうというのが正直な感想だったそう。見た目も全然好みではなかったそうです。

にも関わらずなぜダブル不倫にハマってしまったのか……。

その理由は「スリル」。
テツオさんに出会うまで、マナミさんの毎日は仕事と子育てに忙殺される、とても単調な毎日でした。そんな中、時間をつくって異性と会う、という新鮮な刺激が彼女を虜にしたのです。

特に保育園でテツオさんにたまたま会ったとき、そ知らぬ顔で軽く会釈をするような瞬間にマナミさんはとてもスリルを感じ、それがまた会いたいという気持ちにつながったとのこと。

■相手の転園で、関係は自然消滅……

1ヵ月に2回ほど逢瀬を楽しむマナミさんとテツオさんのダブル不倫は、半年ほどで自然消滅しました。

テツオさんの子供が別の保育園へ転園することがきっかけになりました。マナミさんは、相手の奥さんにバレたわけではないと思っています。ただ、もっと長い時間保育してもらえる園が見つかった、ということで、テツオさんのお子さんは転園することになり、それをきっかけに何となく、会うことがなくなってしまいました。

マナミさんは最初は寂しかったそうですが、もともとタイプではなかった男性ということもあり、今はまったく未練はないそうです。

ただ、頭に時折浮かぶのはダブル不倫をしていた間のスリル。実は今、社内で気になる男性がいるとのこと。「一度別の男性と一線を越えてしまっているので、誘われたらついていってしまうかも」というのがマナミさんの目下の悩みです。

■パートナーへの不満がダブル不倫への第一歩

「私がやるべきことは夫との関係改善です」とマナミさんは言います。

「夫との関係が良くならない限り、きっかけがあれば、私はまた不倫をしてしまいそうです」

ダブル不倫に足を踏み入れてしまう理由には、「パートナーに対する不満」が大きく関係してきています。ただでさえ、結婚生活が何年も続くとマンネリな関係になりがち。

ダブル不倫で心の隙間を埋めなくてすむように、パートナーと向き合って、少しでも良い関係性を築くことが予防策といえそうです。

この記事のライター

1977年生まれ、宮城県仙台市出身、早稲田大学卒。大学在学中から大手女性誌やムック本などで占い、美容、投資、セックスなど多岐にわたるジャンルの記事を執筆。 結婚、離婚を経て、現在は外資系企業でのマネージャー業務のかたわら、...

関連するキーワード


不倫

関連する投稿


【不倫対策ドリル#8】不倫する男性の特徴「リアルチキン」タイプ

【不倫対策ドリル#8】不倫する男性の特徴「リアルチキン」タイプ

今回の不倫対策ドリルでは、「リアルチキン」という男性の特徴について紹介。貴重なアラサー、アラフォーの時期を既婚者男性に捧げるほど不倫のROI(投資対効果)は高くありません。自称・品川区で愛人にしたい女No.1が、不倫男たちの生態と戦略を全8回でタイプ別にお伝えする連載最終回です。


【不倫対策ドリル#7】不倫する男性の特徴「不安な王様」タイプ

【不倫対策ドリル#7】不倫する男性の特徴「不安な王様」タイプ

今回の不倫対策ドリルでは、「不安な王様」という男性の特徴について紹介。貴重なアラサー、アラフォーの時期を既婚者男性に捧げるほど不倫のROI(投資対効果)は高くありません。自称・品川区で愛人にしたい女No.1が、不倫男たちの生態と戦略を全8回でタイプ別にお伝えする連載第7弾です。


浮気が人を進化させてきた? 「浮気人類進化論」から見る男女の歴史

浮気が人を進化させてきた? 「浮気人類進化論」から見る男女の歴史

世間を賑わす浮気や不倫。ダメだとわかりつつ手を出してしまう人が後を絶たないことを見ると、人間には浮気をしてしまう、何らかのルーツがあるのかもしれない。今回は浮気こそが人類を進化させたという「浮気人類進化論」についてご紹介します。


【不倫対策ドリル#6】不倫する男性の特徴「悲劇のヒーローきどり」タイプ

【不倫対策ドリル#6】不倫する男性の特徴「悲劇のヒーローきどり」タイプ

今回の不倫対策ドリルでは、「悲劇のヒーローきどり」という男性の特徴について紹介。貴重なアラサー、アラフォーの時期を既婚者男性に捧げるほど不倫のROI(投資対効果)は高くありません。自称・品川区で愛人にしたい女No.1が、不倫男たちの生態と戦略を全8回でタイプ別にお伝えする連載第6弾です。


3年目の浮気には理由があった! 私たちに定められた愛の期限

3年目の浮気には理由があった! 私たちに定められた愛の期限

世間を賑わす浮気や不倫。ダメだとわかりつつ手を出してしまう人が後を絶たないことを見ると、現代の結婚観にこそ問題があるのかもしれない。今回は「3年で愛が終わる」という説について、生物学的な観点で掘り下げていく。


最新の投稿


自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

自分の人生は自分でデザインする - パラレルライフワークスタイルとは

新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載がスタートします。第1回目は自己紹介とあわせて、ご自身が考えるパラレルライフワークについてお伝えします。


不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫相手と綺麗に別れるコツは「別れ話をしないこと」

不倫関係であっても男女の仲。もう終わりにしたいと思っても、相手が引き留めたり逆上したり、なかなか綺麗に終わらせることはできないものです。上手な別れ方は、ズバリ「あえて別れ話はしないこと」。けじめをつけない終わりに見えますが、その後の気まずさを少なくするにも有効な別れ方、終わらせ方なのです。


夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

夏の猛暑対策に! 室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズ#2

お盆は過ぎましたが、まだ8月。涼しく過ごせる日を心待ちにしながら、ムシムシと蒸し暑い日本の夏を恨めしく感じている方も多いことでしょう。今回は、室内を快適に過ごす暑さ対策便利グッズをご紹介します。


「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

「本当の幸せ」は自分ひとりで得られるものじゃない【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、後編です。


玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

玄米、みそ汁、野菜たっぷりのおかず……一汁三菜を贅沢に味わえる「至福のごはん」

有楽町の「24/7cafe apartment」では、黒米をブレンドしたもちもちふっくらの玄米・あたたかなみそ汁、野菜たっぷりのおかずの数々に、京都の名店・藤井茶園から取り寄せた上質なほうじ茶を添えた「至福のごはん」の提供を開始。ごはん、お味噌汁、ほうじ茶はおかわり自由です。