私がダブル不倫(W不倫)にハマった理由。リアルな体験談は他人事じゃない

私がダブル不倫(W不倫)にハマった理由。リアルな体験談は他人事じゃない

ドラマ『あなたのことはそれほど』の主人公、渡辺 美都のダブル不倫(W不倫)の理由は「初恋の人が忘れられない」でしたが、実際は……。過去にダブル不倫を経験した方に話を伺いました。


■ダブル不倫の相手は、同じ保育園の保護者

今年36歳になるマナミさんは結婚5年目のワーキングマザー。3歳のお子さんがひとりいます。TV局勤めのマナミさんの夫は仕事がかなり不規則で、保育園の送り迎えですら、なかなかあてにできない状態。休日も寝てばかりで、子育ての負担やストレスは、マナミさんに重くのしかかっていました。

そんなある日、保育園のお迎えに行った際に、同じ保育園に子供を預けているテツオさんと知り合います。子供同士が仲良くしていたのもあり、自然と会話が生まれました。

■お互いのグチを聞いているうちに

話を聞いていくと、テツオさんの家庭では、奥さんの仕事がかなり不規則。朝の送りはテツオさん、夜のお迎えは奥さんと決めてはあるものの、急な予定が入ることがあり、そんな日はテツオさんがお迎えに行くことになるのだそうです。

奥さんがお迎えに行けない日は帰宅も遅いので、子供の食事もお風呂も、全てテツオさんが担当することに。あらかじめ決まっているならともかく、急なことが多い。それなのに「ごめんね」や「ありがとう」の一言がない、というのがテツオさんの奥さんに対する不満でした。

マナミさんとしては、そんなに子育ての大変さを一緒に担ってくれるテツオさんの家庭がうらやましく、自分の夫へのイライラが余計に募ります。また、テツオさんは子育ての苦労を知っているだけに、マナミさんがいかにがんばっているのかを分かってくれ、それがマナミさんにとって、何より救われる気持ちになりました。

■一線を越えて、ダブル不倫が始まったワケ

そんなふたりが一線を越えた理由――。それはテツオさんが自営業のため、時間の融通がききやすいことと、保育園が1時間程度の延長保育であれば、無料で引き受けてくれるということでした。

つまり、ふたりが会うのは、マナミさんがお子さんを迎えにいく前。

最初は、「お茶でも飲みましょう」ということでお互いに時間を作って会うことにしたのですが、限られた時間しか一緒にいられない、というのが「また会いたい」と思う原動力に。そして、「お茶」の回数を重ねていくうちに、いつからか会う場所がラブホテルになっていったのです。

■「絶対に気づかれてはいけない」スリルがダブル不倫の泥沼に

マナミさんにとって、テツオさんは好みのタイプではなかったといいます。子育てを積極的に担う彼をいいな、とは思ったものの、異性としてはちょっと頼りなさそうというのが正直な感想だったそう。見た目も全然好みではなかったそうです。

にも関わらずなぜダブル不倫にハマってしまったのか……。

その理由は「スリル」。
テツオさんに出会うまで、マナミさんの毎日は仕事と子育てに忙殺される、とても単調な毎日でした。そんな中、時間をつくって異性と会う、という新鮮な刺激が彼女を虜にしたのです。

特に保育園でテツオさんにたまたま会ったとき、そ知らぬ顔で軽く会釈をするような瞬間にマナミさんはとてもスリルを感じ、それがまた会いたいという気持ちにつながったとのこと。

■相手の転園で、関係は自然消滅……

1ヵ月に2回ほど逢瀬を楽しむマナミさんとテツオさんのダブル不倫は、半年ほどで自然消滅しました。

テツオさんの子供が別の保育園へ転園することがきっかけになりました。マナミさんは、相手の奥さんにバレたわけではないと思っています。ただ、もっと長い時間保育してもらえる園が見つかった、ということで、テツオさんのお子さんは転園することになり、それをきっかけに何となく、会うことがなくなってしまいました。

マナミさんは最初は寂しかったそうですが、もともとタイプではなかった男性ということもあり、今はまったく未練はないそうです。

ただ、頭に時折浮かぶのはダブル不倫をしていた間のスリル。実は今、社内で気になる男性がいるとのこと。「一度別の男性と一線を越えてしまっているので、誘われたらついていってしまうかも」というのがマナミさんの目下の悩みです。

■パートナーへの不満がダブル不倫への第一歩

「私がやるべきことは夫との関係改善です」とマナミさんは言います。

「夫との関係が良くならない限り、きっかけがあれば、私はまた不倫をしてしまいそうです」

ダブル不倫に足を踏み入れてしまう理由には、「パートナーに対する不満」が大きく関係してきています。ただでさえ、結婚生活が何年も続くとマンネリな関係になりがち。

ダブル不倫で心の隙間を埋めなくてすむように、パートナーと向き合って、少しでも良い関係性を築くことが予防策といえそうです。

この記事のライター

1977年生まれ、宮城県仙台市出身、早稲田大学卒。大学在学中から大手女性誌やムック本などで占い、美容、投資、セックスなど多岐にわたるジャンルの記事を執筆。 結婚、離婚を経て、現在は外資系企業でのマネージャー業務のかたわら、...

関連するキーワード


不倫

関連する投稿


2017年は不倫な一年? 世間を騒がせた4つのスキャンダル

2017年は不倫な一年? 世間を騒がせた4つのスキャンダル

今年も週刊誌がこぞって著名人の不倫を追いかけ、撮られた本人や釈明に追われた一年だった。うんざりするほど報道された不倫スキャンダルの中でも、特に話題にあがった4つを紹介する。


不倫相手の愛情を試しても、幸せな結果にはならない

不倫相手の愛情を試しても、幸せな結果にはならない

不倫相手の愛情がわからなくて、つい試すような行動を取ってしまう独身女性もいるかもしれません。ですが、既婚男性からすれば、不倫だからこそ安定した関係の築けない女性はいずれ別れを考えることになり、結局関係の終わりを迎えるきっかけになることも。愛情を試しても、結局不倫の関係が良い方向に向かうことはないというお話です。


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


不倫相手が本気になったとき、独身女性がとるべき道とは

不倫相手が本気になったとき、独身女性がとるべき道とは

自分は遊びのつもりだったのに、不倫相手のほうが本気になってしまった。勝手に離婚なんかされても困るし、どうしよう……。既婚者がのぼせ上がると暴走しやすく、独身女性のほうは一方的に表舞台に引っ張り出される危険性もあります。そんな事態になったら、何とかして彼から一度距離を取る方法を考えましょう。


不倫の対象になりやすいかがわかる心理テスト

不倫の対象になりやすいかがわかる心理テスト

「不倫の対象になりやすいか」がわかる心理テストをご紹介します。人倫に反する行為でありながらも、どこか甘美で人の心を惑わす「不倫」。自分だけは絶対にない! と思っている女性ほど、実は不倫にハマってしまうことも。あなたは大丈夫ですか……? 


最新の投稿


フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

マントラは、長年受け継がれてきたクラフトマンシップと美を掛け合わせることで、優れた作品を生み出すフルラの本質を体現したコレクションです。クオリティの高いベジタブルタンニングレザーと自然なカラー、そしてタイムレスな美しさが、本コレクションの特長です。


元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

別れた彼女とやり直したいけど、連絡する勇気がない。堂々とアプローチできない男性は、嫌われたくない不安が大きく、なかなか次の一歩が踏み出せません。でも、復縁を願う気持ちは必ずどこかに現れるもの。元カノと復縁したくても連絡できないとき、男性が取りがちな行動についてご紹介します。


恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は趣味の音楽を通じて出会ったふたりをご紹介します。


1月大特集「疲れない出会い」

1月大特集「疲れない出会い」

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取りつくろったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎるのはやめてみませんか。無理することなく、自然体で過ごすなかで、素敵な出会いを手にするヒントをご紹介します。心が喜ぶ出会いを見つけよう!


出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

ここでは『DRESS』読者から募った「出会い」にまつわるアンケート結果をご紹介。出会いを求めて婚活パーティーに参加しても、なかなかピンとくるような人に巡り合えず、何度も同じ会話やデートを繰り返す。マッチングアプリに登録してみたものの、膨大なメッセージのやり取りにうんざりすることも。世にあふれる疲れる出会いの実態とは?


おっぱい